震災をネタにする学会員

大阪地震の地震から3日がたった。
インフラも徐々に復旧しつつあるようだがまだまだ完全に復旧したわけでもなく
また余震なども心配され、大阪のみんさんは不安な日々をお過ごしのことと思う。
これ以上の被害が出ないよう祈っている。
地震の日に地震のブログを書いて欲しかったというコメントもいただいたが
本ブログはあくまでも創価を破折するブログであるのであえて書かなかった。
そもそも、震災をネタにして自分の教団を宣伝したり
或いは敵対する教団を悪口罵詈するなんてことは
俺の中のではそんな発想は全く頭に浮かんでこない。
創価であろうと法華講であろうと「震災」にかこつけて
相手を攻撃するようなロジックは個人的には全く同調できないのだ。
ところが、流石は創価である。
創価ブログ村には「やっぱり」そういう学会員がいた。
そう、極悪と戦う「脳ラン」おばさんだ。

彼女は昨日のブログで「災難対治抄」を引き合いに出し

※謗法の者を対治しなければ、種々の願いもかなわず、
災難は止まらないと仰せられている。
※現代においては【あらゆる根源の一凶】である日顕宗への布施をとどめ、厳しい対治を加えることこそ、立正安国への道であり、個人的な種々の願いもかない、不幸の因である愚痴・不信・怨嫉・慢心など【自己自身の一凶】も断ち切ることができるのである。

などというお粗末な持論を展開し、さらに今日もブログでも同じように

※仏敵を最後の最後まで妥協なく呵責し続けて対治し、勝負をつけていかないと災難は止まらない。

などとほざいている。
いまこの時にこのような記事を書くといううのは明らかに「震災」にかこつけたのだろう。
本人的には、「タイムリー」な話題。として書いたものと容易に想像がつく。
でもどうだろうか。これが果たして自分や創価を「正義」である。と主張する人間のやることだろうか。
今回の震災でも今日まで5人の方が亡くなっている。
そのような方々が災難にあったのは「日顕宗」とかいう宗教団体のせいなのか?
そこまで言い切るのであれば、ご遺族の前で「全部日顕宗のせいですよ」と言って折伏してきたらどうだ。
震災をネタに自教団をアピールし敵対教団をこき下ろす。
これが「脳ラン」学会員の本性だ。
このような時に大聖人の御書を使うとは、どこまで大聖人を悪用するのかいい加減にしろといいたい。

こんな品性・性根の腐ったような人間が
被災地の方に同苦する。
被災地の方々の為に祈る。
なんて「心にもない」ような言葉を平気でいう。
このブログも非道いが、お友達の学会員も誰も諫めない。
もっとも、自分が何かされたわけでもないのに顕師のことを「死ね」とか祈る連中である。
自分に関係ない場所で起きた地震のことなどどうでもいいと思って当然だろう。
震災が来たのをこれ幸いに「日顕宗」ネタとして記事にしたのだろう。
これが、「脳ラン」のいう極悪との戦いらしい。
本当に人として腐った臭いがプンプンする。

確かに大聖人の御書を読めば「立証安国論」を代表に災難の由来について書かれている。
しかし、それはご本仏の御境涯とお立場で書かれてものである。
創価の膿ラン氏のような敵愾心丸出しの修羅の心で書かれたものではない。
また「災難対治抄」の内容が真実であっても、それは今震災の最中で書くものではない。
そもそも、謗法団体の創価信者がいう事じゃない。
それとも、震災にでもかこつけなけなけりゃまともに破折もできないってことか。
そういえば、膿ランBBAはまた最近、珍妙な創価教学を披露しているようだが
相変わらず箸にも棒にも掛からぬ無教学ぶりである。
当ブログから泣きながら逆切れして逃げて行った時からなんの進歩もない。
それらの記事も後日まとめて嗤って差し上げるが、
震災の度にこのようなバカ記事かく人には毎回うんざりする。
もう少し人間らしい心を持ち合わせて欲しいが
嘘だろうとデマだろと敵対する者どもを攻撃するのが創価の人間革命だから仕方ない。
人間革命というより人格改造だな。


にほんブログ村





コメントの投稿

非公開コメント

ランさんに限らず、ソウカは、、、

創価系ブログですから、
創価に関連した記事を書いて
当然だと思います。

時事ネタ記事では御座いませんし。

災害や難が起きた時に、
邪宗のせいにするのは分からない訳では
無いけど、、ねぇ?ラン女史さん。

その昔、
広島に原爆が落ちたのは
念仏のせいで、
長崎に原爆が落ちたのは
キリスト教のせいだと創価幹部の
御指導を聞いた事があります。

彼、彼女達のオツムは、
そんなロジックなのかと。(哀)

駄文コメント失礼しますm(_ _)m

魔女狩り

何か悪いことが起こると、その原因を魔女のせいにしたのが中世の歴史にありますね。
何も悪い事をしないいない女性が、ある日突然魔女のレッテルを貼られ惨殺される。
集団ヒステリー現象だそうです。
そのおばさんの話を聞いて思い出しました。

そのおばさんにとっては地震は仏敵のせいで起こったものであり、攻め滅ぼさなければいけない対象なんですね。
しかし、魔女狩りと同じ、何の客観的な証拠がない。
物事には、原因があり、結果がある。
客観的にその立証ができないのに、単なる宗教的な思い込みだけで、敵視し憎悪する。
これはもう現代社会では異常行動なんですが、創価学会員の活動者や幹部が一様に持っている傾向性ですね。
恐ろしい宗教です。
愚かな指導者に率いられた民衆ほど哀れなものはない(by池田大作)
確かに創価学会員は哀れです。

臭団ヒステェリィ(集団ヒステリー)

駄文連文です。
彼女の愛する某宗教団体は、
簡単に言えば、

ヒステリー教団なのかと。

敵や、反逆者を募り、
さらし首にして、
ワイワイ♪ガヤガヤ♪
悲しさが、倍増します。

震災に遭った人達も、
ソウカ邪宗の餌食になるとは、、。

天災をネタにする手法は昔からのお家芸

何せ 大阪事件の入獄した日を巡って、聖教新聞の資料を調べていた際
その資料の中に、何の災害だったか忘れましたが
やっぱり天気図や台風の進路図まで掲げて ランさんと同じような主張を飛ばす
「オカルト天気予報」が平然と掲載されていて
昭和32~33年当時から そんな感覚ですから
そういった意味では さすがランさん 創価の伝統をしっかりまもっていらっしゃる

ただ・・・ ランさん
「人の不幸の上に自分の幸せを築いてはいけない」と
池田先生が指導していて
その指導にあなた自身が感動してシェアーしていませんでしたっけ?

それを世間では「両舌」「ダブルスタンダード」とも言うわけですが
(或いは矛盾とも)
ところが 面白いことに 
その白々しいダブルスタンダード(両舌ともいいますが)も
御書の中でも戒められていた文があったような記憶があって
創価も含めて、初っ端から謗法を犯しているわ、与同にもなっているわと・・・


本当、折伏とは難事中の難事ですね


おはようございます

あ私もその手ですね…(--;)
あきません。反省
世の中があまりにも酷い状態なんでつい…
でもよく考えたら前からずっとそうなんですよね。
末法の時代を生き抜くために正法があると。


天ぱさん

こんにちは。

> 駄文連文です。
> 彼女の愛する某宗教団体は、
> 簡単に言えば、
> ヒステリー教団なのかと。
> 敵や、反逆者を募り、
> さらし首にして、
> ワイワイ♪ガヤガヤ♪
> 悲しさが、倍増します。

ほんとうにそうですね。

> 震災に遭った人達も、
> ソウカ邪宗の餌食になるとは、、。

なんでしょうね。
創価は他人の不幸をチャンスだと思っているフシがありまよね。
下心があって近づいてくる。
震災の度にそう思うんですよ。
それが気持ち悪いです。

小野塚さん

こんんちは。

> 何か悪いことが起こると、その原因を魔女のせいにしたのが中世の歴史にありますね。
> 何も悪い事をしないいない女性が、ある日突然魔女のレッテルを貼られ惨殺される。
> 集団ヒステリー現象だそうです。
> そのおばさんの話を聞いて思い出しました。

魔女狩り。まさしく同じ構図ですね。

> そのおばさんにとっては地震は仏敵のせいで起こったものであり、攻め滅ぼさなければいけない対象なんですね。
> しかし、魔女狩りと同じ、何の客観的な証拠がない。
> 物事には、原因があり、結果がある。
> 客観的にその立証ができないのに、単なる宗教的な思い込みだけで、敵視し憎悪する。
> これはもう現代社会では異常行動なんですが、創価学会員の活動者や幹部が一様に持っている傾向性ですね。
> 恐ろしい宗教です。
> 愚かな指導者に率いられた民衆ほど哀れなものはない(by池田大作)
> 確かに創価学会員は哀れです。

本当に哀れです。
創価以外は人にあらず。という選民思想を抱きながら世界平和だの一切衆生の幸福だのと口に出す。
そういうのダメなんですよ、私は。

eco◆Smw69さん

こんにちは。

> そういった意味では さすがランさん 創価の伝統をしっかりまもっていらっしゃる

まぁ、ブログのタイトルからして「極悪と戦う云々」ですからね(笑)
割には、戦うどころか敗走ですから笑えめす。

> 本当、折伏とは難事中の難事ですね


そうですね。
自身の三世の宿業を切る行為ですから
そうは簡単にいくわけありません。

元創価班さん

こんにちは。

> あ私もその手ですね…(--;)
> あきません。反省
> 世の中があまりにも酷い状態なんでつい…


わかりますよ。一国謗法が不幸の因。というのは間違っていません。
ただ、それを言うべき時と言ってはいけない時がると思うんです。
災害で苦しんでいるいる人がいるときにそんなことを言ったら誤解を生み
結果大聖人仏法を貶めることになると思います。

> でもよく考えたら前からずっとそうなんですよね。
> 末法の時代を生き抜くために正法があると。


前の記事にも書きましたが、「時代」は変わっていないのです。
大聖人ご在世も現代も末法です。
穀貴・兵革・疫病・・・何もなくなっていません。
故に、創価のいう「時代の変化とともに変わっていく」仏法などあり得ません。

そのランさん

俺の暴力は「愛の暴力だ」「体罰は素晴らしいんだ」と言わんばかりに
言い訳にもならない記事を書いていますね
https://toshizo.muragon.com/entry/171.html


あえて書くなら
 「弟子に巣くっている魔を破りたい、断じて退転させたくない
                       ・・・という慈悲の一心が裏目にでてしまい 
結果的には大聖人自身がクビを自ら絞めて三位房が救えなかった
・・と解釈する事もできませんか?ランさん
要は一闡提を作っただけで 何の効果もなく、かえって魔を喜ばしてしまった
ランさんが折伏をすると 大聖人さまのイメージは その程度にしか思いませんし
まるで、大聖人さまが詭弁をならべているようにも

創価御用?の佐藤優さんも 創価を見限ったときに
タイムリーに ランさんのその記事を読んだら
CIAがおこした下記の事件を引き合いに出して
同様の事を言い始めるんじゃないでしょうか?
この事件が発覚した際 CIAの心理はまさに ソレだったと
ニッポン放送に出演していたころに断じきっていましたからね~
http://www.afpbb.com/articles/-/3033846

何故だかわかりますか?
共通する心理や結果が どちらにもあるからなんですよ

警察の取り調べに対する人権侵害の件や 冤罪事件を考えてみてください
何故? 容疑者が自白しないと 獣ように乱暴になるのでしょうか?
その心理背景には 事件の解決を急ぐあまり 事件を解決したい…と言う
慈悲的な一心があるからなんですよ
その結果 刑事が被疑者に自白の強要をして怒鳴りまくるあまり
「冤罪」を作って、事件の真相は謎のまま不安だけが残る
濡れ衣を着せられた人は精神的に参って 
全体見渡しても 負の連鎖しか生んでいないケースが多々あるでしょ

それと三位房の件は同じですよ

つまり それら
「弟子に巣くっている魔を破りたい、断じて退転させたくない」と言う一心や
行為や振る舞いが 時としては暴力やDVにも繋がってしまうんですよ
この点を ランさんは考えたことがないのでしょうか?

ちなみにドメスティックと言う意味は「自分の価値観」を
相手に推しつけて従属させる行為で、それが強引な形で
脅す或いは叱ることも含めれば それはバイオレンス つまり暴力行為なのですから
目的を考えれば 折伏とはDVの異名と解釈することもできるわけで
もし、折伏が最良だと考えるのならDVは犯罪じゃないと認めるか
DVを防止したいのなら、折伏をやめるか どちらかしかないと思いますけれどね

折伏と言うのは相手をねじ伏す そういう意味合いの内容ですから
・・と池田先生が わけのわからん随筆で教条的に述べていましたよ


野次馬は創価のお家芸

こんにちは。

他人の災難の時、
黙っていられずに大騒ぎをして首を突っ込みたがる。
そういうのは『同苦』とはいいません。『野次馬』といいます。

火災の時など創価婦人部は必ず駆けつけますよね。「心配で」って。一体何様でしょう。他人の家が燃えるのをジロジロ見て言いふらして、何が面白いのでしょうか。

「お題目の応援よろしくね〜」
というのも意味がわかりません。
お題目を何分とか何時間とかに拘るのもどうなんでしょう。そんなのは自分とご本尊様との約束であって、人にいちいち言うような事でしょうか。
ネット上で『唱題』が可能だとでも思っているのか、ブログなどで軽々しくお題目の七文字を書き連ねている馬鹿も一人や二人じゃありません。
お題目ってそんなものでしょうか。
そんな即物的なものでしょうか。
軽いんです。創価にかかると何もかもが。よくこんなので納得出来るものです。


まあそもそも『人間革命』とは、どれだけ厚かましく無神経で非常識になれるか。ですものね。
婦人部幹部は「常識的にやっていたら広宣流布などできません」って堂々と言いますものね。本当に野蛮です。
そういう頭の悪い幹部の話をウンウン頷いて聞き、池田大作みたいな嘘松ジジイの振る舞いに心酔して、聖教新聞なんかを読みふけっているから人間がどんどん下衆になるのです。

なんとかしないと

選民意識をもった独善性が強く周囲を見下す人達がこの国に居るのはしかたがないこととしても、選挙では公明党を支援して常に与党側につき権力を手に入れていますね。

公明党のこれまでの政治判断をみてみれば分かりますが、日蓮の思想の実現でもなく、庶民の多い会員のための政治でもなく、平和のためでもなく、単純に創価学会の利益のための判断を行う政党ですね。
そんな日蓮を語ったインチキ宗教団体が権力を牛耳っている状況が長く続いていれば、どんどん国民は貧乏にされますね。
そんなことはないというのなら、生活や仕事を犠牲にして学会のためにただ働きに励んできた人達の人生をみれば分かります。
今公明党はIR法を通そうとしているようですが、
なんとか早く学会員には目を覚ましてもらいたいと思っています。

震災をネタに入会をとったありえへん学会員

こんにちは

私は車酔いするのでゆれが苦手で地震直後吐きました。
地震が来てもよいように物を整理整頓しないといけませんが全然片付け出来ません。

地震があって不安や恐怖が消えない時だからこそ学会員になって一緒に信仰しましょうとしつこく物凄く大声で言い続けた方がいて、相手の気持ちが変わらないように今月入会式だそうです。
それを聞いて腰を抜かすほど驚きました。
入会者のお世話を一生責任をもってなさったら良いと思いますけどね

創価学会の話はしたくありません
けがなかったですか
未開封のペットボトルの水を家に置いてますか
ガスの点検は嘘ですからお金払わないでね
重たい物の下敷きになって死亡するので、安全な場所を確保しといた方が良い
こういう相手を気づかう会話しか出来ないです。

考えてる事が正反対の人と同じ部屋にいるのは無理です。

eco◆Smw69さん

こんばんは。

ランおばちゃんは圧倒的に教学力が低いんですよね。
まぁ、創価教学ではあの程度が限界なのは仕方ないですけど
デタラメを垂れ流すのは看過できませんね。
放置すると調子コキますから。創価は。

牡丹さん

こんばんは。

> 他人の災難の時、
> 黙っていられずに大騒ぎをして首を突っ込みたがる。
> そういうのは『同苦』とはいいません。『野次馬』といいます。
> 火災の時など創価婦人部は必ず駆けつけますよね。「心配で」って。一体何様でしょう。他人の家が燃えるのをジロジロ見て言いふらして、何が面白いのでしょうか。

男子部時代に火災にあった部員さんが二人いました。
普段は放置しているくせにそういう時だけどこからともなくわいてくるのが婦人部です。
心配してくれているのか面白がっているのかわかりませんでしたね。

> 「お題目の応援よろしくね〜」
> というのも意味がわかりません。
> お題目を何分とか何時間とかに拘るのもどうなんでしょう。そんなのは自分とご本尊様との約束であって、人にいちいち言うような事でしょうか。
> ネット上で『唱題』が可能だとでも思っているのか、ブログなどで軽々しくお題目の七文字を書き連ねている馬鹿も一人や二人じゃありません。
> お題目ってそんなものでしょうか。
> そんな即物的なものでしょうか。
> 軽いんです。創価にかかると何もかもが。よくこんなので納得出来るものです。

脳ミソが軽いんですかね。
婦人部で重いのは体重だけかも(笑)

> まあそもそも『人間革命』とは、どれだけ厚かましく無神経で非常識になれるか。ですものね。
> 婦人部幹部は「常識的にやっていたら広宣流布などできません」って堂々と言いますものね。本当に野蛮です。
> そういう頭の悪い幹部の話をウンウン頷いて聞き、池田大作みたいな嘘松ジジイの振る舞いに心酔して、聖教新聞なんかを読みふけっているから人間がどんどん下衆になるのです。

同感です。
「自分たちが社会の役に立っている」とでも思っているところが気持ち悪いです。

小野塚さん

こんばんは。

> 公明党のこれまでの政治判断をみてみれば分かりますが、日蓮の思想の実現でもなく、庶民の多い会員のための政治でもなく、平和のためでもなく、単純に創価学会の利益のための判断を行う政党ですね。
> そんな日蓮を語ったインチキ宗教団体が権力を牛耳っている状況が長く続いていれば、どんどん国民は貧乏にされますね。
> そんなことはないというのなら、生活や仕事を犠牲にして学会のためにただ働きに励んできた人達の人生をみれば分かります。
> 今公明党はIR法を通そうとしているようですが、
> なんとか早く学会員には目を覚ましてもらいたいと思っています。

創価の会員が減少していますから、公明は最終的は現在の共産党位の勢力に減少すると私は思っています。
そうなれば自民も連立解消するでしょうからそれまでの辛抱です。
といっても1票でも減らさなといけませんけど。

miuさん

こんばんは。

> 創価学会の話はしたくありません
> けがなかったですか
> 未開封のペットボトルの水を家に置いてますか
> ガスの点検は嘘ですからお金払わないでね
> 重たい物の下敷きになって死亡するので、安全な場所を確保しといた方が良い
> こういう相手を気づかう会話しか出来ないです。

宗教団体の信者さんの中には布教を目的に他人と関わっている人が多分に存在します。
中でも創価はその傾向が強いように思います。

> 考えてる事が正反対の人と同じ部屋にいるのは無理です。

ですよね。
だからまともな人は創価から離れるのでしょう。
多重人格な方々ですからまともにお付き合いはできません。

ecoさん、デタラメを垂れ流すのは看過できませんね

ecoさん、あなたは「大聖人さま」と称える一方、その「大聖人さま」を常陸の湯で「糞尿の黄金風呂」に入浴などおちょくったり、「大聖人さま」を根拠もなく「大聖人がカルトでテロリスト、その通りだ」などと口汚く酷い侮辱していますね? ランさんがうんちゃらと人の事を言う前に、御自分の「大聖人さま」感を反省なされたらいかがですか?こんな侮辱、日蓮宗の人でも言いませんよ。

あと、ecoさんは、返答を逃げていますが、大御本尊について「日達上人と赤沢氏(仏具屋)が結託、レプリカとすり替え」などの日達上人と赤沢氏への侮辱、妄想は、訂正されないのですか?

管理人さんも仰っていますよね?
「デタラメを垂れ流すのは看過できませんね。」と。

ecoさんのコメントから↓


・ですから すり替えられ 大石寺にある弘安の大御本尊がレプリカなら
その本物は、どこかに隠されているわけですよね
では 法華講側は 本物の大御本尊どこに隠したと思われますか?

・元は正本堂建立の際に 創価学会と赤沢朝暘と日達猊下が絡んで
本物の弘安2年10月12日に顕された大御本尊がレプリカとすり替えられた

・但し、本物の大御本尊が大石寺に隠してあることも否定はしませんよ


成るほど、ecoさんの主張ですと、我々は奉安堂にて大御本尊のレプリカの御開扉を受けているわけですか? では、その証拠を示して下さい。

証拠も何も存在しないのに、デタラメ言わないで下さい。

「大石寺にある弘安の大御本尊がレプリカなら?」
「創価学会と赤沢朝暘と日達猊下が絡んで?」
「本物の弘安2年10月12日に顕された大御本尊がレプリカとすり替えられた?」

ecoさんは、良くまあ、妄想とデタラメと侮辱が浮かぶと感心しますよ。
そう言う妄想が浮かぶ人を、世間では、誇大妄想と言います。
こんな誇大妄想する人に、幾ら「日達猊下」と称えられても、日達上人は一つも嬉くないでしょう。

ランさんみたいな人が ここにも一人

猫の友さんあなたこそ 2ちゃんの掲示板(今は5ちゃん掲示板)で
「日達猊下がボケていた」とでも言わんばかりの発言をしているじゃん
なんだって?日達猊下は大御本尊に収める半円状の箱の存在を失念して
丸太と勘違いしてしまい 本来は厚さ2寸の板状のものが 
昭和52年の発言では「厚さ3寸の丸太です」と発言したために
その発言などから、過去の証言と食い違う部分が浮上して
結果的には 正信会や美濃部氏等によって
「赤沢朝暘と結託して大石寺の御本尊はすり替えられた」
「本物はどこかにある」と疑られて その話が拡散してしまった??

【該当部分】
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/koumei/1488844631/274
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/koumei/1488844631/281


【参考資料】
歴代法主が記録した大御本尊の寸法がバラバラな件
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/koumei/1500875672/

あと・・猫の友さん

もし、下記の推測で あなたのおっしゃる通り、日達猊下の失念によって
歴代法主様と違う見立てを昭和52年にしたとします。

https://egg.5ch.net/test/read.cgi/koumei/1488844631/274
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/koumei/1488844631/281

これを踏まえた上で、猫の友さんに伺いますが
昭和52年と言うのは何が起こったのか?存じていますか?
そうです。例の池田摸刻御本尊事件が浮上したころですね~
その時に大石寺側と創価学会側で焦点になって揉めていたのが 
猊下の許可があった。いや記憶にない。法主が失念している・・ 
そんな水かけにも等しい論争だったわけです。

もし、あなたの言い分が正しいとしたならば 2ちゃんの推測は
『創価学会側に有利な証言の一つ」にもなってしまいませんか?

つまり・・・ 日蓮正宗の66代法主さまは
創価学会側に対し 
「ああ!御本尊? 勝手に作ってもいいよ」と許可したことを忘れてしまった

状況証拠とはいえ ある程度の証明にもなってしまうんですよ 
あなたのおかげで

その顕著な部分が 例の歴代法主と見立てが違い 
偽物疑惑の種をまいてしまった「昭和52年の大御本尊=丸太発言」

あなたの主張は、日達猊下が昭和52年になって
厚さ三寸の丸太と発言したのは 半円状の箱の存在に気付かず
それを本人が丸太だと勘違いした・・と言う主張でした。

ちなみに 歴代の法主および日達猊下自身も正本堂建立前までは
厚さ2寸の板と言う主張で、それが昭和52年になって主張が変わってしまった
その理由が結局は半円状の箱の存在を失念したところから出た
・・と言う事ですよね

そのことを考慮すれば、あれ?似たような話があったなぁ・・・
勿論、こちらの事件も、赤沢朝暘が一枚絡んでいたんですけれどもね


皮肉な話で 発言の食い違いに対する反証に夢中になるあまり
創価に対し有利な燃料をぶちまけてしまう 間抜けぶりは さすが立派ですね
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
5位
アクセスランキングを見る>>