FC2ブログ

創価教学じゃない御書講義(2020年2027月座談会御書・上野殿後家尼御返事)

法華経の法門をきくにつけてなをなを信心をはげむをまことの道心者とは申すなり、天台云く「従藍而青」云云、此の釈の心はあいは葉のときよりもなをそむればいよいよあをし、法華経はあいのごとし修行のふかきはいよいよあをきがごとし。

7月の座談会御書は「上野殿後家尼御返事」です。創価の好きな「いよいよ」の文字が書かれていますね。「もっと新聞啓蒙しろ」「もっと財務をしろ」いうようなことを言いたいときに「いよいよの信心」などとほざくのが創価指導の「いよいよの信心」というこです。さて御文の最初に「法華経の法門」を聞いて信心に励むのが道心者。即ち求道心ある信徒(弟子)である。大聖人様は言われています。「法華経の法門」というのは言うまでもなく「南無妙法蓮華経の法門」ということになります。この南無妙法蓮華経の「体」とはいつも言いますが、日蓮大聖人の色心の二法である戒壇大御本尊のことです。ですから「法華経の法門」とは「戒壇大御本尊の法門」ということになります。創価民が毎月座談会で呼んでいる御書というのは「戒壇大御本尊の法門」が書かれている書です。従って戒壇大御本尊を捨ててしまった創価民は御書を読んで学んだところで何も得ることも理解することもできないのです。戒壇大御本尊の事が御書に書いていないという創価民がいますが「書いていない」のではなく理解できないだけです。また戒壇大御本尊を否定するために御書を引き合いに出すこと自体が既に御書がなんたるかを全く理解できていない謗法・不信の者だといえます。「法華経の法門をきくにつけてなをなを信心をはげむ」というのは教学を学んで更に戒壇大御本尊への信心が強くなるということで、そのような人が本当の大聖人仏法の行者だということです。ところが今の創価は前述の通り法体である戒壇大御本尊を捨てていますので創価に「法華経の法門(南無妙法蓮華経の法門)」など何一つないわけです。例え御書を読もうとも創価の場合は「南無妙法蓮華経の法門」ではありません。法体を捨てた創価民が法門など説けるわけないし理解できるわけありません。それが証拠に毎月御書を学んでいても戒壇大御本尊への信が全くわいてこないでしょう?一体貴方たちは何のために御書を学習しているのですか。創価にいたら正しい「南無妙法蓮華経の法門」は学べないんですよ。
◆此の経は相伝に有らざれば知り難し(一代聖教大意)
◆当門流に於ては御書を心肝に染め極理を師伝して若し間有らば台家を聞く可き事。(日興遺誡置文)
とのご指南にあるように「法華経の法門」は「法体相承」した御当代を始めとする御歴代上人のご指南の元に学ばなければ理解できないし邪義・己義になってしまう。池田センセを筆頭に創価の凡夫ごとぎが「南無妙法蓮華経の法門」など説法できる道理がない。自分が持っていないものをどうやって説明するのか?彼らがまき散らかしてるのは邪義・己義であって「法華経の法門」ではありません。歴代上人のご指南を受けた戸田会長の指導と、破門後の池田・創価幹部の指導を聴き比べればその差は明らかです。
次に天台の「従藍而青」についてですが、「従藍而青」とは「青は藍より出でて藍より青し」という読み下しで青色は「藍」で染めるけど何度も染めていると元々の「藍」よりも青くなるという意味です。様々な解釈・使い方がある言葉ですが本抄では、「藍」を「御本尊(法華経の法門)」に譬え「青」を修行に譬えています。御本尊には「仏力」「法力」が最初から備わっていますが、「信力」「行力」の修行が加われば、御本尊の「仏力」「法力」もその力をさらに増し功徳もより深大になっていくということです。さて、最初に求道心の話をしましたが、「法華経の法門(南無妙法蓮華経の法門)」」は勝手に耳に入ってくるわけではありません。私達の側から求めなければ「法華経の法門」を聞くことはできないのです。自分で御書や歴代上人のご指南を学ぶ。お寺に参詣して法話を聞いたりご住職に質問したり、或いは日蓮正宗の法門・法義を語る人の話を聞いたりと「法華経の法門」を聞くことは全てこちら側の求道心にかかっているのです。そのような機会がありながらそれを避けて創価のインチキ話ばかりを聞いて創価のインチキ修行なんてやったところで意味がないどころかむしろマイナスです。信心とは何か?といえばこの求道心が全てといって過言ではありません。仏を求め法を求める。それが修行であり信心なのです。諸法実相抄に「行学は信心よりをこるべく候」とありますが、この心が今月の座談会御書の心です。学会員さんは先ずは「法華経の法門(南無妙法蓮華経の法門)」を聞くことです。「法華経の法門」を聞くためには戒壇大御本尊に信を取り戻すことです。戒壇大御本尊を離れて「南無妙法蓮華経の法門」なんてひとつもないのですから。どうぞ創価のインチキ幹部・インチキ活動家に騙されないよう一人ひとりが求道心を持って勇気をもって「南無妙法蓮華経の法門」を聞かれることを希望します。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ

公明党の選挙支援活動、聖教新聞の販売促進、年末の財務。これらをいよいよやって、成長を実感した人が居るんでしょうか。
素朴な疑問があるわけです。
私はどんどん不幸に落ちていく実感があったから避けていました。

御書を読んで、折伏をして、いよいよ必死にやった経験は、今振り返ると財産ですね。
それがあったので人間として欠点が多かった私も反省することができて、少しづつ成長したなと思うわけです。

最近の創価は票集めと金集めらしいですが、不幸に落ちていく実感を無視している状態で、「私はこんなに幸せになりました」と悲痛な叫びをあげているような気がします。
表面上、立派に見せるのが幹部の習慣ですけど、実態はそりゃもう酷いですからね。
隠してますけど対話中に反応する不安定な顔色をみてると、恐らく例外なしに今の会員は皆がそうなんだろうなと。

幾度聴くも初音なりけり…

初心を忘れず、精進する大切さを思い出します

御書を心閑に染め…

なども聴かせていただいたことがあります。骨肉に染まるほどに身に付けば、どんな方と対面しても慌てず話ができるようです。



一言一句でも理解しようとの強い求道心があるならば、必ず命に響くものがあるはずです。(折伏教本p391)

平成2年11月16日第35回本部幹部会スピーチ…ドイツ語…?

これは、仏法の奥義を拝聴しようとする信心を失った姿であり、増上慢という以外にはありません。(同本p392)

深淵な教義を低い次元に歪曲して池田礼讃に結びつけているのですから
そのように思うのも無理からぬことです。
しかし、それらは成仏という仏法の目的を見失ったものであり、会員を地獄に突き落とす邪義異説以外のなにものでもないことを知るべきです(同本p392)。




小野塚さん

こんにちは。

> 公明党の選挙支援活動、聖教新聞の販売促進、年末の財務。これらをいよいよやって、成長を実感した人が居るんでしょうか。
> 素朴な疑問があるわけです。
> 私はどんどん不幸に落ちていく実感があったから避けていました。

選挙・新聞・財務で普通の会員さんなら成長はしませんけど、コミュ障な会員さんは選挙や新聞啓蒙を挑戦することで成長したと思えるのかも知れませんね。

> 御書を読んで、折伏をして、いよいよ必死にやった経験は、今振り返ると財産ですね。
> それがあったので人間として欠点が多かった私も反省することができて、少しづつ成長したなと思うわけです。

そうですね。教学・折伏などの「信心」に関わる活動経験は財産ですね。一人の信仰者として自立する契機にもなりました。

> 最近の創価は票集めと金集めらしいですが、不幸に落ちていく実感を無視している状態で、「私はこんなに幸せになりました」と悲痛な叫びをあげているような気がします。
> 表面上、立派に見せるのが幹部の習慣ですけど、実態はそりゃもう酷いですからね。
> 隠してますけど対話中に反応する不安定な顔色をみてると、恐らく例外なしに今の会員は皆がそうなんだろうなと。

幸せは本人が感じることですから「創価で幸せになった」と言っている人を否定するつもりはありません。ただ仏法に照らせば、死刑囚が他の受刑者を見て「私は他の人より自由だで幸せ。功徳だ」と言っているようなものです。まぁそれはそれでいいですが、他人にウソをついて引き込むのはダメですね。大聖人仏法ではない創価を大聖人仏法と偽り、ただの掛け軸に力があるように思わせるのは詐欺ですから。創価の信仰で幸福になれるというならば「大聖人仏法」を抜きにして何故創価の信仰で幸せになれるのかを相手に説明しないとダメです。もっともそれでは相手が納得しないでしょうね。何故なら今の創価の本質は単なる新興宗教で「信仰」としては何の魅力もありませんからね。

未熟さん

こんにちは。

> 初心を忘れず、精進する大切さを思い出します
>御書を心閑に染め…
> なども聴かせていただいたことがあります。骨肉に染まるほどに身に付けば、どんな方と対面しても慌てず話ができるようです。

教学の重要性は、ひとつは悪知識から自分自身を守ることで、もうひとつは他者にたいして法を弘めることにあります。
もちろん教学が分からなくても立派な信心もできますが、教学が身につけばいよいよ色が増しします。いつも書いてますが大切なのは求道心だと思います。教学でいうと「分かる」のも大切ですがそれ以前に「分かりたいと求める」気持ちが信心です。その信心があれば教学は難しくないのです。いくら仏法の知識があっても「教学」というのは「信心」がなければ分からないし意味がないのです。

> 平成2年11月16日第35回本部幹部会スピーチ…ドイツ語…?
> これは、仏法の奥義を拝聴しようとする信心を失った姿であり、増上慢という以外にはありません。(同本p392)

ああ、池田氏のスピーチですね。「仏法の難しい話を聞いたってドイツ語を聞いているみたいで分からない」って言ってましたね。実に求道心がない。要は信心がないのですね彼には。仏法の指導者ならば会員に「難しいかもしれないけど教学を学んでいけば必ず分かるときがくる」と指導すべきでだと思います。いかにも教学軽視の創価らしい発言です。

ドイツ語

確か、宗門攻撃の発端はドイツ語の歌にありましたね。
第九のシラー詩は明らかに神を賛嘆していますね。
これを仏教団体の信者だけで合唱するイベントをやろうというのですから、一般人でも変だと思える明らかな謗法ですね。
あの時、池田は創価で馬鹿なことをやって怒らせて、宗門と対立の構図を作りたかったわけですね。
後年、それは池田に宗門からの独立の動機があったからだと、明らかになりましたけどね。
そんな事を仕掛ける池田に信心なんて、もとないのがよく分かる事件ですね。
未だに精神的に追随している会員はもっと不幸ですけど。

法門法義。は、創価は無視してます?

ソッカーがっかり買いから離れては
ダメよ!と、母から言われました。

どんな時もぉ、
どんなぁ時も、
時代と共に変節する偉大なる!
あーぁ創価と共にん。

逝旦那メロン魔センセ様の
人道主義あんど平和主義を(犬歓喜)

いや、はや、、境涯も高き♪
偉大なる世界の宗教で御座います、

おつかれチャンころ、カムサハムニダ?

駄文コメントまいど失礼で御座います。

小野塚さん

こんにちは。

> 確か、宗門攻撃の発端はドイツ語の歌にありましたね。
> 第九のシラー詩は明らかに神を賛嘆していますね。
> これを仏教団体の信者だけで合唱するイベントをやろうというのですから、一般人でも変だと思える明らかな謗法ですね。

そんなこともありましたね。宗門が第九を謗法というのはオカシイなんて言ってました。個人的には創価で第九の合唱なんてあえてする必要もないとは思っていましたね。「創価喜びの歌」って私の所属組織は座談会でも歌ってました(笑)

> あの時、池田は創価で馬鹿なことをやって怒らせて、宗門と対立の構図を作りたかったわけですね。
> 後年、それは池田に宗門からの独立の動機があったからだと、明らかになりましたけどね。
> そんな事を仕掛ける池田に信心なんて、もとないのがよく分かる事件ですね。
> 未だに精神的に追随している会員はもっと不幸ですけど。

池田崇拝信者は随分減ったと思います。確かに「池田先生」と口では言ってますが、昔の学会員とは「池田センセ」に対する熱量が違いますね。創価は今後は減少しある程度の所で落ち着くのでしょう。最終的には「立正佼成会」のようになると予想でしてます。

天覇さん

こんにちは。

> 逝旦那メロン魔センセ様の
> 人道主義あんど平和主義を(犬歓喜)
> いや、はや、、境涯も高き♪
> 偉大なる世界の宗教で御座います、

本尊も教義も化義も正宗からパクったものを改竄して「世界宗教」を名乗ってますからね。
チャイナ方式ですかね。それとも創価が大聖人仏法の発祥の地とか言ってコリアン方式でしょうか?
グローバルスタンダードだと結構恥ずかしい行為なのですが、
「ウソも百回言えば本当になる」というやり方なんでしょうね。

誤字をお許し下さい

p1884l15
一、当門流に於ては御抄を心肝に染め極理を師伝して若し間有らはば台家を開くべき事。

日興遺戒置文

ソッカーがっかりを切る! by藤原さん風

韓日友好!中日友好の!が大好きな
偉大なる創価の大将軍様は、さて、
お元気なんです( ̄^ ̄)ゞ

一狂?一凶を切るは、大変なコッテです。

朝鮮は文化大恩ある兄きぃ?な
北の将軍様もお元気なんかな?

失礼致しました。

池田先生は仰ってました。
最晩年に人間の真価が問われると。
駄目じゃんか、なあ?先生さん。

真価

金と権力と名誉の追求でしたからね。
そういう人は大体、時期が過ぎてしまえば忘れ去れる存在ですね。
歴史に名を残すという意味では、麻原尊師の方が相当上ですね。
無差別テロの実績があり、国家権力に殺されたわけですから。

天覇さん
ちょっとあなた言いすぎちゃいますか?
なんとかニダーとかなんとかハムニダーとか幼稚ちゃいますか?
創価とおんなじようになってはダメですよ。
管理人さんは何をコメントしてもいいよと言うてくれてますけども…。

ちょっと気になったので

未熟さん

こんにちは。

>誤字をお許し下さい

それは私の方ですよ。いつも下書きもせずスペルチェックもしないで書いているので誤字脱字だらけですみません。
そのあたりは「忖度」していただけると助かります(笑)

天覇さん

こんにちは。

> 池田先生は仰ってました。
> 最晩年に人間の真価が問われると。
> 駄目じゃんか、なあ?先生さん。

そう言ってましたね。日顕上人との晩年を比べると池田センセの方が分が悪いですね。

小野塚さん

こんにちは。

> 金と権力と名誉の追求でしたからね。
> そういう人は大体、時期が過ぎてしまえば忘れ去れる存在ですね。
> 歴史に名を残すという意味では、麻原尊師の方が相当上ですね。
> 無差別テロの実績があり、国家権力に殺されたわけですから。

日蓮正宗の宗史には平成の法難の立役者として名を残すでしょう。
未来において広宣流布が叶った時に人々から「極悪人・池田大作」としてまた「謗法集団・創価学会」として永遠に名が残りますね。逆に創価学会史には日顕上人が同じように書かれるのでしょうが広宣流布の暁には創価はすでに存在していませんからどうでもいいことです。

元創価班さま。

御指導頂き誠に有難うございます!
m(_ _)m

以後、コメントする際に気を付けたく
存じます。

すでに存在していない

案外、日本の新興宗教団体の寿命は短いですね。
期間で言えば3代目くらいまでが多い気がします。
なるべく偏らず、創価の実態を観察してみれば、やはり衰退の流れが止めらず、会員の質の低下が酷いですね。
やる気の無い会員と、勘違いして管理職のように振る舞う幹部で占められてきましたからね。
脱池田からの事後処理をして、先を見据えて、なんとか自分が生きている間だけは権威を維持したいといったところが目標なのかなと。

天覇さん
いーえー
こちらこそ生意気言ってすいませんです。
元創価班より注意事項をもうしあげました(笑)下足の間違いのないように(笑)

これからもよろしくお願いします

添書登山

7月11日から添書登山が出来る様になりますが、
今8月1日の添書登山を申し込みをお寺にお願いした所、
コロナの影響で1日1500名限定で、先着順との事でした。

承認されると今年初めてのお登山なので
楽しみにしています。

小野塚さん

こんにちは。

> 案外、日本の新興宗教団体の寿命は短いですね。
> 期間で言えば3代目くらいまでが多い気がします。
> なるべく偏らず、創価の実態を観察してみれば、やはり衰退の流れが止めらず、会員の質の低下が酷いですね。
> やる気の無い会員と、勘違いして管理職のように振る舞う幹部で占められてきましたからね。
> 脱池田からの事後処理をして、先を見据えて、なんとか自分が生きている間だけは権威を維持したいといったところが目標なのかなと。

創価の衰退は明らかです。男女青年部の活動家は激減してるし会員も増えていない。発展してると言っている創価民もいますが、自分の所属している組織を見て本当にそう思っているのか不思議です。もっと言えば「オマエは最近折伏したのかよ?」って話です。私が男子部時代から折伏(本尊流布)なんてほとんどの活動家がしていない。いくら世界で増えていようと(それも眉唾ですが)自分が折伏していないのでは話にならないのです。リアル活動家に聞いても折伏はほとんどしていないそうですしネットの世界を見ても「創価を止めた」という人はたくさんいますが、「創価に入った」なんて言う人はほとんど見つかりません。創価が発展していたのは「日蓮正宗の創価学会」時代です。それが現実です。

ひごちゃんさん

こんにちは。

> 7月11日から添書登山が出来る様になりますが、
> 今8月1日の添書登山を申し込みをお寺にお願いした所、
> コロナの影響で1日1500名限定で、先着順との事でした。
> 承認されると今年初めてのお登山なので
> 楽しみにしています。

私もできれば今月中に登山したいと思ってますがまだ予定が立てられずにいます。

管理人さんお久しぶりでございます

新聞推進できない方は贈呈用新聞購読申込書でお願いしますと言ってる幹部さんがおられるようで、会員であるなし問わず家族の人数分マイ聖教で購読して下さいと言われ、その上贈呈用新聞購読申込書持って来て下さいで私の知人達が堪忍袋のおが切れた状態
書籍の購入も毎月あり民音も毎月あるし、創価に有り金全部持っていかれ丸裸
金の切れ目が縁の切れ目とはよく言っだもんです
管理人さんが何もしなくても内部から崩壊して行きます

美有さん

こんにちは。

> 管理人さんお久しぶりでございます

元気でした?体調の方はどうですか?

> 新聞推進できない方は贈呈用新聞購読申込書でお願いしますと言ってる幹部さんがおられるようで、会員であるなし問わず家族の人数分マイ聖教で購読して下さいと言われ、その上贈呈用新聞購読申込書持って来て下さいで私の知人達が堪忍袋のおが切れた状態
> 書籍の購入も毎月あり民音も毎月あるし、創価に有り金全部持っていかれ丸裸
> 金の切れ目が縁の切れ目とはよく言っだもんです
> 管理人さんが何もしなくても内部から崩壊して行きます

創価の内部崩壊なんてとっくの昔から始まってますよ。私は創価が大聖人様と無関係と公式に認めれば創価ダメ出し止めて顕正ダメ出しに変えますよ(笑)創価の組織を崩壊させようとなんて思ってませんよ。創価組織には興味もないし。美有さんもなかなか創価後遺症から抜け出せませんね(笑)早く大御本尊様の元に戻ってくださいね。美有さんにとってそれが一番ですよ。

創価の今後

創価学会は本尊も化儀もない新興宗教に成り果てました。

池田さんが本当に亡くなった後、池田さんを神格化する派閥と現執行部とか別れるでしょうね。

そして、公明党の議員数も段々減っていき、会館を維持するのもままならなくなると思います。

活動したい人

折伏相手だって、こちらの生活態度や、ずるい事をしない生き方をじっと見ているわけですね。
だから、その場だけで人の良さそうな顔をして立派な事を言っても、全く信用されない。
考えてみれば、折伏ができる人はもう宗門へ行ってますね。

創価に残っているのは権威主義的な組織で役職が欲しい人だけですね。
うまく上の幹部に媚びて評価を上げることしか考えていない。
彼らの信心は、その為の学会活動ですからね。そりゃ会員にも相手にされなくなるわけです。
さらに本音が見透かされている事に一向に気付かず、幹部は、会員が怠けていて自分だけが苦労していると考えて、強権的になったり、怨嫉して嫌がらせも行う。
こんな世も末の悲惨な状況は、私の周囲では、創価だけの専門なんですけど。

創価の折伏

小野塚さん

創価では折伏ではなく勧誘しか出来ません。

折伏は、法の正しさを道理と慈悲を持って相手に伝えるしかないからで、
学会が法も何もかも正宗のパクリでしかないから、正しさを証明する事は出来ないから無理なんですよね。

幹部も良く判っているから、信仰では一切ない選挙や新聞啓蒙や財務で、嘘の功徳話をでっち上げか日蓮正宗創価学会時代の功徳話を持って来て、会員からお金と票を巻き上げている。

でも早晩それも限界で出来なくなるから
幹部は巻き上げてられるだけ巻き上げて最後は逃げるかもしれませんね。

ひごちゃんさん

ああ、確かにそうですね。
折伏と言っていた時代は昔。もう広める仏法などないわけですからね。
創価の活動の定義は、組織の利益のために奉仕することですね。
何の見返りも期待せずに闘えるのですから、潔しとすべき人達なのでしょうけど、不自由な信仰からは不自由な生活しか生まない。
それに気づいていても、時期を喪失しているし、創価を取ってしまったら何も無い人達だから、しがみ付くしかないのかも。
幼馴染の女性がまだ創価に居ますが、新聞配達やら販売促進やら選挙支援など、人生を犠牲にしています。それでも決断できない。
創価はいちどかかると重い病ですね。

ひごちゃんさん

こんにちは。

> 創価学会は本尊も化儀もない新興宗教に成り果てました。

そうですね。根本である本尊に迷ってた挙句に捨てましたから何もありませんね。
正直言って彼らが何を広めているのか分かりません。
「創価学会を広めている」と言ってますが、創価学会って何ですか?って話ですね。

> 池田さんが本当に亡くなった後、池田さんを神格化する派閥と現執行部とか別れるでしょうね。

既にその兆候はありますね。

> そして、公明党の議員数も段々減っていき、会館を維持するのもままならなくなると思います。

どうでしょう。基本会館は「非課税」ですからね。まぁそのうちに地方の会館から売却されていくとは思いますけど、
解体費がかかるのであまり高くは売れないかもしれませんね。

小野塚さん

こんにちは。

> 折伏相手だって、こちらの生活態度や、ずるい事をしない生き方をじっと見ているわけですね。
> だから、その場だけで人の良さそうな顔をして立派な事を言っても、全く信用されない。
> 考えてみれば、折伏ができる人はもう宗門へ行ってますね。

それは言えてますね。正直言って創価も顕正もロクな人材が残っていない気がします。
どちらも法華講との法論は逃げまくっているのに組織内やSNSではウソの武勇伝ばかり言ってますから。
ただ創価や顕正の教義ではどんなに教学があっても教団の正当性は論証不可能なんです。
つまり教学がある人ほど創価や顕正会にいられないんですよ。
完全に邪教・邪宗ですからね。
だからそういう人たちはどんどん創価を止めて信心を続ける人は正宗に戻ってしまいます。
私が創価の広宣部にいた時とは違いますね。
元創価・元顕正の論客が大勢いますからある意味いまの法華講は最強かもしれません。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>