FC2ブログ

座談会に皆で参加してみた。

先日、自分の所属している地区の座談会に自分が関わった元創価男子部の連中3人と一緒に参加した。皆で座談会に参加するのは初めて。本当は皆まだ正月休みだったから面倒だったけど地区長さんにどうしてもと言われたので地区長さんの顔を立てるつもりで皆で参加した。この日は法華講幹部のA氏が「顕正会破折」というテーマで「戒壇義」について話をしていたがその話の中で「戒壇の建立は御遺命ではない」という話があった。実は以前座談会に出た時も違う法華講幹部氏が同じような事を言っていたので話が終わった後に「戒壇建立は三秘抄にも一期弘法付属書にも明確に書かれているのだから御遺命ではないというのは違うのではないか。戒壇建立を御遺命ではないはないなんていったら顕正会に逆に破折される危険性があると思いますよ」と意見を言った。それからA氏と意見交換をしていると別の法華講員のB氏が「信心は理屈じゃなくて無疑日信が大切なんだ」と言ってきたので「そんなことは分かってますよ。でも今のテーマは顕正会の破折であり戒壇義なのだからちゃんと理論構築ができてなくてどうやって破折するんですか?」とB氏に聞くと「大聖人様の仏法は戒壇様と猊下様に信伏随従することだと教えればいい」というので「それをどうやって教えるのか?文証・理証以外の何で教えるのか?そもそも無疑日信でいいというなら顕正会も学会員もみんな無疑日信ですよ」といったのだがB氏とは全く話が噛み合わず、「門内摂受」とのご指南もあるのであまり突っ込まなかったけど、B氏は上記のこと以外に「お寺に来なさいよ」と言っり(それは地区長さんが私が参詣している事をいってくれた)「御書も自分勝手に読んでては間違える」と言ったり(これは私は歴代上人のご指南を元に学んでますよといったら「それなら大丈夫」といってたけど)なんでしょうね。なんかマウント取ろうとするんですよね。このB氏とはこの日初めて言葉を交わした程度で初対面なのに。ああ、だからと言ってこのB氏に対して怨嫉もなけりゃ批判もないしましてや破折してやろうとも思っていませんよ。いつも書くように創価と違って法華講は「しがらみ」がありませんからそんな気持ちは起きません。B氏と次に会話する機会があるかどうかも分かりませんから。だったらわざわざこんなこと書かなくてもいいのですが、私のように法華講初心者に分かって欲しいんですよね。「どこにでもそういう人はいる」と言う事を。私は創価時代もそうだったけど自分の信心を基準に他人の信心を決めつけることが嫌いです。でもどの組織にも他人の信心を評価する人はいるんですよ。だけどそのような人に出会って何か言われても気にする必要はないということです。その人の信心ををジャッジできるのは本人とご本仏だけなんです。それ以外は皆同じ末法の荒凡夫です。そんな荒凡夫から褒められようと貶されようとなんてことはないわけです。そもそもさっきも言ったみたいにもしも同じ講内に気が合わない・苦手な人がいたらその人に近づかなければいいだけです。法華講員が参詣するのは他の法華講員に会いに行くわけじゃないでしょう。あくまでもご住職に法門を聞いたりお寺のご本尊に題目をご供養したり時にはお寺にご供養するためだと思います。気の合わない講員さんと交わらないことは決して異体同心の信心を破ることではないですから同じ講員さんから何か言われても気にする必要もない。気にしなければ怨嫉なんてすることもないし信心を止めてしまうこともありません。万一どうしても我慢できない時はご住職に相談して対処すればいいわけです。また自分自身が他の講員さんに対して相手の信心に対して指導めいた事をいうのも避けましょう。在家同士で信心の指導めいたことをやり出すと創価みたいに怨嫉の宝庫になってしまいますからね。ただ。批判とか非難ではく教学(法門法義)に関しては間違っていることは間違っていると教えてあげないといけないとは思います。ぶっちゃけ「戒壇建立」を御遺命・ご命題ではないなんて言ったら顕正会に秒殺されます。文証に明確にあることを否定することになりますから。信心は理屈ではない事は間違いないですが、法の正邪は文理、つまり理屈なんです。それ抜きに「現証」なんて言い出せば法の正邪なんて判別できないですかね。そんなこんなが有った座談会でしたが色々と教学以外の事が学べて良かったと思います。ご住職が本山にいかれてて不在だったのが残念でしたが。しかし座談会とか法華講に必要なのかな?とも思いました。なんか創価の真似っぽくて。せめて「座談会」ではない呼び方だといいんですけどね(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

無疑?いや、いゃ、違うと思います。

大聖人様の御金言を誤らず拝し、

行きたいと存じます。

大聖人様への

信心は濃く学ば無ければ、と。

失礼しました。

いやわかります…
そんなこと言うから法主信仰とかいらんこと言われるんです(笑)
まぁ…あれですね
組織活動では創価学会の方がはるかに上です。人材育成や教学の勉強のしかたも。
今では根本間違ってるのでなんにもなりませんけど(笑)
もったいない話です。

そういう人

創価は社会問題化していますね。
政治や権力と深く結びついて、自分の組織の利益を貪る。
会員達の、上に媚びる体質が、創価官僚を思いあがらせ、社会全体までも劣化させていますね。
加担している会員も利用され不幸になっているのだから、明らかに要らない物ですよね。
そんな創価の独善と固定観念は批判していかなければ止められない。
だから機会があれば面と向かってじっくり話すのですが、涙目になって怒り出す人が居ますね。
物に狂い、怨念が何か月先に膨み、ありえない反社会的な報復の嫌がらせをする人も居る。
もうそれは無意識の内面で創価の間違いに気付いているからですね。
そこで対抗すれば同列になってしまうので、忍辱の鎧をまとうのがの正当なあり方だと思っています。

そういう自らの希薄なアイデンティティを守るため攻撃してくる人は、法華講にも居てもおかしくないですね。
長年創価の悪習慣を染みつけた人がすぐ抜けるはずがない。
負ける勇気がない人なのですけど、だから他人から学ぶ姿勢がない。
人生は有限ですから、間違いはすぐ訂正しなければいけないのですけど。
自省がなく砂上の楼閣を築いてきた学会員が気付いた時には手遅れになっている現状をよく観察してみれば気付くのかなと。

天覇さん

こんにちは。

> 大聖人様の御金言を誤らず拝し、
> 行きたいと存じます。
> 大聖人様への
> 信心は濃く学ば無ければ、と。

自分の信心をチェックするのが御書ですね。
多くの創価民たちは自分の信心に御書を合わせてしまいがちです。
そうではなくて御書に合っているかどうかなんですよね。
だから創価教学ではダメなんですよ。

元創価さん

こんにちは。

> いやわかります…
> そんなこと言うから法主信仰とかいらんこと言われるんです(笑)

法主上人のご指南に随順するのは間違っていないのです。ただそれは法華講内部で通用する話なんですよね。
外に向けて話しても折伏はできません。御本尊を説明したり信心を説明するのに理屈抜きでは語れないわけです。
内部でしか通用しない話を外でするから通じない。これでは創価や顕正と同じだと思うんですよね。

> まぁ…あれですね
> 組織活動では創価学会の方がはるかに上です。人材育成や教学の勉強のしかたも。
> 今では根本間違ってるのでなんにもなりませんけど(笑)
> もったいない話です。

それは感じますね。まだ私が創価だった頃に知人の法華講員さんが教学は創価の方があると言ってましたが確かにそうかも知れませんね。組織活動の確かに創価の方が上手かもしれません。創価は団体競技・法華講は個人競技。そんなイメージです。

小野塚さん

こんにちは。

> そういう自らの希薄なアイデンティティを守るため攻撃してくる人は、法華講にも居てもおかしくないですね。
> 長年創価の悪習慣を染みつけた人がすぐ抜けるはずがない。
> 負ける勇気がない人なのですけど、だから他人から学ぶ姿勢がない。
> 人生は有限ですから、間違いはすぐ訂正しなければいけないのですけど。
> 自省がなく砂上の楼閣を築いてきた学会員が気付いた時には手遅れになっている現状をよく観察してみれば気付くのかなと。

性分なんでしょうね。まぁ創価で大勢そのような性分の人を見てきたので「どこにでもいるな」程度の感想です。だた法華講の場合は組織の役職は創価のように威光・権力にはなりません。本当にただの「なんとか係」程度ですし創価のような濃密な人間関係を築かなくてもいい。そして最後はご住職がジャッジしてくれる。それがいいところだと思っています。とかく濃い関係の組織だと同調圧力だったり幹部職に権力が発生しますし在家がジャッジを下すとなるとどうしても世法が絡みます。そこに怨嫉や諂諛が生まれますね。法華講でも多少はそういうものがあるのかもしれませんが基本的にそこまで講員同士の人間関係が緊密にならないので、他の人の言動が気になる事もありません。

行力信?

第1に御本尊(日蓮大聖人様)を「信」じ

第2に折伏を「行」い、

第3に御書を「学」ぶ、のが

昔の創価の指導でしたっけ?

基本は大事だと思う次第です。

創価学会仏にゲギョげぎょ唱えても、
なぁーんも、なかとデス。

駄文まいど失礼しました

天覇さん

こんにちは。

> 第1に御本尊(日蓮大聖人様)を「信」じ
> 第2に折伏を「行」い、
> 第3に御書を「学」ぶ、のが
> 基本は大事だと思う次第です。

信行学は大切ですね。
でも正しい信行学じゃないとですね。

個人の埋没

組織化されて強力になると同時に個人が埋没していきますね。
それに気付かず、組織の中の立場で自らのアイデンティティを確認するようになる。
しかしながら個人としてどうなのか。
信仰という個人の自立と相反する創価の実態がそこにあったように思います。
日々の生活だけに信仰があると考えていますから、組織的な行動を信仰と置き換え騙したから、票集めや新聞販売などの営業活動まで信心になったのだと。

教学についても、日々の生活の課題の向き合いと弘教があるから理解が深まるわけですね。
だから信行学はワンセットになっている。
生活や仕事を犠牲にして、信は創価のための営業活動の中にだけにあり、活動は頭で理解するのではなく体で覚え、教学は思索ではなく刷り込みなってしまった創価は、信営刷だなと。
在家信仰者が成すべきことは何かと考えると、法華講が健全な組織のあり方だと思っています。

小野塚さん

こんにちは。

> 教学についても、日々の生活の課題の向き合いと弘教があるから理解が深まるわけですね。
> だから信行学はワンセットになっている。
> 生活や仕事を犠牲にして、信は創価のための営業活動の中にだけにあり、活動は頭で理解するのではなく体で覚え、教学は思索ではなく刷り込みなってしまった創価は、信営刷だなと。
> 在家信仰者が成すべきことは何かと考えると、法華講が健全な組織のあり方だと思っています。

創価の場合は学会活動=生活になってしまうからダメなのだと思います。
仕事や遊びという中に信仰があるのだと思います。
本来の信仰とは人生を生活を豊かにする方途で生活と信仰は互いに邪魔しあう関係ではないのに、
信仰とは無関係な学会活動をやらせようとするか両立できなくなる。
法華講の場合は組織的な活動はなくはないのでしょうが創価ほど「~でなくてはならない」という押しつはありません。
そもそも「指導」というものが存在していないようですし、仮に存在していても創価ほどの効力はないですから。
もっともだからこそ個人の信心が試されるのですが、自立した信仰者を目指すなら法華講はいい環境だと思います。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>