公明新聞と聖教新聞が一緒に配達されるのは・・

昨日はブログで、創価・公明の政教一致論について書いた。
憲法解釈は合憲であっても
世間に「政教一致」とみられるならば
それは宗教団体としても、政党としても
「是」でなく「否」なのである。
そのように(政教一致だ)とみられる事に問題が有るのであって
たとえ合憲であっても、世間に誤解されないように
創価・公明はもう少しレベルの高いモラルと節度を持ったつきあいをするべきじゃないか?
正直、創価・公明の関係は一応合憲であるが
結構グレーゾーンだなぁって思う事は多い。
外部の人達より内部の人間の方が多分そう感じている。
そう感じないのは、活動家や患部くらいだろう。
俺が所感を少し書くと
昨日書いたように、学会幹部が「選挙じゃなくて信心の戦い」
なんて言ってる事が間違いなのだが
更に酷いのは議員や候補者が会合などで
「池田先生にお応えするために勝つ」などと言う事だ。
さすがに外部の人間には言わないが、
内部の活動家に対してはこの手の発言を言う議員は多い。
(国会議員はあまり言わない。県会や市会議員は結構言う)
「はぁ?議員と言う公人が池田センセという個人のために議員をやってるのか?」
まぁ、普通の人間ならまぁそう思う。
もっとも言ってる本人はそう言った方が
学会員が喜んで支援活動するだろうと思っているのだろうが
これは俺的には【政教一致】の解釈。
まぁ、これは議員個人の話だが
学会の会館のフェンスに公明党のポスターを貼ったり
学会の会館で選挙絡み(つまり信心と関係ない)の会合やったり
公明党の候補者や議員が挨拶したり
これは?
俺のジャッジは【政教一致】
宗教法人の施設は何故固定資産税も課税されないのか?
それは宗教と言う公益性が認められているからであり
宗教のための施設と認められているからじゃないのか?
選挙絡み会合や、選挙戦の票読みなどの対策本部を会館内に設けるなら
やはり固定資産税くらいは納税すべきだろう。
昔そのような事を男子部幹部に言ったら
件のセリフ「これは選挙活動じゃなく信心の戦いなんだよ」と言われた。
選挙の活動報告したり、Fの数字の集計したり、報告したり報告受けたり
いや、いやこれが選挙以外の何でしょうか?
これが宗教活動とは世間はモチロン
大聖人すら認めてくれないだろう。
そして、一番俺が創価・公明の関係で、完全にアウトだろ?と思うのが
「公明新聞」が「聖教新聞」と一緒に配達される事実
ご存知の通り、聖教新聞は創価学会員が毎日配達している。
学会の機関紙である聖教新聞を学会員が配達するのは問題ない。
その聖教新聞と一緒に
創価とは分離されているはずの、
公明党の新聞(公明新聞)を配達するのはおかしい。
政教分離を遵守するのなら、公明新聞は公明党員や議員が配達するべきだろう。
赤旗が読売や朝日と一緒に配達されるか?
あまつさえ、宗教団体の機関紙一緒に
政党の機関紙を配達するのは尋常じゃない。
公明党は聖教新聞社に費用を払って配達してもらっているのか?
だとしたら税金から政党助成金を支給されている政党としてはやってはいけない事だ。
政党として受け取っている金銭を
いち宗教団体に寄付していることになる。
これは公費で玉串料を出しているとの同じで【違憲】だ。
また、ただで聖教新聞社に配達をさせているのなら
まぁ【収賄】だ。
もっとも、上手く言い逃れができるような理由を用意した上で
聖教新聞と公明新聞を一緒に配達しているのだろうが
こんなことしていて、世間一般の民衆達が
創価と公明は別組織でしっかり分離している。
とでも思うのだろうか?
こうしたズブズブの関係を続けながら
【政教一致なんて根も葉もないこと言うな】なんて
逆切れできる神経。
それとも説明できずに逆切れか?
まぁ、どっちにしても
宗教者と政治家なんだから
世間一般より以上に清廉潔白であるべきじゃないかね?
ただでさえ風当たりが強いんだから
より以上注意すべきなんじゃないかと思うよ。
非課税の学会の会館では、選挙絡みの会合はしない
議員も会館に来る時は、議員でなくイチ学会員とて来て政治の話はしない。
公明新聞は、聖教新聞と一緒に配達しない。
【君子李下に冠を正さず】
宗教者や政治家はそのようなモラルを持つべきである。
「法に触れなきゃなんでもOK」
そんな人間には政治家になって欲しくないし
そんな人間に信心を語って欲しくないもんだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

創価学会の悪事を暴露してる長文です。興味の無い方は削除願います。何万通と送ってるので、同じ人に同じメールを誤って送る場合があると思いますが、その時は削除お願いします

創価学会がテクノロジー技術(科学技術)を使って、病気を作り出す病気製造組織だって事が世間に知られてないので、拡散させて浸透させてます。皆に知れ出せば、犯罪はやりづらくなります。拡散する事での犯罪の抑止効果や、何も知らずに創価に入信する情報弱者を、減らす狙いもあります

創価学会(広宣部)は、病気製造組織です。嫌がらせもする犯罪組織です

あまり知られてないんですけど、創価学会は、遠隔から痛みを与えたり、病気にしたり出来る技術力を持ってます。テクノロジー犯罪(科学技術を使った犯罪)、エレクトロニックハラスメント(電子技術を使った嫌がらせ)って言われてます。この犯罪は人工衛星のGPS(全地球測位システム)やバイオテレメトリーシステム(遠隔計測法)を使った犯罪なので、日本全国、世界各国どこに居てもピンポイントで痛みや病気を作れますし、どこに居ても監視盗聴が出来ます。痛みに関しては強弱も自在です。痛みだけじゃなく、カユミや締め付け、くしゃみ、鼻水等も自在に出させる事が出来ます。眠れなくさせたり、鬱にしたり、統合失調症も作り出せます。意識操作や脳内盗聴(何を考えてるのかがわかる)も出来ますし、遠隔から文字を読めたり、盗聴する事も出来ます。建物内部も透けて見えるので、風呂に入る所から用を足す所からお金の隠し場所まで、全て筒抜けになってます。特定秘密保護法に伴って、国は電磁波を通さないシールドルーム(電波暗室、電磁波吸収部屋)を作りました。作った目的は、電磁波による盗聴と盗み見防止です。電磁波で、全てが筒抜けになるって事を意味してます

この、遠隔から痛みを与える技術力を使って、主に創価の活動家が病気にされます。病気になると信者は仏にすがって、学会活動に精を出すようになります。その為、活動家は定期的に病気にされます。モチベーションを上げさせる為の起爆剤みたいなもんです。信者は、電磁波で病気にされてる事に、気付いてません。皆、魔(仏罰、現証、非科学的)にヤられてると思ってます。病気だけじゃなく、事故にあわせたり、怒りの感情を高めさせて、家庭不和(離婚や親子の関係を切らせたりもします)にしたりして、不幸を作りあげます。毎日が平和だと、仏にすがる必要がないので、皆辞めて創価は崩壊しちゃいますから、定期的に不幸を与える必要があるわけです

活動家だけじゃなく、一般人も病気にします。病気にして身も心もボロボロにしてから、創価に入れば病気は治るみたいな事を言って、折伏(勧誘)しに来ます(ブレインジャック、意識操作してやらせます)やってるのは、謀略部隊、裏の精鋭部隊、汚れ役部隊、疫病神部隊である広宣部です。学会員にもあまり知られてない部隊です

創価は、メクラ滅法に病気にするわけじゃないです。無闇矢鱈に病気にすれば、違和感を持たれて犯罪がバレるので、私生活を監視して(活動家の家庭は全て筒抜け。学会員は気付いてない。プライバシーの侵害、人権侵害)私生活に沿った不幸を与えていきます(便乗攻撃)例えば腰を屈める事が多い人は腰痛にされ、冷たい飲み物を飲んだら腹痛にされます。そうやって、不自然にならず違和感を持たせず、バレないように痛みを与えたり、病気にします。時にはカユみも与えて、リアルな病気を演出して、決して勘付かれないような工作をします

創価は、創価に入って題目(南無妙法蓮華経)を唱えれば、どんな病気も治るって事を売りにしてます。医者が見放した不治の病も、題目を唱えれば治るっていう触れ込みで、信者を募ってます。確かに治るんですけど、それは電磁波で病気にしてるから治せるわけです。自分らで病気を作り出し、題目あげたら電磁波を弱め、題目で治ったように見せかけます。自作自演の病気製造組織、これが創価イズムです

くしゃみした時の周波数と同じ周波の超音波を当てると、人為的にくしゃみを出させる事が出来ます。アメリカがこれで特許取ってるんですけど、例えば、TBSラジオは90.5MHz(メガヘルツ)、ニッポン放送93.0MHz、文化放送は91.6MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、憂鬱な時の周波数、眠れない時の周波数、恋してる時の周波数、パニック障害に陥ってる時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ超音波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからなんです。逆にいうと、虫ですら周波数で操作が可能って事です。虫は、波長340~350nmの紫外線に引き寄せられやすいです。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、逆にいうと、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、50Hzで生理痛、52Hzでてんかん、60Hzで痙攣、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってるんです。これらの周波数と同じ周波の超音波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です。つまり病気っていうのは、波動で作られてるって事ですね。この性質を利用して、創価は色んな病気を作り出すんです

あまりにも大規模で、高度のテクノロジー技術を使ってやるので、真相を教えても、SFやファンタジーの世界、非現実な絵空事、妄想が作り出した錯覚、キチガイの戯れ言にしか感じられない人が多いのが現状です

オウム真理教は、例えるとパンチパーマのヤクザです。見た目から危険度がわかります。創価はスーツ着たインテリヤクザなんで、見た目からは危険度がわかりませんが、オウムより危険です。財務(お布施)と言う名の上納金システム、池田大作(名誉会長、諸悪の根源、悪の元凶、悪の枢軸、悪の元締め)が飲んだ飲み物を飲み回す、ヤクザの盃(さかずき)、脱退者や批判者に対し嫌がらせ(嫌がらせは、証拠の残らない電磁波で広宣部がやります)ヤクザ組織そのものです

ちなみに、自分がやられてる嫌がらせは、遠隔から痛みを与えられる他には、ノイズキャンペーン(騒音による嫌がらせ)です。SFやファンタジーの世界になるんですけど、カラス、犬、猫、ネズミ、カエル、虫等をタイミングに合わせて鳴かせる嫌がらせをします。あと、くしゃみ、タン、せき、鼻水を第三者に出させて(これらも自在に出させる事が可能)ノイズキャンペーン、学校のチャイム音、船の汽笛、カナヅチ音、芝刈り機(カナヅチ音や芝刈り音も人を操ってやらせます)、ヘリコプター音、救急車、消防車等のサイレンでの嫌がらせをします。生き物(電気信号で動く)と電気で動く物は意のままに操れます。ヘリは、創価被害が始まった数年前から、毎日決まった時間に家の上空を飛ばすようになりました。1日4~5回。操縦士は嫌がらせしてる事には気付いてないです。なぜなら、操縦士は遠隔からコントロールされてるだけだからです。ヘリは創価のリモコンヘリと化してます

救急車なんて、サイレンで嫌がらせする為に、電磁波でわざわざ重篤な患者を作り出します。行く所行く所に、パトカーが付きまといをする集団ストーカー(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)もされるんですけど、これは警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるような工作をしてるだけです。カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり、害虫を家に集めたりも出来るので、ブレインマシーンインターフェース(BMI犯罪、精神域介入犯罪)っていって、人の意識も意のままに操れます。警察もヘリも救急車も、連絡を取り合って嫌がらせしてると思ってたんですけど、そんな事すれば莫大な費用がかかるし、何より証拠が残ります。創価は悪事がバレる事を何より嫌うので、連絡取り合ってやらせてる事はまず無いです。全て、証拠が残らない電磁波を駆使してやってるんです

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみしたりする集団ストーカーも創価の特技なんですけど、これは被害者の周りの人に超音波を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団ストーカーしてると思わせ、心理的負担をかけてるだけです

この前、左の中指を切ったんですけど、 その指に痛みを与えて便乗攻撃して来ましたからね。痛みが3週間くらい続いたある日、ビックリしたんですけど、切ってない右手の中指が痛み出しました(左の中指に与えるべき痛みを、間違えて右の中指に与えて来たって事です)これからわかる事は、創価は便乗攻撃をする。遠隔からでも、身体の各部位に、ピンポイントで、痛みを与えれる高性能の技術を持ってるって事です

創価の本尊を焼いた人は、家が火事になったり、灯油を自分にかけて焼身自殺したりします。あれも遠隔操作でやってます。電磁波で直接火事にすると証拠が残るので、火に鍋をかけてるのを忘れさせたりして、違和感を持たせずに火事にします。この事を警察に言おうとノートに書き留めてたら、次の日親が灯油を買いに行き、灯油をかぶって死ぬって言い出しましたからね。意識操作も意のままです。精神患者も自在に作り出せます。創価は恐怖政治、恐怖支配の一枚岩で成り立ってるので、恐怖心を植え付ける為に、こういう事をします

ロシア、アメリカでは電磁波犯罪の法整備が成されてますけど、日本では成されてません。国の中枢に公明党(自民の腰巾着、金魚の糞、小判鮫、下駄の雪)がいるので、法整備は難しいです。自民党は創価の組織票欲しさで、公明党は権力を持て甘い汁が吸える与党っていうポスト欲しさで、連立を組んでます。法整備をし、電磁波犯罪を取り締まると、病気を作れなくなります。病気を作れなくなると、学会員を繋ぎ止めておく事が出来なくなり、創価は衰退して崩壊します。そうなると、創価を支持母体(栄養源、肥料)にする公明党も衰退しますし、公明が衰退すれば自民党は組織票がもらえなくなり、自分で自分の首を締める事になるので、法整備しないのが現状です

ちなみに、創価の財務(お布施)は、年間2000億以上って言われてますし、聖教新聞は550万部(1人で10紙以上取る人もいます)1紙が1934円なので、売り上げが年間1300億以上です。あと、創価大学や民音や潮みたいな外郭企業(創価を援助する企業)が20社くらいありますから、儲けは相当なものでしょう。儲けという字は信者と書きます。病気にしたり治したり、アメとムチでマインドコントロールして、狂信的な信者を作り上げ、金持った信者に大口財務(100万、1000万)や狂乱財務をさせ、聖教新聞を何部も取らせ、金が湯水の如くわき出て来る。職業幹部は笑いが止まらないでしょう

あと、集票マシーン創価は、F票といって、選挙の時期になると公明党に入れるように呼びかけて、公明票集めをします。投票所で正当な理由がなく公明党に入れさすような言動をされたら、公職選挙法の投票干渉罪にあたるので、通報して下さい。買収や利害誘導されたら、通報して下さい。1年以内の禁固刑30万円以下の罰金になります。カラスの死骸を1匹吊るしとくと、カラスは警戒し悪さをしなくなります。学会員も1匹捕まれば罪に触れる票集めはしなくなります

創価の電磁波犯罪は、透明人間と同じ心理でやってます。透明人間になれたら何する?って聞くと、金を盗みに行くやら、ムカつく奴を殴りに行くやら、普段出来ない事をするって人が大半です。透明人間になれば、身元を特定されないし、自分に火の粉が降りかからないので、普段出来ない悪事をしようとするわけです。つまり人間ていう生き物は、身元が特定されず、罰則をくらわないってわかれば、理性のタガが外れて、やりたい放題やる生き物だって事です。創価も同じです。電磁波は見えないし、証拠が残らないから、やりたい放題やるわけです。ただ透明人間も、悪さが周りにバレだし、警察が動き出せば、犯罪がやりづらくなります。だからこうやってポスティングし周知活動をして、拡散させ浸透させてるわけです

人間ていう生き物は、自分の存在が明らかにされない場合、他人に対して冷酷なまでに、大胆な振る舞いが出来ます。だから、誰もが被害者になりうる可能性がありますし、被害者が増えていくのも目に見えてますから、早急に電磁波犯罪の法整備をしてもらいたいです

最後に、この卑劣極まりない犯罪を多くの人に知ってもらうべく、バラマキしてるだけなので、返信は必要ないです
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR