FC2ブログ

観心本尊文段の解説(サカイさんから質問への回答)

サカイさんとの対話の中で、日寛上人の観心本尊抄文段の下記のご指南について解釈の質問がありましたので今日はそれについて書きたいと思います。質問があった御文は、

我等この本尊を信受し南無妙法蓮華経と唱え奉れば我が身即ち一念三千の本尊連祖聖人なり

の御文です。この御文は観心本尊抄文段の一番最後部分で結論の部分になります。この少し前に
◇問う、妙法五字のその体何物ぞや。謂く、一念三千の本尊これなり。一念三千の本尊、その体何物ぞや。謂く、蓮祖聖人これなり。
とのご指南がありそれを受けての上記のご指南がサカイさんの引用した部分です。さてこのご指南ですが、観心本尊抄文段の上巻に、
◇我等一心に本尊を信じ奉れば、本尊の全体即ち我が己心なり。故に仏界即九界なり。我等一向に南無妙法蓮華経と唱え奉れば、我が身の全体即ちこれ本尊なり。
とのご指南があります。通釈すると我々が「この御本尊」を信じた時にはご本尊全体が自分の己心になる。信じて唱題すれば我らの一身全体が「本尊」になるということで、サカイさんの引用したご指南はこれと同じことを言っています。「ご本尊」はいうまでもなく「仏界」ですから「この御本尊」を信じる時には仏界に我々凡夫(九界)が冥合してご本尊は仏界即九界となりご本尊を信じて唱題すれば我が身に仏界が顕れ我が身が九界即仏界となるということです。この二つが揃って真の十界互具が顕れる故に真の一念三千(事の一念三千)が成立するということです。創価民は唱題に力があると勘違いしますが、唱題だけでは仏界即九界がないので一念三千となりません。また創価民の己心本尊論ですがこれは九界即仏界だけを説明しているだけでありこれまた仏界即九界が欠けているので、一念三千でなく一念2700になります。ここに本尊の重要性があるのです。ご本尊は己心を映す鏡ではありません。ご本尊は「仏界」の当体なのです。そのことを【一念三千の本尊、その体何物ぞや。謂く、蓮祖聖人これなり。】とご指南されてます。これは一念三千即自受用身ということで、ご本尊が人法一箇であることを示すとともに、ご本尊というのは宇宙の法則を具現化したのではなく日蓮大聖人そのものだという事です。冒頭のご指南はこのことを述べています。さて、問題はここからです。冒頭のご指南の「この本尊」とは「どの本尊なのか」というのが重要なポイントでそれついて同じ観心本尊抄文段で日寛上人は、

◇就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本懐の中の本懐なり。既にこれ三大秘法の随一なり。況や一閻浮提総体の本尊なる故なり

明確に戒壇大御本尊が「この本尊」であることを示されています。つまり冒頭のご指南は「我らがこの戒壇大御本尊を信受して南無妙法蓮華経ととなえれば大御本尊全体に我が己心が冥合し、また我が己心に真実の一念三千即ご本仏日蓮大聖人の仏界が顕れる」ということなのです。創価民は仏界は自分の中から湧現するといいますが大御本尊がと境智冥合しなければ仏界など湧現しないのです。創価は大御本尊を捨てたのだけはなく受持しないだけと屁理屈を言いますが、「受持」とは「信受」のことですから「この御本尊」を信受せずに南無妙法蓮華経とただ唱えているだけですから事の一念三千は成り立たず結果己心の仏界など湧現しないのです。つまり大御本尊を捨てた創価の本尊・題目では不成仏が確定なのです。今の創価は同じ文段で日寛上人が、
◇本尊に迷う故に、また我が色心に迷うなり。我が色心に迷う故に生死を離れず
とご指摘している「本尊に迷った衆生」なのです。かつて池田センセは
▼本門戒壇の板御本尊、なんだ寛尊、信心の中にしか本尊はないんです、ただのモノです。一応の。機械です。幸福製造機だもの。大聖人がおっしゃっているんだ。
などといって日寛上人を愚弄した発言をしていますが。日蓮大聖人がいつご本尊を「一応のただのモノ」と言ったのか?いつ大聖人がご本尊を「幸福製造機」などと言ったのか?センセ、適当な事をいって会員を騙してはいけません。大聖人は
◆日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ(経王殿御返事)
といっているのにかかわらずこのような指導をする人を師匠を仰ぐ創価民は考え直した方がいいと思います。何が「日蓮直結」「御書根本」ですか。ましてや現在の創価本尊は日寛上人のお筆のご本尊をコピーしたものではないですか。日寛上人のご指南・お心に反した気持ちで日寛上人のご本尊に題目あげて一体何の功徳があるというのでしょう。「偽本尊」云々の前に「ニゼ題目」なんです。日寛上人の正しいご本尊というならば、正しく日寛上人のご指南を受けてこそ正しい題目になり功徳が出るのです。

◆だんなと師とをもひあわぬいのりは水の上に火をたくがごとし(四条金吾殿御返事)


にほんブログ村


創価学会ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

9界の衆生。

有難い事です。

事の一念三千
人法一箇
獨一本門戒壇の大御本尊様に
南無し奉る幸せ。

池田先生と言う名のフィルターを
通さずに祈れる幸せゃ如何?

駄文まいど失礼致してます♪

天覇さん

こんばんは。

> 事の一念三千
> 人法一箇
> 獨一本門戒壇の大御本尊様に
> 南無し奉る幸せ。

本当にそう思います。
そういえば、梵我一如さんがブログを更新してましたね。
楽しみにしているので頑張って続けてもらえるようお願いしておいてください。
確かにブログを続けるのは大変ですけど(笑)

お久しぶりです。

今晩はお久しぶりデス。

半年以上、拝見だけさせて頂いておりましたm(__)m
今回サカイさんと言う学会員の方がお見えになり、某支部長のように屁理屈を捏ねくり回す訳でも無く、ありがちな書き逃げでも無く、論に詰まって逃亡でも無く、暴言吐き捨てでも無く、よくここまで対話をされたなぁとめちゃくちゃ感心しています(笑)

サカイさんの言葉はまさに今の創価の思考そのものでした。

大変興味深く拝見し、また触発されまして不躾ですがコメントしましたm(__)m

しかしこれだけ孤軍奮闘してみえたのに、学会員の同志は冷たいッスね(笑)
逆の立場だったら見てられないっすよ。

すいませんなんか変なコメントになりました。

御書講義ありがとうございます!いつも楽しみで勉強させて頂いております。

自分も飲食ですし、以前は天パさんと某支部長ブログに乗りこんだり、某アンチブログに突っ込んだりしてブルーノートさんに助けられたりで、なんだか、サカイさんに親近感が湧いていました(笑)

ダラダラすいません。
とにかくいつもありがとうございます!
御自愛ください!!!

鬼にカナボーぉん! ナンっすよ♪

大御本尊様を
末法の大御本仏で在らせられると
胸中の肉弾が
感応さえすれば簡単な話なんです!
が、すかすぅ、池田先生と仲間たちは、、
残念しごくで御座います。

創価は詐欺だとか、言っちゃう方も
合わせて残念です。

梵さん♪ 復活!は嬉しい限りです♪

駄文まいど失礼致しました(`_´)ゞ

質問

管理人様こんばんは。

明快痛快快刀乱麻、いやさすがです。
今回も改めて戒壇の大御本尊様を拝せる幸せを噛み締めながら読ませて頂きました。

またここ数日サカイさん登場で非常に楽しく有意義な時間を持てました。

さて、御書に関する質問が浮かびましたのでまたご教授お願いしたいのですが。

弁殿尼御前御書の「第六天の魔王、十軍のいくさををこして、法華経の行者と生死海の海中にして、同居穢土をとられじ、うばはんとあらそう」(新編六八六頁八行目)
と有名な御文があります。改めて読んでみて疑問が湧きました。
生死海の海中にしてという表現は宇宙法界の事だと私なりに理解しておりますが、気になるのは生死という言葉です。
生きている間に第六天の魔王と闘うというのはイメージしやすいのですが、もしかして信心してる人が亡くなった後も第六天の魔王と闘うのかなと。
もしそうなら肉体が無いのでお題目あげられませんし、どうやって闘うのだろうと。
例えば遺された家族からの塔婆供養とか回向の功徳で助けてもらうのかなとか色々考えましたが、私の足りない頭では疑問が湧いただけでパンクしております(笑)
管理人様、どうか教えて頂けませんか?

記事を読んで

この記事を読んで正直分からない。
原因はいろいろあって、理解した気になって勝手な決めつけをするより良いことだと思うわけです。
修行があって理解が進むのが仏教ですね。

梵我一如さん

こんにちは。お久しぶりですね。お元気そうで何よりです。

> サカイさんの言葉はまさに今の創価の思考そのものでした。

そうですね。いまの大多数の創価民を代弁していると思います。リアルで私の周囲にもサカイさんと同じような事を言う創価民がたくさんいます。

> しかしこれだけ孤軍奮闘してみえたのに、学会員の同志は冷たいッスね(笑)
> 逆の立場だったら見てられないっすよ。

本当に。学会員もこのブログを見ているはずなんですよね。(リアルで地元の創価活動の何人かはこのブログを読んでいるのは知っています)それこそ鯛焼き支部長や支部長のブログにコメントしている学会員あたりが助け舟出せばいいのに(このブログを読んでいるかは知りませんが)まぁタイ焼き君は小心者ですからね。教学をあまり知らないシニフェイさんの所には行けてもここにはこれないのは知ってますが(笑)

> 御書講義ありがとうございます!いつも楽しみで勉強させて頂いております。

こちらこそいつも読んでいただきありがとうございます。

> 自分も飲食ですし、以前は天パさんと某支部長ブログに乗りこんだり、某アンチブログに突っ込んだりしてブルーノートさんに助けられたりで、なんだか、サカイさんに親近感が湧いていました(笑)

そうなんですか。飲み屋系で行ける場所なら行きますよ(笑)

> 御自愛ください!!!

梵我一如さんもコロナに限らずお身体を大切にしてくださいね。
ブログ更新も楽しみにしてます♪

天覇さん

こんにちは。

> 創価は詐欺だとか、言っちゃう方も
> 合わせて残念です。

学会活動自体は別に詐欺でもなんでもありませんよ。
大聖人仏法ではない創価の活動を「大聖人仏法」といって会員に活動や財務をやらせるのが「詐欺」だといってるだけで。
創価が「私たちは日蓮と無関係です」といって大聖人の曼荼羅ではないモノを本尊にすれば、とりあえず「詐欺」とはいいません。邪教とは言いますが(笑)

> 梵さん♪ 復活!は嬉しい限りです♪

ですね。梵我一如さんの語り口はソフトで楽しいですからね。
私も少しは見習わないと・・

小野塚さん

こんにちは。

> この記事を読んで正直分からない。
> 原因はいろいろあって、理解した気になって勝手な決めつけをするより良いことだと思うわけです。
> 修行があって理解が進むのが仏教ですね。

そうですね。今回の御文も文段の結論部分なんです。日寛上人が「この本尊」とご指南される大聖人のご本尊は全て「戒壇大御本尊」の事なんですね。その大御本尊を受持しない創価民が日寛上人のご本尊だから正しい。というのがおかしな話です。百歩譲って創価本尊が正しいとしても大御本尊を捨てた創価民の祈りは正しくない「ニセ題目」ですね。
いづれにしても行学は一対ですから、行が進めば学は深まり、学が深まれば行も進みます。どちらかでは片手落ちですね。

寝言丸さん

こんにちは。


> 弁殿尼御前御書の「第六天の魔王、十軍のいくさををこして、法華経の行者と生死海の海中にして、同居穢土をとられじ、うばはんとあらそう」(新編六八六頁八行目)と有名な御文があります。改めて読んでみて疑問が湧きました。生死海の海中にしてという表現は宇宙法界の事だと私なりに理解しておりますが、気になるのは生死という言葉です。生きている間に第六天の魔王と闘うというのはイメージしやすいのですが、もしかして信心してる人が亡くなった後も第六天の魔王と闘うのかなと。もしそうなら肉体が無いのでお題目あげられませんし、どうやって闘うのだろうと。 例えば遺された家族からの塔婆供養とか回向の功徳で助けてもらうのかなとか色々考えましたが、私の足りない頭では疑問が湧いただけでパンクしております(笑) 管理人様、どうか教えて頂けませんか?

この御文における「生死海」というのは広義の意味の十法界ではなく六道輪廻を「生死海」と表現されています。更に別していうとこの娑婆世界の「生老病死」の最初と最後の根本的な苦しみを表してします。「同居穢土」つまりこの娑婆世界は六道の主戦場なんですね。何故なら「同居穢土」での行動によって、六道という苦しみの海を彷徨うのか六道から抜け成仏できるかが決まるからです。だからこそ第六天の魔王は「同居穢土」を奪われたくない。何故なら第六天魔は六道の主だからです。

◆末代の凡夫一代聖教の御心をさとり摩訶止観と申す大事の御文の心を心えて仏になるべきになり候いぬれば第六天の魔王此の事を見て驚きて云く、あらあさましや此の者此の国に跡を止ならばかれが我が身の生死をいづるかはさてをきぬ又人を導くべし、又此の国土ををさへとりて我が土を浄土となす(三沢抄)

さて、信心を通し臨終を迎えれば六道には落ちず仏界に住するのでそこでは第六天魔の戦いはありません。再び法華経の行者として娑婆世界で第六天魔と戦う日のための暫しの休息といった所ですから、今世で法華経の行者を貫き通せば心配いりません、

No title

おはようございます。

観心本尊抄文段は一大秘法、六大秘法の法義を捨てた創価には理解したくてもできないでしょうね。
日寛教学のある部分は用いて、都合の悪い部分は捨ててしまった。
そして三大秘法もわからなくなり、事の一念三千が何であるか理解できなくなった。
事の一念三千が理解できないから、自分たちが何を拝んでいるのかわからなくなっている。
まさに「諸宗は本尊にまどえり」
己義を構え本尊に惑ってしまった結果が今の創価だと思います。

一念二千七百、最高です。(笑)
三百足りない…(笑)

blue_noteさん

こんにちは。

> 日寛教学のある部分は用いて、都合の悪い部分は捨ててしまった。

そこが今の創価が大聖人仏法に反する邪教という所以です。
本尊は自分達で認定する。自分達のいいように御書やご指南を取捨選択し解釈する。
すべて自分達の都合に合わせてしまう。これを仏法だという方がおかしいですよね。

> 一念二千七百、最高です。(笑)
> 三百足りない…(笑)

彼らには「仏界」がすっぽり抜けてますから(笑)

9×9×10×3なので2700じゃない…

細かいことはさておいて…

一念三千と三障四魔は摩訶止観でセットになっているようです。

今年は魔が強いそうです。唱題で魔を破ることができます。やっかいなのは己心の魔
…一番簡単に払えるのも己心の魔なのでしょうか?

一切を開く鍵は唱題行にあり

との御指南もあります。有難いです。母の日過ぎましたが親孝行にもなります。

戒壇の大御本尊様に繋がる御題目は周りも明るく出来て、生活上困ったことがあっても良い智慧もいただけます。

今は中止になっていますが、御開扉をいただけたあとの清々しい気持ちは他所では得られません。未熟なので文証あげるのが苦手です。それでも闘病平癒の御祈念や七五三や結婚式などなど思い出すと幸せな日々です。冬は必ず春となる…

未熟さん

こんにちは。

> 戒壇の大御本尊様に繋がる御題目は周りも明るく出来て、生活上困ったことがあっても良い智慧もいただけます。
> 今は中止になっていますが、御開扉をいただけたあとの清々しい気持ちは他所では得られません。未熟なので文証あげるのが苦手です。それでも闘病平癒の御祈念や七五三や結婚式などなど思い出すと幸せな日々です。冬は必ず春となる…

サカイさんに限らず、創価や顕正の会員さんには大御本尊様へお目通りしてもらいたいですね。そうすれば1発で謎が解けるんですけどね。

すみません。9×9×10×3
なんて絶対ありません。

まだ御題目しか知らない幼少期にお坊さんに叱られて逆ギレしましたら、祖母に

そんなことしたら罰があたる!と言われて

実際に何もないところで転んでタンコブできました。

同じ頃…知らないおじさんがお寺に怒鳴り込んて来たので、幼少ながら

そんなことしたら罰あたる!

と言いましたら、おじさんのカツラが風でもっていかれました。

創価のダメ出しで何か気づいてお寺に訪問される方は…どうか注意してほしいです…

未熟さん

こんにちは。

> すみません。9×9×10×3
> なんて絶対ありません。

十界互具から仏界の十界を除くと9×10×10×3ですよ。

> 創価のダメ出しで何か気づいてお寺に訪問される方は…どうか注意してほしいです…

ご住職に逆キレしないように(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>