学会の教義・ご本尊 1

学会の現会則の教義では信受すべきご本尊を「一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊」と記述している。
しかし、平成14年の会則変更前の教義では、「弘安2年10月12日の本門戒壇の大御本尊」と明記されてる。
この二つの【大御本尊】は、同じご本尊を指しているのだろうか?

まず現会則の【一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊】を考察する。
【三大秘法】とは【本門本尊】【本門戒壇】【本門題目】だが、
これは【一大秘法】から開かれた【法義】である。
【一大秘法】とは日寛上人が、
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
問う、若し爾らば三大秘法開合の相如何
答う、実には是れ一大秘法なり。一大秘法とは即ち本門の本尊なり、此の本尊所住の処を名づけて本門の戒壇と為し、此の本尊を信じて妙法を唱うるを名づけて本門の題目と為すなり。故に分かって三大秘法と為すなり。又本尊に人有り法有り、戒壇に義有り事有り、題目に信有り行有り、故に開して六義と成り、此の六義散じて八万法蔵と成る。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
と言われてる通り、【本門の本尊】を指す。
この【一大秘法の本門本尊】が【法体】であり、
そこから【本門本尊】【本門戒壇】【本門題目】と開かれ、
更に六秘(人・法の本尊、義・事の戒壇、信・行の題目)となり、八万法蔵へと開かれていく。
逆に言えば、八万法蔵は六秘に、六秘は三秘に帰結し、最後は【一大秘法の本門の本尊】となる。
この【一大秘法の本門本尊】を日寛上人は【三大秘法総在の大御本尊】と言われている。
だとしたら、現会則の【三大秘法の大御本尊】とは結局は【三秘総在の一大秘法の大御本尊】に帰結する。
帰結しなければ【三大秘法】ではないからだ。
三秘を三秘ならしめているのは、【一大秘法の本門本尊】であることを、まずは認識しなければならない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR