FC2ブログ

題号だけの御書講義①(開目抄)

今月の創価の座談会御書の「開目抄」ですが、前回「創価教じゃない御書講義」では書きれなかった部分があるので改めて「開目抄」について話したいと思います。といっても本文全体だとかなりの量になってしまいますので「題号だけ」の御書講義にします。大聖人の御書には題号の中に法門が隠されている御書が多々ありますが「開目抄」もそのうちの一書です。まず日寛上人は文段で、
◇開目抄と題することは、盲目を開く義なり乃至一切衆生をして盲目を開かしむるの相を明かす、故に開目抄と名づくるなり。
とご指南されています。「一切衆生の盲目を開く書」というのが「開目抄」の題号の読み方です。そして【盲目】とは文段には
◇盲目とは四人を出でず。一には外典の人、二には爾前の人、三には迹門の人、四には脱益の人なり
の四種類の人を挙げています。外典の人とは、「外道の三徳」に執着して「内道(仏法)」の三徳を見ない。(内外相対)池田師匠に執着する学会員などはさながらコレですね。以降は同じで爾前の三徳に執して法華の三徳をみない。(大小・権実相対)法華迹門の三徳に執して本門の三徳を見ない(本迹相対)そして4番目は法華文上即ち釈迦仏法の三徳に執して文底の三徳である日蓮大聖人を見ない。これらの人達を「盲目の人」といいます。この中でも4番目の文底の三徳である日蓮大聖人即人本尊を示すことが「開目抄」の意です。次に【開】ですが文段では
◇「開」とは即ち二意を含む。一には所除、二には所見なり。
と「開」の字に二義があるとご指南されています。「所除」とは「執着」を取り除くことで「破邪」にあたります。「所見」とは正しい三徳を見せる(示す)ことで「顕正」です。従って「所除と所見」の破邪顕正の二つが揃ってこそ完璧な「開目」になるのです。「目を開ける」だけでは片手落ちで「目を開けたら正しいものを見る」という事です。我々の信心の即していえば入信し御本尊を安置しただけでは「所除」です。御本尊に日々の勤行唱題をして初めて「所見」になりますし、また親しく戒壇大御本尊にお目通りすることも重要な「所見」になります。またこれらの「自行」は大きく言えば全て「所除」であり、化他行たる「折伏」をすることが「所見」となります。自行に置いては「勤行唱題」の実践があって「開目」であり、さらに「自行」と「折伏(化他行)」の実践が「開目抄」を身で読むということです。さて「開」とはまた「開会」という意味のあります。この「開」には「能開」と「所開」があります。「能開」とは目を開かせる側で「所開」とは目を開いてもらう側の事です。この「能開」をする人が文底の三徳である日蓮大聖人です。「報恩抄」で

◆日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外未来までもながるべし、日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり、無間地獄の道をふさぎぬ

と仰せのように【日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり】とは「開目」のことで、これは「師徳」です。そしてこの師徳によって【無間地獄の道をふさぎぬ】ですからこれが「主徳」で【日蓮が慈悲曠大ならば】とは「親徳」で三徳具備のご本仏である大聖人が「能開の教主」であるということです。「開目抄」の題号はこの「報恩抄」の御妙判と投影して読めば大聖人がご本仏であり人本尊であることがよくわかると思います。別しては大聖人が能開でありますが、総じていえば血脈相承の歴代上人は能開で正宗僧俗は所開、法主上人とご僧侶方が能開とすれば我々信徒は所開となります。これが「能所」の違いでありこの節目を違えないのが仏法です。これを創価は「僧俗差別」などと呼んでいますがこれは差別ではなく「能所」の区別なのです。創価民はそれが全く理解でないのです。だから僧俗の違いも分からないし御本尊の区別もつかないつかない。何でも「みな平等」「みな変わりない」と「平等」を主張していれば正しいと思っている。全て最初から「平等」ならば本尊も師匠も不要なのです。そんな創価民・顕正民と対すれば、折伏・弘教に励む法華講衆は「能開」であり、「盲目の学会員」「盲目の顕正会」は「所開」となります。何も見えていない創価民や顕正民の盲目を取り除き正しく三徳具備のご本仏の体である戒壇大御本尊を見せることが根本の「能開の教主」(能化)である日蓮大聖人の仏法を正しく信仰することになります。先ほども書きましたが、自行である勤行唱題をし化他行である折伏弘教をすることが我々大聖人門下の本当に意味での「開目」です。まだ色々と書きたいことはありますが、あとは各自で個人研鑽しましょう。御書を読むのも「所見」ですから。


にほんブログ村


創価学会ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

慈悲広大。

大御本尊様への感謝を込めて

祈るなか大慈悲を感じる今日この頃です。

さて、この幸せを周りの人に伝えたく
成ります。

まずは、

会社の同僚に仏法対話をしたいと思う次第

鬱病を発症し、社内関係も悪化する同僚に


人本尊開顕の書ですね。

我ならびに我が弟子…

父が創価時代に聞いた御書のレコードを暗誦していたことがあります

主師親これなり…

自分は冒頭を御説法してくださっている大日蓮をありがたく何度も拝読していた時期もありました…暗記は出来ませんが…

いろいろ悩んでいて他の書籍が読めないな方、平成8年でも平成3年の大日蓮を何度も拝読させていただいて元気になれました。

日寛上人の御書はまだ拝読させていただいていません。まだまだこれからです。

天覇さん

こんにちは。

> 大御本尊様への感謝を込めて
> 祈るなか大慈悲を感じる今日この頃です。
> さて、この幸せを周りの人に伝えたく
> 成ります。
> まずは、
> 会社の同僚に仏法対話をしたいと思う次第
> 鬱病を発症し、社内関係も悪化する同僚に

そうですよね。
◇自行若し満つれば必ず化他有り
ですよね。
聞法下種ですからね。
私も友人にも病んでしまった現役創価幹部がいるので心配しています。
何度も話はしているんですけど創価をやめません。
でも話続けようと思ってます。

未熟さん

こんにちは。

> 人本尊開顕の書ですね。

そうですね。最近の創価は「人本尊」って言わずに「法華経の行者」というような言葉に言い換えているんですよね。
「本尊」という言葉をあえて使わない。作為を感じますね。
日蓮大聖人が「人本尊」では今の創価の教義に都合が悪いんですね。
こうやって、大聖人の法門を少しづつ貶めているのが創価教学なんです。

> 日寛上人の御書はまだ拝読させていただいていません。まだまだこれからです。

御当代を含め歴代上人のご指南は日寛上人のご指南と寸分の違いもありませんよ。
ただ日寛上人のご指南は分かりやすいです。

思うところ

この記事は思うところ沢山あります。
コンメントを読みながら考え中です。
創価は外道の分類ですね。私もそう思います。
プロテスタントより外道の特徴を備えた創価なのですが、会員が内外相対はすばらしいと言ってたのを思い出しました。
地方議員だったかな。
現状は、間違いを説明するのを断念するほど絶望的な盲目なわけです。

管理人さん

 こんにちは。 

 今日は西日本は快晴です。 実に気持ちがいいですよ。

 創価の言う平等とはいわゆる悪平等です。  物事は公平に見ないといけません。  この「おおやけ」という概念が判らないのですね。  過去に池田小学校を襲い生徒を何人も殺した男子部員と、頑張ってるつもりの活動家のあなた。
平等だと言い切れますか?  何が平等なんですか? お得意の「いのち」?  それとも「使命」?  ダイスキなイケダセンセと君、平等?  平等とは思わないから敬服してるのでしょう?  本部幹部会で一斉に「はい!」と手を挙げてましたねぇ、、  私はあれが薄気味悪くて仕方がなかったですが。。

 ん? 「立場」が違うって?  そうなんです! 大聖人様のお立場と君らカツドウカの立場って違いすぎてますね。    一応も再応もね。

 仏にさせてくださろうとする立場の大聖人様と、させてもらえる(ことも放棄したけど)私らのことをまず肝に銘じて御書を拝読しましょうよ。

 イケダセンセのおかげで仏化(?)(笑)できた!と確信を持って言える御仁がいらっしゃったら、是非、ここで名乗りを上げて下さいませね。

 閑話休題

 むかーし、ハラダさんのおでこに巨大な「こぶ」がありました。  コメンテーター各位は御存じですよね。   それがどうこうと言いませんが、ただ、異形な方だなと思いました。  学・幹でのごあいさつ?を聞いてましたが、感動はさらさら湧きませんでした。  そういう自分を「これではいけない」と恥じていたものでした。  センセの懐刀です!と周りの幹部らは「持ち上げて」ましたが、正直「事務方だな。。」との印象でした。 またその「こぶ」は「知恵のこぶ」だというのもありましたが、英知が湧き出てたんなら、センセからの権限分捕り作戦とて、上手にやれてたはずだが、と思うばかりです。

 話は本稿に戻りますが、開目の「題号」だけでも大変な内容ですね。

 今でこそなんとか学ぼう、と思えるわけですが、若しもガッカイ幹部当時なら、敬遠してただろうというのが正直なところです。   なぜか。  そんな細かいことに付き合ってる暇はないし、なくたってやっていける!と、、 そんなところでしょうか。   やっとこさ「法華経の行者」たる道にたどり着けた我が身なればこその実感です。  学会の属性をすべてとっぱらって初めてここに至っているわけです。  何度もコウギのようなことをして、こうぎのようなものを聴講してきましたが、何もわかってなかった。・

 単に回り道をしてただけですねえ。  拝読してすぐ「雖近而不見」を思い出しました。  見てるようで見ていない、見えてない、ということ。  ということは「お曼陀羅」を見ながら唱題してても、何も見えない、ということでもありますね。
 そこには「正信」があればすぐ分るはずなのに、それがない。 数字を祈ったり、金を祈ったり、、がガッカイカツドウという悪いクセでしたからね。

 唐突ですが、【法華の心を信ずるは種なり。諸法実相の内証に入れば仏果を成ずるなり】 と御義口伝にはあります。   少しでも深く強く無作の祈りが出来るようになりたいのであるから、具体的には「あの人を仏の道に導いてあげたい」と念じつつ祈れる毎日でありたいと、、、m(__)m

 

小野塚さん

こんにちは。

> 創価は外道の分類ですね。私もそう思います。
> プロテスタントより外道の特徴を備えた創価なのですが、会員が内外相対はすばらしいと言ってたのを思い出しました。
> 地方議員だったかな。
> 現状は、間違いを説明するのを断念するほど絶望的な盲目なわけです。

本当にそう思います。戒壇大御本尊を捨て置いて「開目抄」の研鑽も何もないわけです。
まさに「盲目症」なのが今の創価活動家です。
一人でも多く一日も早く「開目」して無駄な活動は辞めて普通の信仰生活をして欲しいです。

蘭房さん

こんにちは。 

> 平等だと言い切れますか?  何が平等なんですか? お得意の「いのち」?  それとも「使命」?  ダイスキなイケダセンセと君、平等?  平等とは思わないから敬服してるのでしょう?  本部幹部会で一斉に「はい!」と手を挙げてましたねぇ、、  私はあれが薄気味悪くて仕方がなかったですが。。

確かにアレは気持ち悪かったですね。それと「創価学会!ばんざ~い」っていうアレも(笑)

>  今でこそなんとか学ぼう、と思えるわけですが、若しもガッカイ幹部当時なら、敬遠してただろうというのが正直なところです。   なぜか。  そんな細かいことに付き合ってる暇はないし、なくたってやっていける!と、、 そんなところでしょうか。  

そうなんですよね。教学は学ばなくても「何とかなる」御書など読まなくても「功徳はでる」というのが大方の創価活動家なんですよ。いや自分はソレでいいですよ。だけどそういう連中が幹部になって我見の指導をするんですよ。中央の幹部よりもむしろ末端の幹部の我見の方が怖いのです。何故なら会員さんは直属の幹部に指導受けることが多いですからその辺の幹部が我見の指導をするとその会員さんが間違った信心になっちゃうんですね。そういう利口ぶり知ったかぶって我見の指導をするくらいなら、「みんな楽しく頑張りましょう」って言っているだけの幹部の方がまだマシです。

>  そこには「正信」があればすぐ分るはずなのに、それがない。 数字を祈ったり、金を祈ったり、、がガッカイカツドウという悪いクセでしたからね。

ああ、そうですね。成果ばかり祈るんですよね。選挙や新聞の唱題会なんてそればかり。選挙や新聞の目標なんて達成した所で祈っている人達本人には何の利益にもならないのに(笑)

>  唐突ですが、【法華の心を信ずるは種なり。諸法実相の内証に入れば仏果を成ずるなり】 と御義口伝にはあります。   少しでも深く強く無作の祈りが出来るようになりたいのであるから、具体的には「あの人を仏の道に導いてあげたい」と念じつつ祈れる毎日でありたいと、、、m(__)m

「諸法実相」は一法印ですね。一法印とはまた大御本尊です。大御本尊を信じ本門の題目を唱えれば仏果を得ることができる。

良心の呵責

創価幹部などは、会員を利用して生活しているわけで、その自覚あるでしょうね。
しかし平然と、会員の仕事や生活を犠牲にしても、票集めや新聞販売をやれと言う。
逆らう者は会内に悪評を流し排除する。
健常者ならば、良心の呵責に耐えられないほどの悪行ですが、正気を失い麻痺しているのでしょうね。

会員達はそれとは違い、騙されやすい人達ですね。
日蓮仏法とは関係のない創価思想に染まり、先生も幹部も良い人達だと信じ無条件無批判に受け入れる。
しかし詐欺に合う人の特徴は、お金を騙し取られて損が発覚しても、あの人は良い人だと言い張る人達なわけです。

騙している方も、騙されている側も、学会員は何に盲目かと言えば、実態評価が普通に出来ないことですね。
六根が正常に働かない状態。
それが続けば本心を隠して生気のない目になって如是相にも出てくるとか、矛盾に耐えきれず精神が不安定になり発病する。
彼らを開目させるのは非常に骨が折れるのですが。

能所の筋目

管理人様

切れ味鋭い記事を拝見しました。
感銘と感動を覚えました。鳥肌が立ちました。

今や学会は内外相対で、はじかれるんですね。
せめて大小相対くらいまでは残って欲しかったんですが。笑
確かにキリスト教徒の佐藤某が、ある意味で教導してるので納得です。

能所の筋目、大切ですね。決して違えてはなりません。
御書に「日蓮が弟子檀那」というワードが沢山あります。
大聖人様がわかりやすく遺された仏法の筋目なのに、今の学会員さんはわからないんですね。

本だけ家にありました。手元の書籍で54ページ…

系年は享保2年

自分で買ったのか祖母からのものか忘れました。

大聖人様の御書を見ると平成28年平成29年とお寺での題目講で素読させていただいて…令和元年6月の御講にて574ページの御書講義をいただいています。

本当に忘れっぽいけど…

条件が揃うと思い出したりもするので諦めないで学んでいこうと思ってます。

ずっと開いていなかった本を開くことができました

ありがとうございます

小野塚さん

こんにちは。

> 会員達はそれとは違い、騙されやすい人達ですね。
> 日蓮仏法とは関係のない創価思想に染まり、先生も幹部も良い人達だと信じ無条件無批判に受け入れる。
> しかし詐欺に合う人の特徴は、お金を騙し取られて損が発覚しても、あの人は良い人だと言い張る人達なわけです。

確かにその通りですね。正直今の学会員さんは何で学会活動をしているのかよく分かりません。少なくても信心ではない。趣味なんですかね?あまりいい趣味には思いませんが(笑)

> 騙している方も、騙されている側も、学会員は何に盲目かと言えば、実態評価が普通に出来ないことですね。
> 六根が正常に働かない状態。
> それが続けば本心を隠して生気のない目になって如是相にも出てくるとか、矛盾に耐えきれず精神が不安定になり発病する。

創価に限ったことはないとは思いますが、創価民には情緒不安定な人が多いとは思います。あとはコミュ障な人が多いなというのが個人的な感想ですね。そうなると創価の組織に依存せざるを得ないのかな?と思います。

> 彼らを開目させるのは非常に骨が折れるのですが。

「信心」が基準ではないですからね。カツドウカとかカンブは。だから信心の話をしても通じない。まぁそういう創価民はさて置き、「信心」が基準の学会員さんも相当数いるわけでそのような人達が正しい大聖人仏法を観てくれればいいなと思います。そのためには大聖人仏法の正しい法門・法義を語り、また自ら学んで欲しいと願っています。そうでない創価民には自分達が日蓮大聖人の仏法とは無縁の創価の信仰をしているのだと自覚して欲しいですね。いつまでも日蓮大聖人様のストーカーをするのは止めて欲しいですね。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 今や学会は内外相対で、はじかれるんですね。
> せめて大小相対くらいまでは残って欲しかったんですが。笑
> 確かにキリスト教徒の佐藤某が、ある意味で教導してるので納得です。

今の創価は完全に「外道」です。仏法ですらありません。だって「自分が本仏」「誰でも本仏」が彼らの教えの根底ですよ。こんなモノ仏教でもなんでもありません。つまり「外道」ですね。

> 能所の筋目、大切ですね。決して違えてはなりません。
> 御書に「日蓮が弟子檀那」というワードが沢山あります。
> 大聖人様がわかりやすく遺された仏法の筋目なのに、今の学会員さんはわからないんですね。

その通りです。能所の筋目を違えたら成仏はありません。それが仏法です。普段から「師弟」などと語っている割には「能所」の区別はできない。だから御本尊の存在が何であるか理解できないのでしょう。古刹信徒さんが言う通り大聖人様も「弟子」と「檀那」を区別しています。創価民は大聖人様に向かって「僧俗差別だ」と批判しているのと同じです。

未熟さん

こんにちは。

> 本だけ家にありました。手元の書籍で54ページ…
> 自分で買ったのか祖母からのものか忘れました。

良かったですね。お手元にあって。昔から信心しているお宅には書籍が揃っているお家が多くて羨ましいです。

> 条件が揃うと思い出したりもするので諦めないで学んでいこうと思ってます。
> ずっと開いていなかった本を開くことができました

教学は楽しいですよ。もちろん教学が分からくても純真な信心があればいいのですが、御本尊様の事や大聖人様の事、お題目や折伏の意味がわかるとより一層信心の励みにもなります。

> ありがとうございます

いえ、こちらこそありがとうございます。何か質問などありましたら遠慮なくコメントください。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価教学・幹部・活動家を徹底的に破折し大聖人仏法を宣揚します。日蓮正宗の公式サイトでも勧誘サイトでもありません。学会員だけでなく顕正会員でも疑問・質問・法論受け付けますのでお気軽にコメントして下さい。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>