15年もそのままの聖教新聞

後輩が住宅を買って、来月に引越すため
聖教新聞の購読をやめた
もう何年も前から
「聖教新聞なんて読まないんだからやめちゃいな」と
言い続けて来たが
引っ越しを機にようやく踏ん切りがついたようだ。
まだ活動家だった頃に聖教の申し込み用紙を出して以来
活動をしなくなってからも15年間
申し込んだ当時の契約を
【自動更新】という言う事でず~っと購買していたようだ。
その額は、15年で総額100万円超。
もちろん、途中で「やめる」と言えばいいのだが
支払いは銀行引き落としで
配達員さんとも顔も合わせない
となるとなかなかや「やめます」とも言えなかったらしい。
【自動更新】にして「やめます」と言わなければ止められない。
そんなシステムにも呆れるが
もっと呆れるのは、地区・支部の活動家・幹部だ。
地区や支部の人間は彼が独り者だと知っている。
彼が会合を始めとする活動に参加しなくなったのも知っている。
そして、この15年余り彼を訪問するどころか、座談会の日程すら教えていない。
彼に連絡するのは選挙の時だけ。
な・の・に・だ。
聖教新聞だけは複数部購買させていても平気でいるのだ。
普通の感覚であれば
「今は活動してないから聖教新聞は1部だけににしておきましょうか?」と尋ねるだろ。
マトモな幹部なら
聖教新聞を何部も購買している会員さんの家を訪ねてくるだろ。
15年間選挙以外は無しのつぶてで放っておいて
聖教新聞だけはしっかり何部も買わせ続ける

だから俺はず~っと彼に早く新聞止めろと言い続けた。
それがようやく実現して心から良かった。と思う。
しかし。15年で100万以上。
これって返還してもらえないのかね?
当時の聖教の申込用紙には【自動更新】なんて項目なかったよね?
だとしたら契約してないのに勝手に新聞入れて
勝手に引き落としするのは詐欺だよな。
でも払い続けて異議申し立てしてないから
時効にになっちゃうのかな?
それともみなし契約になるのか?
にしても、えげつない連中だな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR