創価脳さん達の御書引用術

俺があまりにも創価罵詈カツ諸氏に
「教学なさすぎ」といったからなのだろうか
最近、創価罵詈カツさんのブログにも
珍しく御書を引用する記事が見受けられる。
「極悪・ラン」さんも「観心本尊抄」の講義を連載開始。
「本尊義」を答えられずここから遁走していった方がどのような事を書くのか?
それはそれで興味があるので読んでいるが・・・
まぁ、ランさんの「観心本尊抄」講義の添削はいずれやるとして
今回は、「極悪」さんの親分?らしい
「真実~」ブログの管理人さんのブログで
少し前に珍しく御書の引用のあった記事があったので
それを元に創価罵詈活さん達の御書引用術を見てみるよ。

この記事の結論はアンチブログは創価カテから出ていけ!
といいたかっただけで
なんの為に御書を引用したのか意味不なんだけど、
「生死一大事血脈抄」とか「種種御振舞御書」・「開目抄」を引用しながら
一応はそれっぽい事を書いてはいる。
ところが、一番肝心なことについては全く論証していないんだよね。
論点の一番の核心部分については
なんの論証も文証もなく強引に話を進めようとするわけ。
そこをスルーしたら意味ないでしょ?って部分を
すっかり、シカト。
なので、一言で言えば「何か悪いものでも食ったのか?」という感想。
(創価という悪いものを食っているけど)

では、その例題の「真実~」ブログ管理人氏の記事を検証してみるよ。
(以下▼が件の管理人氏の記事)

▼日蓮図顕の真筆本尊も書写の本尊も、いずれも南無妙法蓮華経を具現した「本門の本尊」であるという前提は当然としても

冒頭からコレである。
真筆も書写の本尊も同じ「本門本尊」であるという「前提」がなぜ「当然」なのか?
それを説明しないとこの記事に書かれていることは何の意味もない。
戒壇大御本尊とそれ以外の真筆と書写の本尊と創価のコピー本尊
これらすべてが「同じ本門の本尊である」という
「前提」をまづは説明しなさいよって感じだ。
「前提」の説明が「当然」ってさ、こんな理論はね~だろ。

また「南無妙法蓮華経」とは何か?
これを説明しないで「南無妙法蓮華経を具現した」って何いってんの?
本門の本尊が南無妙法蓮華経を具現した本尊であると言いたいなら
南無妙法蓮華経の体を説明しなければならなでしょ。
それによっては、「南無妙法蓮華経を具現」した。
という言説が正しくもなるし間違いにもなるのだから
この説明は非常に重要なんだよね。

それを何も説明せずに「その前提は当然」ってさ
そりゃアンタの勝手な妄想又は願望でしょ?
創価のコピー本尊と大御本尊が同じでありますように・・・的な(笑)
違うならちゃんとその「当然の前提」の理由を説明したなきゃ話にならないよね。
って・・おいおい。
説明なしで話を進めちゃってるよ(笑)

そんな感じで最初っから何の論拠もない
この管理人氏の妄想(または願望)を
「前提」として書かれている記事なので
この後、どんな文証を引用しても全く意味をなさない記事になっている。
(まぁ強引に文証あげて強引に記事にしちゃった系?)

▼大石寺の信仰をもって拝んでも 功徳はないという事であろう大石寺は すっかり 邪宗と化してしまったからだ

はいまずはこれね。
大石寺を邪宗という文証も、
大石寺の信仰とは何か?という事も
そこにご安置されている大御本尊に功徳ない。
という文証もあげずに、
ただ自分が「邪宗」と決めつけているだけ。
こういうのを印象操作と言うわけだ。
こんな痴論をいうのも、「本門の本尊」を分かっていないからだなぁ。

▼大聖人様は僧と行者を差別しない全ての人が大聖人の仰せの通り修行すれば成仏できると説いているのです

そんでもってこう来る。
「大聖人の仰せの通りの修行」の説明は全くなし。
因みに、選挙活動も新聞啓蒙も大聖人は仰せではないが?(笑)
それはどう説明するんだね(笑)
選挙や新聞啓蒙では成仏不可能。
ということでよろしいか?

▼会員数にしろ(こっちは 行者で あちらは 信者) 新聞の発行部数にしろ 雲泥の差ですよね

でこうなる(笑)
もはや全く仏法の話とは無関係の話にすり替わっている。
会員数?新聞の発行部数?
これが御書のどこに書いていある?
そもそもさ、創価には会員はたくさんいるが
大聖人仏法の信者はほとんどいないじゃね~か(笑)
大聖人仏法の信者じゃないやつが
大聖人仏法の行者になるわけないだろ?
信者にならづに行者にになれるのか?
ここだよ。文証を出すのは。
大聖人を信じななくても行者である。という文証をだしなさいよ。
まぁ、キミ達は大聖人で商売をする
「業者」だよ「業者」(笑)

▼今更 邪宗と化した大石寺に 詣でる必要などないのです

ここもそうだね。邪宗のついて言及もしていなけば
大御本尊に詣でる必要がない。という論拠もなにもない。

▼信仰は 自由です
学会を 誹謗中傷する方々は どうか 創価カテゴリーから出ていただきたく よろしくお願いします

で最後がこれ。
同じ記事で正宗を誹謗中傷しておきながら
一体どのうような神経でこんなことを書けるのか不思議だよ。
それとも御書を引用したから誹謗中傷じゃないってか?
だったら俺も創価を誹謗中傷なんてしてないから
出ていけ!と言われる筋合いはない。
しかしまぁ「信仰は自由です」だって(爆笑)
で創価カテから出ていけ。ってさ
さすがは「極悪」さんの親分である。
見事なまでの創価脳を見せつけてくれる。
親分がこんな為体だから
手下の方々も「あの程度」って言われちゃうのだよ。
親分なんだからもう少し下のモノにシメシをつけないとだよ。

にしても創価罵詈カツは
みんなこのワンパターンってのも呆れる。
御書を引用すれば「それ」っぽく見えるとでも思っているのは
創価脳さん達の御書引用術なのかね。
なんでも御文を書けばいってものじゃない。
まぁ、なんの文証も出さない小学生並みの罵詈カツよりは
多少は頑張ってるね。って評価するけど
大聖人の御文を出して、己の我見・邪見を
誤魔化そうとするのは感心しないね。
それこそ、大聖人を悪しく敬うのはやめなさいよ。
それにこんな稚拙な誤魔化しなんぞ
創価の中でしか通用しないって。
なんど言えば理解するのかなぁ。

「本門の本尊」ってなんですか?
「南無妙法蓮華経」ってなんですか?
「信心」ってなんですか?
「謗法」の定義は?
「退転」の定義は?
数えればキリがないが
そうした大聖人仏法の一番重要な事項には
ついに「何も答えない」「何も語らない」
それでいて、自分たちの都合のいい御文だけ引用して
いかにも「私の我見じゃありません」とシレっとしている。
いやいや、まったくの我見であり邪見ですけど?(笑)

そういえば「教学あっても原島氏は退転した」とよく罵詈カツはいうが
原島氏は最後は大御本尊の元に戻りました。
大御本尊を捨てた創価が正しくて
大御本尊の元に戻った原島氏
どっちが退転なのでしょう?
ちゃんと文証出して説明できます?
説明できる学会員さんがいたら、ぜひご高説を賜りたいです。

このように、いくら御書を引用したところで
創価脳は創価脳。
罵詈カツは罵詈カツなのです。
純粋で誠実な学会員のみさなんは
こんな罵詈カツさんのインチキ記事に
惑わされたり騙されしないで
大御本尊に信を置く正しい信仰をしてくだいね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

センセと学会をC作戦で切った日顕邪宗め!

お山に相談も無しに、
御本尊様をコピーして
こっ酷く怒られたセンセ。
その時は反省した振りをして謝罪した
センセ。

でも、腹の虫はおさまらず、
上納金を納める会員数も激増し、
192ヶ国地域にも弟子が増え達したら、
宗門批判を同中で繰り返し御発言。

坊主は折伏しねぇで、
遊びやがって!
可愛い会員をいじめやぁがってぇ!

えーっと、大石寺に断りもなく、
7体もの本尊模写したセンセに対して
一部の僧が反発し、
学会をいじめましたが、
因果は、センセの本尊コピーが因ですし、

学会をいじめた僧は、日顕御隠居が
一掃し学会を守りましたよね?

俺は、戸田先生よりも
寺を寄進し、正本堂も建ててやったんだ!

俺は、
日蓮よりも広宣流布したんだ!
末法の法華経の上行菩薩は誰だ!現証は?
私を守る事が師弟不二だ!etc.

はぁ〜ぁ、、書くのも疲れます。
創価学会は、すみやかに、
新しい教義と本尊を建立した方が
良いと思います。

今の創価が、
日蓮大聖人様(大御本尊様)を
語るには、教学の上でも、信心の上でも
余りにも無理がある。
だから、彼ら彼女たちは、
本尊義すら物申せないし。

福島より東京に向かう車中より
駄文失礼致しましたm(_ _)m

教学の有る学会員はほとんど存在しない

こんにちは

教学の有る人はこんなに堂々と信仰を語れるのだなと管理人様を見て感じ、毎日1文でもきちんと勉強して私の友達の方々にメールしてます。

一時、ランさんがブログ閲覧数1位になりましたが、信心とは教学の管理人様の言葉で、圧倒的な大差をつけてこのブログが閲覧数1位に返り咲きました。
読者は信仰を大事にしている学会員です。
ランさんの言うように学会員ならアンチ創価のブログを読みたいとは思わない、それにも関わらずこのブログが圧倒的な大差をつけて閲覧数1位。
信仰を続けるには教学が必用だと読者全員の見解になりました。
自分がしている信仰をきちんと説明出来る様に肝に命じて頑張ります。

愚痴に聞こえるかもしれませんが、フルタイムで働いて、家事、毎日夜2時間の会合
題目0分、御書は座談会の時に1ヶ月に1回読むだけなのですぐ忘れる
これが創価の実態です。
この創価の実態に納得出来ない人は非活、もしくは御寺にいかれました。
私の友達に法華講員も多いです。
人其々納得する生き方をなされば良いと思います。

ランさん、駄目だしブログを創価のブログから追い出して不戦勝を狙って閲覧数1位をとったりなさらないようにお願いします🙇⤵

空伽羅おじさんさん

こんにちは。

> はぁ〜ぁ、、書くのも疲れます。
> 創価学会は、すみやかに、
> 新しい教義と本尊を建立した方が
> 良いと思います。

ホントですよね~。
池田センセのしてきたことを冷静に見ると
いかに信心がなかった。を痛感します。

> 福島より東京に向かう車中より
> 駄文失礼致しましたm(_ _)m

今日は暑くてぼ~っとしてしまうので
お気をつけて、無事故でお願いします

miuさん

こんにちは

> 教学の有る人はこんなに堂々と信仰を語れるのだなと管理人様を見て感じ、毎日1文でもきちんと勉強して私の友達の方々にメールしてます。

最近のmiuさんからは御書を真摯に研鑽している姿が感じられ嬉しく思います。

> 信仰を続けるには教学が必用だと読者全員の見解になりました。
> 自分がしている信仰をきちんと説明出来る様に肝に命じて頑張ります。

そうです。行も学もどちらも「信心」です。
「行」で壁にあたれば「学」で乗り越え
「学」で行き詰ったら「行」で切り開く
そこに信心の確信や体験が生まれます。
その確信が弘教や破折の力になるのです。

> 愚痴に聞こえるかもしれませんが、フルタイムで働いて、家事、毎日夜2時間の会合
> 題目0分、御書は座談会の時に1ヶ月に1回読むだけなのですぐ忘れる
> これが創価の実態です。

わかりますよ。せめてその会合で御書をやればいいのにくだらない事ばかりしていんですよね。
でも、そんな中miuさんは頑張っているじゃないですか。
凄いことですよ。

> ランさん、駄目だしブログを創価のブログから追い出して不戦勝を狙って閲覧数1位をとったりなさらないようにお願いします🙇⤵

ははは(笑)
ランキングは、ラン・キング(王様)でいいですよ。(笑)
そんなことより一人でも多くの誠実で純粋な学会員さんが
大御本尊に信を置く正しい信仰で
魔の通力ではない、本当の功徳を受けれもらいたいです。
そのために書いているようなモノですから

いつも、汚すコメント失礼致しす。

とりあえず、無事に、
福島よりチバの自宅に
帰還しました。

夜の勤行を致しましたm(_ _)m
もちろん、二座は長行で!

インスタント勤行は気持ちが悪い。

おはようございます♪

法華経の業者…うまい!(笑)
めちゃうまいこと言う!(笑) 使わせていただきます。
創価にいたころから感じてましたが、あの組織ってな~んか大企業みたいなんですよね~。いくら組織活動しても給料はもらえないので大企業より悪いですが。
ちゃんと新聞とってきたら何%か会員さんにもお金が入るようにしたらいいのにね(笑上の方ばっかり儲けてからに…(--;)
あそうか、末端に給料払わないから一般の新聞社より儲かってるかもしれませんね。
日本一の新聞社ですね、同時に日本一のブラック企業ですが(笑)



創価村ウォッチ

おはようございます。

真実をなんたらのブログを少し読みました。
まさに末端中途半端適当アホ婦人部の典型で色々な人を思い出してしまいました。
もともと成り行き任せで適当に生きてきた人なんでしょう。そこへ池田大仏の有難いご指導がジャストミートしたのでしょうね。
私はこれでいいんだと自信持っちゃったんでもう死ぬまであのふざけたキャラでしょう。おそらくは年をとる程凶暴になるかと思われます。
なんですかあの変なアハハハハハハ。
ハピなんとかさんが彼氏なんですってね。パピちゃんは嬉しいそうです。クセが凄いカップルでございます。
末端中途半端アホ学会員には時々あんな感じの中高年カップルが居ましたね。そういえば。
行政の世話になるため籍を入れるということもせず、まともな仕事にも就かず。実はキ印取扱注意人物なもんだから組織でも腫れ物扱い。何度も根気よく叱ってくれるような奇特な人も居ない。居ても本人があの調子ですから。

「前へ前へ。どんな時もスクラム組んで朗らかに。何があっても笑いとばして。」
こんな人間バカそのものなんですが、なんてったって池田先生が仰っているんですもの。成れの果てが心臓に毛が生えているとしか思えないあのアハハハ。
どうすんのさ池田大仏先生。

創価の森なんとかもちょっと読みましたけど、お大変そうですね。色々と。
どう見ても創価思想が首を絞めているようにしか思えません。あのような方こそ一刻も早く創価を離れて命を軽くされたら良いのにと思いますが。
真実をなんたらの女主さんの騒々しく無責任な能天気さなんて本当は煩わしいでしょうに。変なお供もチンドン屋みたいに付いてくるしさ。とんだドツボに嵌っておしまいのようでお気の毒に思います。

管理人さんが仰るように、ネットバリ活がたまに御書を引用してみたりするのは、いかにも『それっぽく』なるからだけのことでしょうね。
お師匠さんの自画自賛スピーチがそうだもの。
御書のほんの一部だけ切り取っては自分たちの傍若無人振りの『免罪符』にしようってんですから、師匠も弟子も罪は大きいと思いますね。

空伽羅おじさんさん

こんにちは。

> とりあえず、無事に、
> 福島よりチバの自宅に
> 帰還しました。

長旅お疲れさまでした。

> 夜の勤行を致しましたm(_ _)m
> もちろん、二座は長行で!
> インスタント勤行は気持ちが悪い。

ですね。
でも、本当に疲れている時は無理をなさらずに。

元創価班さん

こんにちは。

> 法華経の業者…うまい!(笑)
> めちゃうまいこと言う!(笑) 使わせていただきます。

ぜひお使いください(笑9

> ちゃんと新聞とってきたら何%か会員さんにもお金が入るようにしたらいいのにね(笑上の方ばっかり儲けてからに…(--;)
> あそうか、末端に給料払わないから一般の新聞社より儲かってるかもしれませんね。
> 日本一の新聞社ですね、同時に日本一のブラック企業ですが(笑)

一般法人の新聞社ではないので、税制面の優遇もありさらに儲かります。
合法的な脱税ですね。
一般法人ならば完全にブラックです。

牡丹さん

こんにちは。

相変わらず牡丹さんのコメントは読んで爽快です。

> 私はこれでいいんだと自信持っちゃったんでもう死ぬまであのふざけたキャラでしょう。おそらくは年をとる程凶暴になるかと思われます。

わかります。婦人部の王道を歩んでいますね。

> ハピなんとかさんが彼氏なんですってね。パピちゃんは嬉しいそうです。クセが凄いカップルでございます。

ああ、ここに殴りこんできたハピネスさんですか。
なるほど、カレシならばあのようなコメントを書いてしまう気持ちも分かります。
(でもハピネス氏の為を思って言えば早く分かれた方が・・・)

> 行政の世話になるため籍を入れるということもせず、まともな仕事にも就かず。実はキ印取扱注意人物なもんだから組織でも腫れ物扱い。何度も根気よく叱ってくれるような奇特な人も居ない。居ても本人があの調子ですから。

ここは、あべひ先生になんとか指導してもらうしかないですね。
創価組織論だけとれば、あべひ先生は保守本流みたいですし。

> 創価の森なんとかもちょっと読みましたけど、お大変そうですね。色々と。
> どう見ても創価思想が首を絞めているようにしか思えません。あのような方こそ一刻も早く創価を離れて命を軽くされたら良いのにと思いますが。
> 真実をなんたらの女主さんの騒々しく無責任な能天気さなんて本当は煩わしいでしょうに。変なお供もチンドン屋みたいに付いてくるしさ。とんだドツボに嵌っておしまいのようでお気の毒に思います。

そうですか。それはお気の毒です。怖いですねMCは。

> 御書のほんの一部だけ切り取っては自分たちの傍若無人振りの『免罪符』にしようってんですから、師匠も弟子も罪は大きいと思いますね。

そうですね。
罵詈活教学ってのは、本当にご都合教学で
まるで身延信者を見ているようです。
まぁ、信心がないとこうなるよ。って見本ですね

こんにちは

創価のブログを読んで思う事は

創価ブログの管理人様は、

未活?非活?マイペース活動?

創価脳のバリ活?

外の人、活動不参加者、活動家の全部のカテゴリーから信頼されてる人望の有る活動家?

退会して創価の思い出を語っている?

文章だけで解りにくいのですけど

知ってほしい事が有るから公開してるように思うのですが、読者が判断するのでしょうか?

『聖教新聞社』は新聞社に非ず

こんにちは。

私も組織を離れてから知りましたよ。
法人格じゃなくて新聞社でもないくせに『新聞社』を名乗るなんて嘘つきだわねえ。
創価学会という宗教法人の一部門みたいなもんでしょ?信仰活動の一環という体だから非課税なんでしたっけ。
だから配達員制度も『ボランティア』という捉え方だから『本人が好きで自主的にやってる』ことになってるんだけど。いいの?
そういうセコいトリックはさあ、配達員さん達やそのご家族ににきちんと言うべきですよね。

あと。潮出版とか第三文明出版とか鳳書院。何を細々と分けてるんだか社長も社員もそれぞれ違うんでしょ?
その辺りは人材豊富のご様子。
なるほど。
新刊を次々に発行して現場でどんどん買ってもらわないとね。

聖教新聞社はニセモノ新聞社なんだけど、こっちは株式会社なんだ。ナニこの綿密な感じ。株主達は誰なんでしょうね?上場もしてないしさ。

何から何まで知れば知るほど汚いお金の臭いがプンプンしますわよ。
胡散臭いったらありゃしない。

「変だなあ」と気づいている学会員さんはまず創価の出版物は買わないことをおすすめします。
現場が「断れない雰囲気」ってそれがもう普通じゃないんですけど。

No title

こんばんは。 まだ陽があります。

 聖教については、課税の対象ですが、

  http://blog.goo.ne.jp/sora559977/e/60f9884964d8abcb242c79af00c77907

 にあるように、有利に運用されてますね。 

 配達員さんの給料は極めて安く、職員の平均給与が400万弱からすれば、微々たるものです。  政府自民党からすれば、統一教会に並んで創価は有力な支援団体ですから、そう易々と税制に介入したり改正したりはしませんね。

 現代社会も支配・被支配の構造はますます鮮明になっています。 富と権力の偏在のなかで、気づきも不満も持てずに、唯々諾々と「歓喜」して働いているのがいわゆる「宗教団体」(心の支配部門)。  選挙区で自民党議員を無償で応援してもいますから、実質、経済的にもお助けしていることになります。

 会員さんは幸せな方々だから、こんな普通の世界観も知らず?、平和の戦いをやってるんだと思い込んで、そのくせ「景気が悪い景気が悪い」と政府の悪口や文句も言いながら更にその手助けをやってるんですね。

 そして気づかない。  これだけ言ってても、本尊が変わっても、気づかない。

 無理もありません。  手前の功徳にしか興味がない頭破作七分症候群の人たちですから。  馬の耳に題目かなあ。

今日のランさんのblog

管理人様こんばんは。
今日のランさんのblogで、
学会脳が出ました笑。

大聖人様は、皆が仏になれる。
だから、大聖人様は特別な存在ではなく
本尊義も関係ないそうです。

要するに、大聖人を神格化して、我々とはほど遠い存在の""仏様""に祭りあげてしまっているのである。



これでは、我々凡夫は、とても大聖人様のような仏にはなれないから、
""偉大な大御本尊様にすがって、助けてもらいましょう""
という念仏信仰と同じである。



 ""日蓮正宗念仏風""とでもいえるだろうか。



 御本尊を己心の外に置いているから、こういう考え方になるのである。



 某氏が相変わらず「本尊義、本尊義」とのたまっているが、
日蓮正宗教学のいうところの本尊義とは、十界互具、一念三千を無視した神秘的、呪術的な本尊義なのだろう。

本当にお花畑状態ですね。
何度も言います。
大御本尊様にただ単に拝めは、簡単に仏になれるって法門ではありませんよ。

確かに大御本尊様には仏力法力は備わっていますが、我々が真剣に信力行力を発揮しなければ、どんなにあがいても仏界は具現しない。

ましてや、自身が大聖人様と同じって地域の幹部も言ってたけど、増上慢の固まりの連中です。

創価教学は苦し紛れで無理がある

こんばんは

管理人様の文章を初めて読んだ時から感じてましたが創価教学は苦し紛れで無理があります。

学会員は自分の心の中に南無妙法蓮華経が有れば良いと言います。
宗門から破門され無ければ絶対そんなことは言わなかったでしょう。
破門されて本尊がないだけです。
言ってる事はわかりますが、勤行や題目をあげるなら本尊は必要に決まってます。
日蓮仏法ではなく、両手を合わせて祈ってるだけです。

大御本尊様に両手を合わせるのがおすがり?
日蓮正宗創価学会の時は、学会員もおすがりしてた事になります。

大聖人様は、貧乏な人でも信仰出来ますと言ってるだけです。
大聖人様と自分が同じ等、増上慢も甚だしいです。

創価学会仏と言う言葉は物凄く嫌い💔です。

こんばんは。
活動家さん達は…「学会を批判する輩には、罰や現証が出る!」…とまるで脅しのように言ってます。昔よくテレビに出てた占い師の「地獄に落ちるわよ!」を思い出しました。
なんだか呪いの宗教みたいです。
こんなんで、世界宗教になろうと思ってるのかな。
確かに昔は、折伏したときに「創価なんて気持ち悪い!」って言った人によくないことが起きたこともありましたが……それは破門前のことです。今の創価に何を言っても、なにもおきないと思います。

蘭房(RAMBO) さん、牡丹さん。

こんばんは。

聖教新聞については以前記事に書いたとおりです。
アレは間接的な創価への寄付(財務)です。
だから「やらせる」わけです。
謗法への布施なので、購読中止することを勧めますね

ひごちゃんさん

こんばんは。

彼女の教学のなさが出ていますね。
一念三千の理・事が理解できていなどころか
本仏と迹仏の違いすら分かっていないようです。
彼女の「観心本尊抄」の解説?
マジ、ウケるんですけど~
というレベルです(笑)
そのうち添削指導をしてあげようと思ってます

miuさん

こんばんは

> 管理人様の文章を初めて読んだ時から感じてましたが創価教学は苦し紛れで無理があります。

基礎教学が全然わかっていないんですよ。
それがご本仏から離れていった人たちの共通点です。
五老僧と同じですね。

> 大御本尊様に両手を合わせるのがおすがり?
> 日蓮正宗創価学会の時は、学会員もおすがりしてた事になります。

間抜けですね。そういことは本尊を返納してから言って欲しいものです。

> 大聖人様は、貧乏な人でも信仰出来ますと言ってるだけです。
> 大聖人様と自分が同じ等、増上慢も甚だしいです。

その通りです。
以前、両重の総別の話をしましたが
そういうことが全く分かっていないのです。

> 創価学会仏と言う言葉は物凄く嫌い💔です。

そりゃそうです。そんな「仏」いませんから(笑)

miuさん、御書研鑽頑張ってくださいね。

絵理子さん

こんばんは。

> 活動家さん達は…「学会を批判する輩には、罰や現証が出る!」…とまるで脅しのように言ってます。昔よくテレビに出てた占い師の「地獄に落ちるわよ!」を思い出しました。

虚仮威しにもなりませんね。
なんの根拠も文証もありませんし。
くだらない。の一言です。

> なんだか呪いの宗教みたいです。
> こんなんで、世界宗教になろうと思ってるのかな。

本当ですね。
世界宗教になれると思っちゃっているところが
メルヘンです。

> 確かに昔は、折伏したときに「創価なんて気持ち悪い!」って言った人によくないことが起きたこともありましたが……それは破門前のことです。今の創価に何を言っても、なにもおきないと思います。

何も起きません。
てか、無間地獄に行くのはあの人たちの方ですから
大聖人の文証もいっぱいあるし、間違いなしです。

任用試験特集号(大白蓮華)が届きました。

本日、掲題の特集号が請求新聞と
共に届き、
ペラペラとページを開く私。

まさか!
やぁ〜?もう、しないよね?
魂の独立から何年経過したの?

試験範囲の最終項に、
日顕宗を破す!!!

えーぇ!まだ、言ってるのか。
なるほど、
ネット活動家がブログに上げてる
コメントと同じで、芸がない。
くだらない、破折のつもり?

AM10時には
息子の体操教室の引率があるので
そろそろ寝ます。
おやすみなさいませ。

空伽羅おじさんさん

こんにちは。

> まさか!
> やぁ〜?もう、しないよね?
> 魂の独立から何年経過したの?
> 試験範囲の最終項に、
> 日顕宗を破す!!!
> えーぇ!まだ、言ってるのか。
> なるほど、
> ネット活動家がブログに上げてる
> コメントと同じで、芸がない。
> くだらない、破折のつもり?

本当に。
創価の教えなんて何の破折にもなっていないことが分からないのですね。
それはそうと、創価学会仏についての設問はあるのですかね(笑)

こんにちは

極悪ブログを読んできましたよ♪
ものすごいブーメランですね~
ブーメラン連続発射装置ですね(笑)

ほんとに糞のやくにもたたんブログだと思います。
あんなもん読んでだれが発心するのであろうか?
幹部指導で堂々と新聞おっピろげて読んでる無能幹部のようです。



元創価班さん

こんにちは

> 極悪ブログを読んできましたよ♪
> ものすごいブーメランですね~
> ブーメラン連続発射装置ですね(笑)


そうですか。
観心本尊抄の講義?解説?
それだけ読んだらお腹いっぱいで私は読んでません(笑)
あの講義?説明?のお粗末さを見れば、レベルは知れますのでタイトルだけで十分です。
「観心」がすでに理解できていませんからね(笑)
「観心」を「する」(しない)という言葉だけで嗤えます。

> ほんとに糞のやくにもたたんブログだと思います。
> あんなもん読んでだれが発心するのであろうか?
> 幹部指導で堂々と新聞おっピろげて読んでる無能幹部のようです。

あまりに「教学がない」と言われたので気にしてるんですかね?
標準的な罵詈活程度の教学はありますよ。といってあげた方が良かったでしょうか?
無理にできもしない教学の話をしなくてもいいのに・・・
書けば書くほどますます・・・

己心の創価学会仏に南無南無。

彼ら彼女たちは、
自分が成仏できれば良いので、
信仰の鏡は、大御本尊様でなくても、
大丈夫なんです。
己心の南無南無が、
創価学会活動を行う事で涌現して
一生成仏が可能となります。

現代の上行菩薩の再誕なる
イケダ大商人さまと、師弟不二だな。
時期に創価学会仏の設問が
あるかと思います。
駄文失礼致しましたm(_ _)m
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる