FC2ブログ

題号だけの御書講義②(立正安国論)

題号だけの御書講義の2回目は今月の御講御書の「立正安国論」です。読み下すと「「正を立て国を安んずる」となります。「国」というのは一応は大聖人ご在世の鎌倉時代の日本ですが再往は「三世に亘る全世界」ということです。この三世に亘る全世界を安んじるためには「正を立てよ」というのが「立正安国」です。そこで「正」とは何かというと、日寛上人は「正とは三大秘法である」とご指南されています。
◇立正の両字は三箇の秘法を含むなり。初めに本門の本尊に約せば、正とは妙なり、妙とは正なり。故に什師は妙法華経と名づけ、法護は正法華経と名づくるなり。況や天台は三千を以て妙境と名づけ、妙楽は妙境を以てまた正境と名づけんをや。故に正は即ち妙なり。妙とは妙法蓮華経なり。妙法蓮華経とは即ち本門の本尊なり(安国論愚記)
最初に、「正」とは「妙」と同意であり、妙とは「妙法蓮華経」であることから「正とは本門の本尊である」とのご指南があり、その後「正は正境であるのでそれに向かい唱える題目は「正しい信行」であるから「正とは本門の題目である」とされ、更に「正」の文字は「一」を「止める」と書くので「一(本門の本尊)」を「止める」義は「本門の戒壇である」と言われています。このように「正」の一文字には「三大秘法」が含まれているというわけです。そして「正を立てる」という「立てる」というのが一番のポインになります。この「立てる」というのは「折伏するいうことです。「立正」というのは「破邪」に対して「立正」といいますので、「立正」の二文字には「破邪・顕正(立正)」の両義が含まれています。「破邪」とは「折伏中の折伏」であり「顕正」とは「折伏中の摂受」といえます。ですから「立正」というのは「正を立てる」のがメインではなく「邪を破す」のがメインになります。本編も「破邪」がメインになっています。何故「破邪」がメインになるのかというと「顕正(立正)」というのは「邪を破すために正を立てる」からです。「邪」が無く全て「正」に帰しているのであれば敢えて「正を立てる」必要はありません。「正を立てる」のはあくまでも「邪を破す」のが目的です。「正」である三大秘法を立てて「邪を破す」のが「立正」であり「安国」なのです。また「立正安国」とは如説修行でもあります。
◆法華折伏破権門理の金言なれば終に権教権門の輩を一人もなくせめをとして法王の家人となし天下万民諸乗一仏乗と成つて妙法独り繁昌せん時、万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず、代は羲農の世となりて今生には不祥の災難を払ひ長生の術を得、人法共に不老不死の理顕れん(如説修行抄)
との御文は「立正安国」と全く同意です。「法華折伏破権門理」即ち「破邪」こそが「如説修行」であると大聖人は言われています。そしてまた破邪顕正による安国が大聖人の大願であり御遺命でありその為の三大秘法就中一大秘法の戒壇大御本尊のご建立です。よって正統たる大聖人門下は、一大秘法(三大秘法)の義によって創価のごとき「邪」を破すことが如説修行であり立正安国の大聖人の御遺命の実践となるのです。創価がいくら能書きを垂れた所で彼らは「正中の正」である戒壇大御本尊を捨てた人々で彼らには立てるべき「正」はありません、創価の正義?池田先生の正義?そんなものを立てて安国になるわけない。ましてやそのようなマヤカシの正義で一大秘法を誹謗し一大秘法を守護する正宗の僧俗を中傷するなどと言語道断の邪師・邪教の者どもです。まさに今の創価は一大秘法を誹謗していない顕正会や正信会にも劣る「邪教中の邪教」「邪師の中の邪師」です。この「一凶」である創価に対して「正を立てて破折していく」ことが重要です。それが「立正安国論」の精神です。まだまだ他にも書きたいこともありましたが長くなるので今回はここまでとします。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

つぶやき

管理人様こんにちは。
記事読ませて頂きました。
お疲れ様です。
 
昔からなぜ立正安国論なんだろうと思っていました。
字面だけなら「顕正仏国論」でもよさそうなのにと……
 
甚深の義があるのですね。
いつも勉強になります。
 
駄文失礼しました。

害毒

男子部から距離を置き心を整理しはじめ、最初に拝読したのが立正安国論です。
創価のしがらみから抜けているから、以前より理解可能な部分が多く、分からないことをそのままで意味をじっと考えることができました。
信仰者は、日々の修行があって少しずつその理解が進むのでしょうね。
人としても普通のあり方がそうだと思っています。
理解を困難にする環境は創価だったと、距離を置き気付いたわけです。
学会員がよく言う「害毒」とは、会員自身の内面の投影から出たもので、偏頗な情報を刷り込む「創価」の別名だと思っています。

ここしばらくが「羲農の世」と逆行する、台風、地震、疫病、経済疲弊と不安に満ちていて、腰巾着と弱者イジメと詐欺が横行し、その隙に乗じて覇権国が支配を狙ってますね。
この状況に至ったのは、「他人を自殺まで追い込め」と指導する狂った思想が、人心を貧しくして正常な判断を失わせたのが原因ですね。
しかし、まだ気付かないで片棒を担ぐ人達が居るわけで、運命を共にはしたくないなと。

アッキー魔民!?

きっと、今世も末法です。
白法おんもつ?

 魔民の輩は元から絶たなきゃ駄目です♪ 駄文まいど失礼♪







またまた

おはようございます。
またまた鯛焼きさん達が管理人さんや私達の事を憐れんでくれています。

法論も出来ず、学会の正しさを証明出来なくて、宗門批判しか出来ない方々に憐れと言われてもなんだかなですよ。

でもこの学会員達は、池田さんが亡くなられたら、今の原田会長や谷川さん執行部の指導に着いていくんやろかね。

だって法義も本尊もパクリなんやから

樋田さんの動画で、日達上人猊下様の御指南を言っていますが、大御本尊様を離れた時点で、信仰ではない。

https://youtu.be/df5YU2sZygg

憐れんで

イチローが「プロとしてやっていくということは、自分の失敗と向き合っていくことだ」とユーチューブで言ってました。
信仰って、自分の弱点や間違いと向き合い、日々鍛錬していくことですよね。
それをやらない人を憐れむなら理解できますけど、そうじゃないわけだから内容が乏しいわけです。
それ以上はもう面倒くさいので。

寝言丸さん

こんにちは。

> 昔からなぜ立正安国論なんだろうと思っていました。
> 字面だけなら「顕正仏国論」でもよさそうなのにと……

「顕正仏国」でも意味は同じですよね。ただ為政者に対する書なので「仏国」より「安国」の方がしっくりきますね。

> 甚深の義があるのですね。
> いつも勉強になります。

もっと色々と書きたいことはあるんですけど長くなってしまうので。
題号だけ御書講義は男子部時代によくやったんですよ。

Re: 害毒

小野塚さん

> 男子部から距離を置き心を整理しはじめ、最初に拝読したのが立正安国論です。
> 創価のしがらみから抜けているから、以前より理解可能な部分が多く、分からないことをそのままで意味をじっと考えることができました。
> 信仰者は、日々の修行があって少しずつその理解が進むのでしょうね。
> 人としても普通のあり方がそうだと思っています。
> 理解を困難にする環境は創価だったと、距離を置き気付いたわけです。
> 学会員がよく言う「害毒」とは、会員自身の内面の投影から出たもので、偏頗な情報を刷り込む「創価」の別名だと思っています。

創価読みしているうちは御書を読んでも意味ないとうか、そもそも御書が何なのかということを創価民は理解できていませんね。身延と一緒で単なる大聖人の「遺文」「手紙」としか捉えていない。創価民の場合は教学以前に信が間違っているので仕方ないですけどね。

> ここしばらくが「羲農の世」と逆行する、台風、地震、疫病、経済疲弊と不安に満ちていて、腰巾着と弱者イジメと詐欺が横行し、その隙に乗じて覇権国が支配を狙ってますね。
> この状況に至ったのは、「他人を自殺まで追い込め」と指導する狂った思想が、人心を貧しくして正常な判断を失わせたのが原因ですね。
> しかし、まだ気付かないで片棒を担ぐ人達が居るわけで、運命を共にはしたくないなと。

それも一因ですね。冷静に見れば公明党が与党になってからこの国は良くなりましたか?破門後に創価は勢力を増しているといるといってますがならば災害が減らないのは何故ですか?って話ですよ。創価民は法論に詰まると「自分はたくさん功徳を受けた現証がある」と逃げますが、自分だけ功徳を受けるのが創価民の信心ですか?って話です。少なくとも多くの国民にとって公明党が与党になって生活が向上した事実はない。当然、災害も大きくなりまた増えているけど減っている感覚はない。創価民の唯一の自慢であつ現証も実際は「悪い現証」しかでていないのが事実です。もちろん創価にせいにするつもりはありませんが、創価民が増えて公明党が増えたとしても世の中良くはならないという事ですね。

天覇さん

こんにちは。

>  魔民の輩は元から絶たなきゃ駄目です♪ 駄文まいど失礼♪

そういことです。まだ正気を保っている学会員さんが、財務を止め新聞を止め選挙を止め学会活動を止めることが謗法への布施を断つという事ですね。

ひごちゃんさん

こんにちは。

> またまた鯛焼きさん達が管理人さんや私達の事を憐れんでくれています。
> 法論も出来ず、学会の正しさを証明出来なくて、宗門批判しか出来ない方々に憐れと言われてもなんだかなですよ。

それが精一杯の負け惜しみなんでしょうね。彼のブログは読んでいないので分かりませんが、彼が無教学の小心者だということは十分に分かりました(笑)元創価の私としては実に情けない限りです。勝てないまでも「法論」という土俵にすら上がらずに不戦敗ですからね。しかも「俺はやれば勝てるんだ」という小学生みたいな負け惜しみを言ってるなら本当に情けない支部長さんですね。まぁどうでもいいけど、シニフェイさんとの対話はどうしたんですかね(笑)あの手のインチキ創価民は誰からも相手にされないのかも知れませんね(笑)

> でもこの学会員達は、池田さんが亡くなられたら、今の原田会長や谷川さん執行部の指導に着いていくんやろかね。
> だって法義も本尊もパクリなんやから

化義だってパクリですよ。創価に「宗」になるものは何も無いですよ。一刻も早く「創価仏」を作った方がいいですね。上半身裸で横たわる大作に似た仏像を提案します(笑)

小野塚さん

こんにちは。

> イチローが「プロとしてやっていくということは、自分の失敗と向き合っていくことだ」とユーチューブで言ってました。
> 信仰って、自分の弱点や間違いと向き合い、日々鍛錬していくことですよね。
> それをやらない人を憐れむなら理解できますけど、そうじゃないわけだから内容が乏しいわけです。
> それ以上はもう面倒くさいので。

面倒くさいですよね。かまってちゃんは(笑)
まぁ別に彼に憐れまれてもどうでもいいですけどね。
悔しいのでしょうね直接言い返せない自分に。
創価民あるある。ですね。

優秀な人を排除する社会

立正安国論を拝読すると、集団が衰退していく方程式が示されているように思います。
国が方向性を間違えて衰退していく原理ともいえますね。
鎌倉当時は仏教政治ですから事態が非常に深刻だったと想像できます。

身近な例で言えば会社などもそうですね。
真っ当な意見を言う優秀で真面目に働く人を排除していくところから会社の衰退がはじまりますね。
創価も破門以降から急速にその病が進行していき、ついに公明批判で退会処分になるという現象に至っているのでしょうね。

組織や集団にとって優秀な人材が欲しいという欲求より、上司によく服従してくれる利用しやすい人を選択する欲求が勝りはじめる。
それは個人の保身が優先されて、集団の目的を凌駕してしまう現象でしょう。
修正されなければ衰退は必然で、終いには破綻していく方程式です。

池田大作の「私を護れ。そうすれば広宣流布は必ず達成される」の名言が端的にそれを示していますね。
共に戦ってきた実績と実力がある周囲の幹部達の排除があり、その流れから宗門離脱もあったと思えます。
昔、ある脱会者が、「創価学会は池田大作だけが幸せになる宗教だ」と言ってましたが、非常に的を得た表現だったなと、今にして思うと。

まさしく

小野塚さん

〉池田大作の「私を護れ。そうすれば広宣
〉流布は必ず達成される」の名言が端的
〉にそれを示していますね。

私も嫌々同中に行き池田さんの指導で「私は戸田先生を守って守って守り抜いた。それが師弟不ニだ。だから師匠を守る事が信仰だ。」と話をしていたのを聴いた時、はあ~このおっさん何を言っているのって思いました。
普通は自分を守れって信仰ではないし、昔は御本尊様を信じ守って行くのが信仰と指導をしてきたのに。

学会員は法主信仰や法主絶対と言いますが、学会こそ池田信仰池田絶対と池田さんが指導していますよね。

正宗は昔と変わらず大御本尊様を信じ守って行きなさいと猊下様は御指南されていますよ。

無論大御本尊様を御守りされている猊下様、御僧侶方々、菩提寺を御守りされているご住職を信じてご供養をさせて頂くのは信徒の役目とは思いますが

ひごちゃんさん

周囲に「先生を護るのが信心なのだ」と、思っている人達が多かったですね。
また幹部がそれを私に強要するわけです。
それこそが学会の信心で、他に選択肢などないのだと。
「先生に対してそういう思いがないのなら毎朝池田大作の写真に挨拶するのだ」と言うわけです。
非常に困りましたけど、結局解決法として、信心の大先輩という位置づけにしました。
組織の統率を乱さないといういう意味で中心者に従うべきものだなと。

しかしながら、池田の位置づけがそれでは、学会員としては不適格なわけですね。当然、トラブルが発生してしまう。
結果的にそれでインチキに気付くことができて、助かったわけですけど。

小野塚さん

こんにちは。

> 身近な例で言えば会社などもそうですね。
> 真っ当な意見を言う優秀で真面目に働く人を排除していくところから会社の衰退がはじまりますね。
> 創価も破門以降から急速にその病が進行していき、ついに公明批判で退会処分になるという現象に至っているのでしょうね。

だいたい常識的なことを言う人は創価から居なくなりますね。それはつまり創価が非常識な世界だということです。投票干渉や新聞の複数部購読。役職の上下による序列などなど。創価民達はそれを「納得している」らしいですが、それらの事は世間的には「納得いかない」ことなんです。何故なら非常識だから。納得して創価民を続けるのは自由ですが一般世間や一般人に嫌な思いさせるなってことです。テメー等だけでわちゃわちゃやってろってことです。

> 組織や集団にとって優秀な人材が欲しいという欲求より、上司によく服従してくれる利用しやすい人を選択する欲求が勝りはじめる。
> それは個人の保身が優先されて、集団の目的を凌駕してしまう現象でしょう。

そういうことです。優秀な部下がいると自分の無能が目立ちますからね。だから創価幹部は自分より無能な人間がすきなんですよね(笑)優秀な会員さんがいると今度は自分が育てた風に自分の手柄にする。個人折伏は全然していない大作が鎌田でも大阪でも全部自分の手柄としているのと同じですね。そういう組織なんだと思います。

> 池田大作の「私を護れ。そうすれば広宣流布は必ず達成される」の名言が端的にそれを示していますね。
> 共に戦ってきた実績と実力がある周囲の幹部達の排除があり、その流れから宗門離脱もあったと思えます。
> 昔、ある脱会者が、「創価学会は池田大作だけが幸せになる宗教だ」と言ってましたが、非常に的を得た表現だったなと、今にして思うと。

まぁ自分より有能な戸田門下を排除し会長職についたのが池田ですからね、とにかく自分が一番じゃないと気が済まない。大御本尊よりも法主上人よりも自分が慕われていないと気が済まないのでしょう。世間でもたまにみかけるタイプで私はそういうタイプとはウマが合わないんですよ。御承知の通り私って傍若無人なもので(笑)

犬作をディスると良く解ります。

ソッカー民は、金太郎アメよろしく
偉大なる我らが先生の事が大好きなので
日蓮大聖人様の仏法とは無縁なんっすよ。

自分のブログで
池田尊師をディスると良く解ります。
マンセーまんせって!
諸悪の根源をハシャク?
駄文コメントまいど失礼いたします。

天覇さん

こんにちは。

> ソッカー民は、金太郎アメよろしく
> 偉大なる我らが先生の事が大好きなので
> 日蓮大聖人様の仏法とは無縁なんっすよ。

そこがまた最近では微妙な感じなんですね。
確かに高齢になればなるほど、マンセー会員さんは多いのですが
年齢が下がるとそこまでマンセー会員さんは多くないんですよね。
まぁ10年も姿をくらましていますし肉声すら発していないのですから当然なんですけどね。
だから創価執行部としては大作センセを神仏化しないとならないんですよ。
「人間池田大作」ではこれからの会員をつなぎとめておけないですから、
「仏陀池田大作」でないとダメなんです。
もっとも真の姿は「仏堕池田駄作」なんですけど(笑)

創価青年部は大人材!?

年齢が下がるとそこまでマンセー会員さんは多くないんですよね。
なるほど!
僕世代まで、なのかな?池ちゃん崇拝者たちは、、、。
今の創価の若い人(青年部)は、池万世では無いかも知れませんね。

そもそも、青年部の人材が居るのか居ないのか?
存在不明なメロン師匠さんと一緒で 眉唾物では御座いますが?




平成7年の御講義を拝読させていただくと……当時は…祖母に誘われて、本山に一泊出来ることが嬉しくて参加させていただきましたが…あれ?何期目だったかな?という記憶なのですが……

改めて拝読させていただきますと本当に穏やかで大聖人様のご慈悲がジワジワ伝わって有難いです。

謗法の者に対しては、断固たる態度をもって臨むべきであるという趣意(中略)

客は謗法の者には槍をもって殺してしまっても良いのかと質問(中略)

けっして人を殺すことを主意として挙げたのではないのである。意は謗法の恐ろしいことを説いて、正法を保つ者は必ず、謗法にはしっかりとけじめをつける心を持つべきである(中略)第八問答であります。

ずっと創価学会の破折の内容ではなく…

1教行証御書
2観心本尊抄、乱観心本尊抄文段、三大秘法抄
3高接入道殿御返事
4観心本尊抄
5開目抄
6開目抄
7立正安国論
8日寛上人の御事績について
9修行の意義について
10戒について

一回は拝読させていただきましたが、自身の器が小さく咀嚼できていないところがありまして何度も拝読させていただいたりしています。

平成7年はまだ創価学会と法華講の違いがよくわからない頃です。自分ごとですみません。両親がもしも別れてしまってこちらに着いたら大石寺に参詣出来なくなるかな?とかは考えたことがあります。



すみません。高接ではなく、高橋です。

ちなみに平成15年は立正安国論の御講義…

平成8年〜平成13年が法華経…

うろ覚えですみません。

平成10年に落慶法要のありました客殿にて御講義をいただけたことが記憶にあります。平成14年は宗旨建立750年…

平成10年に正本堂解体されて…平成14年秋に奉安堂落慶法要…交際はじめた頃のパパとは奉安殿での御開扉をいただきました…

もうすぐ立正安国論奉呈の7月16日
別しては時の権力者に…総じては末法の一切衆生に与えれた御書です。

平成21年は正義顕揚750年でした。

コツコツ地道にやっていけたらイロイロ乗り越えられます。その方の持っている因縁によってご指導は変わるかもしれませんが…コロナ感染者が若干増えているようです…ご自愛ください。

宗教の示唆するところ

直面する問題に対して正しい回答を得たい。
そういう時に御書を読みますよ。無宗教のくせに。
ネットでも検索します。
創価の御書講義もヒットしますけど、こういう解説は必要がないですね。
こりゃ酷いなと思える。
酷いというのは一見正論そうで内容の辻褄が合わないからですね。
だから「ああ、そういうことだったのか」との気付きを得れない。

日蓮大聖人が書かれた本来の趣旨を外れているからでしょう。
意図的に都合が悪いことの回避であったりもあるでしょう。
解説を書いている人に読み取る能力が欠如していて、当たり障りなく回避して書いているのもあるでしょう。
つまり師匠を間違えると仏法は学べない。
その辺りに全く無頓着なのが現創価会員に共通している勘違いですね。
宗教の示唆するところは、必然的に取捨選択になると思うのですけど。
他人の適切な評価は非常に難しいのですが、スピーチを聞いて池田を師匠にしないのは普通の感覚だと思うんですよ。

天覇さん

こんにちは。

> 年齢が下がるとそこまでマンセー会員さんは多くないんですよね。
> なるほど!
> 僕世代まで、なのかな?池ちゃん崇拝者たちは、、、。
> 今の創価の若い人(青年部)は、池万世では無いかも知れませんね。

そうですね。45歳くらいいまでじゃないですかね。そして戒壇大御本尊様に恋慕の気持ちを持てるのもそれくらいの年齢までではないかと思います。30代以下は大御本尊も大作も「知らね」って感じだと思います。

> そもそも、青年部の人材が居るのか居ないのか?
> 存在不明なメロン師匠さんと一緒で 眉唾物では御座いますが?

さぁどうなんでしょうね。ネットの創価民は創価は発展しているなんて言ってますけど、少なくても地元の創価活動家に聞くと男女青年部はほとんどいないといいますね。いたら創価班や牙城会も苦労なく運営できると思うのですが、いまや壮年婦人がSやGの代わりをしてるようです。

未熟さん

こんにちは。

> コツコツ地道にやっていけたらイロイロ乗り越えられます。その方の持っている因縁によってご指導は変わるかもしれませんが…コロナ感染者が若干増えているようです…ご自愛ください。

未熟さんは水の流れるような信心をしていてコメントを読むたびに私も励みになります。
信心ははやり水の如くですね。私も徐々にそのようになってきました。

小野塚さん

こんにちは。

> 直面する問題に対して正しい回答を得たい。
> そういう時に御書を読みますよ。無宗教のくせに。

そうですか?私は小野塚さんは「意と口」は大聖人の仏法を信仰している立派な信仰者だと思いますよ。
あとは「身」だけですね。それは人それぞれタイミングもあると思うので私から何とも言えませんがその時が来て何かお手伝いできることがあれば遠慮なく仰ってください。一番大切な「意」があれば「身と口」は後からついてきますから。

> 日蓮大聖人が書かれた本来の趣旨を外れているからでしょう。
> 意図的に都合が悪いことの回避であったりもあるでしょう。
> 解説を書いている人に読み取る能力が欠如していて、当たり障りなく回避して書いているのもあるでしょう。
> つまり師匠を間違えると仏法は学べない。
> その辺りに全く無頓着なのが現創価会員に共通している勘違いですね。
> 宗教の示唆するところは、必然的に取捨選択になると思うのですけど。
> 他人の適切な評価は非常に難しいのですが、スピーチを聞いて池田を師匠にしないのは普通の感覚だと思うんですよ。

私もそう思いますよ。創価民は御書がどのような文書であるか全く分かっていないんですよ。それは師匠が教えないからですね。
そもそも池田氏を始めとする在家の凡夫が自分勝手に解釈しているのが創価の御書講義ですから話にならない。ある時は「御書に書いていない」と言って正宗を批判したかと思えば同じ口で「御書」に書いていない事を平気で言う。少し前の某支部長もそうですよね。妻帯しないのが聖僧である。ということは御書にも書いていないし妻帯禁止の戒律は小乗戒だと認めているに「妻帯している僧侶は聖僧ではない」という自語相違の頓珍漢なことを言ってましたね。ところが自分で分かっていないんですよ。学習していないか相当理解力がないか教えた人(師匠)がバカなのかよくわかりませんけど。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>