FC2ブログ

御講拝読御書研鑽(2020年2月・日女御前御返事)

黄河は千年に一度すむといへり聖人は千年に一度出ずるなり、仏は無量劫に一度出世し給ふ、彼には値うといへども法華経には値いがたし、設ひ法華経に値い奉るとも末代の凡夫法華経の行者には値いがたし

昨晩、御講に参詣してきた。正宗では毎月の御講の折にご住職の御書の法話が行われいる。昔はお寺ごと違う御書を拝読していたみたいだが昨年くらいから全国の末寺で同じ御文を拝読するようになった。折角、毎月御書を拝読しているのだから拝読御書の研鑽をしてみたいと思う。早速今月の拝読御書の「日女御前御返事」の上記の御文を研鑽してみる。
この御文は、「持妙法華問答抄」の
◆受けがたき人身をうけ値いがたき仏法にあひて争か虚くて候べきぞ
などの御文と同意で、南無妙法蓮華経に巡り合う事の難しさ、そして尊さを教えてくださっている御文です。【設ひ法華経に値い奉るとも末代の凡夫法華経の行者には値いがたし】とはここで言われている「法華経」とは釈迦仏法における文上法華経のことで「法華経の行者」とは言うまでもなく大聖人のことです。つまり法華経は読むことができてもそれを正しく読む法華経の行者には会うことが難しいといことです。そしていつも書くように法華経の行者とは日蓮大聖人で、日蓮大聖人とは南無妙法蓮華経の事に他なりません。
◆されば無作の三身とは末法の法華経の行者なり無作の三身の宝号を南無妙法蓮華経と云うなり(御義口伝)
そしてこの法華経の行者の色心二法はまた本尊なのです。
◆日蓮慥に霊山に於て面授口決せしなり、本尊とは法華経の行者の一身の当体なり云云。(御義口伝)
そして日蓮大聖人の色心二法の当体である戒壇大御本尊が「法華経の行者」の体なのです。
つまり、この戒壇大御本尊に値うことが難しい事だということです。なぜそれほど難しいのかというと、日寛上人は三重秘伝抄で次の3つの理由を挙げています。1には仏がこの世に現れることが非常に稀な事。2には仏が出現しても説法する事が稀であること。そして3つ目は仏の説法を聞いてもそれを信じることが稀であるという事。ここでいう説法の「法」とは南無妙法蓮華経のことです。法華講になれば当たり前のように御開扉をうけ大御本尊にお目通りできますが、実はそれこそ本当に奇跡のようなことなんですね。よく考えてみてください。末法の我等は本未有善の衆生です。ということは久遠元初から気の遠くなるくらいの長い時間この南無妙法蓮華経を一度も聞かずにきてしまった人間なんです。それが今世で法華経の行者たるご本仏・大御本尊のおわします時に生まれたわけです。折角そのような千載一遇のチャンスに巡り合ったのに大御本尊を信受しないのであれば次いつ巡り合うか分からないわけです。ましてや創価の如くその説法を聞き一度は受持したもののそれを捨ててしまうなど哀れこの上ないわけです。仮に池田センセが素晴らしい聖人だとしても1000年に一人のレベルなんです。そんな人間の言葉に騙されようやく出会えたご本仏を捨てるなんでバカとしかいえない。この御文の直前には、
◆例せば父母なんどには謀反等より外は子息等の身として此に背けば不孝なり、父が我がいとをしきめをとり母が我がいとをしきおとこを奪ふとも子の身として一分も違はば現世には天に捨てられ後生には必ず阿鼻地獄に堕つる業なり、何に況や父母にまされる賢王に背かんをや、何に況や父母国王に百千万億倍まされる世間の師をや、何に況や出世間の師をや、何に況や法華経の御師をや。
との言葉があります。「法華経の御師」と比べれば池田ごとにの「世間の師」なんて小物もいいところなんですよ。こんな小物でしかも邪師に誑かされてどうすんだということです。
創価民や顕正民の皆さんが本当に自他共の幸福を望んでいるんであれば早く創価・顕正を辞め大御本尊に戻る事ですね。いつ戻ってもいいですが、来年は日蓮大聖人御生誕800年の佳節。折角ならその慶事に参加できればそれに越したことないと思うので年内には大御本尊のもとに戻り、会い難き「法華経の行者」たる大御本尊に会いにいくことをオススメします。大石寺は謗法だ。御開扉は謗法だ。なんていう池田や浅井に騙されている場合じゃないですよ。


にほんブログ村


創価学会ランキング


コメントの投稿

非公開コメント

人間の脳の研究

発見されたものの中で、宇宙で一番複雑でかつ活発に活動しているのが人間の脳らしいですね。
しかし一方の研究では、人間の大脳は正しいことを導き出す機能などないのだとか。
知識や過去の記憶を統合して結論を出す機能であって、それだけを合理的に駆使していけば必然的に利害の衝突から同士討ちを始めるとの結論を出した研究者もいるそうです。

人間の知恵の限界性を謙虚に認めなければと、最近どう考えても破滅に動く世相を見てて思います。
その人間の限界性を見抜いて示唆を与えた人が仏なのでしょう。

例の彼を3000年に一度に出現する偉人だという人がユーチューブに居ましたね。
でもまあ、成金趣味の絵画コレクションを自慢する人などありふれているわけで、自分自身も他人の事を言えない大脳で動く俗物なわけです。
健全にある程度の年齢になれば、人間の限界がその程度だと良くわかるものなんですけどね。

小野塚さん

こんにちは。

> 発見されたものの中で、宇宙で一番複雑でかつ活発に活動しているのが人間の脳らしいですね。
> しかし一方の研究では、人間の大脳は正しいことを導き出す機能などないのだとか。
> 知識や過去の記憶を統合して結論を出す機能であって、それだけを合理的に駆使していけば必然的に利害の衝突から同士討ちを始めるとの結論を出した研究者もいるそうです。

なるほど。納得いきますね。

> 例の彼を3000年に一度に出現する偉人だという人がユーチューブに居ましたね。
> でもまあ、成金趣味の絵画コレクションを自慢する人などありふれているわけで、自分自身も他人の事を言えない大脳で動く俗物なわけです。
> 健全にある程度の年齢になれば、人間の限界がその程度だと良くわかるものなんですけどね。

例の彼が偉人であろうと所詮末法の荒凡夫に変わりありません。3000年に一度は現れるいわば優曇華の花とかわらない。そんなモノに騙されそんなモノとは比べ物にならないくらい会い難い大御本尊を捨てるのだから創価民は莫迦なんです。そんな莫迦が御書根本とは片腹イタイわけです。

前後に銭七貫文の御供養や罰のことが御指南あそばされていて…勉強不足なのでもっと勉強したいと思いました。

澄んだ黄河もみてみたかったりしますが、御開扉いただけるありがたさをしみじみと感じるご金言です。

三宝への御報恩なくして成仏無しですね。


戸田先生が信徒資格を取得したときの条件をしっかり思い出してもらって、末寺参詣、末寺下護…強いては本山への護法の念を強くされる方が増えますように。

嫌な病気も大陸で流行っているので、立正安国論の御金言のように、実乗の一善に帰依していただきたいです。

未熟さん

> 前後に銭七貫文の御供養や罰のことが御指南あそばされていて…勉強不足なのでもっと勉強したいと思いました。

創価時代とは違う御文を御講では結構拝読するので新鮮です。

> 澄んだ黄河もみてみたかったりしますが、御開扉いただけるありがたさをしみじみと感じるご金言です。

私も法華講に移籍してから御開扉の有難味を感じています。

> 三宝への御報恩なくして成仏無しですね。

四恩抄・報恩抄でも大聖人様が仰せですね。

> 嫌な病気も大陸で流行っているので、立正安国論の御金言のように、実乗の一善に帰依していただきたいです。

そうですね。その為にはまづ「聞法下種」をコツコツしないとですね。
頑張ります。

お久しぶりです。

管理人様お久しぶりです。
お講でのご住職のお話は本当にありがたいですね。

学会は日女御前御返事の切り文を持って胸中の肉弾に御本尊様があると平気で嘘をつく、三大秘宝の戒壇の大御本尊様の法体に唱える本門の題目だから、胸中の仏界が現れると読めない。
思い浮かぶのは只のおっさんの池田先生やから、もっとたちが悪い。

本当に人を見て信心をしてはならないのに。

人を見て

前回の投稿に名前が抜けてました。
失礼しました。
いつもと違うパソから投稿したから。

>本当に人を見て信心をしてはならないのに。
ああ、ほんと学会員の特性がそれですね。
人に対しても適切に評価できない人達が多い。
だから騙される。

ひごちゃんさん

こんにちは。お久しぶりです。

> お講でのご住職のお話は本当にありがたいですね。

そうですね。「ありがたい」と思って拝聴することが大切ですよね。

> 学会は日女御前御返事の切り文を持って胸中の肉弾に御本尊様があると平気で嘘をつく、三大秘宝の戒壇の大御本尊様の法体に唱える本門の題目だから、胸中の仏界が現れると読めない。

全くその通りですね。日達上人も自分人が本尊だなどいう人間は増上慢であるとご指南されていますね。

> 思い浮かぶのは只のおっさんの池田先生やから、もっとたちが悪い。

気持ち悪いですね(笑)

> 本当に人を見て信心をしてはならないのに。

そういう事です。

小野塚さん

こんにちは。

> 前回の投稿に名前が抜けてました。
> 失礼しました。
> いつもと違うパソから投稿したから。

いえいえ。文章で小野塚さんだと分かりましたのです大丈夫です(笑)

> >本当に人を見て信心をしてはならないのに。
> ああ、ほんと学会員の特性がそれですね。
> 人に対しても適切に評価できない人達が多い。
> だから騙される。

基準が「好き嫌い」なんですよね創価民は。
仏法は「好き嫌い」ではなく「正邪」なんですよ。
例え、大作センセとどんなに思い出が有ったとしても間違っている師匠なら捨てるのが大聖人の教えです。
もっとも。本部職員は「サラリーマン」ですから組織内の出世と自分の地位と収入にしか興味ないのでしょうけど。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>