FC2ブログ

あべひ君の反論記事を3度嗤う

創価のスマホ本尊がよほど気になったのか
あべひ君が反論記事を書いているといことなので彼のブログを読んでみた。
まぁ、相変わらず「反論のテイ」をなしていない記事だった(笑)
あべひ君は過去の俺の書いた記事で
「会館」の件と「墓苑」の件で反論記事を書いているが
「会館」の時は建築確認のはなしで
「墓苑」の時は所有権のはなし.。
その時に指摘したが、記事の趣旨とは違う所で反論をするんだよね。
彼が俺の記事に絡んでくる時のロジックはいつも同じで
コチラが仏法の話をしているのに彼は世法の話で返してくる。
(しかも「会館」と「墓苑」についての反論は素人がネットで調べて書きました系の内容)
つまり、彼は「論点を逸らす」といういう創価脳全開の反論しかできないわけだ(笑)
のんかつ氏・ラン氏ほど、あべひ君は「マヌケ」ではないと俺は思っているので
彼は「わざと論点」を逸らして「本題」から引き離そうとしていると想像している。
その理由は、このブログの読者の学会員さんを誤魔化そうとしている。ということと
あべひ君に俺のブログ記事を破折するほどの教学力がない。ということだろう。
事実、あべひ君のブログには恐ろしいほど大聖人仏法の話は書いていない。
(まぁ創価ブログはほとんど変わらないが)
それは「書かない」のではなく「書けない」という事だと認識している。
なぜ書けないかというと「怖い」からなんだと想像する。
だから、「論点ずらし」の反論を遠くからする以外にないのだろうね。
でも、こうして今回の記事に反論するという事は
彼の中で「これはヤバイ」という思いがあるからんだろうね(笑)
「会館」の時も「墓苑」の時も、彼は反論しておかなくてはバイと感じたんのだろう。
別の言い方をすると学会員さんを誤魔化しておかないとヤバイと思ったのだろう。
それはつまり、その記事が「正論」だったから他ならないとうことだと受け止めよう(笑)
だれも信用しないような記事であるなら「反論」する必要もないからな。

さて、今回の反論もいつもの如く子供ダマシもいいところ。
まぁ、「あべひワールド全開」だ。
彼の反論はこうだ。

▼日顕宗では創価学会の本尊はニセであると主張するとともにニセ本尊を受持するだけで「不幸になる」と喧伝している。
この指導が真実なら学会員に見せる為にスマホにダウンロードし肌身離さず持ち歩いている退転某氏法華講員は「不幸に」なるに違いないはずだ。だが、そんなことを知ってか知らずかコメントを寄せる法華講員さんは誰も「不幸になる」などと指摘することはない。

要約すると、正宗でニセ本尊と言っている創価の本尊をアプリに入れて受持するのは正宗の指導と違っているから自語相違である。といった所だ。
全く大笑いである。
ここまで仏法に無知だと気持ちいい。
まず、彼はスマホの画像が本尊として成立していると思っているようだ。
いいか。正宗の御本尊だろうと大御本尊だろうと創価の掛け軸だろうと
スマホの画像はそもそも「本尊」ではない。
「本尊」を撮影した「画像」を「本尊」だと言っている時点でまずダメである。
つまり今回のアプリ本尊は「ニセ本尊」にすらならない
ただの「創価の掛け軸の画像」なのである。
つまり、創価の現在の教義に照らしてもアプリ本尊は「本尊」ではないのである。
このアプリの掛け軸の画像は「本尊である」と原田君が裁定したのかね?
そうでならいなら、あべひ君が勝手にこの画像を「本尊」と言ってるだけ。
自分の所属する会の会長が言っていないことを
ネットで言い張っていいのかね?
そんなことをしていると査問されるぞ(笑)

それと、もう一点彼は「受持」というのを
「持ち歩くこと」だと思っているらしい(笑)
ならば学会員はいつも「本尊」を持ち歩いているのかね?
あべひ君はどうだ?いつも持ち歩いているのかね?
そんなわけないだろう(笑)
大聖人仏法における受持とは、「信力・行力」である。
つまりこのアプリ本尊を信じない限り「受持した」ことにはならないのである。
持ち歩いているだけで受持になるというならば文証を出したまえ。
ブログウォッチもいいが、少しは教学を勉強した方がいい。
こんなの基礎教学だ。
因みにこのアプリは無料なので「謗法への布施」にも該当しない。

まぁ、もっとも彼は「それを分かっていて」書いているのだろうと思う。
(というかそうであってあって欲しいという願望)
何故なら、初心の学会員さんは創価から仏法を学んでいないので
本尊の画像も本尊だ。と言われれば「そうかな」って思っちゃうし
持ち歩くのが「受持」だと言われれば「そうだよね」って思うだろう。
そのような学会員さんを誑かす為に
彼は「世法」にことよせるわけだ。
本来の本題である「仏法」を語ると創価が間違っていることを
初心の学会員さんが知ってしまうことが怖いのだろう。
(それと自身の無知がバレるのもイヤなんだろう)

なぜ、このアプリが謗法なのかと言えば
創価自身が「本門の本尊」と呼んでいるモノを誰でも見ることができる状態に放置していることである。
無料アプリにさらすということは、「誰でもご自由にお持ちください」という事だ。
俺は創価掛け軸なんてそんな扱いでも十分だと思っているが
この本尊を信仰している学会員さんは「それでいい」のですか?という話だ。
そもそも、自分たちの本尊の問題に反論するのに
何故、正宗の話なのか?訳が分からない。
創価脳は創価脳同士でやりあっているのがお似合いなのである。
各自のブログで思う存分「創価思考」「創価発言」を連発していればいいのである(笑)
今回の件で久々に創価ブログを読んでみて
つくづく「創価の評判」を下げている人ばかりだなぁ、と実感した。
実にいい事だ。
法華講やアンチが、創価本尊風掛け軸なんぞ「受持」するわけなかろう(笑)
だから俺の心配なんぞする必要はない。
俺の心配をしているヒマがあったら学会員さんの心配をしたまえ。あべひ君よ。
おそらく、俺のブログの記事よりも、今君がコメント書いている自称学会員のブログの方が
創価の評判を下げていると思うがどうだろう?
キミも当初はそのブログの管理人を絶賛してたが、いまではスッカリ手のひら返しだな(笑)
まぁあの管理人ならば教学も何もいらないから頑張ってくれたまえ。
今回も笑わせてくれてありがとうな。
これで嗤ったのは3回目だ。
これからも定期的にネタを披露してくれたまえ。

しかしアレな。キミが反論記事を書くと却って拡散してしまうのでないか?
まぁ、いいか。


にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

愚人に褒めて頂く事。

駄文コメント誠に失礼致しますm(_ _)m

寂しいおじさんには成りたく無ぁーぃ。

【妖怪人間ベムのBGMに乗せて】
ネットの闇に生きる♪
俺たちゃ、妖怪創価人なのさ!
人に姿(本性)は見せられぬ♪
獣の様な思考性。
早く人間に成りたぁーい。
暗い定めを吹き飛ばぁせぃ♪
https://youtu.be/24BD_hR0uaA
あっ、
決して知性の塊であるABHさんの
ことではありません。

こんばんは

このごろ、法華講員のブログにコメントするなと言う御忠告をよくいただきます。

私は他の宗教団体に興味もないし
愚痴(言っても解決しない事)を言いたい訳ではありません

仏壇でおしきみの水を毎日交換してる学会員がスマホ勤行する学会員と同じくくりにされるのは嫌だと思ってる事を書いてるだけです。
ダメだし管理人のふぁんクラブが出来るくらい、スマホ勤行許せないと私の所にメール来てます。
題目あげてる学会員は全員、創価を退会してしまうくらい許せない事のようです。

それでなくても学会員と学会員は物凄く仲が悪いのです。
異体同心の集り?
万に1つも永遠にありません
入会動機が異なるからです
やりたいことも違います。
題目が好きな人、御書を読むのが好きな人は非活
人づきあいが苦手な人は未活

内部で分裂していきます
解決方法は私には思い付きません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

変なおじさん

おはようございます。

件の御仁の記事を斜め読みしてからずっと、頭の中で志村けんの歌が流れて本当に困っております。
管理人さんが「学会員は何か言う事が無いのか」と仰った言葉に反応されたのでしょうか。もの凄い脊髄反射です。ある意味クソ真面目な方なのかもしれません。

もしかして違う人達のお話かと思うほど、あちこち話がすり替わっております。
「受持」とか「肌身離さず持ち歩く」とか「法華講員達」とか。
私も天パさんも蘭房さんも法華講員さんじゃ無いんだけどな〜。おっちょこちょいでしょうか?
しまいには法華講員さんを「神に選ばれし者」とかって謎のリスペクトまで垣間見えて。大丈夫なんでしょうか。心配になってきました。

でも意図的に話をすり替えているかもしれないんですね。う〜ん。すり替えるならもう少しお上手になさらないと。
そして文章がとっても読みにくいわ。ちょっと慌てちゃったのでしょうか。
やっぱり、おっちょこちょいなのね。

なんでしょうか。
のんかつさんや、こちらへ暴言を吐きに来られた方々にはこれっぽっちも感じなかった愛嬌みたいなものを感じます。ほんのちょっとですけれど。
私がおじさまマニアだからでしょうかね(笑)

でも。アプリでダウンロード出来るような画像を『ご本尊』として論を展開なさるのはいただけないわ。
残念ながらお話の出発点が決定的に違っております。

空伽羅おじさんさん

こんにちは。

> 早く人間に成りたぁーい。

来世は「人間」は無理ですね。
謗法バリカツさんが「人間」になるのは
一体いつのことになるのやら(笑)

miuさん

こんにちは。

> このごろ、法華講員のブログにコメントするなと言う御忠告をよくいただきます。

ははは(笑)
所属している組織云々よりも謗法か否かが大切なんですよ。
私は学会員全てを破折していません。
「謗法の学会員」を破折しているのですよ。
だからmiuさんの事を破折していないでしょ(笑)

> 仏壇でおしきみの水を毎日交換してる学会員がスマホ勤行する学会員と同じくくりにされるのは嫌だと思ってる事を書いてるだけです。
> ダメだし管理人のふぁんクラブが出来るくらい、スマホ勤行許せないと私の所にメール来てます。
> 題目あげてる学会員は全員、創価を退会してしまうくらい許せない事のようです。

信心のある人ならば「許せない」のは当然です。
だからブログに書いたのです。
これを許しているような組織を許せるのですか?と聞いているのです。

> それでなくても学会員と学会員は物凄く仲が悪いのです。
> 異体同心の集り?
> 万に1つも永遠にありません
> 入会動機が異なるからです
> やりたいことも違います。
> 題目が好きな人、御書を読むのが好きな人は非活
> 人づきあいが苦手な人は未活

色々いますからね。
派閥的なものは仕方ないですね。

> 内部で分裂していきます
> 解決方法は私には思い付きません。

miuさんは創価の内部分裂の解決方法を考えるより
早く創価をやめることを考えた方がいいと思いうますけど。

非公開さん

こんにちは。

あなたの選択は正しいですよ。
最初の一歩を踏み出したその勇気は「丈夫の心」です。
いずれ自分も含め皆が分かります。
焦らず大御本尊を信じてください。
具体的にはまづは勤行の「ご観念文」を現在の正宗のご観念文に変えてください。
正宗のご観念文の文言はネットで拾えます。
また教学は信心があれば自然と身につきます。
◆信の処に解あり解の処に信あり(御義口伝巻下)
教学について疑問点があれば、遠慮なくコメントしてください。
出来る限りお答えさせていただきます。

もうひとりの非公開さん

こんにちは。

言われているような情報はきいていません。
そのうち分かりますね。

牡丹さん

こんにちは。

> 件の御仁の記事を斜め読みしてからずっと、頭の中で志村けんの歌が流れて本当に困っております。

私はどちらかというと「バカ殿」の顔が浮かびます(笑)

> 「受持」とか「肌身離さず持ち歩く」とか「法華講員達」とか。
> 私も天パさんも蘭房さんも法華講員さんじゃ無いんだけどな〜。おっちょこちょいでしょうか?
> しまいには法華講員さんを「神に選ばれし者」とかって謎のリスペクトまで垣間見えて。大丈夫なんでしょうか。心配になってきました。

創価脳は現代医学ではまだ解明せれてません(笑)

> でも意図的に話をすり替えているかもしれないんですね。う〜ん。すり替えるならもう少しお上手になさらないと。

そうなんですよ。バレバレなんですけど本人は大成功とおもっているのでしょうね~

> なんでしょうか。
> のんかつさんや、こちらへ暴言を吐きに来られた方々にはこれっぽっちも感じなかった愛嬌みたいなものを感じます。ほんのちょっとですけれど。
> 私がおじさまマニアだからでしょうかね(笑)

ははは(笑)
多分、あべひオジサンも喜ぶと思いますよ。

> でも。アプリでダウンロード出来るような画像を『ご本尊』として論を展開なさるのはいただけないわ。
> 残念ながらお話の出発点が決定的に違っております。

彼のいつものロジックですね。
まづは最初の前提からすり替えて、それを元に話を進めるんですね。
そうすると、読み手は「最初の前提がすり替わっている」事を忘れちゃうんです。
で、「なるほどあべひさんの言っていることは筋が通ってる」と感じる。
典型的な「創価プロパガンダ一人芝居」のパターンです。
まぁ、それに騙されちゃう人は少ないですけど(笑)

そうですぅ、あたすが変なおじさんです。

アベヒ創価名誉ネット会長さまは
まだまだ、甘いですね。
可愛いおじさんであると思いますが、、。
このまま、真っ直ぐに
変なおじさん道を突き進んで頂きたく。
たまに貴ブログに対して、
珍説や毒を吐く事を
忘れないでくれると有り難いですね。
楽しみが増えるので嬉しい事です。

法華講ではなく、
バリバリ学会員の私です!けど、、。
駄文コメント失礼致します(^^)


空伽羅おじさんさん

こんばんは。

> 変なおじさん道を突き進んで頂きたく。
> たまに貴ブログに対して、
> 珍説や毒を吐く事を
> 忘れないでくれると有り難いですね。
> 楽しみが増えるので嬉しい事です。

そうですね。
たまには気晴らしでいいですね(笑)

> 法華講ではなく、
> バリバリ学会員の私です!けど、、。

本当ですよね~
創価脳ってやつは、創価を批判する人は皆「日顕宗」にしか認識できないんですよ。
みんなそうでしょ?(笑)

インターネット閲覧禁止やて

Facebookの友達の投稿で

とうとう学会は中国や北朝鮮の様に

表立ってインターネット閲覧禁止のお達し

が有ったみたいです。

もう、むちゃくちゃ焦っていますね。



創価学会で鎖国命令!
Σ(・□・;)

691 名無しさん@お腹いっぱい。
sage 2018/02/25(日)
14:26:48.27 ID:fgnjzBkL

いつかは来ると思っていたが、
SNSやネット関係完全厳禁の
お触れが出た・・・

敵からの防御だ何とか言ってたけど、
「じゃ今後やる聖教の電子版はどうだ?」
と聞くと
「制限した上での閲覧は認める」
「基本的にネットは届出をしないとNG」
とのこと。

ヤフオクもメルカリも厳禁で
売買に関わらず利用したら査問もしくは除名。

これは形を変えた言論弾圧だろ。
連絡もショートメールか電話か直以外禁止って。
いったいどうしたいのか。

何れはメールも禁止になりかねんな。
それ以前に学会辞めるから後は知らんけど。

驚愕!

おはようございます

朝から、ひごちゃんさん情報に、ビックリです。

「時代に合わせて」短縮勤行やら何やら変更したのに、

現代生活に絶対必須な「ネット禁止」って、悩乱してますね。

自ら世間からかけ離れてゆくスタイル

おはようございます。

創価はほんとに禁止事項が多いですよね。
創価の皆さま、違います?
表立って『禁止』とは明言しなくても『許されない事』という気持ちの悪い暗黙のルールというのが多過ぎます。
上はそうでもしないと束ねていく力量がない。下々は枠からはみ出さない事で安心したい。なんと狭い世界でしょう。
『桜梅桃李』などと適当な事を言って誤魔化すなと申し上げたいですね。

婦人部は今でも、仕事を持つと白い目で見られるのでしょうか。私のニセ活動家時代は、仕事を始めたりした日にはまるで謗法でも犯したかのごとく扱われ、それはもう針のむしろ。
「24時間学会活動する事こそが経済革命の直道なのに」「世法に流されたな」「ご本尊への不信の現れだ」「一生金策に走り回る因になるぞ」云々。
見るからに貧乏臭い幹部が大真面目に言うんですからヘソが茶を沸かします。
お陰でどうです?壮・男・女まで24時間学会活動のプー太郎だらけじゃないのさ。

忘年会や新年会、酒宴も禁止でしたね。バカじゃないの?
大の大人、それもご立派な信心をしている同士が一緒にお酒を飲んだくらいで何だというのでしょう。
学会員はハレンチな奴ばかりだと自覚しているから、そんなアホみたいな禁止令が下るのです。本当に恥ずかしい事です。

身なりに関しても見当違いのタブーがありましたね。とにかく明るい色を着ろだの頬紅を真っ赤に塗れだの真冬でもスカートを履けだの。
女子部の白蓮でしたっけ?髪の長さとかも決まりがありましたよね。信じられない。おまけに恋愛禁止!その結果がお局さま量産のあのザマです。
主人も男子部の時にダサい七三分けにしないといけないとか、あとボタンダウンを着て行って叱られた事もありました。
一体いつの時代のどこの国の話なんでしょう。

そしてついに公にネット禁止令ですか?
中途半端に役職のある方はますます連絡だけに明け暮れる事になりますね。ご愁傷さまです。


こうなるとやはり池田大作の構想通り、
何処かの離れ小島に創価王国をおつくりになるべきです。
赤い頬紅と七三分け族としてそこの原住民となり、思う存分野蛮にお暮らしになればよろしいと存じます。

牡丹さんおもしろい!(笑)
おかげで僕の髪は七三分けのくせがついてもどらない(笑)もういいけど(--;)

ネットも禁止ですか
大変ですね、便利なんですけどね♪
ネット情報なんてのは自分で情報を精査する必要がありますので自分が無い創価学会員はやらんほうがええかもしれません(笑)
禁止って言われればやらない、やれと言われればやる…
ほんとバカですね(笑)






ひごちゃんさん

こんにちは。

> とうとう学会は中国や北朝鮮の様に
> 表立ってインターネット閲覧禁止のお達し
> が有ったみたいです。

さすがに、ここまで全面禁止とはないと思いますよ。
そんなことしたら、多宝会以外全員除名です(笑)
真相は、SNSアカウントを作らないとかそんな感じかと思います。
SNSと言えば数年前に学会活動家がこぞってフェイスブックを作ったことがありましね。
なんでだろう?と活動家の友人にきいたところ
ネット選挙が解禁になったのでFBを皆でやろう。といことになったそうです。
全く更新されていない創価活動家のFBが
いまでもネットにごろごろ落ちてて
時折、「知り合いかも?」って出てきて気持ち悪いです(笑)

あやめさん

こんにちは。

> 朝から、ひごちゃんさん情報に、ビックリです。
> 「時代に合わせて」短縮勤行やら何やら変更したのに、
> 現代生活に絶対必須な「ネット禁止」って、悩乱してますね。

このような話が出てくるという事は
創価陣営は焦っているといことですね。
いままの「ウソ」がバレちゃいますから。

牡丹さん

こんにちは。

> 婦人部は今でも、仕事を持つと白い目で見られるのでしょうか。私のニセ活動家時代は、仕事を始めたりした日にはまるで謗法でも犯したかのごとく扱われ、それはもう針のむしろ。

我家で貧乏したときに嫁がパートに出ることを阻止したのが婦人部でしたね。
そのかわりやらされたのが「聖教配達」です。
他人の家庭より自分の組織が大切なんですね。

> お陰でどうです?壮・男・女まで24時間学会活動のプー太郎だらけじゃないのさ。

ははは(笑)
仕事量の割には成果がでません。
とんだ、赤字社員です(笑)

> 女子部の白蓮でしたっけ?髪の長さとかも決まりがありましたよね。信じられない。おまけに恋愛禁止!その結果がお局さま量産のあのザマです。

いやいや隠れてやってましたよ。
妻子持ちの男子部とかと不倫しちゃう女子部は多いですね。
女子部の場合は、男子部活動家好きと男子部だけは絶対無理派に見事に分かれますね。

> こうなるとやはり池田大作の構想通り、
> 何処かの離れ小島に創価王国をおつくりになるべきです。
> 赤い頬紅と七三分け族としてそこの原住民となり、思う存分野蛮にお暮らしになればよろしいと存じます。

大賛成です!
竹島でどうでしょうか?
いや、できれば日本から遠くに離れて欲しいですね

元創価班さん

こんにちは。

> おかげで僕の髪は七三分けのくせがついてもどらない(笑)もういいけど(--;)

俗にいう「山本伸一カット」ですね(笑)
私、「広宣部」の会合にジャージで参加してあとで注意されました(笑)
「広宣部」なんて闇の集団なんだからスーツとネクタイじゃ目立ちすぎます。
基本、「黒のジャージ」でしょ?

読み人知らず

  こんにちは。 
 諺に「屁は主から知れてくる」というのがありましたね。 ん。。違うか、

 名実ともにおじさんを通り越して「前期高齢者」たる私は、さぞパソなど苦手であろうとウソカがっかいから思われていたようですが、そこそこ使えてるから、いろいろ検索してウソカガッカイの真実を知りました。  今更 ネットの功罪を語ることもしませんが、いわゆるマスゴミが信じられない時代だからこそ、ネットがそれを補完している実態は見過ごせない事実。  もちろん、玉石混交なのは承知の上。 
盛りの付いたガキじゃあるまいし、じじぃたる者、清濁併せのんで、腹を下すこともありながら、日々、未知と無知の狭間を埋めようと 楽しみながら暮らしておるのであります。

 で、「ネッ禁措置」「ですが

 まぁ、いろいろ言いたいこともありますが、基本 上記の理由において、「ワシの勝手ぢゃっ! バカヤロっ!!」というしかありますまいて。。

 これでウソカガッカイの崩壊もいよいよ早まりました。 タコでいえばおのれの足もどんどん食っちまって、もう残りのほうが少なくなってしまいました。  また自縄自縛とでもいいましょうか。 これは与えて言えば、ウソ過ガッカイの「自浄作用のチャンス」であったのです。  しかし自浄を促す心ある同志たちを、ことごとく粛正しクビにし、左遷させるしか能がなかった執行部の、いよいよの「最後っ屁」であろうと感じますな。  その意味では残念であります。

 第一、そんな禁止令が通用するなどと本気で思ってるのでしょうか。 カリスマ性とドグマで成り立ってきただけの、新興教団の分際で、何を偉そうにと申し上げたいぞ!・  ネットという媒体が悪いのではなく、会員さんたちが真実を知ることがまずいだけの、ハリボテどもの悪あがきに過ぎんのぢゃ!

 バカタレどもが! せいぜい、自民との腐れ縁にしがみついて、恥を晒して永遠のアホやっておれ! 

 

管理人さんジャージですか(笑)
僕はライダースで行ったことありますよ(^3^)/反抗心ですよ反抗心(笑)
さすがに盗んだバイクじゃなくて自分のバイクですが
(笑)

天然パーマは七三分けに苦労する。

型にはめる信心を強要しますね、、。
どんなカナ型にはめたいのか?
不信の金型でしょうか?

これは駄目!あれも駄目!

真っ直ぐに創価の指導に従いなさい!
考えたら駄目ょ!
創価や先生そして
幹部の指導を疑問に思うのは悪よ!

タコの足にも限りがあります。
餓鬼よろしく、食ってもね。
自浄作用がないと、結果は破滅です。

創価にとって、
臭い物には蓋をしたいのは
分からない訳じゃ無いけど、

ご自分の匂いに敏感になるべき。
創価臭ってある事を。

臭い匂いは元から断たなきゃ駄目ょ!
駄目よぉ!ダメダメぇ💕💕
悪臭を垂れ流しブログも散見されますが、
大聖人様への信をお忘れなく!

駄文連文コメント誠に失礼致しました😸

あらら

ついに「ネット禁止」ですか?
顕正会みたいです。インスタント勤行も顕正会の真似ですし。
確かあちらは寿量品は長行だったかな。
いずれにしても、悩乱の極みですね。

週末は御住職様とお寺のHPをどう作るか考えてました。(笑)

蘭房さん

こんばんは。

>  諺に「屁は主から知れてくる」というのがありましたね。 ん。。違うか、

ははは(笑)
「屁はク○の先走り」でしたっけ?それは聞いたことがあります。
創価も「ク○」ですから(笑)


> 盛りの付いたガキじゃあるまいし、じじぃたる者、清濁併せのんで、腹を下すこともありながら、日々、未知と無知の狭間を埋めようと 楽しみながら暮らしておるのであります。

御意。

>  第一、そんな禁止令が通用するなどと本気で思ってるのでしょうか。 カリスマ性とドグマで成り立ってきただけの、新興教団の分際で、何を偉そうにと申し上げたいぞ!・  ネットという媒体が悪いのではなく、会員さんたちが真実を知ることがまずいだけの、ハリボテどもの悪あがきに過ぎんのぢゃ!

そうですね。
創価はネットを舐めてましたね。
カツドウカのいう創価大本営発表はネットを見れば
裁判の判決や様々な資料で「ウソ」だとばれます。
昔、大作センセはいいました。
「多くの人を長期間騙すことはできないと」
たまにはいいこと言いますね。大作センセも(笑)

元創価班さん

こんばんは。

> 管理人さんジャージですか(笑)
> 僕はライダースで行ったことありますよ(^3^)/反抗心ですよ反抗心(笑)
> さすがに盗んだバイクじゃなくて自分のバイクですが

「君はなんでスーツを着てこなったのですか?」
「特に服装を言われてなかったので」
「創価班の会合はスーツというのは知っているだろう?」
「俺、創価班じゃないんで」
「・・・・・・」
こんな感じです(笑)

空伽羅おじさんさん

こんばんは。

> 臭い匂いは元から断たなきゃ駄目ょ!
> 駄目よぉ!ダメダメぇ💕💕
> 悪臭を垂れ流しブログも散見されますが、
> 大聖人様への信をお忘れなく!

あべひ君のブログを読んだついでに
創価村ブログをいくつか流し読みしました。
相変わらず○○全開ですね。
記事にしようかなぁと思ってますが
クダラナイといえばクダラナイかなぁ。

古刹信徒さん

こんばんは。

> 週末は御住職様とお寺のHPをどう作るか考えてました。(笑)

先日登山の道中で、私も講頭さんに
お寺のHPを作ることを提案しました。
今の時代ネットを無視することはできません。
新聞折込広告の時代じゃありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さん

こんばんは。
創価さんは「根に持つ」タイプがおおいですからね(笑)

信仰は自由だと私も思っています。
ただ「ウソ」をついて勧誘するのは詐欺ではないでしょうか?
日蓮仏法でないものを、日蓮仏法というからダメなんです

宿坊板も気づきはじめた

スマホ本尊の件 太ちゃんに気づかれてしまいましたね~
https://megalodon.jp/2018-0301-0235-05/6027.teacup.com/situation/bbs/


明日(3月1日以降)になって宿坊板の人間が どのように反応するのか?解りかねますが
一往、配布元のアドレスを添えて 二点だけ質問状のような事を書きました
あれは 台湾か中国の会員が勝手にやったとしても 
信者を そういった行動に走らせてしまったSGI幹部の指導にも問題ありです。

eco◆Smw69さん

こんばんは。

> スマホ本尊の件 太ちゃんに気づかれてしまいましたね~

あんなもの拡散させて創価の馬鹿さ加減を知らしめたほうがいいです(笑)

> あれは 台湾か中国の会員が勝手にやったとしても 
> 信者を そういった行動に走らせてしまったSGI幹部の指導にも問題ありです。

そういうことです。
自分たちがアレを本門の本尊だと言っているわけですから「不敬」ですね。
もっとも今の創価幹部カツドウカはハナから御本尊を「敬って」いませんけど
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
1位
アクセスランキングを見る>>