FC2ブログ

創価教学じゃない御書講義(2019年11月座談会御書・法華経題目抄)

妙と申す事は開と云う事なり世間に財を積める蔵に鑰なければ開く事かたし開かざれば蔵の内の財を見ず

今月の座談会御書は「法華経題目抄」ですね。創価教学の「間違い」である「題目第一主義」を助長させるためには最高の御書です。どうせ今回の講義では「唱題」の功徳とかが強調され「題目あげれば何でもOK」的な創価教学がさく裂するのでしょう。既に今回の座散会御書を講義している創価系サイトを見ると案の定「題目の功徳」だけを講義しているサイトばかりで本当にコイツ等は大聖人仏法を分かってね~なと冷笑しています。
さて、この「法華経題目抄」全体の内容は、日寛上人が文段のなかで、

◇初めに能唱の題目の功徳を明かし、次に所唱の妙法の具徳を明かす。これ則ち能唱の功徳の広大なる所以は、良に所唱の具徳の無量なるに由る故なり。

とご指南されています。このご指南だけで十分なんですけど一応話を続けます。冒頭の【問うて云く法華経の意をもしらず只南無妙法蓮華経と~】からの前半部分は「能唱の題目」の功徳を明かしています。そして【問うて云く妙法蓮華経の五字にはいくばくの功徳をかおさめたるや~】からが「所唱の妙法」の具徳を示されている内容になっていて、今回拝読の御文は「所唱の妙法」の具徳を示されている部分です。「能唱の題目」とは「我らが唱える所の題目」即ち「唱題」のことです。しかして「所唱の妙法」とは「唱えられる所の妙法」であり即ち「本門本尊」の事です。つまりこの御文は「題目」の功徳を述べたのではなく「本尊の具徳」を述べられた御文なのです。何故南無妙法蓮華経の功徳は広大無辺なのか?といえば御本尊、就中ご本仏の体である戒壇大御本尊の具徳が広大無辺だからという事を「妙」の一字に備わる三義を通して教えられているのが今回の拝読箇所なのです。だから今回の御文を通じて講義すべきは「題目」ではなく「本尊」なのです。何度も書くけど「本門の題目」とは「本門の本尊」を信じて唱える題目を「本門の題目」と呼ぶのです。そして「本門の本尊」とは一大秘法たる「戒壇大御本尊」がその根本であり究極なのです。「南無妙法蓮華経」の題目そのものには「法力」「仏力」は備わっていない。「法力」「仏力」が備わっているのは「戒壇大御本尊」なのです。その大御本尊を「信力」「行力」をもって受持する修行を「本門の題目」と呼ぶのです。

創価民が一番勘違いしているのはココです。創価民たちは「題目」に功徳があると思っている。でも違う。「功徳」があるのは題目ではなく「本尊」なのです。今回の「法華経題目抄」のような佐前の「本尊」を明かされいない「題目流布」の化導の段階の書を読むと「題目第一」と勘違いするんですね。本書の題号の「法華経題目抄」とは一応は佐前御書なので「権実相対」して「法華経の題目」と書いて他経と区別し「法華経」を簡んでいるが大聖人仏法の本義から言えば「法華経」ではなく「本門本尊」を簡んでいるのが元意です。なので本書は「本門本尊題目抄」あるいは「本門の題目抄」というべき御書です。
拝読部分の「蔵のカギ」とは多くの創価民は「題目」だと思っているだろうけど、そうじゃない。「蔵のカギ」とは題目ではなく「本尊」のことです。今風に分かりやすく言えば、題目は暗証番号でキャッシュカードはご本尊。大御本尊はマスター・カードいうような位置づけです。いくら「暗証番号」を知っていても、肝心のカードが偽造品のニセモノならば中にある財を見ることもできない。つまり大御本尊捨てた創価民がいくら「南無妙法蓮華経」と呪文を唱えても「何も開かない」というこですね。「開」ということについて大聖人は御義口伝の中で、

◆開とは信心の異名なり信心を以て妙法を唱え奉らば軈て開仏知見するなり

と言われています。「信心を以って唱題する」のです。また

◆如何してか今度法華経に信心をとるべき信なくして此の経を行ぜんは手なくして宝山に入り足なくして千里の道を企つるが如し(法蓮抄)

にあるように「法華経に信心をとる」のです。法華経ってなんですか?釈迦の経典ですか?違うよね?大聖人が顕された「本門の本尊」ことでしょう。その「本門の本尊」を捨て剰え仏法の修行もなければ教学もない勿論相伝もない単なる凡夫の大作や原田の爺さんが恐れ多くも大聖人様の本尊を「裁定」するなどぬかしてる創価学会。そんな創価の住民の創価民たちがいくら題目を上げたところで「妙の具徳」など顕れるはずもないから当然功徳もないのです。今の創価民が感じているのは「功徳」ではなく「通力」であることは文証・理証によって明らかなのです。

◆成は開く義なり法界無作の三身の仏なりと開きたり(御義口伝巻下)

との教えにあるように「成仏」とは「自身の仏界を開く」ことです。蔵の中の財とは「自身の仏界」です。それを開くためのカギが「本門の本尊」です。その「本門の本尊」の根本たる戒壇大御本尊を捨てた創価民には成仏は無理です。「創価の題目」などという呪詛を唱えているヒマがあったら酒でも飲んでカラオケ歌っている方が有意義ですよ。題目をあげるなら「正しい本尊を信じ正しい題目」をあげましょう。その為にはまづは創価のインチキ教学・インチキ活動から離れることが重要です。


にほんブログ村



創価学会ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

恐ろしい話ですけど

>つまり大御本尊捨てた創価民がいくら「南無妙法蓮華経」と呪文を唱えても「何も開かない」というこですね。

非情にこれは実感できるとこです。
不思議に思っていましたよ。創価の中に居た時には。
なぜあの人はあれほど題目をあげているのに、般若の顔して精神が不安定なのだろうかと。
ちょうど統合失調症のような顔ですよね。
また、それが自身の内側に怒りが向けばうつ病になりますけど、地域学会員はうつで生活保護の受給に至った現役世代も異常に多かった。

それは何故だろうか。
その推論は私が言うことではないのですが、現状をあるがままに評価すれば、創価の唱題はあげればあげるほど危ないのか、という仮説はもっていました。
そして破門以降の顕著な傾向ですね。
学会員も健全性がある人は気付いているでしょうけどそれを言わない。

むしろ「題目偏重主義」

こんばんは。

創価学会の題目第一主義と言えば、思い出すことが一つ。
学会でよく言われる「決めて、祈って、動く」ってあります。
冷静に考えると「祈って」の前後に「作戦(手段)を考えて」が入ってしかるべきなんですが、学会では「目標は立てても作戦は立てない」のが美徳らしいですね。

以前も述べさせていただきましたが、学会は「愚直な信心」を「無為無策」と解釈し、常に「正面から強行突破」一択です(特に男子部)。

実際「策を講じるのは姑息」が当たり前になっていて、よく「自分達は信心の戦いをしているんだから、方法論に逃げるな。」と言われました。
だから何年たっても同じことしかしてないんでしょうね。


以上、駄文にて失礼致します。




追記:そういえば男子部にもファンが多い「ONE PIECE」ですが、主人公達は事前に作戦を立てても、最終的にはいつも「正面から強行突破」していますね。

男子部が親近感を抱くわけです(笑)

小野塚さん

こんにちは。

> それは何故だろうか。
> その推論は私が言うことではないのですが、現状をあるがままに評価すれば、創価の唱題はあげればあげるほど危ないのか、という仮説はもっていました。
> そして破門以降の顕著な傾向ですね。
> 学会員も健全性がある人は気付いているでしょうけどそれを言わない。

健全な学会員さんは不健全な学会員さんが他人の言うことを聞かないのを知っているので何も言わないのでしょう。
言うだけ無駄だし逆恨みされたらたmりませんからね。

狗樹豪也さん

こんにちは。

> 創価学会の題目第一主義と言えば、思い出すことが一つ。
> 学会でよく言われる「決めて、祈って、動く」ってあります。
> 冷静に考えると「祈って」の前後に「作戦(手段)を考えて」が入ってしかるべきなんですが、学会では「目標は立てても作戦は立てない」のが美徳らしいですね。

確かに。それともう一つが「誓願の題目」ってヤツ。「広宣流布のために~」「創価学会のために~」「池田先生に応えるために~」って祈りなさいっていう指導。もうバカとしか思えない指導もあります。創価民の「誓願」なんて大聖人に何も関係がない。そんな「誓願」しても何の意味もありません。

> 実際「策を講じるのは姑息」が当たり前になっていて、よく「自分達は信心の戦いをしているんだから、方法論に逃げるな。」と言われました。

その割には選挙戦とかは「姑息な策」を使うんですよ創価は。選挙の半年前くらいに選挙とは何の関係もないアンケートとかやってその名簿を選挙で利用したりしてね。個人情報保護法違反ですけどね。

> 追記:そういえば男子部にもファンが多い「ONE PIECE」ですが、主人公達は事前に作戦を立てても、最終的にはいつも「正面から強行突破」していますね。
> 男子部が親近感を抱くわけです(笑)

ははは(笑)ルフィは正面突破だからカッコいいんでしょうが、創価の男子部なんて法論一つできずに逃げ回るだけのヘタレばかりですよ。逃げるだけだから「作戦」の不要ですけどね(笑)

信心を持ったずに唱題業に励む無意味な事。

まいど駄文コメント失礼します♪

信仰者であるならば、
就中、
日蓮大聖人様を末法の御本仏と
崇め奉れば、ね!スリはんどくな私は
そう思ってます。

何を信じて、
何を励むのか?が、
最も重要な事かと存じます。

いっぽう♪

偉大なる日蓮大聖人ちょっケツ?

あーぁ!我らは買った!
広布金と新聞代のお陰で♪

マンせー池田メロンさまは、
世界各国で名誉を頂いております。

最近は、、
ちゃんコロ国や、
ちょんハセヨ国からの迷誉称号は
数が激減してますが、ね。

信ずれぃ致します。

天覇さん

こんばんは。

> 何を信じて、
> 何を励むのか?が、
> 最も重要な事かと存じます。

まったくそのとおりですね。信仰とは何を信じるかです。そして人は必ず何かを信じるます。
日蓮大聖人の仏法を信仰しているというのは大御本尊を信じているとうことです、

> 最近は、、
> ちゃんコロ国や、
> ちょんハセヨ国からの迷誉称号は
> 数が激減してますが、ね。

冥世称号がいくつあっても「何の役にも立っていない」ですよね。
件の国ではSGIメンバーも反日ですからね。
とっても創価&池田からして反日臭が漂いますが。。

最も尊ぶベキ三宝の無いガッカリ会。

池田大作さんを持ち上げ、
神輿を担ぐしか無く成った創価は、

哀れで、、、不憫で、、、。

仕方ないか、。先生と共に駄地獄直行便。

駄文連文でした。

お釈迦様の御本涯・大聖人様の御本涯…

よく考えたら何を一番大切にしなければならないかわかります。

大切な御親族や友人を想う故に、唯一無二の正しい信仰のもとで幸せを願います。

心がけの良い他宗の方々もいらっしゃるけれども、大御本尊様に御開扉がかなわないのは……

御書を通しての記事に説得力を感じます。自分も頑張ります。

天覇さん

こんにちは。

そうなんですよ。創価や顕正会には三宝がない。
だから仏法教団ではないのです。
なのに「仏法教団」の真似事をして仏教教団を名乗る。
だから詐欺だと言っているわけです。

未熟さん

こんにちは。

> お釈迦様の御本涯・大聖人様の御本涯…
> よく考えたら何を一番大切にしなければならないかわかります。
> 大切な御親族や友人を想う故に、唯一無二の正しい信仰のもとで幸せを願います。

私も同じです。自分や家族・友人そして皆の幸福を大御本尊に願っています。

> 心がけの良い他宗の方々もいらっしゃるけれども、大御本尊様に御開扉がかなわないのは……

仏法を紐解いた結果私は大聖人様の仏法に行きつきました。というのも大聖人様の仏法が一番道理に適っているからです。

> 御書を通しての記事に説得力を感じます。自分も頑張ります。

御書は「経典」です。難しいと思わずに何かあれば開いて読めばそこに問題解決の方途が書いてあります。
いつも手元に置いてすぐに開けるようにしておくといいですよ。

仏法ってなんなのか

今も色々思索しています。
創価は論外でしょう。
仏教でもないし、宗教と言えるのかどうかも怪しい。
実態を冷静に評価すれば当然そうなりますよね。
気付かない会員には何か特別な事情があって辞められないだけしょう。

それは低次元すぎるから置いといて、仏教って何かですよね。
年齢を重ねてきて、気付いたのは仏教的生き方を自らが選択してきた部分があること。
また、プロテスタント的な生き方にも近いし、日蓮仏法と多くの点で共通していることを発見したこと。
どう生きるか。
今もまだ未熟で迷っているわけです。

小野塚さん

こんばんは。

> それは低次元すぎるから置いといて、仏教って何かですよね。
> 年齢を重ねてきて、気付いたのは仏教的生き方を自らが選択してきた部分があること。
> また、プロテスタント的な生き方にも近いし、日蓮仏法と多くの点で共通していることを発見したこと。
> どう生きるか。
> 今もまだ未熟で迷っているわけです。

人は誰でも未熟です。だからこそ信仰が必要だと思ったりします。
私の中では日蓮大聖人の仏法がもっとも道理に合うのです。
釈迦は末法の仏ではない(勿論論拠もあります)キリスト教的な絶対神の存在はちょっとフィーリングが合わない。
色々と思索と研鑽を重ねた結果私の場合は大聖人の仏法を選択しました。
小野塚さんも思索と研鑽を重ね選択されればよろしいかと思います。
もちろん、私に聞けば「大聖人仏法が一番」と答えてしまいますが(笑)
何か疑問や質問があれば遠慮なく仰ってください。

マヨって何が悪い♪

駄文まいど失礼します。
パスカルは言いましたっけ?

人間は考える葦だと。

あれ?何か、、某エセ創価芸臭風♪

悩み無くして進歩なし♪

駄文まいど失礼しました♪

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>