創価脳の観心本尊抄講義の感想

本尊義の質問に答えられずに、このブログから遁走していった
「極悪と戦うなんちゃら」ブログの管理人の創価脳のランさん。
略して極悪創価悩乱さんが
ご自分のブログで先月何を思ったか
「観心本尊抄」の講義を突然始めた。
「へ~観心本尊抄なんて理解できるんだぁ~」って思って
その記事は読んでいた。
連載ぽく第3回まで書いたが、その続きは
飽きちゃたのかどうか知らないが
すげ~中途半端というか
本論の部分の講義がないままどうやら終了したみたい。
まぁ、回を増すごとに、どんどん酷い内容になっていたので
打ち切りは正解なんだけどね。
そこで今回は約束通り、創価悩乱創価脳・ランさんの
観心本尊抄講義の添削をしてみるね。
(以下▼が創価脳ランさんの講義)

まず初回の冒頭に
▼これは記事にしてよいものか相当迷ったが

との記述がある。
うん。よせばよかったのに(笑)とツッコミを入れた。

でまずは題号の説明がある。
「時・応・機・法」の四義の説明は日寛上人も文段をそのまま引用なので問題なし。
だけど
▼"おすがり信仰""がひろまっていた。それに真っ向から意義を唱えたのが第26世日寛上人であった。

こんなことを言うところが
日寛上人の書を読んでないのがバレバレで
その程度で「日寛上人」を語ってんじゃね~よ。って思うね。
日寛上人がやったのは、「戒壇大御本尊」の正義の宣揚ですよ。
「観心本尊抄文段」を全部読めば一目瞭然。
四義について述べているのも、最終的に戒壇大御本尊を宣揚するところにつながるわけ。
全く、中途半端な教学もどきで何を言ってるの?って感じですね。さらには、

▼「観心」と「本尊」の間に「の」の字を入れて読むのは、爾前教(にぜんきょう)や法華経迹門、
本門の文上(もんじょう)に説かれる「教相(きょうそう)の本尊」と区別する意味がある。
「観心(かんじん)」とは「教相(きょうそう)」の対語であり、
教相が経文を理論的に究明するのに対し、観心は、真理を己心に観ずる修行をさす。

これって本当に分かっていて言ってないですね。
「真理を己心に観ずる修行をさす」
違います。それは天台の観心であり大聖人の観心に対すれば
これもまた「教相」でしかないのです。
ところがランさんは天台の観心と大聖人の観心を完全に混同してしまうわけです。
もうこの時点で観心の本尊を分かっていないですね。
ていうか何のために、四義を説明したのかこれじゃサッパリわかりませんな。
話が全く繋がっていない。
これぞ創価の切り文教学の真髄ですね。

なのでこの回の最後に
▼民衆が困っている ""時""に
生きるという根本的なことで悩んでいる悩みに ""応じて""
末代幼稚の凡夫である我々の機根に ""あわせて(機)""
十界互具・一念三千の御本尊を「明鏡」として受持させ
開仏知見、ある仏界の生命を開かせる ""法""
これが正しい「時・応・機・法」のとらえ方である、と。

な~んていう己義を構えて
「私っていいこと言ってるなぁ」って酔っ払っちゃうわけです(笑)
全くここには大笑いです。

第2回の講義はさら可笑しくて
▼最初に本尊の話をすると祈ったら""功徳が御本尊からくる""という
""おすがり信仰""なってしまう恐れがり、前半=観心 後半=本尊 の流れになったのはそのためで、

最初kから全くの見当違い。
最初に天台の一念三千の出処をあげたのは
「理」の一念三千を最初の提示しその後「事」の一念三千へと論を進めるため
つまり「事」の一念三千の当体が大聖人の御本尊(観心本尊)であることを示すためです。
御書を講義するときにはちゃんと全体を読んでからして欲しいものです。

▼大聖人はこの「観心本尊抄」で、法華経方便品第二に説かれる文をとりあげ、
仏の【唯一大事因縁(ゆいいちだいじいんねん)】(仏がこの世にあらわれた目的)は、
【衆生をして仏知見を開かしめんと欲す】(衆生の中にある仏界を開かす)ことである、と述べられている。

なんて書いてあるが、その唯一大事因縁=出世の本懐を
「民衆仏法の確立である」なんて言ってるのが創価で
本当に唯一大事因縁が分かっていれば
そんな創価の教義に賛同するわけないんですね。

さて3回目になると添削のしようもありません。
▼仏と衆生に隔たりがなく""平等である""と仰られている。
法華経では、""仏とはどこか遠いところにいる特別な存在ではない""と説く。
仏とは、人間のことであり、釈尊、天台、伝教、大聖人のような偉大な仏の生命が、我々凡夫の中にもある、と説く。

などど、相変わらず「能所」「総別」「理事」の立て分けができていません。
つまり、3回も観心本尊抄の講義をしておきながら
「教相」と「観心」の違いを全く分かっていないわけです。(ヤレヤレ)

その証拠に、創価脳・ランさんはこの講義のあとに
「本尊義を語りながら観心ができていない方々」というタイトルの記事を書いてます。
内容は読んでまぜんが、このタイトルだけで分かっちゃいます。
この方は「観心が出来る」と思ってるわけでしょう?
完全に本尊が分かっていない証拠です。
もっとも、太ちゃんのブログによると
創価脳・ランさんは「ご本尊に対してピンと来ていない」と
ご自分でカミングアウトしてるそうです(笑)
まぁ、いまさらカミングアウトしなくても、最初から知ってますが(笑)

どっちにしても、大御本尊を捨てた謗法者が
「観心本尊抄」を読むこと・・いや開くことすら無駄なことなのです。
観心本尊抄の最後に

◆此の事日蓮身に当るの大事なり之を秘す、無二の志を見ば之を開・せらる可きか

と書かれています。
「無二の志」とは「大御本尊」に対する「無二の信心」です。
創価罵詈活謗法者は「見ても」「開いても」ダメだ。と大聖人は言われています。
まぁ、読んだところでこの程度ですからね。
どうしても読みたければ、日寛上人の文段を横において読みなさい。
ああ。持ってませんか?文段なんて(笑)
大作センセの与太話ばかりの書籍買うより
文段の方がよほど価値があるんだけどね。


にほんブログ村

         
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

致し方無し。創価教学の限界ですから

創価の最高幹部の
おじさんや
おばさんは、
会員達(ばり活)さんに
本当の事を教えてませんから、
教学が無くても、
新聞を多部数購入し、
選挙になればハムを支援し、
更に、他人様にも嫌われようが
御構い無しに勧める事こそが、
今生人界のなんとやら、

大御本尊様=日蓮大聖人様と
理解が出来ないのです。

南無妙法蓮華経は宇宙のリズムとか、
仏性を顕す対鏡も無い創価なのに、
我が己心に仏があるとか?

雑な宗教団体です。

乱さんって面白い人ね。

こんばんは。

乱さんといえば。
ご本尊様の相貌についてお書きの記事がありました。教学音痴の私ですらヘソが茶を沸かして本当に困りました。

ご本尊様の相貌に、なんで提婆達多という『人物』があるのかずっと不思議だったそうです。
さあ皆さん笑ってくださいまし。
乱さんの結論としては
「こうなっちゃいけないよ」という『反面教師』みたいなものなのだそうです。
完全に『キャラクター』として捉えておられます。
ご本尊様のお姿を何だと思っているのでしょうか。キャラクター大集合でしょうか。アベンジャーズでしょうか。ご自分でカオスにしてしまわれております。
そりゃあピンと来ないどころか悩乱するのも無理からぬこと(笑)
唱題しながらそんなことばっかり考えてるのかもしれませんね。面白い人!

牡丹様は善知識で面白く。

娘にメシがまずいと
言われ、
牡丹様のアドバイスで
今や、トトの冷凍食品の
解凍加減を絶賛する我が娘。
父子共に学習能力が
欠けてはおりますが( ◠‿◠ )

牡丹さんのコメントは、楽しい。
駄文失礼致しましたm(_ _)m

空伽羅おじさん様

おはようございます。

いいですねえ。
泣けてきちゃう。
大変でしょうけど、娘さんと過ごす時間がたくさんあって、とってもお幸せなことだと思いますよ。
女の子は、いつか、そういう思い出を抱きしめてお嫁にいくのよ〜。

空伽羅おじさんさん

こんにちは。

> 雑な宗教団体です。

本当に色々と「ザツ」ですね。
創価カツドウカさんが御書を読んでも
犬が星を見ているのと同じです。

牡丹さん

こんにちは。

> ご本尊様の相貌に、なんで提婆達多という『人物』があるのかずっと不思議だったそうです。
> さあ皆さん笑ってくださいまし。
> 乱さんの結論としては
> 「こうなっちゃいけないよ」という『反面教師』みたいなものなのだそうです。
> 完全に『キャラクター』として捉えておられます。
> ご本尊様のお姿を何だと思っているのでしょうか。キャラクター大集合でしょうか。アベンジャーズでしょうか。ご自分でカオスにしてしまわれております。
> そりゃあピンと来ないどころか悩乱するのも無理からぬこと(笑)
> 唱題しながらそんなことばっかり考えてるのかもしれませんね。面白い人!

ははは(大笑)
創価カツドウカ諸氏の珍説は色々見聞きしましたが
これは「最強レベル」です。
観心本尊抄の講義?では、十界互具とか一念三千とか
散々「熱く」語っていましたがアレはなんのため?
そういう理由ならば、提婆達多の横に是非「池田大作」と書き加えて欲しいですね(笑)

管理人様、ランさん

いつも有難うございます。

ランさんは、創価学会一筋で、私と管理人様の事を心がひねくれていると表現なさっておられます。

管理人様は、学会員が御書を読んでも犬が星を見ている?
価値がわからないと言うことでしょうか?

私は法華講の友達3人、学会員10人とメールのやり取りしてますが、ランさんや管理人様より、私の御書の説明の方が良いと全員に言われたので、記事にしてみました。

前にも書いた事がありましたが
御書と言っても、立証安国論を書く前と後では大聖人の意気込みも違うと思いますし、手紙を読んでもらう相手の状況や相手の気質によっても言いたいことは変わって来ると思います。

折伏をする時や信仰をやめたい人を説得するには文章や会話の中に御書を取り入れたりするのも価値があると思いますし、日蓮大聖人の仏法なのだから御書を用いるのは当然だろと言うのもわかりますが、創価の良さを説明したり、創価がほうぼうだと言うことを説明するのに御書を使うのは、御書を利用してるみたいで嫌だなと思いました。

御書を説明するのに、宗門が間違い、創価が間違いと言うのを出来る限り絡ませずに御書の解説をします。

ランさん、管理人様、自分の方が御書の説明が良いと思われたら、そのようにお書き下さいませ。

1度聞いて見たかったので、大変な御無礼を御許し下さい。

miuさん

こんばんは。

> ランさんは、創価学会一筋で、私と管理人様の事を心がひねくれていると表現なさっておられます。

ランさんの個人的感想には興味ありません。

> 管理人様は、学会員が御書を読んでも犬が星を見ている?
> 価値がわからないと言うことでしょうか?

ただ何もわからず見てるだけ。ってことです。

> 前にも書いた事がありましたが
> 御書と言っても、立証安国論を書く前と後では大聖人の意気込みも違うと思いますし、手紙を読んでもらう相手の状況や相手の気質によっても言いたいことは変わって来ると思います。

それを言うなら「佐前・佐後」です。表現は違いますが御書で言ってることはひとつです。

> 御書を説明するのに、宗門が間違い、創価が間違いと言うのを出来る限り絡ませずに御書の解説をします。

それは、muさんが破折目的ではないからです。

> ランさん、管理人様、自分の方が御書の説明が良いと思われたら、そのようにお書き下さいませ。

ランさん同レベルにされたくないですね(笑)
彼女のは「完全な我見」であって、御書の説明ではありません。
そもそも基礎教学が皆無ですし。

牡丹さん、トト飯は冷凍食品に負ける(涙)

管理人様、牡丹さん、
関係ないコメントばかりで
大変恐縮です。

娘に
トトのご飯おいしいね!って
言われるまで、
戦い貫きまぁ-す!(学会員の決意風)

ありがとうございます。
最近、
ネコのマイ助の方が、
私に優しく
接してくれます。
片手に鰹ぶしを
持ってる時だけですが、、。

管理人様

いつもながら御書講義を通じ鮮やかな呵責をされ、頷きながら拝見しました。
ありがとうございます。

学会員で大御本尊様を信じているという方、折伏をしていく中で多数遭遇します。

しかしながら正宗では、大御本尊様のみ信じているだけではダメです。

唯授一人血脈附法の御法主上人猊下を大導師と仰ぎ、猊下を通じて初めて大御本尊様の仏力法力を享受できます。
つまり血脈相承と御戒壇様を切り離して考えてはいけません。

嘗ての学会でもあまり教えてこなかったと思います。小生、脱会して信心していく中で総本山の山法山規を学んで知り得ました。
勿論、学会草創期の方々は承知していると思います。

御開扉で猊下が大導師を勤め、御祈念の後に「願いにより本門戒壇の大御本尊を御開扉奉り〜」と御説法されます。内拝の儀を実感します。同時に荒凡夫には計り知れない深甚の御法門に触れる思いでもあります。

今回の記事にもありますように、
今の学会員は浅薄な教学を何の裏付けもなく語ってしまい、益々邪義を宣揚していますね。

正法正義から離れてしまうと、御本尊様の賛文にある通りです。頭破七分の現証をものの見事にさらけ出し、ある意味で仏法の厳しさを感じます。
今では逆縁となった学会員の方々を、根気よく丁寧に折伏して行きたいと、決意を新たにしております。


古刹信徒さん

こんにちは。

> 学会員で大御本尊様を信じているという方、折伏をしていく中で多数遭遇します。

そうですね。度重なる教義変更に違和感を持っている学会員さんは多いですね。

> しかしながら正宗では、大御本尊様のみ信じているだけではダメです。
> 唯授一人血脈附法の御法主上人猊下を大導師と仰ぎ、猊下を通じて初めて大御本尊様の仏力法力を享受できます。
> つまり血脈相承と御戒壇様を切り離して考えてはいけません。

本来は、その二つは同じで切り離して語るものではありません。
ただ血脈相承から入ると分かりづらいのでしょうね。

> 今の学会員は浅薄な教学を何の裏付けもなく語ってしまい、益々邪義を宣揚していますね。

もはや、大聖人仏法ではないのに、大聖人仏法であると主張しようとするから
ロジックが崩壊してしまうのですね。
今の創価に御書は必要ありません。

> 今では逆縁となった学会員の方々を、根気よく丁寧に折伏して行きたいと、決意を新たにしております。

そうですね。
基本的に学会員さんは一度は大聖人仏法に縁したのですから。
私も少しづつでも大御本尊の元にお連れできればと思っています。
もっともその前にまず自分がお目通りするのが先ですが(面目ない)

管理人様

早く御登山してください!
一切の罪障消滅、家内安全、息災延命、其々の大願成就が叶うこと疑いなしですよ!

古刹信徒さん

こんにちは。

> 早く御登山してください!

面目ありません・・
支部登山が土日にしかなく土日は仕事なので延び延びになってます。
年内には登山したいと思っています

法本尊開顕の書ですね…佐渡の地で命がけで大聖人様が顕されたことを思うと、相伝のもと正しく学ばないととの思いが湧きます。

御登山は手継ぎの御師匠様を通して平日でも参詣させていただけることもあります。不規則勤務の方には有り難いと思いますが…

あいがたい大御本尊様の御開扉がかない…唱えがたい御題目を唱えさせていただき…無始以来の謗法罪障消滅が叶う…

有り難いですm(__)m

ナノルホドデハアリマセン さん

こんばんは。

> 法本尊開顕の書ですね…佐渡の地で命がけで大聖人様が顕されたことを思うと、相伝のもと正しく学ばないととの思いが湧きます。

観心本尊抄は大御本尊を捨てた学会員ごときが取り上げる御書ではないですね。
大聖人への冒涜です。

> 御登山は手継ぎの御師匠様を通して平日でも参詣させていただけることもあります。不規則勤務の方には有り難いと思いますが…

添書登山ですね。
ともかく年内登山を目標に頑張ります

御開扉について

こんばんは。

御開扉は土日月火がほとんどなので、月、火曜日でも添書登山ならいけますよ。

私は先日、登山事務所に添書を提出後、指定された休憩坊で唱題→御開扉→本種坊で唱題→丑寅勤行をひたすら繰り返してました。

平日の方が人が少ないので、大御本尊様のお近くに座りやすいかも知れません。

失礼致しました。

とどさん

おはようございます。

> 御開扉は土日月火がほとんどなので、月、火曜日でも添書登山ならいけますよ。
> 私は先日、登山事務所に添書を提出後、指定された休憩坊で唱題→御開扉→本種坊で唱題→丑寅勤行をひたすら繰り返してました。
> 平日の方が人が少ないので、大御本尊様のお近くに座りやすいかも知れません。

そうですね、行くなら平日になると思います。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>