fc2ブログ

SGIが伸びている?それもまた結構。

蘭房さんから聖教新聞のコメントを貰って思い出したが、1週間ほど前に「インド創価学会はなぜ伸びるのか 」という記事が聖教新聞に掲載されていた。読み方によっては「インド以外の創価学会は大して伸びていない」とも読めるし、インドの創価学会が何故伸びるか?よりも日本創価学会が何故凋落しているのか?という方が切実とは思うのだが、停滞している組織や凋落している組織を取り上げたところで記事にならないから仕方ない。創価の連中の自慢話はここ十数年は自分達の組織がこんなに拡大した話どころか日本創価学会がこんなに拡大した話は全然なくて世界中に広がったとかSGIのどこぞの国は盛り上がっている系の話ばかりで肝心な「テメーの組織の話」ってあまり聞かないよね。ごく稀に眉唾な話をする創価活動民もいるけど全国的には「話題」がないのだろう。もしもあれば「インドの創価学会」が「何故」伸びるのか?なんて話題にならないでしょ。記事を読み返したけど別にインドの創価民が何か特別な事をしてるわけじゃないんだよな。まぁ単純に人口も多いしこれ位の結果は出るのかな?って感想だった。とはいえインドの学会員が頑張って「創価の教え」を広めたことは事実なんだろうと思う。
以前は、「創価の教え」が世界中に広まるのことにかなりの不快感・嫌悪感をもっていたのだが最近はあまりそうしたことは気にならなくなった。「SGIが増える?それもまた結構」みたいな気持ちでいる。もちろん創価の教えが謗法であり邪教であるというのは分かっているけどまぁそれもまた大聖人仏法流布の過程においては仕方がないというか必然なんだろうなって最近は思う。「教法流布の前後」ってヤツなんだろうか?と思う次第である。例えばインドを例に挙げればそもそもインドは釈迦仏法の国だから創価によってまずは南無妙法蓮華経の題目が流布されている。キリスト教圏でも同じ。キリスト教→仏教→南無妙法蓮華経の題目。そんな順番で流布されているのではないかと思っている。もちろん創価の流布しているところの「南無妙法蓮華経」は、文底秘沈の題目ではないし下種家の題目ではない。つまり日蓮大聖人の題目とは全く別の「謗法」の題目ではあるが、それでもとりあえず「南無妙法蓮華経」が流布しているという事は必ずしも悪い事ばかりではないと思うんだよね。

◆教法流布の先後とは未だ仏法渡らざる国には未だ仏法を聴かざる者あり (教機時国抄)

との御文にもあるように「南無妙法蓮華経」を聞いたことのない国の人に「南無妙法蓮華経」を聞かせるのだからそれはそれで意味もあるのではないかな。本当は大聖人の正しい仏法が流布することが一番いいのだけどある意味SGIが伸びるという事は大聖人の正しい仏法が広まる瑞相でもあると捉えている。

◆大事には小瑞なし、大悪をこれば大善きたる、すでに大謗法国にあり大正法必ずひろまるべし、各各なにをかなげかせ給うべき、迦葉尊者にあらずともまいをもまいぬべし、舎利弗にあらねども立つてをどりぬべし(大悪大善御書)

とのご聖訓によれば創価によって世界中に「謗法の題目」という大謗法が広まっているというのは、今後大聖人の正しい仏法が広まる瑞相なんじゃないかと思っている。だからSGIが伸びていることを「嘆く」必要は全くない。むしろこれから創価に騙された世界中の人達が大聖人の正しい仏法に目覚める時が必ず来るのだか喜ぶべきなのかもしれない。無論、その創価の大謗法を打ち砕く力を我等日興門流がつけなければならないのだけど

◆悪は多けれども一善にかつ事なし(高橋入道殿御返事)

である。謗法団体である創価が日興門流の正義に勝利することはない。それはご本仏の言葉だから間違いないだろう。いずれにせよ創価が世界中で謗法を振りまけば振りまくほど逆に大聖人の正しい仏法が広まっていくのではないかと個人的には思うわけで、「SGIが伸びている?そりゃ結構な事で」と最近では思うようになった。まぁ今のうち浮かれていなさいね。という感じである。ともあれ、こちとら地道に日本の創価民や顕正民にひとりづつ確実に真実の大聖人仏法を説いて聞かせていきましょう。その間に創価の大謗法は広がるかもしれないがそれもまた末法弘教の方軌として受け入れながら。


にほんブログ村


創価学会ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

それは捨てられない人の習慣ですね

ゴミを捨てられない人の習慣は、他人から客観的にみて価値がないばかりか生活を阻害するただのゴミなのに、なにか理由をこじつけて価値があるのだと信じてしまいますね。
そうまで客観的な論理的な判断を喪失してしまうのは、感情だけが支配している不安定な精神状態だからですね。
捨てれば地獄に落ちる、一人で寂しく死んでいく。などという恐怖も植え付けられている。
恐怖に対する衝動が人間は一番強い衝動だそうです。

インドの創価が増えているのだから創価はこれからも発展していくと信じたいのでしょうけど、果たして何人増えたのか。具体的に数を聞いてみたいです。
ひとりから二人に増えれば倍増と言えますが、事実として一人しか増えていない。
何人の学会員が増えたのかを無意識に把握せず、増加しているだけに拘りたい気持ちならば、学会員の精神の不安定さもいよいよ末期症状だなと思っています。

ほんとほんと😃
なんかもういちいち創価のバカ話につきあってられっかつーの(笑)
我らは創価学会仏!世界に広がるSGI
ほんとどうでもいい、ばっかばかしい。

あ、今度はうちの子が友達を折伏しましたよ。どんどん広がる大御本尊の和(笑)
御受戒だけですけどね、しっかりえんできたと思います。

ほんと折伏って楽しい!これは創価時代には無かった感覚です
さぁみなさんどんどんいきましょう!

チリも積もれば山となり!ません。

地道に確かに、
歩みを進めることが
一大事かと存じます。

某創価の会長は、言われました。
チリが積もれば山とは成らない!
山は地殻変動が起きて成るのだ。と。

本物は必ず残るし、
エセは必ず衰退します。

近年インドは発展してますが、
貧富の差は日本に及びませんから。

貧乏人と病人の心を捕まえるのが
古今東西問わず上手い創価です。

昔は、
大御本尊様の力を借りて発展しましたが、

今は、
池袋裏スジ太郎さまの自己マンセー狂が
狭義の柱で御座います故、
どこまで南無池田練金經が
世界に広まるのか見ものです。

駄文連文失礼しました♪

小野塚さん

こんばんは。

> そうまで客観的な論理的な判断を喪失してしまうのは、感情だけが支配している不安定な精神状態だからですね。

感情をコンロトールするところに宗教の良さがあるんですけどね。

◆相構へ相構へて心の師とはなるとも心を師とすべからずと仏は記し給ひしなり

> インドの創価が増えているのだから創価はこれからも発展していくと信じたいのでしょうけど、果たして何人増えたのか。具体的に数を聞いてみたいです。
> ひとりから二人に増えれば倍増と言えますが、事実として一人しか増えていない。
> 何人の学会員が増えたのかを無意識に把握せず、増加しているだけに拘りたい気持ちならば、学会員の精神の不安定さもいよいよ末期症状だなと思っています。

末端の活動家は自分たちの組織が衰退している事を感じていますよ。
だから、全く知らない世界で創価は発展しているというし
逆に宗門は衰退しているというわけです。
インドもことも宗門のこともその目で見たこともないのにです。
大切のは「己の組織かどうか」です。見える部分から目をそらし見えない世界の話ばかり。
まぁ活動家のクオリティがかなり低いですね。

元創価班さん

こんばんは。

> ほんとほんと😃
> なんかもういちいち創価のバカ話につきあってられっかつーの(笑)
> 我らは創価学会仏!世界に広がるSGI
> ほんとどうでもいい、ばっかばかしい。

全くです。そんな事を自慢して何になるのか?テメーの組織が発展せずに何が嬉しいのでしょう。
しかも宗門は衰退していると思い込んでる。
宗門のことはテメーらに関係ね~よって話です。なんでそんなに気になるんですかね?(笑)

> あ、今度はうちの子が友達を折伏しましたよ。どんどん広がる大御本尊の和(笑)
> 御受戒だけですけどね、しっかりえんできたと思います。

うわ~。すごい、すごい!おめでとうございます。
私も地道に弘教していきます。いい話ありがとうございます。

> ほんと折伏って楽しい!これは創価時代には無かった感覚です
> さぁみなさんどんどんいきましょう!

わかります。創価でも折伏してそれなりに楽しかったですけど入信後はどうしても「創価の教え」に傾倒してしまう人になっちゃったり、創価の余計な活動(選挙や新聞・結集)もやらせなきゃならなくてモヤモヤ感がありましたが、いまはそういうのがなくてスッキリしてます。一緒に参詣したり登山したり大聖人仏法を語り合ったり本当に楽しいですよね。

天覇さん

こんばんは。

> 某創価の会長は、言われました。
> チリが積もれば山とは成らない!
> 山は地殻変動が起きて成るのだ。と。
> 本物は必ず残るし、
> エセは必ず衰退します。

本当にその通りですね。人も同じです。団結すれば力が強いわけじゃありません。
イワシはたくさんで群れていてもクジラにはならない。
イワシはイワシです(丸干はおいしいですけど)
今の創価の活動家はイワシの大群のようなものです。

> 近年インドは発展してますが、
> 貧富の差は日本に及びませんから。
> 貧乏人と病人の心を捕まえるのが
> 古今東西問わず上手い創価です。

そうですね。それに基礎となる人口が多いですからね。

> 池袋裏スジ太郎さまの自己マンセー狂が
> 狭義の柱で御座います故、
> どこまで南無池田練金經が
> 世界に広まるのか見ものです。

基本的は「謗法」の方が増えるのは早いのです。
しかし最後は「一善」には勝てない。
それが仏法の道理です。

No title

こんばんは
管理人さんへ

創価学会はね、入会勤行のときも相手を大切に皆さんが駆けつけて
祝っているんですよ。勤行が終わってからも万歳を皆さんとして、
皆さん記念撮影をします。勿論、お祝いなので個々に持って来たプレゼントなどを
渡します。
聞くところによると、法華講員の入信ってそちらのお仲間も来ないらしいですね。

入信後も、出てこなくともほったらかしにしてるとのことを耳にしました。何よこれ。
どうしていまだに縦の世界なんですか。おかしいね。法華講って。
時代遅れでしょう。

ピンクレモンさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

> 創価学会はね、入会勤行のときも相手を大切に皆さんが駆けつけて
> 祝っているんですよ。勤行が終わってからも万歳を皆さんとして、
> 皆さん記念撮影をします。勿論、お祝いなので個々に持って来たプレゼントなどを
> 渡します。

知ってますよ。葬儀にもみんなで駆けつけて盛り上げていますよね(笑)そういうのが好きな人はそれでいいんじゃないですか?
私はそんなことを批判したことありませんよ。

> 聞くところによると、法華講員の入信ってそちらのお仲間も来ないらしいですね。

正宗の場合は創価と違い「入会」ではなく「御授戒」ですからね。仏様と自分の厳正な儀式なのです。大勢できて大騒ぎするようなイベントではありませんからね。入信者と紹介者とご僧侶と粛々と執り行われます。単なる「入会」とは意味が違います。「御授戒」と「入会」が同じだと思っているならば認識を改めたほうがいいですよ。私が携わった元創価会員さんはそんな「勧戒」に皆感動していましたよ。

> 入信後も、出てこなくともほったらかしにしてるとのことを耳にしました。何よこれ。
> どうしていまだに縦の世界なんですか。おかしいね。法華講って。
> 時代遅れでしょう。

「放ったらかし」になんてしていませんよ。ピンクレモンさんにお尋ねしますが「法華講が入信者を放ったらかしにしている事実」を具体的にあげてください。もしそれができないであれば「耳にしただけの情報で法華講を非難した」ことについて撤回してくれませんかね?私は本ブログで「噂話」で創価を批判したことなどありませんよ。「法華講のどこがおかしい」のか?「法華講が入信者を放ったらかし」にしているという具体的な証拠を提示してくださいね。
それにそれを言ったら創価だって放ったらかしにしている会員さんたくさんいるでしょう。ボクの友人は同じ会社に支部長がいるのに「行方不明」で統監落とされましたよ(事実です)選挙のたびにマルキビ会員の統監もおとすでしょ?(笑)要は創価は自分たちに都合のいい会員だけ面倒見ているだけでしょ。
また、信心というのはあくまでも「自分」であり「個人」なんですよ。放置されたから信心を辞めるのであればそれは最初から信心が無いのです。学会活動は「組織」活動ですから組織を維持するのが前提ですが、法華講は「信心」活動ですからね。
信仰に「時代遅れ」も何もないのです。もっとも創価の教えていること。やっていることは日蓮大聖人の仏法ではないのでそれを理解しているのならばいいのですが、大聖人の仏法でない事をしている貴方たち創価に批判される覚えはありませんよ(笑)
まぁとにかく「法華講が講員えお放置している」なんていうデマを言うのはどうかと思いますよ。デマでないなら事実を示す。示せないなら発言を撤回する。いくら匿名のネットであってもあなたも学会員を名乗るのであればソレくらいの常識を示して欲しいと思います?どうですか?

現実逃避

最近、消費税の影響も庶民の生活にもじわじわと出てきましたね。
コンビニが24時間営業を取りやめる方向性も出てきたなどは端的ですね。

学会員は現状認識が甘いですね。現実を逃避する癖がある。
だから対処が遅れ、経済的により悲惨な状況に陥ってしまった事例を数多くみてきました。

麗しい会員同士の姿も表面的であり、本人が居ないところではねたみ・やっかみ・嫌がらせ・他人の陰口が横行しています。
外面と内面の違う人が多い。心の貧しい人が多い世界です。
これは会員が奴隷化して不幸な状態だからでしょうね。
実は、やりたくない活動を強いられているから、怒りのストレスの発散先が立場の弱い人に向かう。上には向かわない。池田大作の批判や現執行部にはしない。

部分的に麗しい行動をするから、学会を良い組織だとしたい気持ちがあり、また部分的に劣っていることを見つけて、あいつはダメだとレッテルを貼り、自分が素晴らしく、また正しい認識だとしたい。
法華講との違いを見つけては、学会がより優れているとしたい。

これらの客観性のない不公平な見方の特徴の原因は、学会に美しい幻想を抱いていて、それが壊されることへの恐怖心なんですね。
だから少しでも学会を批判する者へ対しての憎悪となり攻撃的になる。
そんな現実を直視できない現実逃避だから、現実への対処が遅れる。
幻想に気付いた時には生活も不幸に落ちてしまう。
これが六根が不浄となってしまう学会の害毒だと思います。

愚息の入会式を思い出した。

ジョーの入会式は、
ゾーン長さんの導師で
インスタント勤行&記念撮影でした。
息子には悪い事したな、、。
駄文コメント失礼しました。

小野塚さん

こんにちは。

> 最近、消費税の影響も庶民の生活にもじわじわと出てきましたね。
> コンビニが24時間営業を取りやめる方向性も出てきたなどは端的ですね。

公明党の実績ですね。景気はどんどん悪くなる一方です。


> 麗しい会員同士の姿も表面的であり、本人が居ないところではねたみ・やっかみ・嫌がらせ・他人の陰口が横行しています。
> 外面と内面の違う人が多い。心の貧しい人が多い世界です。
> これは会員が奴隷化して不幸な状態だからでしょうね。
> 実は、やりたくない活動を強いられているから、怒りのストレスの発散先が立場の弱い人に向かう。上には向かわない。池田大作の批判や現執行部にはしない。
> 部分的に麗しい行動をするから、学会を良い組織だとしたい気持ちがあり、また部分的に劣っていることを見つけて、あいつはダメだとレッテルを貼り、自分が素晴らしく、また正しい認識だとしたい。
> 法華講との違いを見つけては、学会がより優れているとしたい。
> これらの客観性のない不公平な見方の特徴の原因は、学会に美しい幻想を抱いていて、それが壊されることへの恐怖心なんですね。

別に創価民が入会勤行会でバカ騒ぎしようとそんなことはどうでもいいんです。創価が入会Gでバカ騒ぎすることを謗法なんて行ってませんからね。創価の存在そのものが謗法だといってるけで(笑)ただ、バカ騒ぎしない正宗の「御授戒の儀式」を誹謗することが間違っているし、そのような発言すること自体がデマゴーグだと言っているわけです。創価の入会なんて「単なる入会」ですからお好きにどうぞって話です。だけど「御授戒」に対して難癖付けるならちゃんと最後まで説明してくださいよって話です。まぁ多分また「書き逃げ」でしょうけど(笑)

天覇さん

こんにちは。

> ジョーの入会式は、
> ゾーン長さんの導師で
> インスタント勤行&記念撮影でした。
> 息子には悪い事したな、、。
> 駄文コメント失礼しました。

では、早く「泪橋」を逆から渡って来てくださいね(笑)

そうですね
僕もはじめ法華講に移った頃はああしろこうしろもっと言われるのかと思ってましたけど、法華講はわりかしあっさりしてます。手取り足取りなんて無いです。

管理人さんの言われるように自分しだいです。大人な組織だと思います。
正宗にうつって組織に幸せにしてもらおうなんて思ってる人は向いてません。
つーかそういう人はどこの宗教しようがいつまでたっても幸せになんかなれません(笑)と思います。

入会勤行会、何度も任務つかせてもらいましたけどね😃そん時バカ騒ぎしますけどね家に帰ったらいつもの風景なんですよ。
やっぱ御本尊と自分なんです。
組織依存はダメです、弱いです。

元創価班さん

こんにちは。

> そうですね
> 僕もはじめ法華講に移った頃はああしろこうしろもっと言われるのかと思ってましたけど、法華講はわりかしあっさりしてます。手取り足取りなんて無いです。

そうですよ。だからといって放置ではないですよね。お講や登山などの案内はあります。「ほったらかし」ではありません。どうしてそういうウソを言うんですかね学会員さんは。

> 管理人さんの言われるように自分しだいです。大人な組織だと思います。
> 正宗にうつって組織に幸せにしてもらおうなんて思ってる人は向いてません。
> つーかそういう人はどこの宗教しようがいつまでたっても幸せになんかなれません(笑)と思います。

その通りですね。ただ創価の場合は三宝がありませんから「組織」に幸せにしてもらう以外に他に道はないですよ。
組織か大作センセが「幸せにしてくれる」ということでしょうね。まぁそう思えるだけで「幸せな人達」ですけど(笑)

> 入会勤行会、何度も任務つかせてもらいましたけどね😃そん時バカ騒ぎしますけどね家に帰ったらいつもの風景なんですよ。
> やっぱ御本尊と自分なんです。
> 組織依存はダメです、弱いです。

組織ありき。じゃないんですよね。まづは「信心」なんです。その「信心」が同じ人たちが集まったのが組織ですから。無理に集めるのは「組織ありき」だからです。まぁ創価の場合は本尊が間違っているので何をやっても正しくならないのですけど。

他人と自分の境界が曖昧な世界

創価が家に勝手に入り、就寝中の寝室にまでこられたことがあります。
また、仕事関係も、何度も境界を侵食された。
なぜそこまでできるのか未だに理解不能ですが、創価の環境の中では普通の行為で、自分と他人の関係性が実に曖昧な世界ですね。

選挙も個人の権利なのに、組織が投票を指導する。自分では判断しない。
社会で落ちこぼれている人が、部員には、仕事や生活の指導をする。
全くもって権限と責任の認識がなく社会のルールを無視した迷惑な行為なのですが、自立できない依存的な人達にとっては麗しいとなるのでしょうね。

しかしながら、その麗しさは、自分のためで、相手のためではないですね。
指導する幹部は、相手を服従させたいためですね。
指導する側の幹部も自立不能だから、同類の自立不能な人間を作って、組織に依存させる関係を作るのが目的ですね。
そんな共依存的な関係性が、麗しい学会の信心の不健康な世界ということになりますね。
学会員は自立不能だから社会でもやっぱり大人になれない。
居場所がなくなり、学会内だけ生きるしかない奴隷としての人生しかなくなってしまうわけです。
上手く作られた宗教ビジネスだと思います。

当然と言えば当然かも

日本の会員は、外部や非活への拡大が下手ですからね。

せっかく珍しく集まりに、外部や非活が参加しても、よせばいいのに「何か一言!」ってみんなの前で感想を言わせますからね。
ただでさえ「池田大作ファン」以外には楽しめない内容なのに、おまけに何もわからないまま感想を求められたって困るだけでしょう。
そんな経験をして「次も行きたい」なんて誰が思うか、という話です。

「とても感動しました。ぜひ入信(活動)したいです。」なんて感想が出てくると思っているんでしょうかね?

バリ活は「愚直な信心」という言葉が大好きですが「愚直=無為無策」と解釈している人があまりに多いように見えます。

法華講員って

こんばんは、管理人さん。

ご返事ありがとうございます。お仕事の関係の方でつい最近、9月下旬にその方と話したのですが、その方は18年前に創価学会から日蓮正宗法華講に入った人で、本音で学会員の私に話してくれました。最初は順調に毎月あるお講や座談会(法華講もあるんですね)登山など、欠かさず出ていたけれども、5年後に腰の手術をしてから思うように毎月寺の行事に参加できなくなり段々と、寺院にも行かれなくなってしまったが、講費の催促と支部登山の申し込みだけは忘れずに催促の電話が来ると。

その後、腰の病気が悪化して入院を繰り返していたが、講の幹部も誰一人お見舞いにも、激励もしてくれなかった。日蓮正宗法華講員は冷たい、と。言ってました。
その方いわく、どんなに法は正しくとも、人が冷たければだめで、人が大事、と。
その方の気持ちわかりますね。
あと、管理人さんが言ってる信心は自分の自発からのことはわかりますが、人ではないのもわかります。
この方の寺院所属は東京の大きい寺で、何人もの時の法主が出た寺院ですよ。まあ、下町です。その後、ず〜〜っとほったらかしとのこと。講費の請求だけはひつこく連絡くるのとのこと。
あとは、なぜ、寺院ごと全国で住職も統一されないのか?
一時預かりだの、信徒はペットや荷物じゃないとも言ってたよ。あははははは。

小野塚さん

こんばんは。

> 創価が家に勝手に入り、就寝中の寝室にまでこられたことがあります。
> また、仕事関係も、何度も境界を侵食された。
> なぜそこまでできるのか未だに理解不能ですが、創価の環境の中では普通の行為で、自分と他人の関係性が実に曖昧な世界ですね。

確かに。拠点で子供が他人の家の冷蔵庫を勝手に開けても笑ってみているだけの親も多いですよね。いくら学会員同士でもやっていいことと悪いことすら教えない。そういう関係がとても気持ち悪いんですよね。私には。とこう書くと「そんなんだから麗しい学会の世界にいられなくなるんだ」とかいう(笑)いやいや、麗しいというのは非常識とは違うでしょ?って思います。

> しかしながら、その麗しさは、自分のためで、相手のためではないですね。
> 指導する幹部は、相手を服従させたいためですね。

幹部や活動家なんてほぼ全員「自分のため」ですよ。本人達が「功徳がある」と言ってるのだから「自分のため」以外の何者でもない。それなのに「貴方のため」的な事をいうから「偽善者」と呼ばれるわけです。

> 指導する側の幹部も自立不能だから、同類の自立不能な人間を作って、組織に依存させる関係を作るのが目的ですね。
> そんな共依存的な関係性が、麗しい学会の信心の不健康な世界ということになりますね。
> 学会員は自立不能だから社会でもやっぱり大人になれない。
> 居場所がなくなり、学会内だけ生きるしかない奴隷としての人生しかなくなってしまうわけです。

そこらへんはなんとも言えませんね。学会員になったから自立不能になったのか?それとも最初から自立不能な人間だから学会員になるのか?よくわかりませんがいづれにしても大聖人仏法の生き方ではないと思います。

狗樹豪也さん

こんばんは。

> 日本の会員は、外部や非活への拡大が下手ですからね。
> せっかく珍しく集まりに、外部や非活が参加しても、よせばいいのに「何か一言!」ってみんなの前で感想を言わせますからね。
> ただでさえ「池田大作ファン」以外には楽しめない内容なのに、おまけに何もわからないまま感想を求められたって困るだけでしょう。
> そんな経験をして「次も行きたい」なんて誰が思うか、という話です。

ははは(笑)「あるある」ですね。私も活動を始めたばかりの頃はよくわからないから友人を座談会とかによく連れて行ったのですが当然入会する友人だれもいなかったし「2回目」に来てくれる友人もほぼいませんでした。いまから思えば私自身が楽しくなかったのだから当然なんですけど。

> バリ活は「愚直な信心」という言葉が大好きですが「愚直=無為無策」と解釈している人があまりに多いように見えます。

そうですね。彼らの「愚直」というのは「幹部の指導を聞く」という意味に思えます。
ようは「上からの命令に逆らわずに素直に言われた通りに動く」ことを「愚直な信心」「素直な信心」だと思っている会員さんは多いですよ。

ピンクレモンさん

こんばんは。

> ご返事ありがとうございます。お仕事の関係の方でつい最近、9月下旬にその方と話したのですが、その方は18年前に創価学会から日蓮正宗法華講に入った人で、本音で学会員の私に話してくれました。最初は順調に毎月あるお講や座談会(法華講もあるんですね)登山など、欠かさず出ていたけれども、5年後に腰の手術をしてから思うように毎月寺の行事に参加できなくなり段々と、寺院にも行かれなくなってしまったが、講費の催促と支部登山の申し込みだけは忘れずに催促の電話が来ると。
> その後、腰の病気が悪化して入院を繰り返していたが、講の幹部も誰一人お見舞いにも、激励もしてくれなかった。日蓮正宗法華講員は冷たい、と。言ってました。
> その方いわく、どんなに法は正しくとも、人が冷たければだめで、人が大事、と。
> その方の気持ちわかりますね。

それはその方ケースだけすよね。法華講員全体の話ではありません。逆に私の知り合いの学会員は「選挙の時くらいしか訪問してこないから学会員は鬱陶しい」といってますよ。でもそれは創価全体の話ではないと私は思っていますよ。そもその法は正しくても人が冷たいければダメというのはそれは世間法です。信心するのは「他人(人)」ではなく「自分」です。厳しい言い方をすればピンクレモンさんの知人の方は「甘ったれ」で結局「信心が薄い」だけです。自分の信心の薄さを組織のせいにしてはいけませんね。それは法華講員でも学会員でも同じです。「人のせいにする」のは大聖人仏法ではありません。

> あと、管理人さんが言ってる信心は自分の自発からのことはわかりますが、人ではないのもわかります。
> この方の寺院所属は東京の大きい寺で、何人もの時の法主が出た寺院ですよ。まあ、下町です。その後、ず〜〜っとほったらかしとのこと。講費の請求だけはひつこく連絡くるのとのこと。
> あとは、なぜ、寺院ごと全国で住職も統一されないのか?
> 一時預かりだの、信徒はペットや荷物じゃないとも言ってたよ。あははははは。

何がそんなにおかしいのですか?創価だって似たようなことやっているでしょ?創価の幹部なんて「本尊義」ひとつとってもみんな違うこと言ってますよ?なんで全国で統一されないんですか?全部ブーメランになるから書かないようがいいですよ。
それとピンクレモンさんの言ってることって「大聖人仏法」に全く関係ない話ですよね。「創価は素晴らしい」と思う人はそれでいいんですよ。私は一度も「創価は素晴らしい」といっている人を批判なんてしていませんよ。私が批判しているのは「大聖人仏法ではない教えを大聖人仏法のように創価及び学会活動家」です。だからピンクレモンさんがご自分の事を大聖人門下とか大聖人の信心を信仰しているとか言わなければ全然構わないわけです。あなたたちは「創価宗」「池田教」の信徒なのですからそれを弁えていれば何の問題もありません。単なる新興宗教団体の創価のくせに大聖人の名を騙り剰え宗家たる日興門流の我々に絡んでくるから破折されるのです。ピンクレモンさんもご自分の身の程を弁えて創価教を信仰していればなんの問題もありませんし、知人の法華講の方も「法」より「凡夫(人)」がよければ創価で好きにやればいいんですよ。あはははははは。

ピンクレモンさん

せっかくなのでひとつだけ御文を引用してあげますね。

> その方いわく、どんなに法は正しくとも、人が冷たければだめで、人が大事、と。

◆法妙なるが故に人貴し人貴きが故に所尊しと申すは是なり(南条殿御返事)

どんなに人が優しくあたたかくても、所持する(信仰する)法が間違っていてはダメなんですよ。
つまり創価ではダメだということです。学会員がどうこうではなく信仰する法が問題なのです。

こんばんは

活動家さんは人を小馬鹿にしてるように感じてしまいます
正宗の人も同じだ、どっちもどっちだと言われそうだけど
仏壇の前に座って両手を合わせるって、自分の考えは絶対正しいから自分と意見の違う人を小馬鹿にするのかな??
創価は数字の報告が主だから、よく言えば面倒見がいいと言う事になるだろけど、たいていの人はうざがってた
法華講員は信仰面でしっかり自立できてるから育ててもらうと言うのはないように感じます、よく言えば人を尊重してる、悪く言えばほったらかしに感じるのかな??
誰も困ってなくてありがたいと言ってる人が多いかも

活動家さんが、私の事をお可哀想な人だ、あんなふうにだけは絶対なりたくないと言ってるらしいけど、どんな人間も病気にはなるし、思考力やメンタルは落ちます

人はヒトリで生きられない。

コミュニティ、家族、社会的組織、
まぁ色々と有ります。
族することは大事だと思います。
が、しかし、
依存してはダメです。

個人の生き様が大事だし、
他人様や環境のせいにすると不幸が
始まりますから、、。

あーぁ、
麗しい学会家族!
一生!創価から離れるは不幸だよ!
何があっても!
大導師であらせられる池Pさまと共に!

はぁ?
わけガわからんけど。と私は思いました。

日蓮大聖人様(大御本尊様)を
心に浮かべ創価コピー本尊に祈る日々。
では御座いますが、。

全ての因(原因)は、我にあり成らば、
幸福の原因も自分次第だと。
愚駄文まいど失礼しました♪

たった一人で題目を唱え始めたのが日蓮ですね

戦後、ビジネスの世界で組織の有用性が認められ、大企業化して多くの人を集めていることが優良な安定企業として評価される成長の時代がありましたね。
しかしながら、それらは製造業を中心とした、分業化と人海戦術と大資本が必要な業種に限られるわけです。
最近では、為替の関係から、依然人件費の高い日本を離れ、安い人件費を求め海外に出て行くか、外国資本に会社が買い取られていますね。
派遣切りで問題が表面化したように、分業化が進み個人が組織化で使い捨ての消耗品にされてしまったわけです。

創価はさらに酷いでしょう。
戦後急速に拡大していったのは上意下達の軍隊的な統率の取れた組織だったからですね。
世間から「集票マシーン」と言われるのは、個人の判断や意思がなく機械のように選挙に利用され、人が組織に埋没した姿を馬鹿にした表現だと思っています。
大阪の補欠選挙で幹部の指示に従い、ショートピースの小箱に500円札を四つ折りにして入れ、組織的に動いた会員達は退会処分になり、和泉と池田は処分がない。
所詮、創価にとって一般会員は、タダで使える便利な使い捨て要員なわけです。

日蓮大聖人が示した生き方は、折伏を実践していけばわかるものですね。
一生懸命にやればその集団内で孤立しますからね。
そこからが信仰者としての在り方が問われるもので、一人立つ自立心旺盛な人格が形成されていくものだと思います。

学会員達がなぜ嘘を言うのかわかりませんが、創価のような主従関係でしかない組織活動には偽りの麗しさしかないのが道理ですね。
相互にリスペクトできる大人の関係性の構築はなく、上下関係だけの繋がりは上に評価を得るためだけの関係でしかないからです。
相手の利点を適切に評価できる素質を持つ人は、自らを客観的に評価できる自立した人に限られるわけで、創価の同病相憐れみとナルシシズムの世界には、妬みと足の引っりあいしかない。
そもそも、強烈に個人の自立を促した日蓮仏法と、創価の組織信仰のあり方はもともと親和性がないものじゃないかと考えています。

美有さん

こんにちは。

> 活動家さんが、私の事をお可哀想な人だ、あんなふうにだけは絶対なりたくないと言ってるらしいけど、どんな人間も病気にはなるし、思考力やメンタルは落ちます

リハビリ頑張ってますか?強要する気はありませんけど本当に苦しいのならお寺に行って勧誡を受けて大本尊の許に戻った方がいいですよ。創価の指導をいくら読んでも、題目をいくらあげても「信」の根本を修正しないと意味ないですよ。一人でいくのが嫌なら一緒に行ってあげますよ。

天覇さん

こんにちは。

> コミュニティ、家族、社会的組織、
> まぁ色々と有ります。
> 族することは大事だと思います。
> が、しかし、
> 依存してはダメです。

人間は誰しも何かのコミュニティに属しています。そうでないと生きてはいけませんからね。
ある意味、人生の「幸・不幸」というのは「どのコミュニティに属しているか」が大きく関わるとおもいます。
学校・家庭・職場などなど。しっかりと自立した自我を持っていないと「不幸のコミュニティ」に属してしまいそこから抜け出せなくなりまよね。

> あーぁ、
> 麗しい学会家族!
> 一生!創価から離れるは不幸だよ!
> 何があっても!
> 大導師であらせられる池Pさまと共に!
> はぁ?
> わけガわからんけど。と私は思いました。

別に創価コミュニティに一生属するのも自由ですが、
「大聖人仏法」に即していうと、創価コミュニティに属していたら幸福にはならない。
いやむしろ三世の目で見れば「不幸になる」と言い切れます(あくまでも大聖人仏法に即せば)
なので、大聖人仏法を信仰しているのであれば、悪しき創価コミュニティから脱出した方がいいと思いますね。

小野塚さん

こんにちは。

> 大阪の補欠選挙で幹部の指示に従い、ショートピースの小箱に500円札を四つ折りにして入れ、組織的に動いた会員達は退会処分になり、和泉と池田は処分がない。
> 所詮、創価にとって一般会員は、タダで使える便利な使い捨て要員なわけです。

これは本当に酷い話だと思いますよ。昨今でも「知らなかった」で済ませる政治家がいますが、大作も「指示していない」から無罪放免だけならまだしも、学会員が選挙違反で有罪になった事実があるのに創価では「大阪事件」と大作を賛美しているわけですよ。それで有罪になった元会員達のことを「傲慢だった」「目立ちたがり屋だった」とか誹謗するのですから。創価が選挙運動を会員にさせなければ彼らは犯罪者にはなっていないのです。普通は「申し訳なかった」と謝罪するのが人としての在り方だと私は思うんですけどね。

> 学会員達がなぜ嘘を言うのかわかりませんが、創価のような主従関係でしかない組織活動には偽りの麗しさしかないのが道理ですね。

そうだと思いますよ。それにピンクレモンさんは法華講は講員を放置すると、知り合いの法華講から聞いた話だけで全ての法華講がそうであるような「いかにも」創価らしいロジックを用いていますが、一部創価だって同じなんですよ。未活会員の統監を落としたり平気でやっていましたし(今は知りませんが)未活部員が入院したってお見舞いになんてきませんよ(笑)それは人間関係の濃淡だと思いますよ。ピンクレモンさんの知人の法華講が普段から他の講員と仲良くしていれば見舞いくらいくるでしょう。そういうつきあいをしていないのは「入院した時に見舞いなんて来なくていい人達」だったからで、普段そういう付き合いしかしてないの「冷たい」とか言う感覚がそもそも私には分からないし、そういうことを聞いて「法華講は~」とか言って批判めいたことを言う感覚もわかりません。それに私の知人の現役の創価幹部は入院した時には創価連中が大挙して病院にくるから入院したことは組織には言わなかったと言ってました(笑)

一事が万事?で、へぇ?

20年以上前の事ですが、

学生部の子たちが三人同時に
交通事故で亡くなりました。

高校卒業後の最後のドライブで。

893な車に追い駆けられ、
今で言うなら煽り運転の輩に
何kmも追跡され、

最後は運転操作を誤り
高架下の柱に激突、即死です。

未来部の頃から関わりのあった子も
その中に居たので通夜に参加した私。

彼らは当時、
池田さんから名誉男子部長の称号を
頂きました。

それ?いるの?
何だ、名誉男子部長とか!
要らないでしょ。と思った次第。
彼らの母親は憔悴してました。
その顔は今でも思い出せます。


大御本尊から離れた
創価コミュニティって何なんスカね?

駄文まいど失礼しました?

天覇さん

こんにちは。


なんとも痛ましい話で涙がでますね。私の創価の友人のご子息も10年ほど前に交通事故でなくなりました。
高校を卒業して自営業の父親と一緒に仕事を始めたばかりで、亡くなる2カ月ほど前に仕事を依頼し親子で楽しそうにしていました。通夜に参列しましたが同じように「名誉男子部長」の称号と弔電が大作センセから届いてました。それらには人間的な温かみは感じられず無機質な印象でした。友人葬に多くの男子部が参列してましたが涙してる人間は誰もいませんし、なにより焼香が終わった後に会場の外やホールで会合の連絡の電話していたり、タバコを吸いながら談笑している男子部を多々目撃して憤りを感じました。これが学会自慢の「友人葬」か。こんな非常識な連中が集まって何になるんだろうと。ご遺族の憔悴している姿と正反対に「イベント」を楽しんでいるかのごとき創価民の姿をみて創価の「友人葬」は本当に酷いを思いましたね。

ナーバスなコメント失礼しました。

単なる一例でしたか、
お気を悪くさせてしまいました。
失礼しました。
ただ、
他のコメント者様が仰る?
法華講員は
冷たいとか、放ったらかしとか、に対して

いゃ、いや!違うよね?

創価はもっとダメだよね?酷いよね?って

マウント記事を書いた次第です。

天覇さん

こんにちは。

> 単なる一例でしたか、
> お気を悪くさせてしまいました。
> 失礼しました。

いえ、全く気にしないで下さい。
ちょっと思い出しただけなので。

> 他のコメント者様が仰る?
> 法華講員は
> 冷たいとか、放ったらかしとか、に対して
> いゃ、いや!違うよね?
> 創価はもっとダメだよね?酷いよね?って
> マウント記事を書いた次第です。

分かっていますから気にしないでください。
確かに法華講は「冷たい」かも知れませんが「酷く」はないです。
創価は「温かい」のかも知れませんが「酷い」ですね。
私は「酷い」のはイヤですね。

こんばんは

脳梗塞になると大変に疲れます
管理人さんとコメントのやり取りをしていた私ではないです
名前を出すのは申し訳ないけど、のんかつさんも脳梗塞になり管理人さんの知ってる人ではなくなりました
私も疲れるので、人と宗教の話は一切せずひっそりと信仰していく事を望んでます
それで創価を退会しました

無題

こんばんは。

 1日からあのうすっぺらい新聞がきちんと郵便受けに。 勿論、上旬ころの例の「謗法大発表珍記事」をみるだけですので、それを楽しみにしています。

 さて今回の稿はどうして管理人さんがそれを書こうとなさったのか、いささか理解が及ばなかったです。  燕雀、いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや。。と、当時 かの太田青年部長が「ご指導くださった」この言葉が浮かびます。 雑魚は遊び雑魚は踊る、(だったかな??)とも。  疑義を申しているのではありません。 狙いどころが判らなかっただけですので、気にしないで下さいね。

 でもね、 こういう「撒き餌」をすると、桃色なんとかさんみたく、ざ、、いや、お調子者さんがこんなふうに遊びにおいでになるのですよ。 ^^;

 ま、それはそれでいいのですが。

 彼女の論説?を読んで思ったこと。

 「雖近而不見」の御文。  あるいは「身軽法重」、 つまり人と法の相関。
 また卑近に申せば、「木を見て森を見ず」でもいいかな。  あえて人の和に即して言えば、私の今までの中で、創価の世界での断片的な「和みの感動」なんかいっぱいありましたよ。 でも私はそこを去った。  それはどうしてか、、

 桃色の柑橘さん、どうぞ一度お考えになってみて下さいね。 それと言い添えれば、最も人の和というテーマで思い出すのは、昔のネット友達(女性、プロテスタント)の体験談でした。  貧しい人から金をせしめ、たいそうな大聖堂や教会は建てない!、集会もどなたかの自宅でやる。 そこで生まれながらの理不尽で不遇の極みの人生を生きてきたその彼女の話は私の心を打ちました。

 何が言いたいのかといえば、そういう「出来事論」を主にして、「法の正邪」を云々してはダメなんです。 勿論、その彼女の話は話として忘れられませんけどね。 感動は共有しないといかんもんね。 で、ちょっと前、後輩と一緒にアポなしで平日に来た壮年部さんが、あまりに創価素晴らしい論をまくしたてるものだから、それ(御文、仏法そのものを中心に話そう)を言ったら、「今日は、時間がないもので、、」と急に帰ってしまわれましたけれど。

 管理人さんは、できごと論や、噂、決めつけ 妄想を排して、「仏法」そのものを軸にして、正宗を、そして創価をここで語っています。

 だから!私はここで学び、確信をもって「創価」を夫婦して去ることができました。  桃色さんの伝でいけば、「おまえのかーちゃん、 でーべーそ!」みたいなつまらん言い合いになるだけですね。  (まあ、もう、まともに相手をする人はいないと思います。苦笑)  どうか貴女さまも今後はぜひそうなさって、「森」の見方とかのお話しましょうね。

 というか、そもそも桃色さんはここでの過去記事は読まれましたか?  多分、「否」でしょうか。  そうでなければあんな恥ずかしいコメントを大のおとなは書けないんじゃないかなと思いました。 そういうことはあの「愛知トリエンナーレ」にでも出品なされたほうがいいと思いましたです。^^  

 紙面を汚して、失礼しました。

 

美有さん

こんにちは。

> 脳梗塞になると大変に疲れます
> 管理人さんとコメントのやり取りをしていた私ではないです
> 名前を出すのは申し訳ないけど、のんかつさんも脳梗塞になり管理人さんの知ってる人ではなくなりました
> 私も疲れるので、人と宗教の話は一切せずひっそりと信仰していく事を望んでます
> それで創価を退会しました

そうですか。苦しそうなので勧誡を受けることを勧めたんですけどお節介でしたね。
私は他人の弱みに付け込んで信仰を勧めるつもりは毛頭ありませんので安心してください。
あますマイナス思考にならないようにしてください。
身体より心が病むほうが不幸ですよ。

蘭房さん

こんにちは。

>  1日からあのうすっぺらい新聞がきちんと郵便受けに。 勿論、上旬ころの例の「謗法大発表珍記事」をみるだけですので、それを楽しみにしています。

我が家には猫が数匹いるので時々無償で配達してくれる「先生のお手紙」は猫のトイレ掃除とかに役立てています(笑)

>  さて今回の稿はどうして管理人さんがそれを書こうとなさったのか、いささか理解が及ばなかったです。  燕雀、いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや。。と、当時 かの太田青年部長が「ご指導くださった」この言葉が浮かびます。 雑魚は遊び雑魚は踊る、(だったかな??)とも。  疑義を申しているのではありません。 狙いどころが判らなかっただけですので、気にしないで下さいね。

「史記」ですね。まぁ蘭房さんが深読みするほどの男ではありませんよ私は(笑)何かを狙ってかけるようなタマじゃありません(笑)
ピンクレモンさんは「なんか言わなきゃ気がすまない」けど「仏法の法門法義の話はわからないしそんな話をして言い負かされたら創価の恥になる」だから仏法の話とは別の話で軽く法華講をdisっておこう。ってことなんじゃないかなと思っています。彼女?に限らず概ね創価の活動家とくに創価ネット民ってのはそういう人多いですね。SNSとかでも「法門法義」で正宗を批判する人はまず見当たらない。ピンクレモンさんも法華講が講員を放置して冷たいという客観的事実を挙げてくださいと言ったのに、帰って来たのは「私の知り合いの法華講員さん」の話ですからね(笑)普通そういう話を「客観的事実」とは言わないのですが(笑)まぁあの程度なら可愛いものです。いいじゃないですか。「信心なんてなくても温かい学会組織」が好きなら。もっとも「信心」がない創価はせめて「温かみ」くらいないと人が集まりません。もっとも最近では執行部批判者を除名にしたり活動停止にしたりどこが「温かい」のか理解できませんけど。

僧侶の為に信徒がいるのはおかしい

こんにちは、管理人さん。

大聖人様の仏法は信徒の為に僧侶、つまり、信徒の為に住職がいなくては、話にならないでしょう。縦の世界で、法主が1番上、次が、能化、末寺の住職、執事、所化、次が、信徒って、おかしいよ。
社会に出てない末寺の住職が、社会に出て信仰を頑張ってる信徒の相談に乗れるのか?と。
しかも、聞くところによると、どんだけお講や座談会、他のに寺に行っても、御会式に参加しなければ日蓮正宗の信徒でない、と言われたと言ってたよ。

おかしいです。日蓮大聖人様の温かい心がどこにあるんですか。
座談会と言う言葉や鼓笛隊も、創価学会からの真似をして。偉そうにして、いちいち、遠い寺院に所属したら近くの寺院に所属した住職が許可を取ってどうのこうって、そちらは、住職や僧侶の為に犠牲のもと信徒がいるんですね。

大聖人様の仏法は信徒の為に住職や僧侶がいるのが正んです。

ピンクレモンさん

自分がやってきたこと、及び、自分に対して恩がある事=組織全体とは限りません

中には、相手に対し「忘恩」と言うロジックを構築するために
態々、相手に恩を売って、ハイリターンの主従を買う
「ハニートラップ」とか「パンダハグ」と言うのもありますし
御書でも、律宗に向けて
そういったニュアンスの事が書かれているのもありますよ

従って、あなた自身の体験談を基準にして
「あっちの水が美味しい」とか「こっちの水が美味しい」とか言われても
こっちから見たら 

ああ 見事に「ガンジャってるなぁ・・・」としか映りません

( ゚д゚)ハッ! なんか、危険球を投げちゃったような




以上、今後「来日する事はないだろう」と思われますが
(今度は高橋教授と上念さんが、彼女を引っこ抜けば
 パワーアップする可能性があるんだけれど、背後がうるさいんだろうな)
NY州大学のケルトン教授による「MMT理論」を聞いて
“「蔵の宝」より「身の宝」「身の宝」より「心の宝」だいいち也”の一節が浮かんだ
「eco◆Smw69」でした


Money, Money, Money Must be funny
In The rich man,s world.
出元→https://youtu.be/QBuXZeuMK10
(ピンクレモンさんの場合は、2番の歌が当てはまるかな
 外から見ると そんな事はないのにね・・と)

聖教新聞の発行部数は550万部

一部2,000円として月110億円の売上げですね。
新聞の発行部数1位は読売新聞850万部(朝刊)。月3400円。
2位は朝日新聞の595万部(朝刊)。月4000円。
3位が聖教新聞の550万部になります。

読売も朝日も大きな会社ですね。
情報取得のために毎日働く記者の数も相当なものだと想像できます。
読売グループ全体で4,500名ほどの従業員が居るそうです。
聖教新聞社は実は会社組織ではなく創価学会の中の一部門です。
新聞となっていますが、社内報とか機関紙と呼ぶべき種類のものですね。
一般のニュースは他の報道機関から仕入れてちょぼちょぼ載っていますが、多くの紙面は池田の顕彰記事や会合など、人件費がほとんどかからない内容ですね。

>創価学会本部って、職員数千人を抱える大企業(宗教法人だけど)なわけですよね。(うっかり創価学会からの引用)

だそうですから、つまり、あまり人件費のかからない新聞を月110億円も売り上げているので、莫大な利益があるのが想像できますね。
また、ご存じの通り、そのほとんどが裕福ではない一般会員の懐から出たお金です。
販売促進運動は一般会員がやり、またマイ聖教言われるキャンペーンでは一家で一人1部ずつ聖教新聞を購読するなどという資源の無駄遣いの推奨がありますね。
当然のことながら、啓蒙のためだと言いながら、実態は創価学会が収益する目的にために行っているわけです。
その利益は何に使われているのか、不思議に思いませんか。

公明党の議員も実態的には学会の職員ですね。
他党は通常、社会の中で実績を積み議員になりますが、公明党の場合は何も社会で実績がなくても、会員が一生懸命に票を集めてくれるので当選しますね。
他党の議員がどうやって支持者を集めているのか知らない方もいますけど、それはそれは涙ぐましい努力を継続して議員になっているわけです。
100m先から満面の笑顔を作って私に近づいてきるのは誰かと思えば、公明党ではない地方議員だったりします。
公明党の議員など、「あなたの仕事を犠牲にしても支援の戦いをやるのだ」と耳を疑うようなことを平気で私に言ってました。
殿様商売とは公明党や創価のことで、他でこんな商売が成り立つことを私は知らない。

さて、なぜ、こんな殿様商売が成り立つのか。
それは池田を頂点とした強固な縦の関係が出来上がっているからですね。
上意下達の命令に背けば会員では居られなくなる。
公明党や執行部を批判しただけで退会処分にされてしまう。
これこそ前時代的な村社会で通用していた掟のルールで、創価学会の組織形態こそ時代遅れだと私は思っています。

宗教団体の維持には専従者が必要ですね。
創価で言えば職員。宗門で言えば僧ですね。
多くの場合、新興宗教が解体していく原因は職員と一般会員の金銭的な対立によるものだそうです。
何十億かの絵画コレクションが趣味だというカリスマが会員の信頼を失うのは時間の問題であり、職員達が俗でありながら清貧の聖職者を演じていてもいずれバレるものです。
だから創価も例外ではなく、もう長くはないだろうと思っています。

何度もすみません

僧侶  の為に 信徒がいるのはおかしい
創価学会の為に学会員がいるのはおかしい
池田先生の為に学会員がいるのはおかしい
永遠に終わらない上記の議論をやっても???

ピンクレモンさんに質問しますが
1〜3ヶ月に1度登山して、大御本尊様に御目通りしたいと思った事はないのでしょうか?

美有さん

ピンクレモンさん 
もしかしたら「創価でも法華講でもない 第三者じゃないの?」とか思いましたよ

だって、下記のピンクレモンさんによる

「大聖人様の仏法は信徒の為に僧侶、つまり
 信徒の為に住職がいなくては、話にならないでしょう。
 縦の世界で、法主が1番上
 次が、能化、末寺の住職、執事、所化、次が、信徒って、おかしいよ。」・・と

上記の書き込みを読んだとき

「じゃぁ~ 大聖人の仏法捨てれば? 
    なに未練がましい事を言ってんだろう?」
  
              とか冷たく思ってしまい・・・・・汗


各方面からのクレーム「お待ちしております」
そこの 爆サイ と あべひ軍団 間違っても「呪わない」

ピンクレモンさん

こんにちは。

> 大聖人様の仏法は信徒の為に僧侶、つまり、信徒の為に住職がいなくては、話にならないでしょう。縦の世界で、法主が1番上、次が、能化、末寺の住職、執事、所化、次が、信徒って、おかしいよ。
> 社会に出てない末寺の住職が、社会に出て信仰を頑張ってる信徒の相談に乗れるのか?と。

貴方は、まず仏法の基本である「三宝」が分かっていませんね。三宝帰依が大乗仏教の基本なんですよ。もっとも創価にはその三宝がひとつもないので分からないのでしょう。つまり創価は「仏法」の団体ではないということです。

> しかも、聞くところによると、どんだけお講や座談会、他のに寺に行っても、御会式に参加しなければ日蓮正宗の信徒でない、と言われたと言ってたよ。

古来から正宗では「お会式」が一番重要な行事ですからね。大聖人の弟子檀那を名乗るなら当然です。創価のチンケな会合に参加するのとはわけが違うのですよ(笑)

> おかしいです。日蓮大聖人様の温かい心がどこにあるんですか。
> 座談会と言う言葉や鼓笛隊も、創価学会からの真似をして。偉そうにして、いちいち、遠い寺院に所属したら近くの寺院に所属した住職が許可を取ってどうのこうって、そちらは、住職や僧侶の為に犠牲のもと信徒がいるんですね。

何を言ってるのかわかりません。ご僧侶の犠牲のもとに信徒がいるならご僧侶に感謝しないとですよ。

> 大聖人様の仏法は信徒の為に住職や僧侶がいるのが正んです。

ピンクレモンさん。貴方の個人的な感情や感想を「大聖人様の仏法」にすり替えないでください。「大聖人様の仏法云々」というのであれば文証を挙げて法門でそれを論証してください。大聖人様は、

◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず。(唱法華題目抄)

と言われ、

◆「文証無き者は悉く是れ邪偽彼の外道に同じ」(真言見聞)
◆「修多羅と合する者は録して之を用いよ文無く義無きは信受す可からず」文、釈の意は経文に明ならんを用いよ文証無からんをば捨てよとなり(聖愚問答抄上)

と言われています。文証もなく法門でもない貴方の個人的な意見と感情で他宗を誹謗するのは「破折」でも「折伏」でもなく単なる「悪口罵詈」にすぎません。そのような態度はおよそ仏法者のとるべき態度ではありませんよ。中途半端な「悪口罵詈」を止めて堂々と「法門・法義」で日蓮正宗を「破折」したらどうですか?できないならもっと勉強するなりなんなりしたらどうでしょうか?それに創価が温かくて麗しい世界などではない事は世間の人達は知っていますよ。創価が「温かい組織だ」と言えば言うほど世間様から創価が嫌われて逆効果ですよ。どちらにしても宗教団体というのは「信心」をする人の集まりです。なので他宗を批判するのであれば「法門・法義」をもってしなければいけません。大聖人様はそうしていますよ。もう少し御書を読んだ方がいいですよ。御書も読まずに「大聖人様の仏法」なんて語っていてもそんなの単なるウソつきです。


駄文まいど失礼します。

創価の教え?の一つに、
人間革命ってありました。

私は組織として何をすれば良いか?
そんな時にマンP様渾身の書物である
ニン革を役立てました。

例えば、仕事上で、
あるミッションを完了させる為に
人材をどう?配置するとか、
トラブルが発生した時に、
組織的にどう対処するのか?

珍人芸革命は、
それなり役には立ちましたが、

日蓮仏法とは無縁です。

世法術としては有用でしたけど。

創価学会なんか、
今となっては、
日蓮大聖人様とは無関係なのですから、

麗しき我らの創価!万歳!って♪

自立の信心も出来ずにヤッテれば?

あーぁ!偉大なるイケ大聖人様は、
私たち弟子の幸せを
いつも祈って下さる!有難やぁ♪ってな
感じですかな?

師弟フニャは信心では無い!
創オモイました♪ 失礼しました。

まさか又のご登場とは、、、^^;;;

管理人さんは無論ここの主だから、基本どんな方々でもウェルカムだけど、私らはそうはいかない。 有効な『対話』であればそれは良いこと。 でも誰かさんの場合は前進感も学びも得られない。 当の本人が学ぼうとしていないと思えるので、それは望めないですね。

 ここが「普通」の戦場に戻るまで、しばし休息。^^;

 (飽くまで私の物差しに依るボーダーです)

ヒトラーの手法なんですよ創価は

「難しい言葉は入らない。大衆は忘れやすいので簡単な言葉で何度も何度繰り返し伝えなければいけない。」とヒトラーが述べてますね。
創価・公明は実にそういうやり方ばかりしてますね。
「嘘も百遍言えば」とか、「100年安心年金プラン」に代表される、キャンペーン時によくやる印象操作ことです。

また、「大衆が地獄にいても天国だと思わせることが出来る」と言ったのもヒトラーです。
「幸せになりました」、「立派になりました」、「功徳を受けました」と、実態と違う広告を様々な機会で本人に言わせる。
近況報告とか、体験発表とかで。まあ、なんども、なんども。全員が。

正常な認知機能を失っていて、そういう考えない習慣がびっしりと身についていている状態であれば、粘り強く何度も、述べていくしかないのかなと。

天覇さん

こんにちは。

> 珍人芸革命は、
> それなり役には立ちましたが、

多少でも役に立ってよかったですね。
私の場合は「大作大好き部員さん」の時には、ニンカクを利用して話をしました。
「大作大好き部員さん」は一定数いるのでそういう部員さんは「御書」より「ニンカク」の方が効果的です。

> あーぁ!偉大なるイケ大聖人様は、
> 私たち弟子の幸せを
> いつも祈って下さる!有難やぁ♪ってな
> 感じですかな?

「客様は神様です」の精神ですね。
「祈っている」と言ってりゃお客様は喜ぶのだから楽な商売ですね。

蘭房さん

こんにちは。

> 管理人さんは無論ここの主だから、基本どんな方々でもウェルカムだけど、私らはそうはいかない。 有効な『対話』であればそれは良いこと。 でも誰かさんの場合は前進感も学びも得られない。 当の本人が学ぼうとしていないと思えるので、それは望めないですね。

彼女?の場合は別に学びに来ているわけではないと思いますよ。「日顕宗を破し」に来ているのだと思います。ただ「破し方」を知らないのでしょう。もっともあれだと却って創価の評判を下げるだけだと思うんですけど。ネット創価民ってほぼ創価の評判を下げている人ばかりですね。

小野塚さん

こんにちは。

> 「難しい言葉は入らない。大衆は忘れやすいので簡単な言葉で何度も何度繰り返し伝えなければいけない。」とヒトラーが述べてますね。
> 創価・公明は実にそういうやり方ばかりしてますね。
> 「嘘も百遍言えば」とか、「100年安心年金プラン」に代表される、キャンペーン時によくやる印象操作ことです。
> また、「大衆が地獄にいても天国だと思わせることが出来る」と言ったのもヒトラーです。
> 「幸せになりました」、「立派になりました」、「功徳を受けました」と、実態と違う広告を様々な機会で本人に言わせる。
> 近況報告とか、体験発表とかで。まあ、なんども、なんども。全員が。

同感です。「人間革命」「日顕宗」「仏法は勝負」「師弟不二」などなど「ワンフレーズ」作戦ですよね。
だから彼らは仏法を探求しない。テンプレートのワンフレーズを言っていればいいと思ってる。
それに騙される方もどうかしてますけど。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。現在は池田創価から日蓮正宗に戻り法華講員です。池田創価の風聞・風説を基にした批判や悪口ではなく、日蓮大聖人の法門・法義・事実を基に大謗法の池田創価とその他異流儀を破折します。また破折以外にも教学など日蓮大聖人の仏法の話なども書いているブログです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。下のフォームまたは非公開コメントにてお気軽にお問合せ・ご相談ください。
創価・顕正に関する相談フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム
検索フォーム
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
2位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR