FC2ブログ

欺瞞と偽善の学会葬。

過日、叔父の葬儀に参列した。もちろん学会葬だ。オレも学会葬はたくさん参列しているが今回は本当に酷かった。何が酷いかというと導師を務めた儀典長の勤行・唱題が恐ろしく下手で汚い。ドシロートの学会オジサンの読経だからある程度は仕方ないにせよ今回ばかりは度を越した下手さだ。葬儀は厳粛な儀式なのだから創価ももう少し「人選」して欲しいものである。儀典長くらいはまともな勤行・唱題が出来る人を選んで欲しい。もっとも方便自我偈で済ましているのだから誰がやっても「まともな勤行」ではないのだが。さて。オレは自分の葬儀は所属寺院のご住職に執り行って欲しいとは思っているが、仏法上の話は別として現在流行っている「家族葬」や「友人葬」はイヤな気分にはならない。嫁の祖父は「家族葬」だったし、友人が亡くなった時に「友人葬」に参列させてもらったが当然だがイヤな気持ちにはならなかった。多分、ちゃんと「家族葬」であり、ちゃんと「友人葬」だったからだと思う。ところが「学会葬」はいつでもイヤな気分になる。それはオレが法華講員になる前の学会員時代からだからアンチだからという事ではないと思う。多分、「学会葬」は欺瞞と偽善に満ちているからイヤな気分になるのだと思う。「学会葬」では必ず「僧侶を葬儀に呼ばないこと」が仏法の本義とか、大聖人も葬儀を執行していないとか、戒名は江戸時代から風習だとか言って自分達の執行している「学会葬」をあたかも仏法の本義に則っていると宣伝しているが、まずこれがウソ。こういうウソを言ってまで「学会葬」を正当化する必要もないでしょ。故人の希望で僧侶は呼びませんだけでいい話なんだから。しかもどうしても僧侶を呼びたいと希望すると創価僧を手配するんだよ。自分達で僧侶を葬儀に呼ぶのは仏法の本義ではないといっているのに。こういう欺瞞を平気でするのが創価だ。そして日頃疎遠の僧侶を呼ばないで自分達で葬儀を執行することが「真心こもった葬儀」だと宣伝する。でもさ、叔父の勤行下手の儀典長だって別に叔父たち家族と長年の親交があったわけじゃなくて組織から派遣されてきただけの人でただ同じ学会員というだけで日頃疎遠な僧侶と何も変わらない。まだ他宗の日頃疎遠な僧侶の方が、その宗派での修行を積んでいるだけマトモな読経をする。つまり学会葬だから特別真心がこもっているわけじゃない。そもそも、自分の近しい人の葬儀には皆真心を込めて参列してるに決まっている。逆に「学会葬」なんて名ばかりの「友人葬」で、生前に故人も遺族も会ったことのない友人でも何でもない創価民がくるのだから「友人葬」なんてネーミングからして欺瞞であり偽善だろ。なのでオレは「友人葬」とは言わず「学会葬」と言っている。そして何よりも故人と遺族をバカにしているのが例の長文の池田大作からの弔意だ。池田大作本人が弔意を表したわけではない事はどんなバカでもわかるだろう。創価本部がいくつかあるテンプレを適当に選んでいるだけ。叔父の葬儀での池田大作の弔意の文言は他でも確かに聞いたことのある内容だった。いやテンプレでもまだ池田大作本人が選んでいるならいいが明らかに池田はテンプレさえも選んでいないだろう。各種会合へのメッセージや小説の代作と葬儀の弔意の代作とでは訳が違うと思う。この池田大作の名目での弔意を送るのは、これは故人や遺族に対する冒涜だろ。死者へ対する冒涜行為は宗教団体としては犯罪行為に等しいと思う。これが「真心こもった学会葬」の真実の姿だ。この欺瞞と偽善だらけの葬儀が「学会葬」。一般的な「友人葬」や「家族葬」とは明らかに異なる違和感。僧侶を呼ぶ呼ばない以前の話でここに「学会葬」の気持ち悪さが凝縮されている。生涯を創価に尽くした叔父もこれでは浮かばれないだろうなと思い、叔父の遺影をみながら心の中で大御本尊様に必死に題目をあげていたよ。葬儀のあり方はいろいろあるかも知れないが「学会葬」はやっぱりダメだ。仏法上の話以前に生理的に気持ち悪いのである。生きてる時も死んでからも創価に騙され愚弄されるなんて今の創価民は本当にかわいそうだと思う。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

低評価と高評価

父の葬儀は家族葬で親戚一同が集って行いました。
終わってみていい儀式だなと思ったのは、体裁も見栄も嘘もないからでしょうね。
会食は設定してましたから、親戚と昔話をして個人をしのんでいる時間に灰になる。
私の葬式もそうありたいと思っています。

傾向として学会員は見栄っ張りですよね。
周囲の会員に立派で幸福そうに見せるためにいつも腐心している。それが痛々しいわけです。
実際の生活実態と相当な差がありますからね。
自我価値を周囲の会員の評判に置いているからそうしなければならない。強迫観念に近い。
しかし、八風に侵されない人が賢人なのだと日蓮大聖人の御書に書いてあるわけですけど。

名誉地区婦人チョンの称号を頂けまし天。

8月に
2人の叔母も
92才&94才の天命を全任しました。

で、

天ぱ家は全員が
ソンカ戦闘員なので

葬儀は
モチロン創価葬でした。

あぁ、偉大なる我らのメロン尊師から
テンプレートなメッセージが届きました。

葬儀について、
創価的な講釈も賜りました。
うつ向きながら何故か笑いが込み上げたのですが、必死に堪えました。

ついでに、名誉称号も頂けました。

家族葬なので学会員は一切おらず、
儀典長の代わりに、
従兄弟の にいちゃん(元総県長)が、
導師でした。

お題目を天パ家は総出で唱えました。
マスクが邪魔で途中から、
外しながらでした。

駄文まいど失礼してます♪

お怒りはごもっともですね

ご無沙汰しております。
稚拙な「友人葬」ですね。まさに、故人への冒涜だと思います。

思えば学会のやる事ってどれもお粗末なクオリティのものばかりですよね。
「方法論に逃げるな」「自分達は信心の闘いをしているんだ」「南無妙法蓮華経の力で勝たないと意味がない」まではいいのですが、それが飛躍して「上手にやってはいけない」が浸透しているように思えます。
たしかに「趣向を凝らしたやり方でうまくいっても、それは信仰の力ではなく技術で成功したかもしれないじゃないか」というかもしれません。
しかしいかに信仰の力を強調したくても、南無妙法蓮華経を唱えながらF1カーに原付でレースを挑むバカはいないでしょう。

「勇気」と「無謀」が違うように、「手作り感」と「拙い出来」は別物である。
そんな当たり前の主張すら通らない創価の思考は「異常」です。


以上、乱文にて失礼いたします。

小野塚さん

こんにちは。

> 父の葬儀は家族葬で親戚一同が集って行いました。
> 終わってみていい儀式だなと思ったのは、体裁も見栄も嘘もないからでしょうね。
> 会食は設定してましたから、親戚と昔話をして個人をしのんでいる時間に灰になる。
> 私の葬式もそうありたいと思っています。

私の母も家族葬を希望しています。ご僧侶に引導はお願いますが。昔のように菩提寺があってご住職とも生前から懇意にしているような人が少なくなりましたからね。そいういう意味では法華講になって良かったと思っています。

> 傾向として学会員は見栄っ張りですよね。
> 周囲の会員に立派で幸福そうに見せるためにいつも腐心している。それが痛々しいわけです。

それは感じますね。葬儀もそうですね。池田先生から香典をもらった。数珠をもらった。弔電をもらった。名誉何とかの任命をもらった。そんなものが祭壇に飾ってあります。そしてそれが学会員のなかでは名誉だったり自慢だったり。池田大作の名前の書いた香典袋だけが祭壇に仰々しく飾ってあるんですよ。あれは何のために飾ってあるんですかね?別に池田大作本人が持参しているわけでもないのに(笑)

天覇さん

こんにちは。

> あぁ、偉大なる我らのメロン尊師から
> テンプレートなメッセージが届きました。

職員かそこらの幹部が適当に選んでいるテンプレメッセージですね(笑)

> 葬儀について、
> 創価的な講釈も賜りました。
> うつ向きながら何故か笑いが込み上げたのですが、必死に堪えました。

ああ、わかります。葬儀の席でなければその場で破折して秒殺したい講釈ですよね。
「仏法の本義を分かってね~のはオマエだよ!」って心の中でツッコんでます。

> ついでに、名誉称号も頂けました。

仰々しい賞状みたいなやつですね。額に入れられ祭壇に飾られるアレですね。

> 家族葬なので学会員は一切おらず、
> 儀典長の代わりに、
> 従兄弟の にいちゃん(元総県長)が、
> 導師でした。

私も父の時はまだ創価員でしたが訳の分からない儀典長のおっさんに導師されるのが嫌で友人の男子部に導師を頼みました。(今は私と同じ法華講)声がよくて勤行も上手でしかもスキンヘッドだったので親戚の叔父は本物の僧侶だと思っていました。いや袈裟衣着てないし(笑)

狗樹豪也さん

こんにちは。

> 稚拙な「友人葬」ですね。まさに、故人への冒涜だと思います。

「稚拙」ならまだしも、故人や遺族に対する「欺瞞」と「偽善」が腹立たしいですね。

> 思えば学会のやる事ってどれもお粗末なクオリティのものばかりですよね。
> 「方法論に逃げるな」「自分達は信心の闘いをしているんだ」「南無妙法蓮華経の力で勝たないと意味がない」まではいいのですが、それが飛躍して「上手にやってはいけない」が浸透しているように思えます。
> たしかに「趣向を凝らしたやり方でうまくいっても、それは信仰の力ではなく技術で成功したかもしれないじゃないか」というかもしれません。
> しかしいかに信仰の力を強調したくても、南無妙法蓮華経を唱えながらF1カーに原付でレースを挑むバカはいないでしょう。

全くその通りです。「策のみ」に頼るのは確かに良くないかもしれませんが、「最高の策」を作る智慧をわかすための信心だと私は思っています。

> 「勇気」と「無謀」が違うように、「手作り感」と「拙い出来」は別物である。
> そんな当たり前の主張すら通らない創価の思考は「異常」です。

そうですね。一言でいうと学会葬って厳かな感じがしないんですよね。かと言って和やかな感じもない。故人と親しかった人を除くと、参列の学会員はなんかイベントをこなしているだけな感じがしますね。確かに私も会社関係の葬儀だと儀礼的に参列することも多々ありますが、それは【友人葬】とは言わないと思うんですよね。まぁ創価民にとっては「学会葬」は素晴らしい葬儀らしいのですが一般的な人の感覚だと「学会葬」を素晴らしいとは思わないでしょう。そんなこと言っている外部の人を聞いたことがありません。

No title

こんにちは。
私も亡母を創価友人葬にしてしまいました。
最初は名誉称号はありませんでした。
家族の信心を反対、邪魔をしてた人でももらっていたので
なぜうちの母には名誉称号がもらえないんだと聞いたら
亡くなった年の財務をしていいないからダメ。
で、文句を言ったら、紙切れ一枚のことなんだからw
と言われたので、喧嘩売りました。
そしたら、あっさりと出してきました。
残ったのは虚しさと不信感でした。
それでも飾ってたんですよ。お寺に行く前に捨てましたけど。
祈る対象に感応して生命が変わる、今、痛感してます。

あやめさん

こんにちは。

> 私も亡母を創価友人葬にしてしまいました。
> 最初は名誉称号はありませんでした。
> 家族の信心を反対、邪魔をしてた人でももらっていたので
> なぜうちの母には名誉称号がもらえないんだと聞いたら
> 亡くなった年の財務をしていいないからダメ。
> で、文句を言ったら、紙切れ一枚のことなんだからw
> と言われたので、喧嘩売りました。
> そしたら、あっさりと出してきました。
> 残ったのは虚しさと不信感でした。
> それでも飾ってたんですよ。お寺に行く前に捨てましたけど。
> 祈る対象に感応して生命が変わる、今、痛感してます。

そんなことがあったんですか。財務しないと「名誉称号」はもらえないんですね。
私の祖母も父も貰えなかったのですが理由が分かって良かったです。
もっとも、名誉称号とはあまり興味がなかったのであまり気にしていませんでした(笑)
祈る対象が大切ですよね。私も痛感しています。

学会葬は…

こんにちは。
御無沙汰しております。

叔父様のご逝去お悔やみ申し上げます。

最近の儀典長は目も当てられないほど酷い勤行をしますね。
導師がしっかりしないから一緒に拝む学会員と呼吸がバラバラです。
どこら辺が荘厳で厳粛なのか。


ワタシは両親、長姉、長兄、次兄と学会葬で送ってしまいました。
今思えば痛恨の極みです。
その頃は創価脳だったのでどうしようもありません…


今年3月に大変お世話になった義兄(次姉の旦那さん)が亡くなりまして、
駆けつけるとワタシの居ない間に学会葬に決定したとか言い出しました。
兄嫁二人が次姉も一応学会員だから当然でしょうと言うのですよ。
ワタシに相談すると僧侶を呼ぶからとかふざけたことを言うわけです。
ワタシが正宗へ行ったから、故人や遺族の思いを無視して正宗の葬儀を執り行うと思うその浅はかな考え。
お前らと一緒にするな!と、もう久しぶりに本当に腹が煮えくり返りました。

血族でもないのに何勝手に決めてるの?筋が違うだろうと一喝して、学会葬は取りやめ。
次姉と姪と相談して無神論者であった義兄の希望通り、無宗教での家族で送る会にしました。
一人一人が感謝を込めた言葉を贈り、合掌して故人を悼みました。
出棺の時と斎場だけは、姉の許しをもらいワタシが中心になってお題目を三唱して送りました。
終わった後に兄嫁二人に「偽善的な学会葬でなくてよかったろう?」と声をかけたら
反発するでもなく無言で下を向いていました。
創価脳な本人たちも、故人を悼む真心というものが少しはわかったのではないかと思います。


その後次姉にはじっくりと話をして、創価を脱会してもらいました。
一周忌は寺院にて御僧侶にお願いする予定です。
創価の身内で来たくない人は来なくていいですから。


学会葬だけは絶対にダメです。

質問

ご葬儀お疲れ様でした。
 
叔父様も管理人様の回向で、冥伏した命が歓喜している事と存じます。
 
突然で恐縮なんですが、質問を一つさせてください。
 
 法華を心得たる持者が開眼供養をしないと草木に仏様は宿らない。
 これは特に疑問の余地なしです。
 しかし、代わりに悪鬼魔神が入るというのがふと疑問が湧いたのです。
 何もしてないのになぜ悪の存在は自由に草木へ入れるのか?
 例えば悪人が何かしらの儀式をして入るならまだ分かるけれど、何もしやしないのに勝手に入るというのが不思議だなと。
 王とは自在と名づけたりという御文に関係があるのだろうかとふと疑問に思いまして。
 
時間がお有りの時にご教授お願い致します。

こんばんは

お悔やみ申し上げます
管理人さんは最後は大御本尊様の元へ戻してあげたかったとさぞや心残りだろと思います
私は色々あって熱意もありませんが

私の父が亡くなった時は面識のない儀典長ではなく私が導師を努めたいと母に申し出ましたが、あなたはどうして創価の決まりに素直に従わず乱す事を言うの、するのと大激怒され却下されました

学会葬でトラブルは絶えません
会合なら学会員だけですが、外部の方も参列下さるので僧侶でない方が導師をするのが嫌だと言う方もおられます
私の知る限り創価学会僧侶を呼んだ事はありません
学会員は学会の決めた事に全部従うのは当然でしょと言われ退会なさった方もしってます
日蓮正宗創価学会の時は正宗の僧侶を呼んでたのに、破門されて葬式は不要だとか、坊主は不要とか180度正反対の手のひら返しはほんとにいやでした
破門されたから僧侶呼べませんで良いのに

創価に家の全財産盗られたなどとわめいてる夫の喪主さんもいました
350万あったらしいですが、財務と民音、多部数購読新聞、書籍、選挙頼むのに交通費などで全部なくなってすっからかん丸裸になったそうです

毎日会合やってる割には問答無用で一方的で会話対話ができてないなと思いました

こちらのブログやコメントは活動家さんも見ておられるので追記します
儀典長でも優秀な方は何人か私の知ってる限りおられます
教学知識もさることながら、読経の後も法話、スピーチが素晴らしいです
遺族から最高の御葬式本当に感謝します、御本尊様を返却せず入会しますと言われる事も多々あります
遺族の心が1番弱ってる時ですからスピーチ、司会で命運をわけるかもしれません
優秀な儀典長は会社でも管理職ですし、物凄く頭も良いです

人材を育てるのが会合の意味と思いますがそれはないです

同志葬

一般会員の根本的な間違いは、この「同志」にありますね。
志が同じだという意味ですが、根本的に職員等と一般会員は立場が違うわけです。
搾取する方とされる側ですから対立関係にある。
創価の決め事は会員の為ではなく、組織と職員等の為にありますね。
同志葬をやる意味もそこにありますね。

かつて創価は他宗を葬式仏教だと散々批判しておきながら、ころっと創価で葬儀を執り行うまで会員の支配が進んだ。
つまり葬式を創価でやれないと困る会員を縛れる。
だから、どんなに不合理な活動を強いても脱会できない。なぜそれに気付かないのか。一般会員は非常に愚かだからです。それを創価では強信な会員だと煽てているわけですけど。

学会葬はダメです!

管理人様

今回の記事は激しく同意です。
何度も書きますが、小生は両親を学会葬で執り行なってしまい、悔やみきれません。

両親は草創期の時代を生き、おやまの大御本尊様を信仰し、功徳を沢山戴いてきましたので、日蓮正宗の化儀で送りたかったと脱会後に思いました。

信濃町官僚の作った池田さんの弔辞だかなんだか判らない駄文を長々と読み上げられて「いいかげんにしろ💢」と怒りがこみ上げたのを覚えています。
あれは学会のデタラメ営業トークを聞かされてるみたいで不愉快この上ない。

正宗に帰伏して最初にやった事は、両親の塔婆供養でした。
御住職がすぐにご準備くださり、お焼香すると自然と安堵し、心地よい気持ちになれました。

あぁ、これが塔婆供養の功徳なんだなと、まさにこの身で体感できました。六根が正常に戻ってくるのがハッキリとわかりました。

儀典長とか大概にした方がいい。
本家は浄土宗の根檀家ですが、所謂聖職者である僧侶が葬儀を執行し、終了後に僧侶の言葉で故人を偲ばれます。正邪は別として、修行をして教師免許を取得して聖職者となられた方は、世法的には「先生」です。要はプロフェッショナル。
学会葬は新興宗教特有のインチキ感が漂っています。葬儀のマネ事じゃ故人に対してあまりに無礼です。
「プロに頼めプロに!」と怒鳴りたくなります。笑
いっその事、家族葬にした方がいい。

学会員の皆さんに自覚して欲しいのは「大聖人の葬儀は在家信者のみで執行したのか?」という事です。
日興上人が御遷化記録を遺されてますよ。
身近なところでは戸田会長の葬儀は学会葬ですか?
第65世の日淳上人が執行されてますよ。

乱文にて失礼しました。

blue_noteさん

こんにちは。お久しぶりです。

> 叔父様のご逝去お悔やみ申し上げます。

ありがとうございます。

> 最近の儀典長は目も当てられないほど酷い勤行をしますね。
> 導師がしっかりしないから一緒に拝む学会員と呼吸がバラバラです。
> どこら辺が荘厳で厳粛なのか。

今回の人は過去最低でしたね。どうしたらここまで下手な勤行の人が儀典長に任命されるのか不思議です。まぁ比較的平日でも動ける会員を選ぶのだろうけど「学会葬」と銘打って推進しているのならもう少しちゃんとした人を選べないかなぁって思いました。それが創価組織としての「真心」だと思います。

> ワタシは両親、長姉、長兄、次兄と学会葬で送ってしまいました。
> 今思えば痛恨の極みです。
> その頃は創価脳だったのでどうしようもありません…

分かります。私も祖母・父が学会葬でしたから。でもこればかりは仕方ないですね。なので法華講になってからは毎年彼岸とお盆に塔婆供養をしています。

> 今年3月に大変お世話になった義兄(次姉の旦那さん)が亡くなりまして、
> 駆けつけるとワタシの居ない間に学会葬に決定したとか言い出しました。
> 兄嫁二人が次姉も一応学会員だから当然でしょうと言うのですよ。
> ワタシに相談すると僧侶を呼ぶからとかふざけたことを言うわけです。
> ワタシが正宗へ行ったから、故人や遺族の思いを無視して正宗の葬儀を執り行うと思うその浅はかな考え。
> お前らと一緒にするな!と、もう久しぶりに本当に腹が煮えくり返りました。

それは本当に頭に来ますよね。

> 血族でもないのに何勝手に決めてるの?筋が違うだろうと一喝して、学会葬は取りやめ。
> 次姉と姪と相談して無神論者であった義兄の希望通り、無宗教での家族で送る会にしました。
> 一人一人が感謝を込めた言葉を贈り、合掌して故人を悼みました。
> 出棺の時と斎場だけは、姉の許しをもらいワタシが中心になってお題目を三唱して送りました。
> 終わった後に兄嫁二人に「偽善的な学会葬でなくてよかったろう?」と声をかけたら
> 反発するでもなく無言で下を向いていました。
> 創価脳な本人たちも、故人を悼む真心というものが少しはわかったのではないかと思います。

それはお兄様もご遺族も喜んだと思います。結局創価民は「学会葬」しないと自分達が恥をかくという事しか考えていないのだと思います。

> その後次姉にはじっくりと話をして、創価を脱会してもらいました。
> 一周忌は寺院にて御僧侶にお願いする予定です。
> 創価の身内で来たくない人は来なくていいですから。

それは何よりです。

寝言丸さん

こんにちは。

> ご葬儀お疲れ様でした。
> 叔父様も管理人様の回向で、冥伏した命が歓喜している事と存じます。

創価の悪に引かないよう亡くなった日から葬儀当日まで自宅の御本尊とお寺の御本尊に祈ってました。
ご質問の件は後程。

美有さん

こんにちは。

> お悔やみ申し上げます
> 管理人さんは最後は大御本尊様の元へ戻してあげたかったとさぞや心残りだろと思います

そうですね。心残りはあります。

> 私は色々あって熱意もありませんが

まぁそういう時も人生にはありますよ。何もやりたくないって時が。そういうときは好きに過ごせばいいんです。無理に頑張る事もない。そのうちまた変わりますから。

> 私の父が亡くなった時は面識のない儀典長ではなく私が導師を努めたいと母に申し出ましたが、あなたはどうして創価の決まりに素直に従わず乱す事を言うの、するのと大激怒され却下されました
> 学会葬でトラブルは絶えません
> 会合なら学会員だけですが、外部の方も参列下さるので僧侶でない方が導師をするのが嫌だと言う方もおられます
> 私の知る限り創価学会僧侶を呼んだ事はありません
> 学会員は学会の決めた事に全部従うのは当然でしょと言われ退会なさった方もしってます
> 日蓮正宗創価学会の時は正宗の僧侶を呼んでたのに、破門されて葬式は不要だとか、坊主は不要とか180度正反対の手のひら返しはほんとにいやでした
> 破門されたから僧侶呼べませんで良いのに

僧侶を呼ぶ呼ばない以前に「学会葬」を推進するなら儀典部をもう少し「マトモ」にして欲しいですね。何もかもドシロートのやっつけ仕事です。故人も遺族も浮かばれませんね。

> こちらのブログやコメントは活動家さんも見ておられるので追記します
> 儀典長でも優秀な方は何人か私の知ってる限りおられます
> 教学知識もさることながら、読経の後も法話、スピーチが素晴らしいです
> 遺族から最高の御葬式本当に感謝します、御本尊様を返却せず入会しますと言われる事も多々あります
> 遺族の心が1番弱ってる時ですからスピーチ、司会で命運をわけるかもしれません
> 優秀な儀典長は会社でも管理職ですし、物凄く頭も良いです

確かに勤行もスピーチも上手な儀典長さんはいますが、言ってることがウソだし根本がインチキですから残念ですね。

小野塚さん

こんにちは。

> 一般会員の根本的な間違いは、この「同志」にありますね。
> 志が同じだという意味ですが、根本的に職員等と一般会員は立場が違うわけです。
> 搾取する方とされる側ですから対立関係にある。
> 創価の決め事は会員の為ではなく、組織と職員等の為にありますね。
> 同志葬をやる意味もそこにありますね。

そう言う事です。そもそも儀典長だって一般会員です。お通夜と告別式で勤行するので平日だと会社を休んでまで他人の葬儀に世話をするんですよ。どこまで一般会員に負担させるんだよって思います。

> かつて創価は他宗を葬式仏教だと散々批判しておきながら、ころっと創価で葬儀を執り行うまで会員の支配が進んだ。
> つまり葬式を創価でやれないと困る会員を縛れる。
> だから、どんなに不合理な活動を強いても脱会できない。なぜそれに気付かないのか。一般会員は非常に愚かだからです。それを創価では強信な会員だと煽てているわけですけど。

ホントにそれですね。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 今回の記事は激しく同意です。
> 何度も書きますが、小生は両親を学会葬で執り行なってしまい、悔やみきれません。

私も祖母・父が学会葬でしたので同じ気持ちです。

> 信濃町官僚の作った池田さんの弔辞だかなんだか判らない駄文を長々と読み上げられて「いいかげんにしろ💢」と怒りがこみ上げたのを覚えています。
> あれは学会のデタラメ営業トークを聞かされてるみたいで不愉快この上ない。

本当に不愉快ですね。中には葬儀の席で池田や創価のアピールばかりしている儀典長もいて本当に腹がたちます。

> 正宗に帰伏して最初にやった事は、両親の塔婆供養でした。
> 御住職がすぐにご準備くださり、お焼香すると自然と安堵し、心地よい気持ちになれました。

私も最初に塔婆供養したときは胸のつかえが外れた気持ちでした。

> 儀典長とか大概にした方がいい。
> 本家は浄土宗の根檀家ですが、所謂聖職者である僧侶が葬儀を執行し、終了後に僧侶の言葉で故人を偲ばれます。正邪は別として、修行をして教師免許を取得して聖職者となられた方は、世法的には「先生」です。要はプロフェッショナル。
> 学会葬は新興宗教特有のインチキ感が漂っています。葬儀のマネ事じゃ故人に対してあまりに無礼です。
> 「プロに頼めプロに!」と怒鳴りたくなります。笑
> いっその事、家族葬にした方がいい。

これも全く同感です。
>
> 学会員の皆さんに自覚して欲しいのは「大聖人の葬儀は在家信者のみで執行したのか?」という事です。
> 日興上人が御遷化記録を遺されてますよ。
> 身近なところでは戸田会長の葬儀は学会葬ですか?
> 第65世の日淳上人が執行されてますよ。

本当ですよね。創価風にいうと戸田会長の葬儀は「仏法の本義」に則っていないことになります。

学会葬でガッカリ葬

皆さん今晩は。

まず初めに、管理人さんのご親族様の御冥福を心より御祈念させて頂きます。

数年前、親族が亡くなったときも所謂『学会葬』で故人のみ学会員だったので、親族側参列者の読経唱題は殆ど居ませんでした。(勿論私も一切声を出さず、棺に向って日蓮正宗の作法に則ったお題目を心の中であげさせて頂いてましたが)
祭壇には故人所持の日達上人の御形木御本尊が奉掲されてたので、ニセ曼荼羅を奉掲してなかったのがせめてもの救いだったのかなと今でも思ってます。

昔の創価(少なくとも破門後〜2001年頃)の葬儀の読経時は長行自我偈2回だったのが、数年前に参列した親族の葬儀は既に略式勤行で、読経唱題後に導師を勤めた儀典長が挨拶で創価を自賛並びに、僧侶抜きの葬儀の正当性をぬかしておりました。
正直言って、正宗の御僧侶に御経をあげて頂けたら良かったのになーっと、歯痒い思いで参列しておりました。

『学会葬』も酷かったのですが、特に四十九日と一周忌の法要が酷かった。
四十九日は現地の地区婦人部長らしきおばさんが導師を勤めてたのですが、一緒に参列してた学会員との読経・唱題のペースが合わず中断し、突然自分勝手に声出すなと注意したりで、一周忌は導師を勤めた壮年部のおっさんが終了後に親族心情無視でしきりに創価の良さを語りだして勧誘しだすというお粗末な内容でした。

ちなみに、第4代北条元会長の葬儀は創価学会本部葬で時の御法主だった67世日顕上人の大導師でした。
(因みに仮葬儀は藤本栄道御尊師(後の日潤御尊能化)の導師で行われてました)

すいません、今晩はではありませんでした。

おはようございます。でした。

仏法の本義に基づいたぁソンカ葬♪

坊主なんか呼ばなくて良いのだぁ!

我ら偉大なるソンカ葬式こそが、

仏法においても、
故人を偲ぶにおいても、

究極中の究極なので あり万世!
とは、創価風のガッカリ葬式。

池Pマンさまも、そのうち、、、。
創価ユートピア界にイラッシャルでしょ?

駄文連文しつれいマンせ、、。

儀典長

儀典長の本来の意味は、国や地方の公式行事の準備を所管する部局の長のことですね。
そういう役回りに成りきって葬儀を仕切り、いかにも偉くなった気分になり、暴走して創価の宣伝までやってしまう。
よくある学会員の思い上がり傾向ですね。
部長や支部長や本部長や議員に成れそうにない人が創価では成れる。
創価の時空間では人間革命ができる。現実を忘れられるわけです。

冬眠蛙さん

こんにちは。

> まず初めに、管理人さんのご親族様の御冥福を心より御祈念させて頂きます。

ありがとうございます。

> 数年前、親族が亡くなったときも所謂『学会葬』で故人のみ学会員だったので、親族側参列者の読経唱題は殆ど居ませんでした。(勿論私も一切声を出さず、棺に向って日蓮正宗の作法に則ったお題目を心の中であげさせて頂いてましたが)
> 祭壇には故人所持の日達上人の御形木御本尊が奉掲されてたので、ニセ曼荼羅を奉掲してなかったのがせめてもの救いだったのかなと今でも思ってます。

そうですね。日達上人の御本尊だったのは良かったと思います。

> 昔の創価(少なくとも破門後〜2001年頃)の葬儀の読経時は長行自我偈2回だったのが、数年前に参列した親族の葬儀は既に略式勤行で、読経唱題後に導師を勤めた儀典長が挨拶で創価を自賛並びに、僧侶抜きの葬儀の正当性をぬかしておりました。
> 正直言って、正宗の御僧侶に御経をあげて頂けたら良かったのになーっと、歯痒い思いで参列しておりました。

ああ、わかります。私の祖母は平成6年に学会葬だったのですが当時は長行も読んでいました。ただ自宅で葬儀だったのですが名前だけの学会員の祖母の葬儀にわらわらと学会員がやってきて地元の婦人部からお清めの席を作れと言われ空き部屋に寿司だとか飲みものだとか用意して本当に大変でした。家族の者はそんな大事になるとなんて思っていなくて葬儀どころじゃなかったです。

> 『学会葬』も酷かったのですが、特に四十九日と一周忌の法要が酷かった。
> 四十九日は現地の地区婦人部長らしきおばさんが導師を勤めてたのですが、一緒に参列してた学会員との読経・唱題のペースが合わず中断し、突然自分勝手に声出すなと注意したりで、一周忌は導師を勤めた壮年部のおっさんが終了後に親族心情無視でしきりに創価の良さを語りだして勧誘しだすというお粗末な内容でした。

そこが「学会葬」の一番気持ち悪い所なんですね。儀典長と言ったって生前から故人と親交なんてないから故人のエピソードなんて遺族から聞いた話をちょこっと話すだけで後は創価と池田のアピールにちょっとだけ大聖人の御書の一節をいれる。創価の創価による創価の為の葬儀・法事でそこに「真心」なんて感じないわけです。葬儀の席で公明党のアピールしていた儀典長もいましたよ。あきれるばかりです。

> ちなみに、第4代北条元会長の葬儀は創価学会本部葬で時の御法主だった67世日顕上人の大導師でした。
> (因みに仮葬儀は藤本栄道御尊師(後の日潤御尊能化)の導師で行われてました)

そうですね。戸田会長も戸田会長の奥様も日蓮正宗で葬儀を執行していますよね。
池田は戸田会長の奥様の葬儀に欠礼ですもんね。いつもは「戸田先生、戸田先生」とか言っているくせに恩知らずにも程かがると思います。また今の創価民だって大石寺にある戸田会長の墓参すらしないどころか戸田会長の墓のある大石寺を謗法の地とか平気言っちゃう。やはり創価にいると「人として」大切なモノが欠如するのだと思います。信仰以前の話ですね。

天覇さん

こんにちは。

> 坊主なんか呼ばなくて良いのだぁ!
> 我ら偉大なるソンカ葬式こそが、
> 仏法においても、
> 故人を偲ぶにおいても、
> 究極中の究極なので あり万世!
> とは、創価風のガッカリ葬式。

いや、僧侶を呼びたくないならそれでもいいんですよ。
ただインチキ学会オジサンがイカサマ読経をあげるのはちょっとフザケすぎでしょ?って話です。

> 池Pマンさまも、そのうち、、、。
> 創価ユートピア界にイラッシャルでしょ?

池田Pの葬儀はどうするのんですかね?
友人葬なんですかね?原田会長とかが導師なのでしょうか?
まさか池Pの時は創価坊主が導師をするなんてことないでしょうね~。
いまから池Pはどんな葬儀を出すのか興味があります。

小野塚さん

こんにちは。

> 儀典長の本来の意味は、国や地方の公式行事の準備を所管する部局の長のことですね。
> そういう役回りに成りきって葬儀を仕切り、いかにも偉くなった気分になり、暴走して創価の宣伝までやってしまう。
> よくある学会員の思い上がり傾向ですね。
> 部長や支部長や本部長や議員に成れそうにない人が創価では成れる。
> 創価の時空間では人間革命ができる。現実を忘れられるわけです。

儀典長の挨拶もテンプレですけどね。何度も学会葬に参列してますが言う事はだいたい同じです。
そして儀典長はもれなく葬儀の挨拶で創価&池田アピールをします。
選挙期間の時は葬儀で公明アピールした儀典長もいましたよ。
参列者を全員Fとして報告するんですかね(笑)

寝言丸さん

こんにちは。

> 突然で恐縮なんですが、質問を一つさせてください。
>  法華を心得たる持者が開眼供養をしないと草木に仏様は宿らない。
>  これは特に疑問の余地なしです。
>  しかし、代わりに悪鬼魔神が入るというのがふと疑問が湧いたのです。
>  何もしてないのになぜ悪の存在は自由に草木へ入れるのか?
>  例えば悪人が何かしらの儀式をして入るならまだ分かるけれど、何もしやしないのに勝手に入るというのが不思議だなと。

草木成仏と死骨成仏は少し違います。草木の場合非情ですからこれは有情に従うので何もしていない状態で悪鬼入其身になりません。ですから邪教・邪師の本尊に使われたりすれば悪鬼がはいります。
対して人は死ぬ時には必ず悪鬼がその身にやってきます。それは人は死んでもしばらくは魂は娑婆世界に残っているので死んだ人の成仏を妨げる為です。ですから葬儀や塔婆供養が大事なのです。創価のいうような単なる風習ではなく仏法の本義なのです。それを「坊主の金儲け」などと悪宣伝をする創価や創価民に仏法を語る資格はありません。

友人葬は参列したことがありません…

正宗の御僧侶の御導師をいただいた葬儀には参列させていただきました。

記憶にあるのは…何人か…親族では58歳75歳85歳101歳…

未熟さん

こんにちは。

> 友人葬は参列したことがありません…
> 正宗の御僧侶の御導師をいただいた葬儀には参列させていただきました。
> 記憶にあるのは…何人か…親族では58歳75歳85歳101歳…

私は逆に正宗の葬儀に参列した経験はありません。

遺体のお顔は本当に綺麗でした。

眠っているようなお顔でした。

元創価学会助教授の祖母は…遺骨においては一本も砕けずに…カリエス、クモ膜下出血、の跡は少し黒くなっていたようなのですが…

祖父は会話をとめるように静かにシッと言ったあと目を閉じて…子供達の唱題の中、息を引き取りました。戦時中は通信兵やらけん兵などされていたようで…

カリエスで寝込んでいる祖母に絶対良くなると御書を送ってくれた東京の義足の信徒さんにも感謝してます。

地域柄、多少の相違はありますが、猊下様からの御慈命を受けられている御僧侶様の御導師をいただけて本当に有難く思います。

ご縁があるところ…念仏や真言などの葬儀に参列したことはありますが…焼香のタイミングなど知らず赤面したこともあります。

念仏で送られた、若くして亡くなった祖父も…今では日蓮正宗の戒名をいただいて2倍も長生きされた祖母ともいつかまたどこかで会えるのでは?と思ったりしています。

おばあちゃん子のため思い出すときりがありません…この辺で

折伏教本242〜246・304〜322に記事に関連することがあります。

聖典981ページ・中興入道御消息・草木成仏口決・日因上人書状・化儀抄・守護国家論を通して誤解を正して下さってます。

お世話になった方でも結局…そこのうちの喪主がとりまとめるので、自分も故人に対して申し訳ないと思ったことは何度かありますが…

葬儀は正信会で49日は日蓮正宗で出来た話も聞いたりしていますけど…

過去帳に記載されてない命日は忘れてしまうことが多くて…年回まで弔えるのは親族くらいです…

お葬式は涙も出るけど、以外と明るいです。みんなと会えるし、亡くなった方があわせてくれているのか?と感じたりします。

叔父様が幸せな道に向かえますように…




未熟さん

こんにちは。

> 遺体のお顔は本当に綺麗でした。
> 眠っているようなお顔でした。

葬儀で思うのは本当に亡くなった時の相というは千差万別です。
自分が死んだ時は成仏の相を示せるようになりたいものです。
日々の信心ですよね。

未熟さん

こんにちは。

> お葬式は涙も出るけど、以外と明るいです。みんなと会えるし、亡くなった方があわせてくれているのか?と感じたりします。
> 叔父様が幸せな道に向かえますように…

ありがとうございます。
叔父の葬儀で従弟二人と四半世紀ぶりの対面ができ電話番号も交換できました。
喪が空けたら一緒に飲もうという話にもなりました。
叔父・義叔母ともに創価活動家(特に義叔母)なのですが従弟達には創価を止めて正宗に戻るように少しつづ話していくつもりです。幸い従弟二人はそれほど活動している様子でもなかったので。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
9位
アクセスランキングを見る>>