宗門からの支配

宗門と別れて20年。
「宗門からの支配から解放されて良かったと」今も耳にする。
しかし、それって本当に心底思ってるのだろか?
だとしたら、本当に学会員てのはオメデタイ人間の集まりだ。
そもそも、宗門から支配されていたと言うが、
どんな支配をされていたのだろうか?
支配されていたとしても、それを我々末端の学会員が
直接何か被害を蒙っていたのか?
そんなことは全くない。
支配されたと思い、被害を蒙っていたと思ってるのは
学会の上層部だけだろう。
「威張った坊主に嫌な思いをさせらていた」
なるほど、そんなこともあった。でもいまは
「威張った幹部に嫌な思いをさせられている」
何も変わらない。
「ご供養を坊主の遊興に使われた」
なるほど、そんなこともあるだろう。
では、学会職員達は財務の中から給料もらって、
全く遊興費は使わないのか?

結局、一般の学会員はとっては何も変わってないのだ。
宗門に支配されてた。
これが、【学会に支配されてる】
に変わっただけだ。
それを、学会患部達に騙されて、
あたかも宗門と別れて物凄く良くなった。と思わされているだけ。
良くなったのは、学会上層部の学会職員だけ。
宗門と別れて、宗門に色々搾取されることなく
自由気ままに会員達を動かすことが出来るようになったんだからな。
一般会員からすれば、むしろ宗門と言う重しが有った方が
うんと良かったのだ。
日蓮仏法と関係ない、新聞啓蒙や選挙ばかりやらされ
暮れになれば財務の戦い。
会員のカネと時間を使っておきながら
自分達が偉いと思ってるクソみたいな幹部。
宗門支配が終わった後には
宗門以上に狡猾に会員を支配しようとする輩が出現したわけだ。
我々の本当に戦わなければならない相手は、
学会の中に潜む、権力であり。悪党どもなのだ。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

初めてお便りします。私は現在68歳、数々の功徳を受けた普通の創価学会壮年部員です。60歳で定年退職後、3年半、子会社で勤務しました。離職後、一昨年まで自治会長を務め、現在は相談役、4年前から民生委員をやっています。最近になって、富士宗学要集、仏法哲学大辞典などで、日蓮仏法に付いて勉強を始めたばかりです。そして、2013年8月より、拙ブログ「明るい未来へ弟子として生きる」を開設し、創価学会の正義を紹介しています。とりあえずご挨拶申し上げます。メールの経験が少ないので、乱文にて失礼しました。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR