FC2ブログ

ついでに経本などについて。

唱題と勤行について書いたのでついでなので経本等について今日は書きます。経本と言えばその昔、52年路線の時に創価が勝手に作って会員に配布しそれを日達上人に使用禁止を食らった過去がありますね。この時もご観念文を勝手に書き換えて日達上人に許可を得たと言って勝手に創価で作成いたようだが日達上人はご観念文の許可は出したが創価が勝手に経本を作成・配布していいというような許可をだしたわけじゃなく結局この時の創価版経本は正宗寺院で無料で回収され正宗版の経本と交換されたわけです。
ご観念文はともかく法華経の経文はどの経本でも同じことが書いてあるから変わらないと私も思っていたけど、日有上人の化義抄を読んだ時に

◇非情は有情に随う故に他宗他門の法華経をば正法の人には之を読ますべからず、謗法の経なる故に、但し稽古のため又は文字を見ん為めなどには之を読むべし子細有るべからず、現世後世の為めに仏法の方にては之を読むべからず云云。

という御文に出会いそれから正宗の経本を探したんだけどお寺にしか売ってないらしく当時創価民だったのでお寺で買えるわけもなく途方に暮れていたところ法華講員さんと知り合いその方に経本を買ってもらったという経験がありました。この御文の意味は日亨上人が有師化儀抄註解で、

◇他宗他門の謗法人の使用したる法華経は、経文に誤謬なきも・一度謗法の人に従ひたるものなれば謗法の経となるが故に・此を直に当流正法の行者の持経として、仏前の勤行等に読ましむべからず、又他宗他門の名に依りて出版せられたる法華経も此に準すべし

と註解してる通り、経文は正しく書いてあるけど謗法者が使用した法華経・謗法の他宗が出版した法華経は勤行の時には読んではいけない。という事です。つまり今の謗法創価の作った経本は読んではいけないといわけですね。まぁ今の創価は方便自我偈で経本を読むことなんてないだろうが、もし今まだ創価民だけど大御本尊を信じている人や創価を辞めても勤行を続けている人は、創価の経本を読むこと自体が謗法になるのでやめた方がいいという事です。ご希望があれば非公開コメントをくれれば正宗の経本を差し上げますから。(ただし大御本尊を信じ勤行・唱題をしたいという人限定ですよ)そのような人は創価謗法経本を読むのは止めた方がいいでしょう。それならば経本を読まずに諳んじた方がまだましです。前回の記事で法華経の一文字一文字は分身の仏と書きましたが、謗法の経本であれば法華経の文字は全て第六天魔に変わってしまうという道理ですからね。
折角なので化義抄からもう一つ御文をあげます。

◇日蓮聖人の御書を披見申す事、他門となどの御書をも書写しこい取りつつなどして見るべからず、本寺の免許を蒙るべし、其の故は当宗は信の上の智解なるが故なり云云。

これも上記の法華経の経本の件と大体同じで謗法の他門流の御書を書写してはいけない。どうしてもという時は本寺の許可を取りなさい。という事で昔は印刷とかコピーとかないから他門流の御書はその書写をするときに自門流に都合のいいように御書を改竄していたりするからそのような御書を使用しなといいわけです。現代は印刷やコピーもあるので御書自体を改竄することはできないけど、問題は御書講義などの書籍です。日蓮正宗創価学会時代の御書講義は全て正宗で監修をしていた。つまり「本寺の免許」があったけど破門後の創価の御書や教学に関する書籍は一読すればすぐに分かるけど邪見と我見にまみれた謗法の教学ですから、現在の創価版の御書講義の書籍や聖教新聞に書かれている御書講義などを読むことは、まさしく謗法なのです。御書そのものは改竄していないけど、その解釈を改竄してるのは御書そのものを改竄しているとの同じです。創価民が御書を研鑽するのであれば少なくても破門前の日蓮正宗・創価学会時代に出版された御書講義を参考にしてくださいね。まぁいまの創価教学とは天地の違い。本当にちゃんとした法門法義が学べますよ。もっともこの化義抄の条項にも書かているように大聖人仏法の智解というのは大御本尊に対する「信」の上での「智解」なので大御本尊を捨てた創価民がどんな御書講義を聞こうと何度御書を読み重ねようと「智慧」のわかなければ「理解」も出来ないんですけどね。
まぁとにかく正しく大聖人の仏法を信仰したのであれば、創価の経本や創価の書籍を買ったり読んだりしてたら謗法だということを知っておいた方がいいですよって話です。まぁ大作書籍は「仏法ではない」と分かっていて読む分には構わないでしょう。ただ御書も御文とか引用されていたり大聖人の仏法らしきことが書いてある大作書籍は謗法ですからね。「ニンカク」なんて特にそう(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング




コメントの投稿

非公開コメント

そう言いえば、、。

日達猊下時代に我が家には
そっかあーガッカリ版の経本と
日蓮正宗版の経本が存在してた事を
思い出した次第です。

昔からガッカリ会は変わらず
姑息な手段が大好きなんだなぁと。

当時の学会員は

当時父は、学会経本の配布について、「いくらなんでもそれはやり過ぎだろうと思った」と、大問題になるのを予見してそう言ってましたね。
周囲の学会員も、逸脱行為だろうなという認識があったように思います。
今の会内世論とは違いますね。

その後、政治的な手法を駆使して会内世論を変化させ、ついに大御本尊を受持の対象としないまでに至ったわけですけど。
この問題化で反省し創価は仕切り直しをした。
そして独立の目標を達成したと言えますね。

天覇さん

こんにちは。

> 日達猊下時代に我が家には
> そっかあーガッカリ版の経本と
> 日蓮正宗版の経本が存在してた事を
> 思い出した次第です。

わが家の実家にもあったきがします。

> 昔からガッカリ会は変わらず
> 姑息な手段が大好きなんだなぁと。

姑息と言うか、大作センセが最初から信心がなかった。そんなモンを会長にしたからこうなったという事でしょうね。

小野塚さん

こんにちは。

> 当時父は、学会経本の配布について、「いくらなんでもそれはやり過ぎだろうと思った」と、大問題になるのを予見してそう言ってましたね。
> 周囲の学会員も、逸脱行為だろうなという認識があったように思います。
> 今の会内世論とは違いますね。

まともな会員さんは52路線の時に創価から宗門に移り、創価が破門された時にやはりまともな会員さんは宗門いき、さらに創価が大御本尊を捨てた時に残ったまとまな会員さん創価をやめた。つまり今残っている創価民はほぼ「信心のない」会員だけなので創価が謗法しようと気にしないということですね。

> その後、政治的な手法を駆使して会内世論を変化させ、ついに大御本尊を受持の対象としないまでに至ったわけですけど。
> この問題化で反省し創価は仕切り直しをした。
> そして独立の目標を達成したと言えますね。

創価は独立できたかも知れませんが、信心のない連中だけ残ってもいづれは消滅するだけでしょうね。とはいえ「大聖人仏法詐欺グループ」を野放しにはできませんからこうして地道にブログを書いてます(笑)

信心のない連中

今まだ居る学会員と話すと、自らは信心があると主張し、同時に去った人達に対して、信心が無く、人間性や社会性に欠陥があるのだと、必死にレッテル貼りをしますね。
もう真っ赤になって喚き散らすわけです。
それを見ていると、精神が病んでいるのではと疑わしいほどで、不安定な精神状態がみてとれますね。

池田は日達猊下時代から信心が無かったのがこの学会経本の件からも明らかですけど、もし仮に、古くからの会員でまだ信心があれば、大御本尊の受持の否定は相当なストレスでしょうね。
だから学会を去った人達の全人格的な否定をして、学会を肯定するしかない。
そういう事情だから他人の悪口をありえない嘘を言ってまでする。

それじゃ幸せになるはずもなく、周囲から相手にされるわけもなく、会員はどんどん社会からも孤立して不幸の底に沈んでいってますね。
極々、客観的に公平に見て私にはそう見えます。
だから早くこんなインチキ宗教を排除しなければいけない。
創価を批判する必要性をそこに見ています。

無信仰の人間革命

確かな事は、
イケPチャンは信心が無かった事。
駄目作君を人生の師匠とか言っては
損な事ばかりな創価学会戦闘員は、、。
駄文連投失礼しましたm(_ _)m

小野塚さん

こんにちは。

> 今まだ居る学会員と話すと、自らは信心があると主張し、同時に去った人達に対して、信心が無く、人間性や社会性に欠陥があるのだと、必死にレッテル貼りをしますね。
> もう真っ赤になって喚き散らすわけです。
> それを見ていると、精神が病んでいるのではと疑わしいほどで、不安定な精神状態がみてとれますね。

彼等の言う「信心」とは創価や池田を信じることをいいます。そういう意味では創価を去った人達は「創価宗」「池田教」に対する信心はありませんけど「だから?」という話ですね。

> 池田は日達猊下時代から信心が無かったのがこの学会経本の件からも明らかですけど、もし仮に、古くからの会員でまだ信心があれば、大御本尊の受持の否定は相当なストレスでしょうね。
> だから学会を去った人達の全人格的な否定をして、学会を肯定するしかない。
> そういう事情だから他人の悪口をありえない嘘を言ってまでする。

それは言えてますね。「大御本尊を信じているけど創価も信じている」という会員さんがまだまだいます。といっても大御本尊自体知らない会員やちゃんとした富士門流の教義を学んでいない会員がいまやメインですけどね。

> それじゃ幸せになるはずもなく、周囲から相手にされるわけもなく、会員はどんどん社会からも孤立して不幸の底に沈んでいってますね。
> 極々、客観的に公平に見て私にはそう見えます。
> だから早くこんなインチキ宗教を排除しなければいけない。
> 創価を批判する必要性をそこに見ています。

そうですね。創価信仰でもちゃんと世間に適合し常識を持ち合わせてればそれでもかまわないのですが、創価の教えがそのようなものをかなぐり捨てるような教えだし、世間から会員を分離させて組織を維持する戦略なのでやはり創価の存在はあまり好ましくないですね。ていうか最早カルトだとすら思います。

天覇さん

こんにちは。

> 確かな事は、
> イケPチャンは信心が無かった事。
> 駄目作君を人生の師匠とか言っては
> 損な事ばかりな創価学会戦闘員は、、。

そんな「信心のない」駄目作君でも会員さんをご本仏の元へ連れていったからこそ価値があったのですけどね今はねぇ・・
まぁ今の駄目作君を師匠と言っているお弟子さん達もまた「信心がない」ということですね。
「信心がない」ということは、創価の為に時間や金を使っても単なる浪費で反価値しか生まないということですね。

32歳で会長になり

宗教団体の会長に32歳の青年が成ったらどうなるか。
その歴史を見てきたのが学会員ですね。
当初は信心があったと思いたいわけです。
しかし、若さゆえに、まず勘違いして思い上がるのは当然ですね。

自らは特別な才能があり普通の人とは違うのだと、空想の中の立派な自分を愛するわけですけど、実物の池田は特別頭が良いわけでもないし、人格的に尊敬できる存在でもない。
私がそれに気付いたのは、同時放送に参加して言動を見たからからです。
人間革命の中の山本伸一と池田大作は違う人格だと気付き、作られたカリスマで信心などない増上慢だと仮定すると、これまでの数々の不可解な学会の問題が綺麗に氷解してして説明がつくわけです。

池田の人格はシンパな会員を見て居れば分かりますね。
同化してますからね。
ナルシストで常に周囲の評判を気にして、競争相手の悪口と自らの宣揚に腐心する。
こつこつと他人が認めようが認めまいが地道に努力する仏道修行者じゃないわけだから、実態の仕事や生活や家族関係もだらしがなく破綻している人ばかり居る。
一般会員は努力しないと幸せにはならないのに、職員幹部を食わせるために働く。
職員幹部だと搾取する側の立場でいるから、およそ一般企業に勤める人からすれば優雅な生活が保障されている職場ですね。
そういう格差になぜ気付かず、呪縛を切ることができず、人生を終えてしまうのか。
現代日本の昭和からの不幸ですね。
その規模からすれば歴史に残る事かもと。

こんにちは
うちにも創価版経本ありましたわ
だれも使ってないからきれいだったので僕が使う~って言ったら「これは使こたらあかんのよ」って母に言われたのをおぼえてます。その母はまだ創価にのこってますが…。

創価学会の歴史ドキュメントをNHKかなんかでやったらおもしろいと思います(笑)
映像の世紀みたいなやつ
パリは燃えているかの音楽にのせて(笑)
おろかな指導者にひきいられる民衆ほどあわれなものはない(笑)とか言って。

メロンちゃんの功績?

確かな事は、
創価民が大好きな?
池田チャンのお陰で
日蓮仏法に縁できました。

まさか、
偉大なる師匠が信心ないなんて。

ご本尊なんか皆いっしょ!との
大御指導には苦笑した思い出。
失礼しました♪

小野塚さん

こんにちは。

> 宗教団体の会長に32歳の青年が成ったらどうなるか。
> その歴史を見てきたのが学会員ですね。
> 当初は信心があったと思いたいわけです。
> しかし、若さゆえに、まず勘違いして思い上がるのは当然ですね。

当時の池田は正確に言うと「信心を分かっていなかった」ということでしょうね。
若かったこともあり謙虚に宗門や先輩幹部に学んでいたのかもしれない。
正本堂供養あたりでその謙虚さを失うとともに「財力」の魔力に負けた。
それはとりもなおさず「信心が無かった」ということだと思います。

> 自らは特別な才能があり普通の人とは違うのだと、空想の中の立派な自分を愛するわけですけど、実物の池田は特別頭が良いわけでもないし、人格的に尊敬できる存在でもない。
> 私がそれに気付いたのは、同時放送に参加して言動を見たからからです。
> 人間革命の中の山本伸一と池田大作は違う人格だと気付き、作られたカリスマで信心などない増上慢だと仮定すると、これまでの数々の不可解な学会の問題が綺麗に氷解してして説明がつくわけです。

どころが学会員の多くは山本伸一=池田大作だと勘違いしているんですね。
カリスマというのは往々として周囲から「作られる」虚像の存在ですけどね。
もちろん「ホンモノのカリスマ」まいますが池田は「ニセモノ」だと思ってます。

元創価班さん

こんにちは。

> こんにちは
> うちにも創価版経本ありましたわ
> だれも使ってないからきれいだったので僕が使う~って言ったら「これは使こたらあかんのよ」って母に言われたのをおぼえてます。その母はまだ創価にのこってますが…。

う~ん、複雑ですね~。当時の創価版経本はダメだけど創価経本はOKっていうのは(笑)

> 創価学会の歴史ドキュメントをNHKかなんかでやったらおもしろいと思います(笑)
> 映像の世紀みたいなやつ
> パリは燃えているかの音楽にのせて(笑)
> おろかな指導者にひきいられる民衆ほどあわれなものはない(笑)とか言って。

ははは(笑)それは面白そうですね。ただマジなドキュメントを作っちゃうとグロ過ぎませんかね。

天覇さん

こんにちは。

> 確かな事は、
> 創価民が大好きな?
> 池田チャンのお陰で
> 日蓮仏法に縁できました。

それも事実です。だからこそ今の創価を破折し今の駄目作を破折するのが報恩の行為だと思います。

> まさか、
> 偉大なる師匠が信心ないなんて。

最初は「信心を分かっていなかった」だけですが結局「信心を持てない」まま挙句「大謗法者」になったのが駄目作師匠ですね。
多くの学会員を道連れにしてしまったのが駄目作師匠の最大の悪行です。

> ご本尊なんか皆いっしょ!との
> 大御指導には苦笑した思い出。

まぁ駄目作師匠のお弟子さん達は「南無妙法蓮華経」って書けば何でも開眼されて本尊になるって思っているから「何でも一緒」という指導も間違ってないですよね。ただし大聖人の仏法ではありませんが。

きこんが、整いませんでしたか、、、。

損華も懸賞も毒苦の縁だったね!

信心=大御本尊様(日蓮大聖人様)
なかんずくby創価学会風。
末法の大御本尊様とは?
駄文マイど失礼しました。

先生を批判しては絶対だめだと

人の心は移ろいやすい。
誰もが常に変質していくわけですね。
絶対に批判されない立場になった時、人はどうなるのか。
そりゃ歯止めがないのだから、自分に都合よく暴走していくものですね。
破門された各団体のことです。
どういう根拠なのか分からず、会員は池田や幹部を絶対批判してはいけないと決めつけている。
かなり以前からの習慣ですけど。
そうなった時にはもう既にこの結論が出ていた。
終わっていたんでしょうね。

一文字一文字間違いないように読むんだよ。と祖母から教えられ、祖母は化義ではありませんが、勤行が終わりお経本をしまうときに、お経本にも頭を下げていたりしました。


御観念文の一文字一文字は文底下種の法華経…御本佛日蓮大聖人様に正しく御報恩謝徳申し上げるのに、一文字も欠かしてはなりません。


別件で知人がケンショウ会から経本を貰ってしまった時に

「謗法なので返してきなさい」

ときいたことがあります。

見た目が似ているので謗法でも本物に近いものほど罪が重いことが理解出来ます。

洗脳され組織に組み込まれて脱けずらい方々が気の毒です。

最終的には自分で気づいて自分で立ち上がるしかありませんが……

インフルエンザもはやりはじめているようです。皆さんお体に気をつけて信心即生活で幸せになってほしいです。

天覇さん

こんにちは。

「きこん」が整は無いのは、センセは「き〇ま〇こ」だからですね(笑)

小野塚さん

こんにちは。

> どういう根拠なのか分からず、会員は池田や幹部を絶対批判してはいけないと決めつけている。
> かなり以前からの習慣ですけど。
> そうなった時にはもう既にこの結論が出ていた。
> 終わっていたんでしょうね。

創価に限らず、顕正もそうですね。幸福の科学などの教祖崇拝とは違うんですよね創価と顕正は。
池田も浅井も「教祖」でなく「師匠」つまり池田も浅井のただの凡夫で教祖でもなんでもない。
なのに「絶対視」する。池田や浅井を「教祖」にしてしまえば分かりやすいので何故か日蓮大聖人にこだわる。
だからあの両教団は「大聖人詐欺凶団」なんですよ。

未熟さん

こんにちは。

> 一文字一文字間違いないように読むんだよ。と祖母から教えられ、祖母は化義ではありませんが、勤行が終わりお経本をしまうときに、お経本にも頭を下げていたりしました。

昔の学会員は化義もちゃんとしていたんです。戸田会長も化義にはうるさかった。ところが勤行もろくすっぽしない男が3代会長になってしまったのが創価の痛恨のミスです。

> 別件で知人がケンショウ会から経本を貰ってしまった時に
> 「謗法なので返してきなさい」
> ときいたことがあります。

化義抄に基づけば謗法の作成した法華経は謗法ですから返すか捨てるかの処分をした方がいいですね。

> 洗脳され組織に組み込まれて脱けずらい方々が気の毒です。
> 最終的には自分で気づいて自分で立ち上がるしかありませんが……

いまの学会員は「考えない」のです。「考えれば」創価が(顕正も)矛盾していることは誰にでもわかります。だから考えないように生きているんです。本当に気の毒ですよ。そういう人たちは自分の間違えに気づくのは死んだ時ですから後の祭りですね。

> インフルエンザもはやりはじめているようです。皆さんお体に気をつけて信心即生活で幸せになってほしいです。

未熟さんの健康には留意してくださいね。

崩れえぬ幸福境涯

池田:「政治家ではなく、庶民の王者に会っていただいてありがとう」
温家宝:「あなたとは以前、会ったことがありますよ」
この発言には驚きましたね。
学会員は「池田先生を求めて世界の指導者が指導を受けにくる」と言ってますけど、そのズレもよく分かる。
同時に池田が自身をどう見ているか、恥ずかしいほど自我が肥大した人ですね。

創価のブログを読むと同様ですね。
革張りのピカピカの偉い椅子に座って勤務していたがもうすぐ定年を迎えると、自身の立場や職業人生を賛美している。
ブログですからね。世の中の人がその自画自賛を見てるわけです。
ちょっとおかしいと思うのですが、池田由来の感性なんでしょうね。

戸田の言った、崩れえぬ幸福境涯とは、王様や社内で偉い立場に成ることではないですね。
社会的な立場はいずれ定年を迎えるし、何かの事件で無かったことになる崩れやすいものですからね。
物欲や権力欲や自己顕示欲など、そういったものを追い求める儚い人生を送るべきではないとしたのが仏教の心だと思うんですが。
まあ、創価は仏教とは言えない宗教の証拠でもあるわけなんですけど。

小野塚さん

こんにちは。

> 創価のブログを読むと同様ですね。
> 革張りのピカピカの偉い椅子に座って勤務していたがもうすぐ定年を迎えると、自身の立場や職業人生を賛美している。
> ブログですからね。世の中の人がその自画自賛を見てるわけです。
> ちょっとおかしいと思うのですが、池田由来の感性なんでしょうね。

普通は年齢を重ねれば自画自賛が実に恥ずかしく愚かな行為だと分かるんですけどね。
創価民は自画自賛する人か多いですね。
いい年した人間の自画自賛の自慢話ほどくだらないモノはありません。

大ちゃんには荷が重く?

私は、
極右思考なんで、失礼します。
そもそも、大ちゃんは、
日本人である
日蓮大聖人様の御仏心を
ご理解してたのか?

0分ごんぎょーで即成仏身?

戸田さんの教育が間違ってたのか?

駄文マイド失礼しました。

天覇さん

こんにちは。

> 私は、
> 極右思考なんで、失礼します。
> そもそも、大ちゃんは、
> 日本人である
> 日蓮大聖人様の御仏心を
> ご理解してたのか?

駄目作先生は他人を理解するのではなく、他人が自分を「理解しろ」というタイプです。

> 0分ごんぎょーで即成仏身?
> 戸田さんの教育が間違ってたのか?

戸田会長は駄目作先生の「信心」に関しては期待はしていなかったように思います。
戸田会長が駄目作先生の信心について言及した形跡はほとんどありません。
駄目作先生が言うには「戸田先生は自分には厳しかったから誉めてくれなかった」とのことですが、
事実は「褒められるような信心をしていなかった」のでしょうね。
0分勤行の実態を見れば明らかですね。

創価の発行している、口語訳の御書全集について

いつも勉強させていただいております。

最近、創価学会から口語訳御書全集が出ていることを知りました。

勉強のため購入しようかどうしようか迷っていたところ、丁度この記事を拝見しました。

創価の御書全集は、日蓮正宗でも使用禁止されていないようですが、口語訳の方は、やはり謗法の書に該当してしまうのでしょうか?

御意見を賜りたく。

よろしくお願いいたします。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>