FC2ブログ

「アホの○○師匠」からのご指導です。

教学が大切である。
人体でいえば「骨格」にあたる。
教学がしっかりしていれば
信心は崩れない。


先日の聖教新聞に掲載されていた大作センセの指導だ。
本ブログでも繰り返し「教学」の重要性について書いているが
大作センセのこの指導を読んで創価活動家は一体何を思うのだろう。
長い読者のかたはご存知の通り、本ブログには過去に何人もの
創価活動家氏がコメントを書いてきているが
「教学」を学んでいると思われる学会員は皆無だ。
「教学より自身の体験が大事だ」という顔面麻痺のおっさん。
「教学より現証だ」という極悪と戦う振りをするおばさん。
「本尊義について回答する」といったまま今もバクれている口だけスケバンの白ユリ婦人部。
そうそう先日は「バカで結構」と開き直った学会員もいたね~。
などなど、およそ「教学」とは程遠い罵詈雑言だけでその場しのぎをする連中ばかり。
本ブログに来たことはないが、例の創価森なんかもこの口である。
そうした連中が異口同音にいうのは決まって「信心は理屈じゃない」という言葉で
そしてその根底には教学軽視があり彼らの教学軽視の背景は絶対的な研鑽不足だ。
大作センセがこのように「信心の骨格」と言っている教学を軽視するということは
「大作センセ」を軽視していること同じだことだ。
いやいや、こんな連中に「師匠」と呼ばれちゃう大作センセって「アホの大作師匠」ということになる。
「聖密房御書」には

◆あしき弟子をたくはひぬれば師弟地獄にをつといへり

と書かれている。「アホの大師匠」に行き先はどうやら決まっているようだ。
そんなインチキ活動家?の彼らと比べれば、
俺の方がよほど大作センセの弟子に相応しいし
創価学会員としての資格がある(笑)
まぁ「アホの大作師匠」の弟子なんてこちらから願い下げであるが(笑)

さて大作センセは、教学がしっかりしていれば信心は崩れない。 と言っているが
すでに「信心が崩れ信心が狂っている」創価にしっかりとした教学は存在しないという所が哀れだ。
同じ記事で、大作センセは
御書は、 民衆が永遠に勝ち栄えゆくための 「勝利への源泉」なのである。
とかまたぞろないやら訳のわからない「民衆」「永遠」「勝利」でゴマがしているが、
補足をすると、「御書」が「勝利の源泉」ではなく
「御書に書かれている内容」が「勝利の源泉」なのである。
では御書には何が書いてあるのかといえば、突き詰めると「大御本尊」のことが書いてある。
いや、「大御本尊」のこと以外は書いてない。
つまり、「御書」よって「大御本尊」を知り、「信心」を知るからこそ
「御書」は成仏(勝利)への源泉となるわけだ。

門外漢の無信心の人々が御書を遺文と呼びやれ「真筆」だの「偽書」だのと騒ぎ
大御本尊を始めとする日興門流を否定するのに躍起になっているが
彼等は御書の上っ面だけを舐めているだけに過ぎないわけだ。
以前も書いたと思うが、御書は「依義判文」で読むものであり「依文判義」をしようとして無理なのだ。
文書というとモノは「文・義・意」というもが存在する。
「依義判文」とは、これらを「意」から順に読んでいくことである。
文から「意」が理解できると思っているのならばそれは凡夫の驕りだ。
それが「教学」と「学問」の違いだ。
我々信仰者の言うとところの「教学」とは「信解」ということだ。

◆信の外に解無く解の外に信無し(御義口伝上)
◆信の処に解あり解の処に信あり(御義口伝下)

と御書に仰せの通りである。
つまりは「教学」とは「大御本尊」への「信」なくして理解することはできない。ということである。
そもそも論を言えば「御書」とは「信者」へ宛てたものであり無信心の者へ宛てたものではないだろう。
だから「大御本尊」への「信」なくて御書を読むのは

◆信なくして此の経を行ぜんは手なくして宝山に入り足なくして千里の道を企つるが如し(法蓮抄)

ということで、それでは「御書」を読む意義はないわけだ。
大御本尊を捨てた今の創価は門外漢の無信心の集団なのだから
いくら「御書」を手に取ってみても「勝利」の二文字にだどりつくことはない。
今の創価活動家にとって御書は「単なる日蓮の遺文」に過ぎず
自分達の都合のいい部分だけを引用しているだけに過ぎない。
まるで五老僧の末裔である身延の僧俗と同じである。

「御書」を拝しても大聖人がご本仏であることがわからない。
「御書」を拝しても大御本尊を受持しなくてもいいと言い切る。
「だって御書のどこにも書いてないも~ん」なんて言う。
無信心の門外漢ならば俺も別に何も言わない。
創価活動家達が「大聖人直結」などと名乗り、
日興門流を「日顕宗」などと呼び捨てるが故に破折するのだ。

さてそんな創価の活動家諸氏よ。
大作センセが「アホの師匠じゃない」といことを証明するのはキミたちの務めだ。
いつまでも、罵詈雑言で逃げ回っていては情けないぞ、
大作センセが教学が大切である。と言っているではないか。
しっかり教学を学んで創価の正義とやら論証してみなさい。
日興門下たる富士門流を堂々と破折してみせなさい。
もっとも本当にしっかり教学を学べば、
今の創価が謗法団体であることはすぐにわかるはずだ。
それが分かったのなら創価から早く離れるといい。
それとも創価が謗法であることを知ってしまうことが怖いのか(笑)
だからといっていつまでも目を背けてはいては何も変わらないよ。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

御書根本、御本尊根本。

日蓮大聖人様の仏弟子であるなら、
大御本尊を根本とし
御書を研鑽に励みたいです。

センセが昔に言ってた
仏教を日本に伝えた大恩ある(大兄の)
隣国では
高級時計のスーパーコピー世界各国に、
ばらまき、知的財産を侵害している様。

アフリカのバイヤーがインチキ時計を
求めてチューゴクにわざわざ来訪してる。

何処ぞの宗教団体は
日蓮正宗の御本尊を模造コピー
3000円で販売、、、。

御書を研鑽するはずもない。
信心があって初めて
教学が身につくのですね。

諸法実相抄より

管理人様

おはようございます。
今回の記事と同じ内容を、大聖人様が諸法実相抄の結びで、わかりやすく仰せですね。

「一閻浮提第一の御本尊を信じさせ給へ、あひかまへて・あひかまへて・信心つよく候て三仏の守護をかうむらせ給うべし、行学の二道をはげみ候べし、行学たへなば仏法はあるべからず、我もいたし人をも教化候へ、行学は信心よりをこるべく候、力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし」

古くからの学会員さんはよくご存知かと思います。
「日蓮正宗創価学会」時代は、
この御金言を胸に折伏に歩いた方も多いでしょう。
それが今や都合の悪い御書を教えずに「御書根本」とは…。
最早その実態が透けて見えます。

かつてのバブリーおねえちゃん曰く。

おはようございます。

恥ずかしながら若かりし頃はバブルを謳歌するのに忙しく、女子部では色々な意味で浮いた存在だったと思います。
たまにしか顔を出さないのに、いかにも遊びに行く前に嫌々来ただけなのに、分け隔てなく丁寧に心を込めて教学を教えてくださる先輩がたくさんいらっしゃいました。
それがまたバブリーおねえちゃんのハートに刺さるんですよねえ。なぜだったのでしょう。その後また遊びに行くんですが(笑)
バブリーおねえちゃんというのは傲慢な人種でして、強欲で、望めば大概のものは手に入ると思っておりました。時代ですかね。
ですので「こんなに遊び呆けているけれど『教学だけは』身につけたい」本能的にそう思ったものです。なぜでしょう。
損か得か・楽しいかつまらないか・素敵かダサいか、そんな事で頭がいっぱいのバブリーおねえちゃん。その己心にダイレクトに迫る、だから心揺さぶられるような魅力があったのです。

今の創価教学とはベクトルの向きが違っていたのだと思います。
最初はほんの少し角度が変わっただけなのかもしれませんが、今はどうでしょう。
創価教学は下らない学会活動へ向かわせるためのツールでしかありません。創価の御書の通解のなんと味気なく、そして見当違いなこと。
Google先生の珍翻訳といい勝負だわよ(笑)

牡丹さん江

こんにちは

 やはりここにもいたか、という案配で牡丹さんのカミングアウト。 笑えました。^^

 私はくっっっそマジメな30代前半で、今思えばもったいない時代だったな。。
 大学一年の時は「彼女と遊んでる時ではない!別れろ!!!」と鬼部長(当然彼女はいなかった)から厳命されて、ほんとおれの青春はなんだったんだ!と今でも込み上げるものがあります。  したがって昨日も今日も込み上げておりますが「離婚」という言葉も同時に込み上げるので、カネも若さもないジジィは、芋焼酎に走る日々です。 

 それにしても「教学が身に染みた」のは偉かったですね。 やっぱり「男前な女」って良いですね。  私の周りの女友達は妻を除くほとんどが、みな「男前」です。 向こうもなんか話しやすいらしく。     自然に選んでるんでしょうねぇ。 さらに、揃って「こころが骨太」です。 グズグズな女性は苦手。  どうでもいいかこんな話。。((笑)  本山オフ会、私も参加したいけど、ムリっぽいなあ。  みんなで楽しめたらいいね、  

しつれいこきました。

蘭房さま

まあ。
いけませんよ。離婚なんて冗談でも仰っては。意地でも添い遂げてこそ夫婦の醍醐味。ですよね?

オフ会、そう仰らずに蘭房さまもいらしてくださいな。
皆さまとお会い出来たらどんなに楽しいかしら。お話が尽きないことでしょうね。
ああそうそう。元バブリーおねえちゃんはもうボディコンは着て行きませんよ。というか入りません(笑)

天パさん

こんばんは。

> 何処ぞの宗教団体は
> 日蓮正宗の御本尊を模造コピー
> 3000円で販売、、、。
>
> 御書を研鑽するはずもない。
> 信心があって初めて
> 教学が身につくのですね。

そうです。
というか「信心」がなければ御書を読む必要もないと思いますよ。
娯楽で読むならば漫画喫茶にでも行っていればいいですから(笑)

古刹信徒さん

こんばんは。

> 「一閻浮提第一の御本尊を信じさせ給へ、あひかまへて・あひかまへて・信心つよく候て三仏の守護をかうむらせ給うべし、行学の二道をはげみ候べし、行学たへなば仏法はあるべからず、我もいたし人をも教化候へ、行学は信心よりをこるべく候、力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし」
> 古くからの学会員さんはよくご存知かと思います。
> 「日蓮正宗創価学会」時代は、
> この御金言を胸に折伏に歩いた方も多いでしょう。
> それが今や都合の悪い御書を教えずに「御書根本」とは…。
> 最早その実態が透けて見えます。

本当にそのとおりです。
私が男子部時代には何するにせよ「御書」でした。
とにかく「御書」を学び「題目」をあげる
そこに「歓喜」と「確信」があった。
結果のでない組織ほど教学を避けるんです。
これは経験から学びました。

牡丹さん

こんばんは。

> 恥ずかしながら若かりし頃はバブルを謳歌するのに忙しく、女子部では色々な意味で浮いた存在だったと思います。
> たまにしか顔を出さないのに、いかにも遊びに行く前に嫌々来ただけなのに、分け隔てなく丁寧に心を込めて教学を教えてくださる先輩がたくさんいらっしゃいました。
> それがまたバブリーおねえちゃんのハートに刺さるんですよねえ。なぜだったのでしょう。その後また遊びに行くんですが(笑)
> バブリーおねえちゃんというのは傲慢な人種でして、強欲で、望めば大概のものは手に入ると思っておりました。時代ですかね。
> ですので「こんなに遊び呆けているけれど『教学だけは』身につけたい」本能的にそう思ったものです。なぜでしょう。
> 損か得か・楽しいかつまらないか・素敵かダサいか、そんな事で頭がいっぱいのバブリーおねえちゃん。その己心にダイレクトに迫る、だから心揺さぶられるような魅力があったのです。

バブル・・懐かしいですね~。私はバブルの花形産業にいましたから当時は「ブイブイ」言わせたましたよ(笑)
あの時には、自分を襲う不幸など知る由もなく、創価に入会なんて1000%考えらませんでした(笑)

> 今の創価教学とはベクトルの向きが違っていたのだと思います。
> 最初はほんの少し角度が変わっただけなのかもしれませんが、今はどうでしょう。
> 創価教学は下らない学会活動へ向かわせるためのツールでしかありません。創価の御書の通解のなんと味気なく、そして見当違いなこと。

教学とはあくまでも大聖人仏法を学ぶことでなんですよね。
大商人仏法とは突き詰めると一大秘法に帰結します。
それを捨てたらそりゃ教学なんてなくなりますよ。

それにしても、バブリーな頃の牡丹さんに会いたかったなぁ(笑)
きっと、モテモテだったことでしょうね~

No title

>俺の方がよほど大作センセの弟子に相応しいし
創価学会員としての資格がある(笑)
前から言いたかったのですが管理人さんはもう何処から見ても立派な法華講さんです。
法華講の匂いしかしません。ご愁傷様です。

無味無臭では無い創価のカヲリ(臭)

創価狂学をもって
反論しない、、、。
御書根本なの?
人革根本なの?

すんません、、。
独り言なので悪しからず。

Re: No title

こんにちは。

> 前から言いたかったのですが管理人さんはもう何処から見ても立派な法華講さんです。
> 法華講の匂いしかしません。ご愁傷様です。

ご愁傷様の使い方間違ってますよ(笑)
私は昔から「日蓮正宗創価学会」ですから
「日蓮世界宗創価学会」員さんとは違いますよ♪

天パさん

こんにちは。

> 創価狂学をもって
> 反論しない、、、。
> 御書根本なの?
> 人革根本なの?

創価森氏は「人革」を現代の御書って言ってましたよ。
52年路線まんまですね

HNなしの御愁傷様ですと書いてる人

組織から追い出されて喋る場所がないからって下衆な中傷やめて下さい。

学会員は5月3日で忙しいので、学会員ではなくネット会員と名乗って下さい。

退会してから、御愁傷様とか中傷メールなさってね

もしもしつこく悪意に満ちたコメントをなすると、どこの誰かを見つけ出して、折伏活動妨害行為で本部に除名を求める手紙書きますよ😃

私けっこうこういうの得意中の得意なんです。
学会員がおこしたトラブルを解決出来るのはお前しかいないと言われて毎月やってきましたから

名前を書かなければわからないと思ってるかもしれませんが、色んな手立てを使えば本人にだとりつきます❤

身延でもケンショウカイでも御書は学んでいるようです。信仰の根幹がまちがっているので正しい解にならずに仏法を乱す結果になります。

種脱相対で乱すのが一番罪が重く、死後や来世を思うと気の毒です。

脅しや世間の力は、仏力法力とは比べられないほど低い所にあります。


その方の持って生まれた命によって、僧侶の言葉を聞く態度も変わるようです。

まずは唱題から

ナノルホドデハアリマセンさん

こんばんは。

> まずは唱題から

今の創価は本尊が間違っているので、唱題しても無駄です

金色の扇子でシバクぞ?

何時も有難うございます。
某、牡丹姉さまの
イケイケ時代を素敵な事だと思う輩です。
某、蘭兄さまも、負けない様に!と、
若輩者の戯言です。すみません、、、。

いっポウ!
(某五代、秋や会長の殺し文句)

HNすら名乗らず、
カスなコメントを書き込む輩は如何ょ!

学会が正しいならば、言いたい事を
勇気を持ってコメントしなさいよ!
臆病にては叶わぬ。よ?

駄文コメント誠に失礼します。

天パさん

こんにちは。

> HNすら名乗らず、
> カスなコメントを書き込む輩は如何ょ!
> 学会が正しいならば、言いたい事を
> 勇気を持ってコメントしなさいよ!
> 臆病にては叶わぬ。よ?

創価の正義とやらは堂々と語れない程度の正義なんでしょうかね。

出禁の輩の戯言ですよ。

H N無しで、
コメントされる輩は、
過去に貴ブログにて、
コテンパンにやられた輩か、
絶対正義の魔薬に犯された創価ちゃん♪

間違いない!(某創価系お笑い芸人風)。

駄文コメント失礼しました。
明日は大阪の高槻市へ
マイ助に逢いに行きます!

天パさん

こんばんは。

> 明日は大阪の高槻市へ
> マイ助に逢いに行きます!

おお!それは楽しみですね。
お気をつけて。

No title

衛星中継で戒壇の大御本尊様を口にしたのはごくわずか、確信から離れた
事を
指導していました、記憶に残っています、

坂田悟史さん

こんばんは。

> 衛星中継で戒壇の大御本尊様を口にしたのはごくわずか、確信から離れた
> 事を
> 指導していました、記憶に残っています、

それは私も感じてました。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>