勇気の対話って・・(笑)

3月になりいよいよ学会活動も
目前に迫りくる統一地方選挙の戦いがアツくなってきますな。
昨日会った壮年活動家の友人の話では
2月までは県会で、今日からは市議会の戦いとの事。
「今は選挙戦というとどんな戦いをしてるの?」と訊くと
「交流と内部固め」だって。
相変わらずと進歩もなければ発展もない。
毎回毎回選挙に繰り返される「交流」と「内部固め」
このどちらも、広宣流布のための化他行なのだか
このどちらも【選挙の時にしかやらない】から
無限ループのように繰り返されるのだ。
もっとも、彼等活動家の言う所の
【交流】ってのは公明党への投票依頼をすることだし
【内部固め】ってのは内部の公明党への票を固めることだかから
選挙の時しかやらないというよりも
選挙のためにやっているだけ。
で、それを広宣流布などと言ってします厚かましさ。
人と人とが交流するのは当たり前の事で
それをわざわざ【勇気の対話】とかいう所が笑える。
学会の活動家とは、他人と交流するのに【勇気】か必要なのか?
普通の人間が誰かと付き合うような普通の付き合いができないのか?
それって、精神的に病んでいるか、社会不適合者か
どちらにしてもちょっと変な人。
世間様はそんな変な人とはあまり関わり合いたくない。って思うのが普通じゃないかな。
知人に会いに行って公明党の支援をするために
【勇気】を出さなきゃなんないってのは
実は、本人が一番「公明との事などいいたくないなぁ」って思っているからだね。
そりゃわかるな。
普段は友人や知人となどと会って遊ぶ事もしないクセに
選挙だの新聞だのそんな時だけ会いに行ってお願いする。
相手のお願いなど聞いた事もないだろうし
相手はそんなヤツに何の期待もしていないもんな。
通常の神経の持ち主なら、
そんな自分の都合のいいようにしか利用しない相手に
自分が好かれているとは思えんわな。
むしろ「俺って嫌われているよなぁ・・・」って思う方が普通。
当然それを承知の上で交流するんだから
そりゃ【勇気】か必要だよね。
でもさ、そこまでしてやっていることは
信心とは無関係な【選挙】の話なんだよ。
空しくないかい?って聞きたいね。
モチロン、周りの幹部はそんな会員さんを見て
激励?するんだろうけど
その幹部たちは【勇気の対話】なんてしてないんだよ。
それは知人に投票依頼をしていない。ってことじゃなく
彼等はもはや
「相手に対して申しわけないなぁ」とか
「相手に嫌われんじゃないかなぁ」など
そんな感情など毛筋の先程も持ち合わせていないんだよ。
ようするに、相手の気持ちなど眼中なし。
自分の事だけ押し付けて平気でいられるのが
バリ活がバリ活と呼ばれる所以なのだよ。
でも、彼等は全然寂しくない
なぜなら、彼らには学会村があるからね。
いつでもそこに逃げ込めばいい。
彼等は村の外に友人など要らないのある。
村の外でしか広宣流布はできないのに
村の外には友人がいないのである。
新入会の人や活動し始めの人が
学会村で一生過ごして行きたいと思っているなら
ガツンガツン勇気の対話でも何でもしてください。
でも、いま学会村の外に大切な友人がいる人は
病んでる幹部の言う事は聞き流して上手い事やってください。
そして、間違っても大切な友人を折伏などしない事。
今の学会はただの宗教サークルですから。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも納得させてもらえる記事ですが今回は特にそうだよな〜(笑)と思い読みました。
かつて自分自身もまさに病んだバリ活でしたので部員さんにも同じことを言ってましたし、広宣流布と称した選挙活動も一生懸命やってました。そのおかげで外部の友人との関係も希薄になってしまい今に至ります。友人の立場からしたら本当に迷惑な人間だよなと申し訳ない気持ちで一杯です。
今の学会にとっては選挙をやらないという選択肢はないんでしょうかね?

納得

いつも楽しく読ませて頂いてます。


仰る通り、選挙の時にしか自分の友人知人の所に交流(笑)しに行くのに加え、全く縁もゆかりも無い所にも交流に行きますよね(笑)


自分も男子部時代は幹部に言われて、卒業アルバムを引っ張り出して、喋った事も無い同級生に電話かけたり…
どこそこが重点区だとか言われて、行った事も無い、知り合いもいない場所に出掛けて行って、食事したり買い物したりして『あ、そういえば今度選挙があるんですけど…』なんてやっていました(笑)


今から思えば時間とお金と労力がホントに無駄だったと思います。くだらなかったな~。


私も管理人さんと同じで学会は辞めてないんですよ。だって辞めますなんて言ったら大変めんどくさい事になっちゃいますからね。
総出で指導?に来られちゃいますからね。


あと、私が男子部の地区リーダー時代に地区の部員さんがどうしても退会したいと言ってきまして。
彼の場合は御本尊に御不敬してしまいそうだったので(これも今となってはどうでもいいですが)壮年の支部長、地区部長と一緒に彼の退会手続きをした事がありました。
その時、支部長からの指示で自分が本部に退会届をとりに行きました。
(因みに東京23区です)
その時本部職員に言われたのは『学会として退会届というものは用意していない。御本尊返納届があるのでそれを書いて貰って、御本尊と一緒に返却してもらえればそれでよい』との事でした。
その時はそういうものなのかと納得したんですが…
今にして思えば、公称(自称)800ウン万世帯の会員数を減らさない為の姑息な手段なのでは…と思ってしまいます。
だってまともな団体で、退会届が無いってオカシイですよね?

No title

コメントありがとうございます。

>今の学会にとっては選挙をやらないという選択肢はないんでしょうかね?

ないでしょうね。むしろ選挙と聖教啓蒙を含む財務をするための団体でしょう。要は金と権力。どちらも大聖人の精神とは大きくかけ離れてます。落ちぶれたもんです。


>自分も男子部時代は幹部に言われて、卒業アルバムを引っ張り出して、喋った事も無い同級生に電話かけたり…
どこそこが重点区だとか言われて、行った事も無い、知り合いもいない場所に出掛けて行って、食事したり買い物したりして『あ、そういえば今度選挙があるんですけど…』なんてやっていました(笑)

全国的にやってる事は同じですね(笑)でも比例の得票は何ら変わらない(笑)

>だってまともな団体で、退会届が無いってオカシイですよね?

まさしく。私も男子部時代に仲の良かった部員さんが退会してます。丁度参議院選の真っただ中で、本部やゾーンの男子部幹部も支部や地区の壮年部も全く彼の元に来てくれなくて私と数名の男子部員に任せきり。結局彼の退会の意思が強く御本尊だけ私達が受け取り返納届も私達が代筆して返納しました。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR