内部アンチ

こういうブログを書いていると
まぁ、多くの学会員と名乗る人々から
「コイツはアンチ」だとか
「コイツはナリスマシ」だとか
中には
「日顕宗のスパイ」だとか。
言われる。言われる。(笑)
俺はれっきとした学会員なのにね。
まぁ、ネットでこういう学会批判を書くと
何かの拍子で、会員に見られちゃうのが怖いんだろうね。
だから、「あんなブログを書いてるやつは学会員であるはず無い」といいたいんだろう。と
どうしても「ナリスマシ」って事にしておきたいみたい。
学会への批判めいた事は何が何でも
「そんな事は無い」って否定するのに必死だな。
まぁ、必死になるのはいわゆる活動家さんなんだろうが
本人達は、そういう風に思い、説明することで
組織を、会員を守っている。と本気で思っているんだろうけど
それが学会の組織を腐らせてるってのが分からんのかね?
まぁ、内部が組織を批判すると
大抵は「批判で無く建設的な意見をいうべき」なんて幹部は言うんだけど
正直、学会の組織は「建設的な意見」など反映されるような所じゃない。
「建設的」って言うと聞こえがいいけど
学会の方針や幹部の言う事に「反対しない」っての前提で
建設的もクソもないんだよ。
「ダメだ」と言う意見や
「納得いかない」という意見は
全部批判になっちゃうんだから
それを言うなといったら、建設的な意見なんて無くなっちゃう。
家だって更地に新たに建てるのなら「建設」だけでいいが
そうじゃなければ、今まである建物を一度壊さなきゃ
新しい家は建設できない。
土台や基礎が腐ってしまったら壊さないといけない。
腐った幹部は一度取り除かないといけない。
腐った土台の上には何も価値あるモノは建たない。
いつまでも、内部で学会批判している会員を
「アンチ」だなどと呼んで遠ざけて
陰で「あの人とは関わるな」とか陰謀を巡らす程度の臆病者の幹部は
単なる「ひいきの引き倒し」で組織にとっては百害あって一利なしだ。
「ヤツはアンチだ近寄るな」と言う前に
何をどう批判しているのか?を訊いて
自身の教学と信心を持ってその批判を覆してやろう。と思えないのかね。
俺が逆の立場なら絶対そう思うけど、
いまの幹部は教学も信心も無い上に臆病なのが多いからね。

【日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず】

まぁ、そんなわけで今日もまた
「ナリスマシ」といわれるような
「内部アンチ」のブログと言われるような事を書いちゃったな。

でも、患部のみなさんには悪いけど、
俺は学会員なんだよね~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめましてm(__)mたまに見させて貰っています。

いわゆるバリ活です(*^^*)

役職関係なくなんでこんな人が?!

と感じる人は残念ながらいます。

ただ僕のそれと信心しない、不信になるのは
別物ですが(*^^*)

降るまいは大事ですね。

Re: No title

> はじめましてm(__)mたまに見させて貰っています。
>
> いわゆるバリ活です(*^^*)
>
> 役職関係なくなんでこんな人が?!
>
> と感じる人は残念ながらいます。
>
> ただ僕のそれと信心しない、不信になるのは
> 別物ですが(*^^*)
>
> 降るまいは大事ですね。


コメントありがとうございます。
男子部の方ですか?
幹部や周りの人間に左右されず信心するのが大切ですよね。
そのためには、やはり教学。
特に御本尊とは何であるか?学ぶことが大切だと思います。
【信心】と一言で言っても
何を信じるか?によって全て変わって来ます。
ご健闘をご祈念申し上げます

今の学会に世界平和は無理だ

今の学会は体育会系の人間や元ヤンキーのが幹部になっているため、彼等の世界の上の命令は絶対という価値観や自分が先輩からされて嫌だったことを後輩にするのを伝統だと言って正当化する傾向がある。このようなヤクザの世界の仁侠の生き方をヤクザ以外の人に押しつけられるのは困ったものである。そのため、理論家のタイプの人は屁理屈人間として扱われ、理屈ばかり言って行動しない奴だと決めつけられたり、男のくせに御託ばかり並べていると言われてしまうのである。これが自分の意見を言った者が謀反人呼ばわりされる理由である。
今の職員の既得権を守るための集団に成り下がってしまった。とてもじゃないが、こんな集団に自分の友達を入会させたいとは思えないのだ。
幹部と会員の関係は幕府と農民の関係と同じであり、年貢が財務に変わっただけにすぎない。今の幹部は時代劇の悪代官と同じレベルの奴等の集まりになってしまった。それにもかかわらず、御本尊はなぜこういう幹部に対して罰を当てないのか?これが不思議である。御本尊よ、幹部どもの横暴に対して、いつまで黙って見ているつもりなのだ?

Re: 今の学会に世界平和は無理だ

> 今の学会は体育会系の人間や元ヤンキーのが幹部になっているため、彼等の世界の上の命令は絶対という価値観や自分が先輩からされて嫌だったことを後輩にするのを伝統だと言って正当化する傾向がある。このようなヤクザの世界の仁侠の生き方をヤクザ以外の人に押しつけられるのは困ったものである。そのため、理論家のタイプの人は屁理屈人間として扱われ、理屈ばかり言って行動しない奴だと決めつけられたり、男のくせに御託ばかり並べていると言われてしまうのである。これが自分の意見を言った者が謀反人呼ばわりされる理由である。
> 今の職員の既得権を守るための集団に成り下がってしまった。とてもじゃないが、こんな集団に自分の友達を入会させたいとは思えないのだ。
> 幹部と会員の関係は幕府と農民の関係と同じであり、年貢が財務に変わっただけにすぎない。今の幹部は時代劇の悪代官と同じレベルの奴等の集まりになってしまった。それにもかかわらず、御本尊はなぜこういう幹部に対して罰を当てないのか?これが不思議である。御本尊よ、幹部どもの横暴に対して、いつまで黙って見ているつもりなのだ?

コメントありごとうございます。
罰にも色々ありますから。
現罰が出ないのはそれ程までに罪が重いと言う事かもしれませんね
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる