宗門からの支配

宗門と別れて20年。
「宗門からの支配から解放されて良かったと」今も耳にする。
しかし、それって本当に心底思ってるのだろか?
だとしたら、本当に学会員てのはオメデタイ人間の集まりだ。
そもそも、宗門から支配されていたと言うが、
どんな支配をされていたのだろうか?
支配されていたとしても、それを我々末端の学会員が
直接何か被害を蒙っていたのか?
そんなことは全くない。
支配されたと思い、被害を蒙っていたと思ってるのは
学会の上層部だけだろう。
「威張った坊主に嫌な思いをさせらていた」
なるほど、そんなこともあった。でもいまは
「威張った幹部に嫌な思いをさせられている」
何も変わらない。
「ご供養を坊主の遊興に使われた」
なるほど、そんなこともあるだろう。
では、学会職員達は財務の中から給料もらって、
全く遊興費は使わないのか?

結局、一般の学会員はとっては何も変わってないのだ。
宗門に支配されてた。
これが、【学会に支配されてる】
に変わっただけだ。
それを、学会患部達に騙されて、
あたかも宗門と別れて物凄く良くなった。と思わされているだけ。
良くなったのは、学会上層部の学会職員だけ。
宗門と別れて、宗門に色々搾取されることなく
自由気ままに会員達を動かすことが出来るようになったんだからな。
一般会員からすれば、むしろ宗門と言う重しが有った方が
うんと良かったのだ。
日蓮仏法と関係ない、新聞啓蒙や選挙ばかりやらされ
暮れになれば財務の戦い。
会員のカネと時間を使っておきながら
自分達が偉いと思ってるクソみたいな幹部。
宗門支配が終わった後には
宗門以上に狡猾に会員を支配しようとする輩が出現したわけだ。
我々の本当に戦わなければならない相手は、
学会の中に潜む、権力であり。悪党どもなのだ。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

初めてお便りします。私は現在68歳、数々の功徳を受けた普通の創価学会壮年部員です。60歳で定年退職後、3年半、子会社で勤務しました。離職後、一昨年まで自治会長を務め、現在は相談役、4年前から民生委員をやっています。最近になって、富士宗学要集、仏法哲学大辞典などで、日蓮仏法に付いて勉強を始めたばかりです。そして、2013年8月より、拙ブログ「明るい未来へ弟子として生きる」を開設し、創価学会の正義を紹介しています。とりあえずご挨拶申し上げます。メールの経験が少ないので、乱文にて失礼しました。

是々非々

私は、30年くらい前、主人に折伏されて創価学会に入り、結婚式を日蓮正宗のH寺でしました。それ以前、「創価学会の人にはいつもお世話になります・・」と言っていた妹婿のMさんが、急に学会に無関心になりました。 
 母によると、カメラマンを買って出てくれたMさんに、S僧侶が、「そこ、何してるか!。」と、怒鳴ったそうです。御本尊の方にカメラが向いたらしいですが、説明が無く、不愉快だったようです。

最近、勤行の御観念文が変わって、新しい御観念文に変えたら、経済や怪我など、守られない感じが有るので、以前のに戻したら、経済の問題がすぐ解決したのです。地区の、新しい御観念文に変えない人は、元気です。初座の諸天供養だけを以前のままにしてる人も元気ですが、色々有ると、言ってます。
悩んだ末、H寺のS僧侶に、質問に行きました。

「御書だけが全てでは無い。葬式等のご供養は、信者が出せるだけで、決まった額は無い。これは天台宗にもとずいています。」
日蓮宗で葬儀した友人が、70万と言われて、出したらしいから、日蓮宗のその寺は、天台宗の流れは無いのでしょうね。

「士農工商の身分とは別に、僧侶が有るのです。」 と言われ、カースト制みたいだと思いました。(上から目線)もこれが原因かもしれません。
この僧侶は昔、学会から青年僧侶になった人です。身分ってなんでしょう?。御書の中に、「一闡提とは、バラモンのことである。」というのがあったんじゃなかったですかね?。
自分が上・・と思うと、相手の方が間違って見えるんですかね。

20年以上前、ラーメン店に有った「東京新聞」に、谷川佳樹青年室長の実名入りで、「池田先生に、『へー、東大出は頭下げないんだな。』と言われた。けれど、私は頑張ります。」というような記事が有り、その周りを、匿名の池田先生夫妻の誹謗中傷記事が取り巻いていました。
「実るほど、こうべを垂れる稲穂かな」の例えがあるし、教えてもらった・・と思わず、恨んでしまう・・。東大のおひざ元の東京新聞に書き立てる・・・。どうかと思う。陰湿。
谷川佳樹氏は、聖教新聞の編集局長と、何かで見た。新聞に書いて無いからわからないと思ってるのかな。池田先生が、「えっ?なんでこんな所で写真を?」っていうような顔で、まわりもぼーっとしてる写真が新聞にのってることもある。池田先生が好きな人は、そんな写真は使わないよ。

会員の教材として、池田先生は大百蓮華を80円に値下げもした・・と以前大百で読んだ。
大手新聞と売り上げ部数を競争するためもあるのか、家族に嫌われ、一般紙も取れないのに、聖教新聞を3部から4部とっている。
まあ、新聞が生命線のようで、あげるだけで私に功徳はもらえるけど・・。前日の新聞を日替わりであげる人が、8人以上にもなった。新聞とるのをやめた人が多くなった。定年後の男性は読んでくれるが、一面に女性が読みたいものも入れてほしい。新聞推進長になるまで、私はほとんど読まなかった。見出しが学会目線過ぎる。

中尾雅子さん

こんにちは。コメントありがとうございます。
大作センセが好きな人、僧侶が嫌いな人
自分の意見に賛成する人、反対する人
色々います。それは人それぞれです。
しかし、信心は好き嫌いや合う合わないではありません。
正が邪です。
大聖人仏法の根本は大御本尊への信です。
それを捨てた創価は大聖人仏法ではありません。
故に創価活動には功徳はありません。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>