FC2ブログ

取り敢えず、妹が御授戒を受けた。

先日の16日に妹が御授戒を受けた。妹はオレが学会に入会させたものの特に学会活動はしていなかった。創価組織としたが彼女の統監は落としているとは思っていたが統監云々より妹を創価に入会させてしまったことを悔いていたわけだ。そこで今年のお彼岸に塔婆供養をした時に妹を誘ってお寺に焼香に行きその後食事をしながら正式に創価に退会届を出す話をし同時に将来のこともあるから正宗で御授戒を受けないかと話したら結構すんなりとそうするということになって先日の御授戒に至った。創価の時は結構説得して入会させたのだが今回は結構スンナリと話が進んだ。妹からしてみれば創価に在籍しているという自覚もないだろうから創価に退会届を出すのは別に何の抵抗もないだろうからそれは想定内だが御授戒を受けたことは嬉しい出来事だったしオレとしてはホッとした気持ちだ。だた現状は「取り敢えず」状態なので両手を挙げて喜ぶという気分でもない。妹の状態を言えば、「理即以上名字即未満」「聞法下種以上発心下種未満」といったところだろうか。実はここの所がいつも悩む所である。「取り敢えず入信」で本当にいいのか?という話だ。やはり「信心をやっていく」という覚悟を決めさせたから入信させるというのが本筋だと思うのだが、その反面「先ずはご本尊に縁させられる時に縁させておく」ことも重要だととも思うわけだ。「卵が先か鶏が先か」みたいな話になって堂々巡りになってしまうが、今回は「取り敢えず」だろうと何だろうと妹に御授戒を受けさせた。ここからは、オレが育成していくしかない。そう思うと結局信心を教えるのが先とか御授戒が先とか関係ないなって思う。どっちが先でも信心を教えていくのには変わらないわけだから先にご本尊に縁できる人は縁させてから時間をかけて信心を教えていけばいいかと。御授戒を受けさせることが目的ではなく自立した信仰者として信心ができるようになりその人が幸福になることが目的なんだと当たり前にことだけだけど今回の妹の御授戒を通して再確認した次第です。これからも機会を作り一緒にお寺に参詣したりして信心の大事を教えていこうと思う。さて、次はやはりオレが創価に入信させてしまった弟夫婦である。この夫婦も学会活動はしていないがこちらはちょいちょい創価活動民が家庭訪問にきているので妹よりちょいと手強いがまずはダメ出し一族から創価臭を一掃しないといけない。自分で蒔いた種は自分で刈り取らないとね。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます

こんばんは。

妹さんの御授戒おめでとうございます。
取り敢えずであれ大御本尊様の元に戻られた事が大切だと思います。
受持即観心ですからこれから頑張って行かれるでしょうね。

ワタシの身内はワタシより創価歴が長く、バリ創価脳ばかりで困ってます。
法華講員と対話してはいけない、という打ち出しを上手く利用されています。
かろうじて創価脳ではない姉2人を脱会まで導くことができました。
御授戒を受けてもらいたいのですが、身内が二つに割れるので…

我が家から創価臭を消すことができるのはかなりかかりそうです。

こんばんは

どんなテーマの記事が出るのかなと思ってました
妹さんもいらしたのですね😀

自分が創価に入会させた方を退会してもらって日蓮正宗に帰依してもらう事は難しいと思います
私だったらあなたの都合で振り回さないで下さいと即決断ります
いちいちあなたが宗教変えるたびに私が一緒についていかないといけないのですかと大激怒すると思います

自分のやってきた事の間違いに気づいた、責任があるから謝罪したいと言っても無理です

同じような悩みです

妹は相変わらず創価です。
創価イズムが染みついているのか、自分は素晴らしいのだといつも自画自賛しています。
しかし家庭内は問題だらけ。
辞めりゃ解決するのにと私は思っていますが、問題の根本原因が創価イズムにあると気付けない。
まだ創価に在籍している他の学会員もそうですが、何が自分や家族を不幸にしているのか考えようとはしないですね。
誤った思想や価値観や習慣に問題があると教わったはずなのに。

何度もすみません

創価を批判なさってる方が、気付けよとなどとよく仰ってますが、とっくに気づいてます
今いる場所から動けない
私は肩の中に固まりができて、手術しても生きて家に帰れるかどうかわからなかったから退会したけど、もし病気になってなかったら親が生きてる間は創価にいたと思う
リハビリは1年もかかって大変です
12月で終わり

2回結婚して2回とも会合で家にいないから、嫁が他に男作って逃げられたとか、それでもまだ地区部長やってる人もいます
私が女性を不幸にするから女性と付き合うのはあきらめたらと言ったらうなずいてた
そこまでして学会活動したいと言うのが全く理解できないです

blue_noteさん

こんにちは。

> 妹さんの御授戒おめでとうございます。
> 取り敢えずであれ大御本尊様の元に戻られた事が大切だと思います。
> 受持即観心ですからこれから頑張って行かれるでしょうね。

ありがとうござます。私も「取り敢えず」だけどこれで良かったと思ってます。
今後は何かの都度まずはお寺に一緒に行って「お寺慣れ」させていこうかと思っています。

> ワタシの身内はワタシより創価歴が長く、バリ創価脳ばかりで困ってます。
> 法華講員と対話してはいけない、という打ち出しを上手く利用されています。
> かろうじて創価脳ではない姉2人を脱会まで導くことができました。
> 御授戒を受けてもらいたいのですが、身内が二つに割れるので…

仕方ないですよね。私の元創価の友人も同じです。それでもお姉様を脱会させたのは素晴らしいことです。
身内というのは他人よりも難しいですよね。それにしても法華講員と対話してはいけないとは笑える打ち出しですね。
「日顕宗を破す」なんて威勢のいいこと言ってますが所詮創価は口だけのヘタレばかりですね(笑)

> 我が家から創価臭を消すことができるのはかなりかかりそうです。

じっくりいきましょう。創価活動家は最初は時間がかかりますけど法華講員になればちゃんと信心すると思います。
私の身内のは最初は時間がかからないと思いますが御授戒を受けてからちゃんと信心するまではかなり時間がかかると思います。
最初に苦労するか後から苦労するかの違いだけだと思います。

美有さん

こんにちは。

> どんなテーマの記事が出るのかなと思ってました
> 妹さんもいらしたのですね😀

あと弟も一人の3人兄弟です。美有さんも私にとっては妹みたいなものですよ(笑)

> 自分が創価に入会させた方を退会してもらって日蓮正宗に帰依してもらう事は難しいと思います
> 私だったらあなたの都合で振り回さないで下さいと即決断ります
> いちいちあなたが宗教変えるたびに私が一緒についていかないといけないのですかと大激怒すると思います
> 自分のやってきた事の間違いに気づいた、責任があるから謝罪したいと言っても無理です

無理だと思っているのは美有さんがそう思っているだけすよ。
そもそも、美有さん自身が正宗に戻ってないし、正宗に戻らないまでも大御本尊を信仰してないからそれでは「無理」でしょうね。創価の活動家も元創価で大御本尊を否定している自称覚醒者も私の中では「同じ」です。美有さんだって「大御本尊を捨てた」というところは創価と変わらない。波田地グループの自活ってヤツですか(笑)あの人たちと同じですよ。

小野塚さん

こんにちは。

> 妹は相変わらず創価です。
> 創価イズムが染みついているのか、自分は素晴らしいのだといつも自画自賛しています。
> しかし家庭内は問題だらけ。
> 辞めりゃ解決するのにと私は思っていますが、問題の根本原因が創価イズムにあると気付けない。
> まだ創価に在籍している他の学会員もそうですが、何が自分や家族を不幸にしているのか考えようとはしないですね。
> 誤った思想や価値観や習慣に問題があると教わったはずなのに。

本当に矛盾してますよね。本当は創価の間違った教えが根本原因で問題発生しているのに、「これは魔だからそうかの信心は正しい」と真逆の思考になる。これを是正するのは正しい教学だと思います。そんなに詳しく勉強しなくても「大御本尊を捨てた創価は謗法」なんて言うことはすぐにわかりますよね。創価のインチキ教学・洗脳教学は怖いですね。

美有さん

こんにちは。

> 創価を批判なさってる方が、気付けよとなどとよく仰ってますが、とっくに気づいてます
> 今いる場所から動けない

そうなんですよね。ソコなんですよ。でもね、必ず創価から離れなければならない時がきます。それは死ぬ時です。大御本尊を捨てた創価にいたことその時に後悔する。そい大聖人も言ってます。「バ●は死んでもわからない」のでしょうけど(笑)

お返事急ぎません

こんにちは

管理人さんが大御本尊様の元へ帰依して正しい道に歩むのが良いと言うお考えなら質問します

1年〜3年無職で嫁のお金で生活していた地区部長3人知ってますが、嫁からは自己中のクズと言われて、社会、世の中、職場でもポジション取れない人が創価退会してどうやって生きていけば良いですか?
家族も家庭内離婚状態だし
その人達は創価を信じて生きてきた、それしかないわけです
私は何回も創価の会合参加してる場合ではないやろ、選挙頼んでる場合ではない
無職で創価正しいと言っても、誰からも相手にされず、お前の様な人間にだけはなりたくないと言われるだけ
生きていくのに金は必要だから、先ずそれを用意しないと、幼稚園生ではあるまいし、自分の生活費を嫁に払ってもらうだなんて、仕事の選り好みしてる場合違うやろ
嫁にはすまないと思ってる、そんな一言てで済むわけないだろ

今こそ宿命転換の学会活動ではなくて、社会で通用する人間になる為に信仰しながら生きて行く事もあっていい、本末転倒??
私の知人で創価で役職などもらっても何の意味もないわと私に言った人いるけど、職場で昇進しました、あなどれないやつと思われて話も聞いてもらえるようになった
順序が大事だと思う、目線が組織の外に向いてないとダメだ思う
理想論語って、私はできてないけど

田代まさし

去年も同じ罪を犯して逮捕されましたね。
何度も何度も同じ間違いを繰り返す。覚せい剤とはそういう恐ろしい薬物なんですね。意識の力ではどうにもならなくなる。

また原因は違うのですが、何度も同じ間違いを繰り返す傾向があるのが学会員ですね。何度誤りを指摘しても改善されることはない。
社会でそういう人を見ると、もしかしたら学会員かなと疑ってみたりします。
人は失敗を自らの責任だとして、反省し成長しますね。
未だ懲りずに確信だ、正義だ、絶対だと言い張る性質が成長を止めているのは明らかですが、長年続けている習慣だからどんどんドツボに嵌まり人生を無駄にしてしまう。
当然のことながら、現世でだめだから来世もだめと考えるのが生命の連続性ですね。
しかし彼らは現世が安穏ではないのに後生は善処だと必死に自分を騙す。

学会員は御書を身で読んでいるわけです。
権力に庇護された、もしくは取り入った邪宗教は、信仰者を利用し不幸に落とすのだと実感できた。
またそういう人達が増えれば、社会全体も不幸にし、終には国を亡ぼすとの原理ですね。
単に利害の対立で創価批判している人達も居ますが、法華講に入った人達は御書に書いてある通りの邪教の怖さを実感したから戻ったのだろうなと勝手な想像をしています。

美有さん

こんにちは

> 管理人さんが大御本尊様の元へ帰依して正しい道に歩むのが良いと言うお考えなら質問します
> 1年〜3年無職で嫁のお金で生活していた地区部長3人知ってますが、嫁からは自己中のクズと言われて、社会、世の中、職場でもポジション取れない人が創価退会してどうやって生きていけば良いですか?
> 家族も家庭内離婚状態だし
> その人達は創価を信じて生きてきた、それしかないわけです
> 私は何回も創価の会合参加してる場合ではないやろ、選挙頼んでる場合ではない
> 無職で創価正しいと言っても、誰からも相手にされず、お前の様な人間にだけはなりたくないと言われるだけ
> 生きていくのに金は必要だから、先ずそれを用意しないと、幼稚園生ではあるまいし、自分の生活費を嫁に払ってもらうだなんて、仕事の選り好みしてる場合違うやろ
> 嫁にはすまないと思ってる、そんな一言てで済むわけないだろ

普通の人間は創価の活動していた結果はそういう人生になったら「創価が間違っている」とか「自分の信心が間違っている」と感じますよ。そしてそれを変えたいなら創価をヤメて別の信仰するなり無信仰になるなりします。そうしないのは、その人は周囲が思うほど本人は自分や家族が「不幸」だと思っていないのでしょうね。実はそれこそが創価という間違った信仰の害毒なんです。「不幸」すら感じることができなくなる。いやむしろ「こんなに大変な中で学会活動している自分は素晴らしい」とすら思ってしまうんです。
◆常に地獄に処すること園観に遊ぶが如く余の悪道に在ること己が舎宅の如し(十法界明因果抄)
常に地獄にいて悪道にいることがまるで自宅にいるのと同じってことです。
美有さんもそうならないようにね。

小野塚さん

こんにちは。

> また原因は違うのですが、何度も同じ間違いを繰り返す傾向があるのが学会員ですね。何度誤りを指摘しても改善されることはない。
> 社会でそういう人を見ると、もしかしたら学会員かなと疑ってみたりします。
> 人は失敗を自らの責任だとして、反省し成長しますね。
> 未だ懲りずに確信だ、正義だ、絶対だと言い張る性質が成長を止めているのは明らかですが、長年続けている習慣だからどんどんドツボに嵌まり人生を無駄にしてしまう。
> 当然のことながら、現世でだめだから来世もだめと考えるのが生命の連続性ですね。
> しかし彼らは現世が安穏ではないのに後生は善処だと必死に自分を騙す。

そこですよね。結局、人生や生活の中心が「学会活動」なんですよ。仕事でも家族でも趣味でもない。「学会活動」が全て。それでは成長するわけがありません。学会活動以外の活動には興味もなく真剣に取り組む姿勢もないのですから。

> 学会員は御書を身で読んでいるわけです。
> 権力に庇護された、もしくは取り入った邪宗教は、信仰者を利用し不幸に落とすのだと実感できた。
> またそういう人達が増えれば、社会全体も不幸にし、終には国を亡ぼすとの原理ですね。
> 単に利害の対立で創価批判している人達も居ますが、法華講に入った人達は御書に書いてある通りの邪教の怖さを実感したから戻ったのだろうなと勝手な想像をしています。

元創価覚醒者たちに思うのは本当に「単なる創価批判」で創価民と変わらないんですよね。

難儀中の難儀と思います。

身内の折伏ほど、
大変な事があるでしょうか?

管理人さんの信心の
賜物では、ないですか?
大御本尊(日蓮大聖人)様は
管理人さんを御称賛されているかと
存じます♪

失礼まいどです♪

素晴らしい事です。

管理人様

妹さんの御受戒、お慶び申し上げます。
以前、折伏推進委員のご尊師から、御受戒や勧戒が叶うのは、どんな形であれ御本尊様からの功徳であると御指導頂きました。

天覇さんの仰る通り管理人様の信心の賜物であり功徳であると思います。

小生の愚息も数年前「取り敢えず」御受戒を戴きました。これから信心を教えていかなければと日々祈り、事あるごとに話を始めていますが、御受戒という節目を賜わった事で、心から安堵できました。

自身がそうであったように、慌てずじっくり信仰について語っていきます。
自身の臨終までに、一緒に大石寺に登山するのを楽しみにしております。
法燈相続を叶える事が、親族折伏と合わせて究極の目標であります。

管理人さん、妹さんの御受戒おめでとうございます。
私は夫を折伏できるよう日々祈ってます。
勤行唱題が折伏の基本なのかなと感じてます。

天覇さん

こんにちは。

> 身内の折伏ほど、
> 大変な事があるでしょうか?

本当にそう思いますがこれが難しい。御受戒を受けさせてもそれだけはダメだし。

> 管理人さんの信心の
> 賜物では、ないですか?
> 大御本尊(日蓮大聖人)様は
> 管理人さんを御称賛されているかと
> 存じます♪

ありがとうございます。そう言ってもらえるとちょっと安心です。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 妹さんの御受戒、お慶び申し上げます。
> 以前、折伏推進委員のご尊師から、御受戒や勧戒が叶うのは、どんな形であれ御本尊様からの功徳であると御指導頂きました。

ありがとうございます。これからが本番ですが頑張ります。また妹に関しては一歩前進したので、次は弟夫婦と嫁を思っています。

> 小生の愚息も数年前「取り敢えず」御受戒を戴きました。これから信心を教えていかなければと日々祈り、事あるごとに話を始めていますが、御受戒という節目を賜わった事で、心から安堵できました。
> 自身がそうであったように、慌てずじっくり信仰について語っていきます。
> 自身の臨終までに、一緒に大石寺に登山するのを楽しみにしております。
> 法燈相続を叶える事が、親族折伏と合わせて究極の目標であります。

分かります。私の愚息もご受戒までは素直に受けましたが以降はサッパリなのですが話を聞かせていくしかないですね。私も親族皆で登山するのが目標です。その前に親族を全員の入信ですね。確かに御授戒は節目かも知れません。それは相手にとってだけではなく自分にとっても。息子や妹に対しても信心を伝えるという責任感が強くなったのは御授戒があったからだと思ってます。

林檎さん

こんにちは。

> 管理人さん、妹さんの御受戒おめでとうございます。

ありがとうございます。

> 私は夫を折伏できるよう日々祈ってます。
> 勤行唱題が折伏の基本なのかなと感じてます。

そうですね、折伏だけではなく大聖人仏法の基本は正しい本尊を信じて正しい勤行・唱題を実践することですね。
ご主人のことは焦らなくて大丈夫ですよ。祈っていれば一番いい時を大聖人が選んでご主人を導いてくれますからね。

おめでとうございます。

身内は行動を共にすることが多いので心強いです。日頃の信頼関係があればこそです。

先日、母と御登山させていただいて、折伏成就を願いながらも、お参り出来た幸せを強く感じ、思わず涙がこぼれました。

出産でも性格的にもなにかと迷惑かけてしまいましたが、これからも少しでも親孝行していきたい…積ませていただいた功徳を皆さんにお届けしたい…

コロな禍ではありますが…今年中にもう一度御登山させていただきます。

具体的な日付は勇気が無くて言えませんが…無理のないように出来るだけ御登山する方針で生活してます。御登山したいから仕事も頑張ります。(日々支えられてなんとか働けてます)

無職の学会員さんも…ご縁に恵まれれば良い方向に進めると信じています。

ひとの心は幻炎の如し

法華経に説かれる功徳の通りに必ず良く成ります。信は功徳の源…

無職のパチンコ好きの方も…人生に疲れて自殺しようとしていたところを…よく話して説得して…御授戒受けて御登山されて…働けるようになった話も聞いてます。

功徳無量です。





未熟さん

こんにちは。

> おめでとうございます。

ありがとうございます。

> 身内は行動を共にすることが多いので心強いです。日頃の信頼関係があればこそです。

はやり身内は日蓮正宗で統一したいです。自分が死んだ後のこと色々と考えると尚更です。統一までまだ時間がかかりそうですが目標にしています。

> 先日、母と御登山させていただいて、折伏成就を願いながらも、お参り出来た幸せを強く感じ、思わず涙がこぼれました。
> 出産でも性格的にもなにかと迷惑かけてしまいましたが、これからも少しでも親孝行していきたい…積ませていただいた功徳を皆さんにお届けしたい…

親子で登山なんてすばらしいですね。お母様もいい娘さんを持って幸せですね。

> コロな禍ではありますが…今年中にもう一度御登山させていただきます。
> 具体的な日付は勇気が無くて言えませんが…無理のないように出来るだけ御登山する方針で生活してます。御登山したいから仕事も頑張ります。(日々支えられてなんとか働けてます)

いつか、大石寺でお会いしましょう。私も年内あと1回は行きたいと思っています。11月末か12月頃でしょうか。まだ日程は決めていませんが。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
9位
アクセスランキングを見る>>