FC2ブログ

日精上人への創価の誹謗について。

先日、創価の日精上人に対する誹謗についてのご質問をもらったので今日はその件について書いておく。
創価は日精上人が造読・造仏などの謗法を犯したと以前から誹謗しているが、
その主張が全くの想像の域をでない、いや妄想・・いやいや単なる誹謗中傷で日興門流の血脈相承を貶めんがためのプロバガンダに過ぎないことは今や日興門流の僧俗の破折で明確ではあるが、多くの学会員さんが創価の患部・活動家に騙されてるのは見捨てて置くわけにはいかない。詳しく創価の精師に対する破折は他サイトに譲るとして今日はなるべく分かりやすく創価の精師に対する誹謗を指摘しておく。(取り敢えず造仏を中心に書く)

まず、精師の造仏に関する文証と呼べるのは、精師著作の「随宜論」、北山本門寺の通称「北山文書」、要法寺寿円日仁の「百六箇対見記」、日因上人の「日因随宜論批判」である。このうち「北山文書」と「「百六箇対見記」は大石寺を批判するために書かれたもので信ぴょう性に欠ける。特に「北山文書」は奉行所に提出する予定だったが提出できなかったところを見ると内容に虚偽があったと思われる文書である。また精師の「随宜論」は精師が法主に登座する以前の書で大檀那である敬台院の強い意向で法詔寺への造仏を許したことに対する宗内の僧俗の疑問に対するご指南と言える書だ。もちろん「随宜論」との名が示すようにそれは仏像に執着があった敬台院を善導するため宜しきに従って説いたところの方便である。故に因師の「日因随宜論批判」は方便を批判したに過ぎない。大聖人も門下を善導する方便として仏像建立した門下を称えている御書も多くある。時代は下って創価大作が御本尊を勝手に謹刻したがそのうちの一体が日達上人から許されたのが創価本部の本尊だ。これが許されない謗法であるのならば大聖人も謗法なのか?仏像どころか本尊謹刻の謗法を犯した創価大作を信心の上から許された日達上人は創価ロジックでいば精師以上の大謗法の法主となるだろう。そして本尊謹刻の創価大作もまた大謗法ということなる。敬台院の造仏は許せなくて、創価の本尊謹刻は許してちょっていうのは随分と虫のいい話じゃね~か。

さて、ではそれ以外に日精上人が登座後も造仏・造読していたという文証はあるのかね?「無い」んだよそんなものは。
こう書くと「造仏しなかった文証出せ」とか狂ったこと言い出す罵活動家がいるが、造仏・造読しないなんてのは当たり前の事でそんな当たり前のことをわざわざ書き残すわけね~だろ(笑)「造仏がなかった」という文証が無ければ謗法を犯したという理屈なら日興上人から全員「造仏・造読していたかもしれない法主」に認定されるっての。文証などなくても現在の大石寺を見れば一目瞭然だろ。大石寺の何処に仏像が安置されているんだ?え?後の法主が撤去した?へ~宗内にそんな記録があるのかね?で?いつ誰が撤去したんだ。そもそも精師が造仏・造読の謗法を犯していたなら同時代の門流の僧俗がその旨を書き残してるはずだがそれもない。それどころか

◇駿州富士大石寺は開山日興上人已来四百年に及び当時まで法義少しも違乱仕らず候(第22世日俊上人)
◇而して後、法を日目に付し、日目亦日道に付す、今に至るまで四百余年の間一器の水を一器に移すが如く清浄の法水断絶せしむる事無し(日寛上人・文底秘沈抄)


と精師を知るご歴代が血脈について一点の疑義もないことを書き残されている。さらに創価が精師を誹謗するときに利用する堀日亨上人ですら精師によって血脈相承が汚されたかの如き発言も文証もないのである。さて創価罵活動家は日亨上人が精師を批判したことを持ち出しし精師批判を口にするが日亨上人の精師批判は詳細は省くが完全に誤読だ。精師が要法寺出身だったことで先入観もあっただろう。ただ精師自ら「日蓮聖人年譜」の中で要法寺・日辰の邪義を破折してるのだから亨師の精師に対する批判は誤解であることは間違いない。
こう言えば「法華講のくせに歴代法主を否定するのか」「歴代の法主でも誤読などの間違えを犯すじゃないか」と鬼の首でもとったようにはしゃぐ罵活動家もいるが、そもそもが「法主無謬」なんていう教えなんてないわけで、法主であっても日常的な間違いや勘違い失念があって当然でありそれらが存在したからといって唯授一人血脈を否定することにならない。また日亨上人の精師批判を否定したところでこれまた唯授一人を否定することにはならないのである。そもそも亨師の精師批判は法門法義でなければましてや法体に関する話ではなく、文献・歴史といった学問的見地なのである。そうした学問的見地に時の法主の誤解があろうとなかろうと全く血脈相承を否定する根拠になんぞならないのある。そのような事を持ち出して唯授一人血脈を否定しようとするザマは正に不相伝の身延と同じで唯授一人血脈が何であるか理解できていない不信心のヤカラなのである。

◇「唯授一人嫡々血脈相承にも別付総付の二箇あり、その別付とはすなわち法体相承にして総付は法門相承なり、而して法体別付を受け玉ひたる師を真の唯授一人正嫡血脈附法の大導師と云うべし」(日応上人・弁惑観心抄)

との日応上人のご指南の通り、ご歴代に流れる唯授一人血脈とは「法体相承」なのである。故に学術的見解に間違いがあろうと、そしてその学術的見解の間違いを指摘しようと、唯授一人血脈には何の関係もないのである。
法主が造仏・造読の謗法を犯した。などという無根拠の妄想を吐き唯授一人血脈を否定せんとする創価罵活動家こそが謗法なのである。「法体相承」を否定するということは「法体」そのものを否定するということであるという道理すらわからない現在の創価罵活動家は、大御本尊を否定すれば自宅の本尊も否定することになることすらわからなくなった一闡提なのだよ。
何はともあれ、日精上人が生涯「造仏・造読」の邪義を犯した謗法の法主というのであれば、
ハッキリとそれを証明する文証を出してみせろということだな。
ハッキリと日精上人が造仏・造読を指南した文証をあげてみろって話だ。
少し前に対論しに来て2ターンでバクれた創価のH君じゃないが、
創価の謗法プロバガンダに乗せられて騙されはいけません。
本当に大聖人の仏法を信じているのであればちゃんと自分自身で勉強することです。
それができないのであれば、自分は「創価大作教」であると素直を認め
今後は自らを「創価池田教」と名乗り、宗門のことをちゃんと「日蓮正宗」と呼び
自分たちは日蓮大聖人とは無関係です。と宣言したまえ。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

創価のプロパガンダ。

彼ら彼女たちは、信心がない。
大御本尊様は否定するが、
池マンP様は永遠の指導者と
崇め奉りマスオ。

あれは♪🎵
池PのG(がっかり)スポット♪

https://youtu.be/P5tCU4V8nbg

以下、駄文。
マスオさん(サザエさんの声優)が、
引退を表明されてました。

人間だもの

「法主無謬」はない。とても健全だと思いました。
「池田無謬」だからこそ創価は狂った。暴走したわけですから。

ついでに言えば、学会員の創価絶対、池田絶対の主張は自らの主張に誤りがなのだという心根の現れでもありますね。
だから他人の話を聞かない。自ら反省することもない。
だから成長できない。だから世間から落ちこぼれる。嫌われる。
批判されれば、嘘だウソだと喚き散らす。相手の人格を完全否定する。
根拠のないことを妄信しているだけだからこそ、精神が不安定でそうなってしまう。
学会員に気付いて欲しい点がそこですよね。

でも無理なんですよね。創価の狂った環境に居れば。

天覇さん

こんばんわ。

> 彼ら彼女たちは、信心がない。
> 大御本尊様は否定するが、
> 池マンP様は永遠の指導者と
> 崇め奉りマスオ。

池田教の信者としての信心はあるでしょう(笑)

> あれは♪🎵
> 池PのG(がっかり)スポット♪

哀れ♪
イケPのG(画像)スポット♪

> 以下、駄文。
> マスオさん(サザエさんの声優)が、
> 引退を表明されてました。

ああ、私も少しガッカリしました。

小野塚さん

こんばんは。

> 「法主無謬」はない。とても健全だと思いました。

「法主無謬」なんて宗門も僧俗で言う人いませんよ。そういって宗門を貶めているのは創価だけ。
血脈相承というのはそのような事はありません。

> 「池田無謬」だからこそ創価は狂った。暴走したわけですから。

そう。自分たちが「池田無謬」だかから「法主無謬」と批判するのです。
心理学における「投射」というやつです。

> ついでに言えば、学会員の創価絶対、池田絶対の主張は自らの主張に誤りがなのだという心根の現れでもありますね。
> だから他人の話を聞かない。自ら反省することもない。
> だから成長できない。だから世間から落ちこぼれる。嫌われる。
> 批判されれば、嘘だウソだと喚き散らす。相手の人格を完全否定する。
> 根拠のないことを妄信しているだけだからこそ、精神が不安定でそうなってしまう。
> 学会員に気付いて欲しい点がそこですよね。
> でも無理なんですよね。創価の狂った環境に居れば。

環境(教育)は重要なファクターですね。
創価の世界は異常です。外から見れば一目瞭然なんですけどね。

日顕宗と、揶揄するしかない、哀れな、

創価の正義とか、
池マンPの正義とか、
彼ら彼女たちの心の拠り所は、
そこにしか、、、無いのが実情です。
今まで頑張った事を否定されれば
気が狂いますから、、何せ全否定です。

違うよなって私は思います。
我見デスよ、

大御本尊様に帰りましょね♪って。
少なくとも、日蓮大聖人様の
弟子であるならば、

池Pの弟子は無視っすけどね♪
駄文連文まいど失礼しました。

池Pの弟子です

管理人さんが今まで言ってきた事は正しいです、
他の人は自分都合で正しくない事をします

問わず語りに

こんばんは。

 腑に落ちる論考ですね。 創価でも、もともと一定限度、知恵者はいましたね。 学生部当時、出会ったK先輩氏いわく。 「先生の個性を尊敬するのではない。 『思想』を求めていくのだ」と。 結果から思えばセンセイご自身のオリジナルであったかどうか、今にしてそれは疑わしいと思う立場であるが、著者名に「池田大作」とあれば、少なくとも弟子を標榜する者たちはその文字列を真摯に読もうとする。 同時に提示する側はおおやけにそれに対する同意に,
そして批判や反論に対しても善き哉と、受け止めなければならないわけだ。  それは当然、本幹スピーチの内容も同様。    ところがである。 ある日ある時、ある本幹で文言はよく思い出せないが、「彼」は一種の卑猥に聞こえる発言をなさった。 シマッタ!と思ってか「だってそう書いてあるんだもの。。」と宣ったのである。 この辺りからこの人は公の発言にも拘わらず、自らに責任すら持てないんだ、、と納得した。  茶話会での冗句ではないのだから、そりゃねえだろ、、と思ったものだ。 

 「ご失言」はもとより批判や反論を善しとしない発信者は間違いなくニセモノと断じていい。  だが巷の溢れかえる新書や学説、知見などとは違い、宗教指導者の言は一種、フェイズが異なるとも言える。 科学学術論文とは異なり相対化できないし、してはならないという宿痾を持つと考える。  生真面目なはずの信者諸氏は心してそれを拝聴している(はず)なのだ。  ならばせめて代作者の筆致だとしても、次善の校正か読み込み、せめてリハくらいしろよ、と言いたくなる。  つまり「本幹での指導」なるものは池田大作名誉会長はただのスピーカーに過ぎなかったことになる。

 彼は責任を問われない指導者だった。 好例は枚挙にいとまなし。  宗教団体の政治活動に関して、社会的な問題(騒動)に対する国会証人(だったかな。。)でも、いけだせんせいは「代表役員」でもなかったわけだから代りに「秋谷さん」が出ていった。  あえていけだ御大が何を言おうと何をしようと、そのご尊体にキズがつかないように、姑息にもその任を外されていたわけである。  実体は「宗教上の絶対指導者」であり、いわば神だったのだが。

 イランの「ロウハニ師」も同様か、、。 不勉強にして立場の詳細は分からない。

 日蓮正宗におかれては、現管長は「日如猊下」である。 その御身に法的な責任も伴っておられる。  ここでその個々の人物論の相対を書きたいわけではない。 「立場論と責務」のことである。  少なくともイケダセンセはその任に相応しい御存在ではなかったと私は厳しくここに記しておきます。  

創価の現場はその逆で、一たび役職を任じられたらもう終わりだ。 あれは基本的に「戒名」くらいに思ってたほうが良い。  だって断れば「地獄に堕ちるぞ」というくらいのものだし、成ればなったで矢継ぎ早に降りてくる指示や打ち出し(要はノルマ)をどうにかしてこなさなければならないものだった。  生真面目で責任感の強い人なぞ、夜も寝れないくらいに悩む。  他の人だって「地区部長さんが悩んでかわいそうだ」とこれまた同情的結束でもって、悩む。  だから新聞代を自ら負担しながら「名前だけ貸してね」と友人に頼み込んで、数合わせに励むしかないのだ。
共産党さんさながらである。  要するに現場にだけ、責任と責務と負担とノルマと強迫観念と懊悩があり、上になればなるほど時間と余裕、無責任と遊楽と名誉と、自尊のカタルシスがある仕組みだ。  なぜか、。  「師弟不二」だからであろう。 つくづく「師匠」は偉大だったらしい。

 しまいにゃ職業的学会員さんは高収入が保証される。 その資金源は過酷な「現場」なのだ。  共産とう。。  (失礼になるからやめときます)  つくづく「上」は良い身分だね。  無いものは、、せいぜい高額なザイム負担やら教学力やら折伏暦くらいのものだ。 創価とは「大幹部所遊楽」な世界なんである。

 せめて猊下様御同様、【丑寅勤行】だけでも1年365日、実践して欲しいものだが、そういう健気な話は寡聞にして知らない。

 「無謬論」そっちのけで書きましたが、「勇気は慈悲につながる!」と創価では教わったものですから、蛮勇を奮って「池田尊体」批判をしました。

 人物の評価は「他人」がするものだからね。 第一、私は自己評価が高い御仁は好きではありませんので。  

 創価を卒業してほんと~~~にヨカッタです!(笑)

 追伸

 牡丹さん なにくれとなく御心配して下さってありがとうございます。 なんとかして早寝早起きを心がけます。  

 蘭房・拝

 

「池田無謬」は会員の要請?

一般会員が損な立場でありながら献身的に組織に奉仕する理由は、依存にありますね。
創価依存、組織依存、活動依存であって、自立した精神性とか信仰者とか社会人とかとは真逆の人が集まるのが創価の環境だったなと。

「学会はオアシス」という言葉も一理あって、そういった依存症の人達の社会の非難場所として機能してた側面がありますね。
当然のことながら、そんなものは幻想ですから、入り込むほど抜け出せなくなり利用され人生を無駄にしてしまう。
高齢になり気付いた時は手遅れ状態の人も多く、幻想を見たまま人生を終わりたいと思っているふしもありますね。
幻想に応える無謬な宗教指導者がどうしても必要なのかもと。

こんにちは

かん戒は受けませんが今から行って来ます
私の一番大事なものがそこにあるのかどうか、自分の目で確認してきます
もちろん、私にとって一番大事なものは最初から創価にはありません
行った感想は絶対に書きません

美有さん

>私の一番大事なものがそこにあるのかどうか、自分の目で確認してきます

自分の目で確かめる。納得ゆくまで確かめる。そこですよね大切なのは。
私は、ちょっと違う結論になってしまいましたけど。
ここの管理人さんが特別素晴らしすぎるとの結論です。

天覇さん

こんにちは。夏休みが終わり今日から仕事再開です(泣)

> 違うよなって私は思います。
> 我見デスよ、
> 大御本尊様に帰りましょね♪って。
> 少なくとも、日蓮大聖人様の
> 弟子であるならば、
> 池Pの弟子は無視っすけどね♪

池Pの弟子ならそれはそれで結構な事です。
ただし、池Pの弟子であるということは大聖人の弟子ではないと自覚して欲しい。
また池Pが大聖人仏法を理解しているなどという思い違いも止めて欲しい。
池Pは大聖人仏法からの退転したのです。
そしてその弟子もまた大聖人仏法から退転した人達だということです。

蘭房さん

こんにちは。

代作だろうとなんだろうと構わない。
大聖人仏法について正しく教えてくれればそれでいいわけです。
釈迦の経典なんて全部「代作」ですからね。
間違ったことを教え尚且つ代作だから「しょーもない」と思うわけです。

小野塚さん

こんにちは。

> 「学会はオアシス」という言葉も一理あって、そういった依存症の人達の社会の非難場所として機能してた側面がありますね。

そのオアシスは傍から見れば蜃気楼ですよ。本人達は砂漠で水浴びをしていると思っていますが
傍からみれば砂を頭から被っているだけですね。

> 高齢になり気付いた時は手遅れ状態の人も多く、幻想を見たまま人生を終わりたいと思っているふしもありますね。
> 幻想に応える無謬な宗教指導者がどうしても必要なのかもと。


幻想をみたまま人生を終わるのは構いませんけど、
大聖人仏法に則れば死後は無間地獄です。
そして実は今世の方が夢の中であり死後が現実だとも。
大作センセが個人的にどんな宗教観を持とうと自由ですが、
多くの人々を惑わすのはやはり「悪」としか言えないですね。

美有さん

こんにちは。

> かん戒は受けませんが今から行って来ます

ははは(笑)頑固ですね美有さんも(笑)

> 私の一番大事なものがそこにあるのかどうか、自分の目で確認してきます
> もちろん、私にとって一番大事なものは最初から創価にはありません
> 行った感想は絶対に書きません

感想くらい書いてくれてもいいじゃないですか。冷たいですね(笑)
まぁ自分で確かめるのが一番です。
でも一番大切なモノが創価にないって結論しているのに創価にいるのもどうかと思いますよ。
美有さんが正宗に戻る・戻らないはお任せしますが、
創価からはそろそろ身を引いたらどうですか。
そんなところに所属していても意味もなく嫌な思いをするだけでしょ?
わざわざそんな環境に身を置いておく必要はないとおもいますよ。

管理人さん

こんにちは

 リコメントありがとうございます。
 夜はモチベーションがMAXになるもので、いつも起きて読み返すと駄文であったというのが、習いになってますね。(苦笑)

 さて本覚の「うつつ(本文字が候補にありません)」はいったいどこにあるか、ということをよく考えます。 というより正しく御本尊様に境地冥合する時の実感にしか無いと結論は教わっておりますが、夢のような今世において、正しく「生死」を識ることはさほど簡単ではありません。 少なくとも私にとっては。  御書には「易々と釈尊ほどの仏になり候なり」とありますが、難行です。 なにせ諸菩薩の智慧ですから。 

☆ 「そして実は今世の方が夢の中であり死後が現実だとも。」☆
と仰せですが、私も目下のところそういうところにおります。 そう「思う」ことが多いですね。

 脳学者の中にはこの「現実だと思っている世界」は実はバーチャルではないのか、との意見もありました。  そう突き放してみると、そういう茫漠たる世界に否応なく存在していると思っている者たちを支える哲学や宗教が必要ですね。 あるいは脳科学の未来に期待すべきものか。

 少なくとも世間ではそういうボヘミアンを下支えする言葉には出会ったことがありません。

 ともすれば、全否定するか、自暴自棄になるしかないという「非現実」世界を安楽に生きる術がない。 そういう意味でも私は「無神論」を名乗る方々が不思議でならない。  皮肉ではなく、どうしてそのまま生きれるんだろう、と思うだけです。  

 当面の結論としては、私は「死後」こそが故郷(ふるさと)」だと思うことにしております。  挙句、現在は当然、「出張中」だと認識する。

 だから仮諦(現世)においては矛盾と不平等だらけの中で、空諦を識ること。 その双方を支える中諦に、つまり大御本尊様に冥合することなんだ、という治め方です。

 異論、間違いがあればご教授ねがいたく思います。

小野塚様

こんばんは
私は軽い脳梗塞で右腕と右の指が早く動かせず、大変に疲れるので、一通り書きたい事を書いたら、宗教関連のネットから消えようと思ってます
創価を退会して、信仰してる事も人にしられないようにして、御書を読んだり題目あげたりして生きていきたいと思ってます
宗教の話より、たわいもない軽い薄い話の方が今は楽です

美有さん

創価を拒絶してから20年程ですが、辞めてからの方が御書を読んでます。
あれっと思う気付きがありますね。
日頃はSNSでたわいもないこと話してますよ。
そんな日常生活の話題の方が読んでいる周囲も共感できますから。

宗教対立はストレスが溜りますね。
誠実に話しても、全く共感不能の人も多いからですね。
他人を攻撃せずにはいられない人は両方に居ます。
こうなるともう健全な社会生活も無理だろうなと。
巻き込まれるのは損だから、判断できたら即回避しています。

蘭房さん

こんにちは。

>  異論、間違いがあればご教授ねがいたく思います。

さすがに「生死」について私ごときが軽々に異論を挟むことはできませんしましてや教授などとんでもありません。
それを知るのはご本仏だけです。だから大御本尊を信じ、こ本仏の言葉(御書)を信じるだけです。
その結果(死後)は私にはわかりません。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>