FC2ブログ

学会員H君。回答不能かな。それが創価のイカサマロジックだよ。

学会員H君からの希望で「対論」を開始したが、こちらの要求に対するH君からの回答はついに2週間経っても返ってこない。
どうやらこれはH君の回答不能ということで終了ということでいい感じかな。
当方からの要求は、H君が現在の正宗に「法主本仏論」という邪義が存在するということについて、
日顕上人や日如猊下のそのような指南の文証を提示せよ。というものだ。
本当にそのような指南が存在しているならば造作もなく提示できるはずだろう。
現在の宗門に「法主本仏論」の教義あるとしたらその文証が「能化文書」だけなんてことはありえない。
その「能化文書」とて、平成3年の文書でそれから四半世紀以上経過している。
四半世紀以上もの長いあいだ「法主本仏論」のご指南がひとつもないのである。
つまり創価やH君の主張するような「法主本仏論」などという邪義は正宗に存在していないということである。
逆に日顕上人が「法主本仏論」を否定している文証はたくさんある。
それにもかかわらず現在の正宗に「法主本仏論」という邪義が存在すると言い続けるのは、
単なる創価の捏造でありデマでありプロパガンダであり、
H君はまんまとそれに騙され、よせばいいのに俺に「対論」を申し込んだ挙句
過去の創価民同様に俺からの質問に答えず遁走したのである。
まぁ過去に当ブログにのこのこやってきた創価民たちとは違って、
顔を真っ赤にして罵詈雑言の捨て台詞をキーボードで叩かないところはマトモだが
それにしてもせっかく対論に応じやる気を出したのにたったの「2ターン」で終了とはちょっと拍子抜けだ。
もっとも俺もこの程度の話は早めに終わりにする方向へもっていった節もあるが
それにしても、あと少しくらい粘ってくれても良かったのだが(笑)

さて、これでわかったと思うがこれが創価のイカサマロジックである。
まず最初に在りしもないことをデッチあげる。
次のそのでっち上げに対して御書の中から文証になりそうな御文を切文して、あたかも大聖人仏法ののように粉飾する。
僧侶に対する破折の御文は御書のなかにたくさんあるからいくらでも粉飾できる。
これを「教学」と称してまた大聖人仏法と偽って会員に教えるのである。
本来は「文証」が先にあって、それに照らして謗法の有無を判断し破折するのが正しい教学の道筋だ。
創価教学の場合は全く逆で、「先にデッチ上げ」がありきでそこに御文を貼り付けるのである。
だから、創価がでっち上げた最初の命題について突っ込めば何も答えられない。
なにせ創価の前提とする命題はデッチ上げだからそこには何の文証も存在しないのだから答えられるわけない。
無理くり答えればそれこそそこから創価イカサマロジックはボロボロと崩れ落ちるのだ。
創価との対論に大切なことは、創価が当たり前のように前提としている事を議論すること。
暇つぶしをする気ならば構わないがそうでないのなら枝葉の話に惑わされたり枝葉の話を取り合ったりしてはいけない。
創価民のイカサマロジックを見破ってその本質を徹底的破折するのが一番効果的だということだ。

今回のH君だってツッコミどころはたくさんあった。
彼が当然のように話していた「僧宝は日興上人まで」とか「御加文は用いない」とかいう発言だって、
それは創価の都合であってなぜそう主張するのかをツッコめばアッという目に自己矛盾するのはわかっている。
「依法不依人」ということも散々言っていたがそれだっていくらでも切り返しはできる。
もっとも、H君の条件をそのまま飲んだとしても別に何ら支障なく対論できるし、
逆に彼のそうした条件を逆手にとって対論を進めることもできるが
今回はそこに行く前にどうやら対論も終了となりそうだ。
まぁ今後彼が俺の要求や質問に回答することがあればまた続きはやるけど、
いくら頑張ったところで創価教学はその前提条件がイカサマなので相手にならないと思う。
どうせならば、今回の短いやりとりの中でH君が創価のイカサマに気づき
創価教学ではない教学に目覚めそれを研鑽してくれるようになればいいと思っている。
その上で尚日興門流の教義に疑義があるのであれば、
その時はまた創価イカサマ教学でないロジックで対論を申し込んでくれればいいと思っている。
そうではなく創価イカサマ教学で行くと言うならば今回の対論で創価イカサマ教学が
いかに対外試合では無能で使えない代物かということだけ学んでくれればそれでいい。
少なくてもH君の教学は創価の中だけなら十分に通用すると思うから
井(創価)の中の蛙、大海(大聖人仏法)を見ず。で一生過ごすもいいだろう。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

Hくん。

結をまくるのも、よいジャン♪

僕は、嫌いだけどネ。

自分のお尻は、
自分で拭うのょ。

創価学会では、違うのかな?

駄文コメントまいド失礼しました。

最後に!
あいつは、法華経を唱えるヒトラーだ。と、言った人が居るとか、

天覇さん

こんにちは。

> 結をまくるのも、よいジャン♪
> 僕は、嫌いだけどネ。
> 自分のお尻は、
> 自分で拭うのょ。
> 創価学会では、違うのかな?

まぁまだまだキッズなので仕方ないでしょう。
これを機にH君が正しい「教学」を学んでくれといいですね。
もちろん「創価教」のままでもいいですが、
「創価教」はあくまでも「創価教」であって、大聖人の仏法ではないということを自覚して「創価教」を信仰してくれればと思います。

> あいつは、法華経を唱えるヒトラーだ。と、言った人が居るとか、

そういえばそんな話ありましたね。

No title

こんにちは。

楽しみにしていたのですが、予定通り過ぎて…
もう少し頑張ってもらいたかったですね。

H君もう少し頑張ってみましょう。
経験すると成長できる

遁走前に、もともと完全勝利だったんですけど。。。

忍辱の鎧を着て辛抱強く創価の誤りを説明していくと、創価の民はすぐ論理が破綻してしまいますね。
一様に会員達は、勝たなければ創価を貶めることになる、仏敵に負けたことになると、必死になるのは分かりますが、その後が大変ですね。

私だけではなく家族全員にも、生活や私有財産を脅された経験があります。
元公明党の委員長が自宅を売却し創価に寄付の強要があったという話も、たぶんそうした犯罪紛いのイヤガセが、創価から利益を受けていない一般会員であっても、被害を受けているのだろうと推測できます。
だから創価に議論で勝ってはいけない、創価の中ではどんな行為でも独善化されている異常な環境なのだからと理解しました。

創価の民の異常性は、真摯に正しい仏道を求めて学んでいく姿勢など無く、創価の絶対の善が確定していて、どんな手を使ってでも相手をやっつけなければいけないと思っている考え方ですね。
これはもう実態的にカタギの世界の常識では理解できない。
今後創価が衰退していく過程で、あらおもしろやの平左衛門尉やオウムのように、暴発する可能性もあるのではないかと危惧しています。

blue_noteさん

こんにちは。

> 楽しみにしていたのですが、予定通り過ぎて…
> もう少し頑張ってもらいたかったですね。

そうですね。まだ全然「対論」は始まっていない段階でしたから。
若い男子部のようですから創価で覚えたことを言ってみたかっただけかもしれませね。
老獪な壮婦は勝てない事を分かっているので自分のサイトやSNSで創価のデマを垂れ流すだけですけど、
男子部だと「日顕宗と闘うぞ」ってなるのでしょう。その意気込みは買いますけど(笑)

>H君もう少し頑張ってみましょう。
>経験すると成長できる

ここは大切ですよね。blue_noteさんも経験があるでしょうけど、
私も広宣部で最初に「対論」した時は、知識や経験不足で悔しい思いをして
それがあったから色々と学び教学的な成長ができたと思います。
だからH君もそこから逃げてはダメなんですよね。
これは信心の話だけじゃないですよね。
不都合な事や知らない事から逃げたり目を逸らしたりしていてはこの先のかなり厳しい人生になりそうです。
彼はまだ若いのだから「逃げ癖」を付けない方がいいですよね。

小野寺さん

こんにちは。

> 忍辱の鎧を着て辛抱強く創価の誤りを説明していくと、創価の民はすぐ論理が破綻してしまいますね。

もともとのロジックが「無知な会員向け」の軽薄で脆弱ですから反論されるとすぐに馬脚を露します。
そんな創価のロジックに騙されないように「正しい教学」は必要だと思いますし、当ブログだけだなく創価や顕正の教義破折をアナウンスするのは大切かと思っています。

> 創価の民の異常性は、真摯に正しい仏道を求めて学んでいく姿勢など無く、創価の絶対の善が確定していて、どんな手を使ってでも相手をやっつけなければいけないと思っている考え方ですね。
> これはもう実態的にカタギの世界の常識では理解できない。
> 今後創価が衰退していく過程で、あらおもしろやの平左衛門尉やオウムのように、暴発する可能性もあるのではないかと危惧しています。

どうでしょうね。平左衛門尉やオウムのような熱量は失われつつあると感じます。
徐々に熱量が減少してやがては立正佼成会のようなひっそりと佇む団体となり無毒化するのが理想ですね。

こんばんは

暑いです
今30.3度です

突然思い出しましたが御書だけで入会が取れる学会員いました
昔は車があって車の免許持ってるのが婦人部では私の母だけだったので、そりゃあまあ、色んな学会員を車に乗せてあっちこっち行きましたので信じられないほど多くの学会員を紹介していただきました

私は御書だけで入会取れる学会員を日蓮大聖人直結と呼んでました

Re: タイトルなし

こんにちは。

> 暑いです
> 今30.3度です

おお。暑いですね~。熱中症にならないように水分補給など体調管理をしっかりしてくださいね。

> 突然思い出しましたが御書だけで入会が取れる学会員いました
> 昔は車があって車の免許持ってるのが婦人部では私の母だけだったので、そりゃあまあ、色んな学会員を車に乗せてあっちこっち行きましたので信じられないほど多くの学会員を紹介していただきました

素晴らしいお母様ですね。その当時は大御本尊を信じて行学に励んでこられた事でしょう。
そのようなご年配の会員さんが大勢います。
いつの間にか創価に誑かされて大御本尊を捨ててしまいましたが、そのような方々が創価を止めて大御本尊の元に戻るのは難しいと思います。なので子供以外に後生を託せる人はいません。
「上野尼御前御返事」P.1580~ に烏竜と遺竜の話が書かれています。読んでみてください。

> 私は御書だけで入会取れる学会員を日蓮大聖人直結と呼んでました

なるほど。大聖人仏法の法門(御書)で折伏はするものです。
創価民が折伏できないのは、大聖人仏法ではない事、
つまり創価や大作センセの話ばかりして大聖人仏法の話をしないからですよ。
御書(法門)学び語る。それが弘教です。それ以外の弘教はありません。

ダメ出し管理人様

ダメ出しではなく御書の良いところ出しです

鳥竜が母
遺竜が私

管理人さんは天才です
管理人さんの手にかかれば、みんな大御本尊様の元に戻ります
日蓮大聖人様の御書をここまで後世の人に役立たせる事が出来るのは、管理人さんただ1人です

美有さん

> 鳥竜が母
> 遺竜が私

おお、読んでくれたのですね。
その通りです。
さすがは美有さんです。

創価学会の体質は隠れて画策すること

本質的に正々堂々とした議論には向かない体質ですね。
会員には情報を隠蔽しありえないほど美化されたことだけを伝え、隠れて宗門の批判を吹き込まれてその気になる。

勇気をもって表に出たきた人は、創価の出鱈目さを理解できる。
一生、騙されて井の中の蛙の人も居る。活動者といわれる人は皆そうですね。
自分は正しい法華経の行者であると信じて、空虚な人生を終えるわけです。

なんでこんなインチキ団体が与党にまだ居るのか。
そろそろ下駄の雪も落とされる日も見えてきましたけど、そんな時代に巡り合わせた私も災難だなぁと。ふと。

小野塚さん

こんばんは。

> 本質的に正々堂々とした議論には向かない体質ですね。
> 会員には情報を隠蔽しありえないほど美化されたことだけを伝え、隠れて宗門の批判を吹き込まれてその気になる。

だからMCと言われちゃんですよね。まぁ一般人から隔離されているような状態ですからね。

> なんでこんなインチキ団体が与党にまだ居るのか。
> そろそろ下駄の雪も落とされる日も見えてきましたけど、そんな時代に巡り合わせた私も災難だなぁと。ふと。

大聖人仏法の歴史上後世まで残るだあろう「平成の法難」に立ち会えたこと。それによって大聖人仏法への信心ができるようななったこと。私の場合は今の時代でよかったと思っています。

We can work it out.

こんにちは。

美有さんの衝撃の結婚話に野次馬根性が爆発しそうではありますが我慢します。

まあ創価学会なんて教学に限らず何から何まで矛盾だらけですけどね。矛盾を有耶無耶にするための無理筋のイカサマロジックだらけです。
よくもまあ、あんなに矛盾に満ち満ちたところに平気で居られるものです。
変だと思わないのでしょうか。
3日くらいじっくり考えたらバカでもわかりそうなものです。


いつもいつも婦人部の話で申し訳ないのですが。たとえば婦人部のお歴々。
偉大な池田先生の元、麗しい正義の組織で、崇高な学会活動に勤しみ、日々命を磨いて来た。
そういう『信心強情な婦人部の大先輩』に限ってどうしようもない糞ババアなのはどうしてでしょう。
「人間革命の途上」ですって?
創価の外には素晴らしい人生の先輩がいくらでもおられます。
何十年もかけて、棺桶に片足つっこんでもまだあのザマだということは、あのザマが学会活動の結論なのです。

「そう思う貴女の命が汚れている」ですって?
人を見る目を養うのは生きる知恵です。

現実を誤魔化すイカサマロジックはもうたくさん。
最近は、創価の活動家のみならず、ぶーぶー文句を垂れながらも創価から離れようとしない非活創価民と関わるのも本当に嫌になりました。一生ウロウロして終わりたいのでしょう。もう知ったこっちゃありません。

「人生はとても短い」と23歳のポールも歌っています。
勝つか負けるかなんてどうでもいい。
明日死んでも悔いがないように、愛おしめる人生に自分で仕上げていきたいものです。

ゴミ屋敷の住人

牡丹さんの「人生はとても短い」に感動しました。
人生は負けの積み重ねで学習しスキルを磨きますね。
負けを怖がり、勝たねばならないのなら引き籠るしかない。
学会員の傾向がその通りになっている気がします。

年末の財務の時、くそじじいや、くそばばあが来て、「金を出せ」と喚き散らし恐喝していき、選挙前は議員が来て自らの仕事でありながら威張って会員に票集めの命令をし、聖教新聞の売り上げで食っている連中が会員に新聞の販売拡張をやらせ出来なければ会員に自腹を切らせる。
こういった誰が見ても一方的に利用される不公平な関係性を維持したまま、なぜ学会を切れないのか。
ある人は組織的な恩恵があるからだと言いますが、そんなものは全く労働や金銭供与の対価に合わないものですね。
また、功徳がさっぱりなく六根が不清浄なことを、どんな馬鹿でも分かるはずですね。

それでも学会員の学会を切れない心情と、ゴミが捨てられずゴミ屋敷化して生活が破綻してく住民と同じものだと見ています。
確かに、辞めれば地獄に落ちるぞと脅されいて恐怖の感情があるのでしょう。
人の一番強い情念ですが、それでも理解不能なほど、不安定で自立不能な精神状態なのだろうと思っています。

私には宗教はありませんが、ゴミ屋敷の住人と、信仰者の生き様を示す法華講の人達との精神性の違いは、ブログでも明らかだなとの感想を、読み始めて強くしはじめています。

牡丹さん

こんにちは。お久しぶりです。
相変わらずの牡丹節。益々ご健勝のこととお慶び申し上げます(笑)

> 美有さんの衝撃の結婚話に野次馬根性が爆発しそうではありますが我慢します。

ですね。幸せになるといいですね。美有さんも。

> まあ創価学会なんて教学に限らず何から何まで矛盾だらけですけどね。矛盾を有耶無耶にするための無理筋のイカサマロジックだらけです。
> よくもまあ、あんなに矛盾に満ち満ちたところに平気で居られるものです。
> 変だと思わないのでしょうか。
> 3日くらいじっくり考えたらバカでもわかりそうなものです。

多分10分も考える暇を与えないのだと思います。

> 創価の外には素晴らしい人生の先輩がいくらでもおられます。
> 何十年もかけて、棺桶に片足つっこんでもまだあのザマだということは、あのザマが学会活動の結論なのです。

それは壮年部にも言えてますよ。地位や財産の有無ではないですけど、私が見てきた壮年幹部もいい年齢なのにいわゆる「うだつが上がらない」くてお世辞にも裕福ではない人が多い。むしろゆる活・非活の壮年部の方が社会的地位もあり裕福な人が多い。まぁ接すれば分かるんですけどね。傲慢壮年幹部は薄っぺらな人が多いんですよ。男子部の時ある壮年幹部が人生経験云々とウザイ事を言ってきたので、「人生はいかに長くいているかではなく、どうやって生きてきたが大切なんですよ。長く生きている事と人生経験は無関係ですよ。何も考えずに長く生きても人生何も経験できませんよ」と言い返したらとてもお怒りになっていました。

> 現実を誤魔化すイカサマロジックはもうたくさん。
> 最近は、創価の活動家のみならず、ぶーぶー文句を垂れながらも創価から離れようとしない非活創価民と関わるのも本当に嫌になりました。一生ウロウロして終わりたいのでしょう。もう知ったこっちゃありません。

私の周辺にもいますよ。愚図だなぁ~って言ってやりますけど何故かなついてきます(笑)

> 「人生はとても短い」と23歳のポールも歌っています。
> 勝つか負けるかなんてどうでもいい。
> 明日死んでも悔いがないように、愛おしめる人生に自分で仕上げていきたいものです。

本当にそう思います。信仰は大切だと思いますがそれは人生を豊かに生きるためのですよね。
今の創価はまさしく「宗教(団体)の為の人生」で「人生の為の宗教」ではないと思います。
活動を止めるだけで自分の人生の可能性はかなり広がりますよね。

牡丹さん、蘭房のおじちゃんが寂しがるのでたまにはコメントお願いしますね(笑)

小野塚さん

こんにちは。

> それでも学会員の学会を切れない心情と、ゴミが捨てられずゴミ屋敷化して生活が破綻してく住民と同じものだと見ています。

ああ、絶妙な例えですね。世間にとってはゴミだけど彼らにはゴミではないんですよね。だから周囲に迷惑をかけようとゴミ集めをやめられない。創価活動家の心理と同じす。なるほど勉強になりました。

> 確かに、辞めれば地獄に落ちるぞと脅されいて恐怖の感情があるのでしょう。

この辺は正しく教学を学べばクリアできますね。地獄に行くのはオマエ等の方だ!って(笑)

> 私には宗教はありませんが、ゴミ屋敷の住人と、信仰者の生き様を示す法華講の人達との精神性の違いは、ブログでも明らかだなとの感想を、読み始めて強くしはじめています。

たまにしか創価系ブログは読みませんが、創価系ブログは内容が酷いものが多いという印象です。まぁ正宗批判をするのはそれは当然でしょうが、批判というより「罵詈雑言」「嘘ねつ造」の部類の低レベルな記事ばかり。「いい記事書くなぁ」って思う管理人さんは良く読むとバリカツではないんですよね。やはりバリカツってのは知的レベル・精神的レベルが低いのかなぁってつい思ってしまいます。

美有さん

こんにちは。
「創価学会を守る信心を 昭和44年池田先生の御書講義」というブログ読みましたよ。
こんなもの破折もなにもないですよ。昭和44年というと創価が破門前で、
大御本尊を一大秘法として根本の本尊と定め、宗門を外護し、大聖人の仏法を広めていた時代です。
そうした背景を踏まえて言えば、引用した大作センセの講義で言っている、
「少しも疑う心なく、ただ御本尊に祈り、題目をあげ」
「御本尊を守るという人」
と言っている「御本尊」とは紛れもなく戒壇大御本尊のことでそれ以外ではないのです。
そして「戒壇大御本尊」を守る創価だったからこそ「創価を守る事」が大御本尊を守ることにつながったわけです。
いいですか「大御本尊を守る創価学会」を「守る」「ついていく」ということですよ。
あくまでも大御本尊が主で創価学会は従なのですよ。
今の創価は大御本尊を捨て、大御本尊を守る正宗の僧俗を攻撃している。
つまり、現在は「大御本尊を守る」というのは、大御本尊に敵対する創価から離れる大御本尊に信をとることなのです。
奇しくも美有さんの引用した部分に、

大聖人が竜のロで法難にわれましたが、そのとき、四条金吾は、はだしで駆けつけて、大聖人の馬の轡(くつわ)をとって泣き、大聖人を守られた。この心がなくなったら、人間として堕落です。

との大作センセの言葉がありますが、創価が大御本尊を捨て去り誹謗しているいま、四条金吾の如く大御本尊を守っているのが正宗の僧俗です。大作センセのと創価民は創価は「この心がなくなったて堕落した人間・組織」なのです。

こんにちは

追撃の手を緩めるなの批判や反論はあっても、池田先生の御書講義に反論はないと言うことでよろしいのでしょうか?
わかるようなわからないような話です
追撃の手を緩めるなの話も破門前ですが、捏造だと言うことをおっしゃりたいのでしょうか?

美有さん

こんにちは。

> 追撃の手を緩めるなの批判や反論はあっても、池田先生の御書講義に反論はないと言うことでよろしいのでしょうか?
> わかるようなわからないような話です

昭和44年の当時の学会や大作センセの姿勢であれば講義は間違っていないということです。
大御本尊を一番に守る。全く間違っていませんよ。
ですが、現在の創価・大作にはこの講義は当てはまらないということです。
何故なら現在の創価は大御本尊を捨てて誹謗する団体だからです。
なので現在の創価を守るのは「謗法」になります。
ところが創価患部は「大御本尊を守る」というところを無視して、
「学会を守る」という所だけ強調するわけです。

> 追撃の手を緩めるなの話も破門前ですが、捏造だと言うことをおっしゃりたいのでしょうか?


「追撃の手を緩めるな」は、捏造の疑いが高いでしょう。
そもそも大作センセ以外は誰も聞いていないし、
的場師リンチ事件当日は戸田会長には24時間で二人体制世で婦人部が看護がついていました(事実です)
そんな中で大作センセと戸田会長が「二人だけ」で面談できるはずないし
もし本当ならば「二人だけで面談した」という目撃談や証言があるはずなのに全くそのような話は無い。
また記事にも書きましたが、大作センセの発言内容も破門後に変化している。
そのような状況を考えれば大作センセの「ねつ造」と考える方が辻褄が合います。
創価民が大作センセの発言を信じるのは自由ですが、
大作発言をもって正宗を誹謗するのは無理があるでしょう。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>