FC2ブログ

法華講の欠点を考えてみたのだが。

少し前のコメントで「法華講自体の欠点」を考えるように言われ、
直ぐには思いつかなかったので「法華講の欠点ってなんですか?」と尋ねたが
その後、なんの回答もなかったので色々と「法華講の欠点」を探してみたがやっぱり思いつかない。
Hさんが指摘しているような「法主絶対論」とか「僧俗差別」とかも全く感じないし、
他にも創価が一生懸命アナウンスしている、「供養」や「登山」のノルマなどというものも感じない。
まぁ俺が法華講の活動家じゃないからで、ひょっとしたら講頭さんや地区長さんにはノルマがあるのかもしれないしが、
だからと言って俺のような一講員にそうした「ノルマ」が割り当てられることはない。
もちろん、創価流の「目標の申請」や「報告」の義務もない。
以前も書いたが創価と比べると謗法以外はなにをするのも自由なので、法華講員でいることに不自由さは感じない。

創価と法華講の相違点

創価が法華講より自由なところを探してみた。

創価時代は「信心即生活」というよりも、「生活即活動」で時には生活面でも不自由さを感じることもあった。
例えば嫁が聖教の配達員をした時は、家族で1泊旅行なんてできなかったし、
俺自身もほぼ毎日活動で午前様で慢性寝不足だった。
が、法華講になってからは心身財ともに生活に影響を及ぼすような信心活動はない。
法華講の活動と言えば、登山・寺院参詣・供養・折伏しかなしそれすら各自の自由。
創価のような「麗しい法華家族の世界」なんていうものはないけど普通はそんなもの求めないから問題ない。
そもそも「麗しい創価家族」などという存在が、組織依存を生み同調圧力を生むのだと思っている。
法華講の組織はそういう組織になっていないので講頭や講活動家が他の講員さんに
圧をかけようと思っても圧がかからない組織なんだと思う。
そんなゆるいと言えばゆるい組織なので、自分の日々の生活に何の支障もないから特に欠点が見つからない。
半面、「法華講組織」の長所はなにかと言われればこれまた特に「コレ」といった長所もないのだが、
そもそも法華講員って「法華講の組織」に魅力を感じて入信した人ってそんなにいないだろうからそれも大した問題でもない。
まぁ、あえてそれが欠点といえば欠点か?
とはいえ、信仰において「濃い人間関係」も「魅力ある組織」も必要不可欠な要素ではないから欠点のうちにはいらいないが。
創価の組織は「横」を向いている感じ。対して法華講の組織は「縦」かな。
学会員はお互いに見つめ合って進んでいるが、
法華講員は全員が大御本尊を向いていて講員同士はあまり見つめ合わない。
選挙だの新聞啓蒙だのをやるなら見つめ合っていた方がやり易いのかもしれないが、
折伏しかしない法華講員はお互いに見つめ合っう必要はないのだろう。
見つめ合っていなくても全員が大御本尊を信じていれば自然と「異体同心」の組織になるからね。

まぁつらつら感じたいることを書いてみたが、本当に「法華講自体の欠点」というのが分からない。
俺の知らない「欠点」があるかもしれないから、
「法華講自体の欠点」を指摘できる人がいたらちょっと聞いてみたい気もする。


にほんブログ村


創価学会ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

自分と他人の境界

前スレでは失礼しました。以後、気を付けます。

学会員の特徴として、他人のプラベートを平気で侵しますね。
地域の幹部が他人の家の仏間で勝手に昼寝をしていた事件もありました。
私は就寝中に寝室に侵入されたこともあります。
また、職場まで学会員が来たこともあります。

任意団体の役職になんの権限もない。
しかしながらプライベートまで踏み込みこまれ、指導という名目で無責任な命令を受け、服従を強いられる。学会の伝統ですね。
境界のない関係が「麗しい学会家族」の正体でしょう。

あなたはあなた、私は私、の区別がない世界。
他者との境界が曖昧なのは、精神的な自立が出来ていないのではないかと疑っています。
他人の指示に従い行動するのは甘い誘惑で、自己責任の回避もあるでしょう。
信教は自由ですが、同時に自己責任なのを忘れ、気が付いた時には学会に依存し、人生を犠牲にしていた。
そんな事例も見てきました。
本当に自立した信仰者であるならば、そういう不健康な依存体質にはまずならないだろうと思います。

小野塚さん

こんにちは。

> 前スレでは失礼しました。以後、気を付けます。

いえ、多少は構いませんよ。小野塚さんにしてもあのような話を延々とする意図・意思はないと思っていますので。

> 任意団体の役職になんの権限もない。
> しかしながらプライベートまで踏み込みこまれ、指導という名目で無責任な命令を受け、服従を強いられる。学会の伝統ですね。

そうですね。大作センセを筆頭に創価幹部の指導の一番ダメなところは仰る通り「責任を持たない」という部分ですね。散々偉そうなことを言いながら最後は「貴方の信心」と突き放す。その「貴方の信心」を「そうさせた」一旦は自分の指導にあることを自覚しない。まさに無責任の極みですよね。

> 境界のない関係が「麗しい学会家族」の正体でしょう。
> あなたはあなた、私は私、の区別がない世界。

気持ち悪いですよね(笑)そのくせ「桜梅桃李」とか言うんですよ(笑)
以前も書きましたが、法華講ってそういう組織ではないですよ。
よくいえば「自由」悪く言えば「放任」
私も再入信前は法華講も創価と同じような感じなのかな?って思っていましたが
あまりにも放任でむしろ驚きました。
だからこそ個々の信心が試される。
参詣も登山も供養も折伏も全部自分次第。
ある意味「厳しい」かもしれません(笑)
まぁ私はこっちのほうが性に合いますけど。

ひとりでは生きていけない人達

>いえ、多少は構いませんよ。

スレッドの内容を意図的に外したいのでしょうね。
当初から創価教学は実態がないから、いつも口実を作って誤魔化す。


仕事の関係から、経済が破綻する創価の家族を何件か見てきました。
学会のバリバリの活動者家族です。
なぜ分るかといえば、夜逃げしたあとの室内に入るからです。

戸田城聖、池田大作の著作、「宗門問題の全て」なのどの冊子、「今年は青年部を鍛えるのだ」などのメモ、会館で写した記念写真、前日の聖教新聞などなど、前日までの生活を生々しく残して出ていきます。
それに比べ他の書籍は極端に少ない。

業者は、「また宗教の本(学会の本)が沢山出てきましたよ」と言います。
それほど学会活動者の夜逃げや立退きの強制執行かかるケースが比率として多いわけです。

経済の破綻は誰にでもありますね。
しかし、夜逃げするほど損で悲惨なことにはならないのですが、創価家族には多い。
「麗しい創価家族」も会員の同士の経済的な支援の繋がりはない。
金銭の貸し借ですら禁止されている。
表面上、麗しいのですが実は希薄な関係性で、精神的に依存したい人達が寄り添う。
何でも幹部の指導に従い依存していくうちに自立心を失い、大切な事を自分では決断できない習慣が醸成される。
また幹部の立場であれば、「私はこんなに幸せですよ」と周囲に見栄を張らなければいけない。
そのような条件が重なり、危機的な状況の時に思考が停止して判断不能になり、留保しているうちに最悪なケースを迎えるのだと思います。

会員を社会と隔離し、集団に依存させ、自立させない。
創価が悪意を持ってやっていることだと思っています。

小野塚さん

こんにちは。

> スレッドの内容を意図的に外したいのでしょうね。

そんな印象があったので言わせていただきました。

> 戸田城聖、池田大作の著作、「宗門問題の全て」なのどの冊子、「今年は青年部を鍛えるのだ」などのメモ、会館で写した記念写真、前日の聖教新聞などなど、前日までの生活を生々しく残して出ていきます。
> それに比べ他の書籍は極端に少ない。

私も仕事の絡みでそうした家に何度か遭遇しました。一度は創価本尊が仏壇の中に残ったまま空き家になった家もありました。さすがにその時だけはお巻きして知り合いの創価幹部に事情を言って渡しにいきました。カラコピ掛け軸とは言え「南無妙法蓮華経・日蓮」と認められてる以上ゴミとして捨てるのは私にはできませんから。

> 経済の破綻は誰にでもありますね。
> しかし、夜逃げするほど損で悲惨なことにはならないのですが、創価家族には多い。

特別創価家族に多いかどうかは断定できませんが、小野塚さんのケースは創価家族率が高いということでしょう。
それは小野塚さんいとって何か意味がある事かも知れませんね。

> 「麗しい創価家族」も会員の同士の経済的な支援の繋がりはない。
> 金銭の貸し借ですら禁止されている。
> 表面上、麗しいのですが実は希薄な関係性で、精神的に依存したい人達が寄り添う。

そうなんですよね。表面上だけなんです。それが分かっていればいいのですが分かっていない会員さんが多く存在します。
創価家族と言っても「家族」ほど助けてくれません、大作センセも師匠と言ってもやはり困った時に助けてくれない。
この事実を踏まえて知ってもらいたのは、創価もセンセも生前すら助けてくれないのだから死後も然りということです。
つまり「創価学会仏」は一番大切な時には全く役に立たないということです。

> 会員を社会と隔離し、集団に依存させ、自立させない。
> 創価が悪意を持ってやっていることだと思っています。

まぁ世間や社会と本気で交流させたら退会者が後を絶たなくなりますからね。

今晩は宜しくお願いします。

尊敬する管理人さん、コメントさせて下さい。

法華講の欠点というか、欠点なんておこがましくて私のような者が言えるものではありませんが、ちょっと思ったことを。

創価から法華講に移って折伏をして、思ったのですが、少し遠くの方を折伏しても、菩提寺は私の所属寺院となり、その方の地域にも近くに正宗寺院があるのですが、
御講や行事は菩提寺になるので、
そのあたりは不便というか、どうなのかと思ったことがありました。

また、創価のような指導体制が無いので、折伏したかたを育てるのに、なかなか難しいところがあります。
なかなか勝手がわからず苦労しております

恥ずかしいヘタレなコメントなんですが、
住んでいる近くの集まりではなく、菩提寺単位なので、育成に苦労しています。

あと、この場を借ります。

お〜い不思議ちゃん、、
ブルーノートさんにお礼ぐらい言えよ。
他人様のブログでたこ焼きすすめないでね

また、コメントしに来いよ。以上です。

管理人さん、お体御自愛ください。
お邪魔をしてしまい申し訳ありません。

梵我一如さん

こんばんは。

> 創価から法華講に移って折伏をして、思ったのですが、少し遠くの方を折伏しても、菩提寺は私の所属寺院となり、その方の地域にも近くに正宗寺院があるのですが、
> 御講や行事は菩提寺になるので、
> そのあたりは不便というか、どうなのかと思ったことがありました。

私の菩提寺では遠方の方は地元の正宗寺院をご住職が紹介してくれて、その地元寺院の預かり信徒としてそちらの寺院に行っている方も多いですよ。

> また、創価のような指導体制が無いので、折伏したかたを育てるのに、なかなか難しいところがあります。
> なかなか勝手がわからず苦労しております

基本は紹介者が信心を励ますのでしょうね。創価のような指導体制だと逆にせっかく折伏した人を馬幹部が潰すことも多々ありますからどっちがいいのかはわかりません。

> 恥ずかしいヘタレなコメントなんですが、
> 住んでいる近くの集まりではなく、菩提寺単位なので、育成に苦労しています。

そうですね。正宗はいわゆる縦線ですから創価の様な濃い人間関係は生まれづらいし創価のような横線だと紹介者が育成を放棄する場合が多々あります。正宗は選挙とかないので縦線の方がいいと思ってます。「育成」も気張らずに普段の人間関係や話のなかで信心の話をすればいいかなと思ってます。なにせ私は法華講の活動家ではないので緩くで申し訳ない限りです。

> 管理人さん、お体御自愛ください。
> お邪魔をしてしまい申し訳ありません。

いえいえ。梵我一如さんのブログ、楽しく読ませてもらってます。ありがとうございます。
また気が向いたらコメントしてください。お待ちしています。

あるわけ無いし♪

組織と信心は似てる様で、
似て無い。と思います。
ただ、、
末法の御本尊さまは、
永遠に不滅!

やれ、鎌倉時代の乞食BOSEだの、
やれ、御本尊さまは、永遠なのか、だの、
真剣に信仰に励んだ事も、
真剣に人生を賭け無かった人に限って、
やれ、詐欺だの、

そもそも、信仰心って必要かぁ?てな、
浅い、アサァーイ会長、
いや、いや、
深く糖度の他界、、、、。
いやはや、失礼の極みっす。

日興聖人の頃より昔から、、変わりま天。

駄文連文コメントまいど
失礼しますm(_ _)m。

僕、しょーじき、申し上げます。

組織信仰、嫌いっす。

やれ、仏意仏勅は、損な学会だの、

やれ、やれ、デス。

唯一、言える成ら、、

大御本尊(日蓮大聖人)さまは、

創価学会には、居ません!(断言🎵)。

三世を貫く大仏法!

管理人様、こんばんは。
いつもブログ読ませていただいています。
わたしは創価を退会した時に、ご本尊様をお返ししませんでした。今もご安置しています。
創価のご本尊ですが、やはりご本尊様に違いはないので。返却後どのように処分されるかもわかりませんし。
だけど、本当のところは日蓮正宗のご本尊様をご安置したいです。
だけど、創価をやめたばかりで今度は日蓮正宗に入るとなると、家族はどう思うかとか、入るとなると私一人だし、できるのか?とかいろいろ考えてしまいます。
日蓮正宗に入るとどうなるのでしょう。
漠然としたコメントでごめんなさい。
破門される前のご本尊様をご安置できたら問題ないのですが…

天覇さん

こんばんは。
昨日から青森に行っていていま帰宅しました。
結構遠いっす青森(笑)

> 唯一、言える成ら、、
> 大御本尊(日蓮大聖人)さまは、
> 創価学会には、居ません!(断言🎵)。
> 三世を貫く大仏法!

ですよね。創価には三宝がひとつもない。
なのに自称「仏法」(笑)

管理人さんお帰りなさい
昨日と今日見てないと思ってたよ

マカロンさん

こんばんは。

> いつもブログ読ませていただいています。

いつもありがとうございます。励みになります。

> わたしは創価を退会した時に、ご本尊様をお返ししませんでした。今もご安置しています。
> 創価のご本尊ですが、やはりご本尊様に違いはないので。返却後どのように処分されるかもわかりませんし。
> だけど、本当のところは日蓮正宗のご本尊様をご安置したいです。

そうですね。可能ならばその方がいいと思います。創価本尊はお寺に返納するのがいいと思います。

> だけど、創価をやめたばかりで今度は日蓮正宗に入るとなると、家族はどう思うかとか、入るとなると私一人だし、できるのか?とかいろいろ考えてしまいます。
> 日蓮正宗に入るとどうなるのでしょう。

私の場合特に正宗に移って生活面では特に変わっていません。紹介者の人に依るのかな?と思います。紹介者がどんな人かによって多少の違いがあると思います。正宗に入信するのであれば多少のサポートは出来ると思いますので、非公開でメアドを教えてくださればそちらに詳しくメールいたします。その時にはご相談ください。

> 破門される前のご本尊様をご安置できたら問題ないのですが…

そうですね。正宗の御本尊をご安置するのもいいことですが、
やはりいつでも大御本尊にお目通り出来る状況に自分自身の身を置いておくことが一番いいと思います。
大石寺に行く行かないではなく、「行ける」状態にいると安心感が違います。

美有さん

こんばんは。

> 管理人さんお帰りなさい
> 昨日と今日見てないと思ってたよ

はい。ただいま帰りました。
昨日の朝家を出て今さっき帰ってきました。
結構疲れたけど楽しかったですよ。

お疲れ様です

管理人さんともラブラブのコメントのやりとりしてますけど
梵我一如さんともラブラブのコメントのやりとりしてます
今は二箇相承の話です
長い御書の文章があったから、返事するのめんどくさいから梵我一如さんは管理人さんの文章をコピーしてパクったのかと思いました
梵我一如さんは仕事終わってからなら簡単な返事しかしたくなくて、時間のある時は丁寧に返事してくれるとか
管理人さんの文章をコピーしてパクらなくても自分でこれくらい書けますと梵我一如さんに大激怒されそうだから言わなかったんだ

学会員でいるのも3年くらいからな
退会届けも地区には預けてる事だし
法華講員さんに色々教えてもらいます

美有さん

こんにちは。

> 管理人さんともラブラブのコメントのやりとりしてますけど
> 梵我一如さんともラブラブのコメントのやりとりしてます
> 今は二箇相承の話です

梵我一如さんは教学がシッカリとしている人ですから色々と聞いても間違ったことはいいませんよ。あのような口調なので勘違いする人もいるかもしれませんが、かなりの強者です。鯛焼き支部長の所を出禁になったのも、鯛焼き支部長が「ヤバイ」と感じたからでしょう。鯛焼き君のような学会員さんは危険回避能力だけは高いですから。言い換えれば「逃げ足だけは速い」のです。梵我一如さんは「役者屋のぅ~」って感じです(笑)

> 学会員でいるのも3年くらいからな
> 退会届けも地区には預けてる事だし
> 法華講員さんに色々教えてもらいます

別に法華講員の意見だけを聞くことはありませんよ。学会員の意見も聞いて「どちらが大聖人様の仏法」なのか比べてみればいいと思います。もちろん自信があるからこう言っているのですけど。創価幹部のように「アンチの言っていることなど聞くな」なんて言いませんよ。むしろ創価民達の主張をたくさん読んだり聴いたりして欲しいですね。その方がわかりやすいので。

おはようございます

返事は明日でかまいません
創価は創価だけにしか通用しない論を出してくるから、私それは要りません
創価を破門した時から日蓮正宗は僧でないとか
みんなが納得できる説明が出来ない結論だけを聞いても・・・と言う感じです

美有さん

こんばんは。

> 返事は明日でかまいません
> 創価は創価だけにしか通用しない論を出してくるから、私それは要りません
> 創価を破門した時から日蓮正宗は僧でないとか
> みんなが納得できる説明が出来ない結論だけを聞いても・・・と言う感じです

まぁ確かにそうでうよね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>