FC2ブログ

六巻抄拝読の為の基礎知識③(三重秘伝抄②)

今回は「三重秘伝抄」の第2回目で前回の続きからでここからは冒頭の開目抄の【一念三千の法門は但法華経の本門寿量品の文の底に秘し沈めたまえり、竜樹・天親は知って而も弘めたまわず、但我が天台智者のみ此れを懐けり等云云。】
の御文の10の義の説明になります。

第一に一念三千の法門は聞き難きを示すとは
最初の義としてこの御文は「一念三千の法門は聞き難い」という意味ががあるということです。ここでいう一念三千の法門とは法華寿量品の文底の事の一念三千のことで具体的には戒壇大御本尊のことです。「聞き難い」とは信受することが難しいということです。即ち「戒壇大御本尊様を信受して本門の題目をあげることは難事」であるということです。自身が信受することすら難事ですから折伏は難事中の難事ということですね。

第二に文相の大旨を示すとは
ここは、冒頭の文を「標・釈・結」の三段に開いて天台の三種の教相と比較している段です。【但法華経の但の字は是れ一字なりと雖も意には三段を冠するなり。謂わく、一念三千の法門は一代諸経の中には但法華経、法華経の中には但本門寿量品、本門寿量品の中には但文底秘沈なり云云】とあるように「但」の1字は「法華経」「本門寿量品」「文の底」の3つの言葉に掛かっているので「三重の秘伝」であるということです。また結の部分は「三重秘伝」された戒壇大御本尊は正法・像法時代には流布されていないことを示していて、それはとりもなおさず大聖人仏法が釈迦仏法を継承したものではないということであり大聖人が本仏であることを示しています。

第三に一念三千の数量を示すとは
ここは一念三千の「三千」の数量を示しているところで、100界(10界×10界)1000如是(100界×10如是)3000世間(1000如是×3世間)が「三千」の意味といわれてます。【此こに二意あり、一には如是に約して数量を明かす、所謂百界、三百世間、三千如是なり。二には世間に約して数量を明かす、所謂百界、千如是、三千世間なり。開合異なりと雖も同じく一念三千なり云云】とは天台の摩訶止観第5に書かれている一念三千の文は「開釈」と「結成」の2カ所あって、解釈の文は最後に如是に約し、結成の文は三世間に約しているので「三千」の数え方が違いますが意味としては同じということです。

第四に一念に三千を具する相貎を示すとは
この段では、一念に三千が具しているという証拠(現証)としてのその「相貎」を十界を中心に説明されている段です。「仏界」の相貎は非常に分かりずらいのですが、本文では【法華経を信ずる心強きを名づけて仏界となす】と言われ戒壇大御本尊を信じる心、相貎でいえば自行化他の題目を唱える姿が仏界であると言わています。仏界(大御本尊)を信じることができるのは自分の中に仏界があるからです。反対に【法華経を謗ずる心強きを悪業深重と号し地獄界と名づくるなり】
とあるように創価活動家のごとき大御本尊誹謗の姿が地獄界の相であるということです。

第五に権実相対して一念三千を明かすことを示すとは
ここは三重秘伝の「但法華経」の部分です。「但法華経」ということは権経である諸経典には一念三千の法門は説かれていないということを述べた段です。この段の冒頭の「次ぎの文に」云々とは開目抄の三重秘伝の冒頭の文の後にかかれている開目抄中の御文です。権経に一念三千の法門がない理由を二つあげています。一つは行布(差別)があるので十界が隔別なので100界にならない。もう一つは権経は久遠実成を説いていないので迹(仮の教え)であるということが書かれています。

というわけで今回はここまでです。次回は三重秘伝抄の後半を書きたいとおもいます。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

受くるは易く、保つは難し。

サルあいだ、
成仏は保つに云々。

大御本尊様は
幸福製造機だの、
相貌が正しければ本尊なんか何でも良い!
とか、

ソンカー民衆は
受くるはヤスシ?
メガネ、眼鏡は?byやすきよ漫才風。

保つどころか、
捨て去るお猿の軍団です。

駄文まいど失礼いたしました♪

相貎

初対面で会って少し話してみれば、その人がこれまでどんな生き方をしてきた人かなんとなく分かるものですね。
それは後天的に見につけた経験かもしれませんが、だんだんと外れなくなる。
人生経験って、そうやって情報が増え整理されて正確な判断が可能になるものなんでしょう。
仏が何を示したいのか、正直言えば実感が湧かない。
分からないことを認める素直さを維持していけば学習できると思っています。
分からないことを分かったように勘違いしている彼らは悲惨ですから、ああは成りたくないと思っています。

天覇さん

こんにちは。

> ソンカー民衆は
> 受くるはヤスシ?
> メガネ、眼鏡は?byやすきよ漫才風。
> 保つどころか、
> 捨て去るお猿の軍団です。

サルに悪いですよ(笑)

小野塚さん

こんにちは。

> 初対面で会って少し話してみれば、その人がこれまでどんな生き方をしてきた人かなんとなく分かるものですね。
> それは後天的に見につけた経験かもしれませんが、だんだんと外れなくなる。
> 人生経験って、そうやって情報が増え整理されて正確な判断が可能になるものなんでしょう。
> 仏が何を示したいのか、正直言えば実感が湧かない。
> 分からないことを認める素直さを維持していけば学習できると思っています。
> 分からないことを分かったように勘違いしている彼らは悲惨ですから、ああは成りたくないと思っています。

創価民にいけないところは「分かろうとしない事」と「間違いを認めない事」でしょうね。
だから盲信だといわれる。自分の拝んでいる本尊すら説明できないでよく信仰とか言えるなぁって思います。

見ざる! 言わザル♪ 聞かモンキーマジック

最近ふと思い出した。

過去の管理人さんのブログに
出没した創価エテコーちゃん達の事を♪

みんな元気かなぁ?
創価山のフモトで、
うきゃ&ウッキィ♪ されてるかな?

駄文まいど失礼しました。

創価の職場でイライラしたから
ゴミ袋に放火しない様にね!

天覇さん

こんにちは。

> 最近ふと思い出した。
> 過去の管理人さんのブログに
> 出没した創価エテコーちゃん達の事を♪
> みんな元気かなぁ?
> 創価山のフモトで、
> うきゃ&ウッキィ♪ されてるかな?

でしょうね~。初戦創価教学は創価のサル山の中でしか通用しない「サル語」ですから(笑)
世界の大作も、その実態は創価サル山の中でのボスでしかないわけだし。

> 創価の職場でイライラしたから
> ゴミ袋に放火しない様にね!

本当にね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>