FC2ブログ

御講拝読御書研鑽(20207月・曾谷殿御返事)

謗法を責めずして成仏を願はば火の中に水を求め水の中に火を尋ぬるが如くなるべしはかなしはかなし、何に法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつべし、うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し、毒気深入失本心故は是なり

今月の御講での拝読御書は【総別の二義】が書かれている有名な「曾谷殿御返事」です。早速拝読箇所を研鑽します。謗法を責めるというのは具体的にはこの御文の次上の「若し善比丘あつて法を壊る者を見て置いて呵責し駈遣し挙処せずんば当に知るべし是の人は仏法の中の怨なり。若し能く駈遣し呵責し挙処せんは是れ我が弟子真の声聞なり」の涅槃経の文に書いてあるように、「呵責」(謗法を厳しく咎める)し駈遣(謗法を追い出す)し挙処(具体的な謗法を指摘する)ことです。謗法者を見ながらこうした破折をしなければ多くの漆に蟹の足を1本入れたら漆の効果がなくなってしまうように折角の信心修行も無駄になってしまうと大聖人様は言われています。では「謗法(者)」の定義とうと「顕謗法抄」には、
◆謗法とは法に背くという事なり ◆不信とは謗法の者なり
と書かれています。「法」に背くだけが謗法ではなく「法」を信じない人もまた「謗法者」になってしまうわけです。また、
◆凡そ謗法とは謗仏謗僧なり三宝一体なる故なり(真言諸宗違目)
と言われているように、謗法とは単に「法」に背き不信をいだくのではなく「仏」「僧」に背き不信を抱くことも謗法になります。なによりも【三法一体】の【本体】である戒壇大御本尊に対する違背・不信は一番の謗法です。更に「顕謗法抄」には、
◆正法を人に捨てさせるが謗法にてあるなり
と自身の謗法以外に他人に正法を捨てさせることもまた謗法であると書かれており、日有上人は化儀抄で、
◇門徒の僧俗の中に人を教えて仏法の義理を背せらるる事は謗法の義なり、五戒の中には破和合僧の失なり、自身の謗法より堅く誡むべきなり。
とご指南され自分自身が犯す謗法よりも、他人に謗法を犯させる謗法の方がより重大な謗法であると言われています。創価は正宗や日顕上人を「謗法」などと言っていますが正宗の僧俗も日顕上人もただの一瞬も三法一体の体である戒壇大御本尊に違背し不信を抱いたことなどありません。むしろ戒壇大御本尊を捨てた創価の方が「謗法」であることは明白であり、多くの日蓮正宗の信徒だった学会員を扇動し大聖人仏法の義理に違背させた創価及び池田大作が破門を受けるのは全く当然のことです。そして今もなお創価及び創価活動家は自身が戒壇大御本尊を捨てるだけではなく、多くの会員さんに戒壇大御本尊を捨てさせるために戒壇大御本尊を誹謗し御書を悪用し正宗の僧俗を中傷しています。こうした創価民などの異流義の謗法者を知っていながら破折を加えないのは「仏法中怨」なのです。謗法放置は謗法与同と変わらないのです。法華講員に対する大聖人からのご遺命は折伏です。
◆邪正肩を並べ大小先を争はん時は万事を閣いて謗法を責むべし是れ折伏の修行なり(聖愚問答抄)
実は折伏とは「謗法を責める」ことなのです。いつも書きますが破邪顕正が折伏ですが、あくまでも「破邪が先」であり「破邪が根本」なのです。誰に対してでも「破邪」のない「顕正」はありません。ましてや謗法者であることが明白な創価・顕正・正信会・身延に対して駈遣し呵責し挙処しなければ成仏はおぼつきません。「御講聞書」には

◆日蓮が弟子臆病にては叶う可からざる事 仰に云く此の意は問答対論の時は爾前迹門の釈尊をも用う可からざるなり、此れは臆病にては釈尊を用いまじきかなんど思うべき故なり、釈尊をさえ用う可からず何に況や其の以下の等覚の菩薩をやまして謗法の人人に於ておや、所謂南無妙法蓮華経の大音声を出だして諸経諸宗を対治すべし、巧於難問答其心無所畏とは是なり云云。

とのご指南があります。今月は立正安国論上程の月です。大聖人様の弟子たる者は創価等の異流義の謗法者などに恐れてはいけません。臆病では祈りは叶いません。大聖人仏法の正法正義を堂々と語り謗法を責めていきましょう。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

毒気深入失本心故

御書のひとつの語句の無駄もない文章はいつも感動的です。
「毒気深入失本心故」。正しく某団体の実態を示していますね。

正気を失う機能は脳特有のデリケートな性質ですね。
0.02gの覚せい剤を摂取するだけで、判断を狂わせ、人生を狂わせてしまう。
もともと臓器の各所から出るホルモンで脳が支配されているからですね。

元野球選手の執行猶予期間が切れて話題ですが、創価を狂わせたのは、小さなことですが、池田の見栄っ張りな性格からだろうなと思っています。
それが日蓮大聖人より偉いと思うところまで病的に肥大化してしまう。
環境に満たされたその毒は、やがて自身にも入っていくる。会員を狂わせる。そういう仕組みでしょう。
環境を選ぶ、師匠を選ぶ。その選択を間違えてはダメだなと。

御登山申込みました(笑顔)

3月ぶりになります……この砌に臨まん輩になるべく精進させていただこうと考えています。

祖父母の元気な時は親族バスを借りて参詣させていただいたことも…祖母が亡くなったあとも母は祖母の片身をつけて御登山したりしています。

管理人様の記事にそって謗法を責めるとしたら、『創価学会偽造本尊義を破す』には

1三宝欠如のニセ本尊
2魔性・魔心のニセ本尊
3無許可皆簒奪のニセ本尊
4非道のニセ本尊
5唯物形骸のニセ本尊
6変造のニセ本尊
7背逆のニセ本尊
8矛盾撞着・自語相違のニセ本尊

とあります…

正統な御本尊様に対する不敬となります。

ニセだと思ったら本物だったということもありますので、日蓮正宗公式サイトからお近くの末寺を調べてご相談いただくことが無難です。また一人で何体も受持されていることも変です…

手を合わせることは命を通わせることです。間違った本尊を拝むことがありませんように。

小野塚さん

こんにちは。

> 元野球選手の執行猶予期間が切れて話題ですが、創価を狂わせたのは、小さなことですが、池田の見栄っ張りな性格からだろうなと思っています。
> それが日蓮大聖人より偉いと思うところまで病的に肥大化してしまう。
> 環境に満たされたその毒は、やがて自身にも入っていくる。会員を狂わせる。そういう仕組みでしょう。
> 環境を選ぶ、師匠を選ぶ。その選択を間違えてはダメだなと。

人生は表層的に見れば「取捨選択」です。池田氏は「戸田会長を捨てて自己の栄華を取った」創価学会は「戒壇大御本尊を捨て金を取った」公明党は「庶民を捨てて権力を取った」学会員さんは「成仏を捨てて無間地獄を取った」こうしてみると一番割が合わないのは学会員さんですね。ただ学会員さんはまだ間に合います。

未熟さん

こんにちは。

> 御登山申込みました(笑顔)
> 3月ぶりになります……この砌に臨まん輩になるべく精進させていただこうと考えています。

そうなんですね。楽しみですね。私は1月の支部登山が最後です。

> 手を合わせることは命を通わせることです。間違った本尊を拝むことがありませんように。

素晴らしい言葉です。本当にそうですね。ご本尊に向かって手を合わせ唱題することは正しく「命」を通わせることです。
素敵な言葉をありがとうございます。

情報はどこへ行くのか

今朝ニュースを読んでいて、長らく不明だったブラックホールの情報の行く先が、量子論で解くとBHに保存されているという解になるようですね。
人の記憶は喪失してしまう特性がありますが、情報は保存される。
情報によって意味があることがもたらされるのですから継続性を持つ。
またカルマの保存があったとも言えますね。
確率に支配され宇宙は偶発的に発生したものだと言う説が、情報の保存先が発見されれば覆ることになりますね。
誰かの意思で創生されたとも、久遠から常住していたとも言える。
それで私はちょっと困っています。唯物論的傾向が強くて無宗教状態ですから。

創価人はもっと困るでしょうね。
仏法を知っている。悪意で取捨選択をしているのですから。
でもメモリーはナッシングできない。恐ろしいことです。
一般会員が全くの善意の被害者であるとも思えないのは、孤立を恐れて自立しない傾向が強い人達だからです。
仏法と違うことを承知していて活動をするのは組織内に居る為の保身からでしょうけど、やっぱり裁かれますね。

孤立しなさいなんて御指南じゃないですね…世のため人のため国のため正しい教えによって徳を積ませていただくわけですから…誘い合って行けることが理想なんです。

必ず魔が競いますから家族や友人知人は反対します。ひとりひとりの因縁が違うのでここでは言い尽くすことが出来ませんが…

せっかく人として日本人として生まれたからには大御本尊様拝ませていただきたいです。来世は私にもわかりませんが…唱えた御題目は持っていけると聞いてます。

創価民たちは

こんにちは。

今月も素晴らしい講義ありがとうございます。

創価民たちは管理人さんの御書講義を読んでどう思っているのでしょうね。
何も思わないとか感じないとかありえないと私は思うのですが…
毎月の御書講義を読むたびにそれを考えてしまうのです。

No title

御登山より帰宅しました!
創価やめて、本当に良かった。
次はいつにしようか考え中です(笑)

あやめさん御登山おめでとうございます。

国の重要文化財が大改修された中…コロナの中…参詣された福徳計り知れないです。

……前回の創価学会の偽造本尊義を破す…切り文にしてしまったので一つだけ全文を書かせていただきます。

一つには、血脈相伝の大義、下種三宝の御法魂に背き、仏意に反する。したがって、その形骸のみの本尊に仏意と三宝の法魂は全く存在しない。故に、三宝欠如の『ニセ本尊』である。

……切り文で箇条書きにするときつく感じてしまうかもと思いました。その2ページ後に十四誹謗のほうから考えますと8っつあるとの御指南です。

平成9年10月15日宗務院より発行されました。172ページありまして…200円でした。当時は「偽本尊って何?」からでしたので…今も…完璧に頭のに入っていませんが…体験談でも拝んで苦しんだ話も聞いたりしていますので…鬱になりやすいそうです。拝んだことないから、聞いたことをもとに書いてます。



ご迷惑おかけしましたm(__)m

おはようございます!

創価サカイさんとの質疑応答は終了しましたので前回の質問は無しと言うことでお願いしますm(__)m

質疑応答と言っても、僕が質問に答えるだけなんですけどね。

まぁ僕の質問には答えませんが(笑)

それでもなるべく全ての質問に答えてきたんですが、なにやら池田先生を批判する話題には免疫が無かったようで、

侮蔑的やら人格否定やらで、、

どこの部分が侮蔑的で人格否定なのかわかりませんが、まぁとにかくもう質問に答えなくてよいとの事になりました。

ですのでお騒がせしましたm(__)m

僕のブログの方はこのままヤル気が無くなるまでは、ゴリゴリと創価破折していく所存です。

またご迷惑をおかけするかもですが、
お世話になります。

失礼しますぅ。

小野塚さん

こんにちは。

> 創価人はもっと困るでしょうね。
> 仏法を知っている。悪意で取捨選択をしているのですから。
> でもメモリーはナッシングできない。恐ろしいことです。
> 一般会員が全くの善意の被害者であるとも思えないのは、孤立を恐れて自立しない傾向が強い人達だからです。
> 仏法と違うことを承知していて活動をするのは組織内に居る為の保身からでしょうけど、やっぱり裁かれますね。

◆須く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ他をも勧んのみこそ今生人界の思出なるべき(持妙法華問答抄)

結局人は死ぬ時には金も人も連れていけない。ただ善悪のカルマ打しか持っていけませんからね。
それは「信じる・信じない」という事ではなくそのように思って生きた方が合理的かつ知性的だと思ってます。
仮に死後は何も残らず消滅してまっても別に今世で信仰していたことで不幸になるわけでないし。もし生命が続けば来世以降は今世より幸せになれるわけですから。ただ創価はダメです。何故なら創価の信仰は今世の自分の自由な生活を搾取されますし大聖人の言葉が本当であれば死後は無間地獄ですからどっちにころんでもいい事はないと思います。

未熟さん

こんにちは。

> せっかく人として日本人として生まれたからには大御本尊様拝ませていただきたいです。来世は私にもわかりませんが…唱えた御題目は持っていけると聞いてます。

むしろそれ以外には持っていけません。六識では前世のことは全て忘れてしまいますが、題目は第九識に貯蔵されるので来世にも持っていけます。

blue_noteさん

こんにちは。

> 今月も素晴らしい講義ありがとうございます。

いえ、こちらこそお読みいただきありがとうございます。

> 創価民たちは管理人さんの御書講義を読んでどう思っているのでしょうね。
> 何も思わないとか感じないとかありえないと私は思うのですが…
> 毎月の御書講義を読むたびにそれを考えてしまうのです。

どうなんでしょうね。御書は信心がないと理解できませんから。
ただ、一人でもいいから何かを感じて大御本尊の元に戻れるきっかけになればと思って書いています。

あやめさん

こんにちは。お久しぶりです。

> 御登山より帰宅しました!

おめでとうございます!羨ましい。

> 創価やめて、本当に良かった。

分かります。特に登山して戒壇大御本尊にお目通りをすると、本当に創価を辞めてよかったって思いますよね。大石寺を謗法呼ばわりして毛嫌いする学会員は本当に可哀そうです。

> 次はいつにしようか考え中です(笑)

いいですね。私も早く登山したいです。



梵我一如さん

こんにちは。


> 創価サカイさんとの質疑応答は終了しましたので前回の質問は無しと言うことでお願いしますm(__)m
> 質疑応答と言っても、僕が質問に答えるだけなんですけどね。
> まぁ僕の質問には答えませんが(笑)

あの方はいつもそうですよね。質問だけたくさんしてきて自分は答えない。またコチラが回答しても結局聞く耳はもたないので大変ですよね(笑)

> 侮蔑的やら人格否定やらで、、
> どこの部分が侮蔑的で人格否定なのかわかりませんが、まぁとにかくもう質問に答えなくてよいとの事になりました。

自分は創価新報ネタで正宗や法主上人さらに大御本尊まで侮辱しているくせによく言いますよね。「自分は言うけどオマエはいうな」ってジャイアン気質の創価民らしいっていえば創価民らしいですけど。支部長もそうですけどアレで正宗を破折して創価の正義を宣揚している気分になっているのでしょうか?オメデタイ方々である意味幸せそうでよかったです(笑)


> 僕のブログの方はこのままヤル気が無くなるまでは、ゴリゴリと創価破折していく所存です。

ゴリゴリやっちゃってください(笑)といっても支部長程度ではやりがいもないですけど(笑)
前回の質問の件(3番目)は創価民破折のために記事にしますのでよかったら読んでくださいね。

いつの時代も謗法者が使う手みたいなものは同じだなと感じます。金と権力をもった創価が弁護士を使っての個人へのスラップ訴訟なんかも、著作権と名誉毀損だけですからね。公明は情報開示を容易にしようと画策してますが。いくらそんなことをしようとも謗法であることは無くせないですからね。奴等の手の内はわかっているから賢く一人でも多くの人に創価の悪を発信して語っていくしかないと思います。
このブログも監視対象になっているんですかね?(笑)

現役男子部さん

こんにちは。

> いつの時代も謗法者が使う手みたいなものは同じだなと感じます。金と権力をもった創価が弁護士を使っての個人へのスラップ訴訟なんかも、著作権と名誉毀損だけですからね。公明は情報開示を容易にしようと画策してますが。いくらそんなことをしようとも謗法であることは無くせないですからね。奴等の手の内はわかっているから賢く一人でも多くの人に創価の悪を発信して語っていくしかないと思います。

スラップ訴訟や査問・除名と近年の創価はまさに権力による人権侵害が目に余りますね。謗法以前に反社会的勢力にすら思えます。

> このブログも監視対象になっているんですかね?(笑)

まさか(笑)仮に監視されたとしても創価がスラップを仕掛けるのは何故か内部の会員だけですから大丈夫でしょう。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>