学会2世・3世の会員に対する素朴な疑問

先日、男子部時代からの付き合いのある後輩と久々にあった。
今は壮年部で地区幹事兼任のB長をやっているとの事。
彼はいわゆる学会2世だ。
彼の母親はまだ宗門問題が起こる前
20数年前に亡くなっている。
純粋に信仰を貫いた一生だったようで
彼はそんな母親の信心をよく思い出しては語っている。
そんな彼と会うにあたってどうしても聞きたい事があった。
もちろん今回の学会の教義変更をどう考えるのか?
と言う事だ。
いまだに親御さんが健在で
しかもバリバリの両親というような
2世・3世の会員は今回は置いておいて
彼のように既に両親が亡くなっている2世・3世の会員さんは、
「弘安二年の大御本尊を信受しない」と言いだした
学会本部の方針を一体どう受け止めているのだろう?
彼の場合で言えば
自分に信心を教えてくれた尊敬すべき母親。
その母親は生涯、大御本尊様に対する純粋な信心を貫いた。
その母親が生涯信じていた大御本尊を
学会は「信じるな」と言いだした。
それに従えば、彼は母親が信じていた御本尊を捨て
学会が信じろと言う本尊を信じなければならない。
2世と言いながら、親と違う本尊を信仰するのである。
つまり親と違う信心をする。と言う事だ。
本当にそれが亡くなった母親が彼に望んだ事なんだろうか?
母親と違う本尊を信じる事が母親にたいする追善になるのだろうか?
そして、それは【是】なのか?
俺は2世でも何でもないからその辺の心情は分からないので、
直接、訊いてみた。
「お母さんが信じ抜いた大御本尊を捨てろ。という学会の通達をどう思う?」
「キミはお母さんと違う御本尊を信じ、違う信仰をこれからも続けるのか?」と。
彼の回答は・・・
「母も学会員で生涯を終えた。だから自分もそうするつもりです。でも信じるのは母が信じていた大御本尊様です。自分の部員さん(他の会員)にも大御本尊の事を話します。それでもし幹部に注意されても構いません。」
との事だった。
その言葉を聞いて安心したたのともに
わけのわからない理由で教義変更を強行した
学会本部や中枢幹部の身勝手さに怒りも覚えた。
宗門に破門された時も
今回の教義変更も
やつら中央のバカどもは
末端の会員がどれほど苦悩しているかを
想像すらしないのだろうなぁ~
ってつくづく思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

誰が見ても横暴としか思えない

本部が会員の意見を聞かずに会則を変えたからこうなったのである。これは集団的自衛権と特定秘密保護法を国民の声を聞かずに決めた時と同じである。
たたでさえ、青年部の活動離れが進んでいるにもかかわらず、組織に対して疑問を持つ人の数を増やしてどうするというのか?これは青年部だけでなく、古参の会員も納得できないことであるため、世代を問わずに学会から離れるということも考えられるのではないだろうか?
それにしても、なぜ御本尊は腹黒い職員どもに罰を当てないのだろうか?

No title

神龍天舞さん。
コメントありがとうございます。

会則を変えると言うより本尊を変えてしまったのが完全にアウトでしょう。
職業宗教家の患部どもが私利私欲に走ったという事ですかね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる