FC2ブログ

実弟もご受戒を受けて一歩前進。

昨日、私の実弟がご受戒を無事に受けました。昨年の妹に続いて今度は弟のご受戒ということで、これで母と私たち3兄弟姉妹全員それと私の息子が日蓮正宗の信徒となり、私の所属寺院がダメ出し一族名実ともの「菩提寺」になる為に一歩前進というところです。・・とはいうものの妹同様に弟も信仰にはとんと無頓着で信仰心の弱い母同様にこれから少しづつ信心を身に覚えさせていかないといけません。ただ信仰心が薄かったが故に創価では誰も活動しなったのが功を奏した部分もあります。これが創価で活動家になっていたら正宗に戻すのは大変なことだし下手すると兄弟姉妹の縁が切れていたかもしませんからね。本当はちゃんと信心を分かるようにしてからご受戒を受けさせるのが理想だったのですが、妹・弟は私が昔創価に入会させてしまったという事もあって早く正宗に戻さなくてはという気持ちが大きかったので「とりあえず」入信でもなんでも正宗の信徒になってくれたのは胸のつかえが少しとれた気分でもあります。私自身がそうであったように信心はいつ発心するかわかりませんから先に大御本尊に縁をさせておくものアリかなと自分勝手に思ったりもしています(講頭さんもご住職にも反対されなかったし)さて、これで一息ってわけにもいきません。ダメ出し家一族は、まだ私の妻に義弟に義妹。さらには8人の甥・姪がいるので、あと11人は折伏しなければ所属寺院の菩提寺化計画は完遂しません。特に義弟と義妹を折伏しないと御本尊のご安置の話もできませんから、私の妻を含めこの3人は緊急課題です。甥・姪も全て成人していますからこれらの折伏も一仕事です。うかうかしていると誰か結婚してまた一族が増えてしまうかもしれませんし。といっても【急いては事を仕損じる】ということもあるので焦らず諦めず一族の折伏を進めていきたいと思っています。一族郎党全てが大御本尊を信仰することと、一族の中から一人でいいから【強信】のツワモノが現れてくれることを願っています。何はともあれ実弟がご受戒を受けたこと一区切りついたとい気分であり素直にうれしいです。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

合理的な選択ですね

宗教ビジネスの賛助会員になるか、日蓮仏法の信仰者となるか。
合理的に判断するのは簡単なはずなんですけど、執着心が邪魔をして創価を辞められない人がまだ居るわけですね。
その執着している感情は何か、自身を静かに見つめ直すしかないわけですけど。
そのきっかけを与えるのが折伏ですね。

大変に失礼をじゅうにぶんに承知でお伺いします
他の人の考えてる事は知りたいとは思いませんが管理人さんの考えてる事をどうしても知りたいです

管理人さんは学会員の時に折伏をなさり他の人に学会員になってもらった
創価に入会を勧めた時の考えや気持ちと今の考えや気持ちを説明して、原因は管理人さんではなく創価が会則変更した事にありますが、そこまでは納得できます
今度は退会をして他の人に他の宗教団体に入るように勧める
管理人さんはそれを謝罪と責任と感じておられると思いますが、折伏破斫される方は振り回されてると感じておられるのではないのでしょうか?
日蓮正宗もこれから先、人数がすくなったりすると管理人さんの納得できない事態がおきないとも限りません、絶対ないとは断言できません、その時は正宗やめるのですか???

追記させていただきます

折伏していた学会員が退会した場合、あなたが学会員になれと言うから学会員になったのに、自分はさっさと退会するとか、なんて無責任やろうだと大激怒されてる人を間近で見た事あります

おめでとうございます。

こんばんは。

弟さんがご受戒とのこと、大変におめでとうございます。

ワタシの一族は創価活動家ばかりで、未活の姉2人を脱会させるにとどまっております。
焦ってここから先に進むと、管理人さんの言われるように縁切り状態になる可能性があります。
そうなると対話すらできなくなるので、焦らずにやっていこうと思います。
ウチは7人きょうだいなので、その孫まで入れると大変な人数です。(笑)

ごめんなさい、3連投します

折伏は私にとって大変に責任を伴う事です
300円のプリン美味しかったからあなたも買ってみたらというのと訳が違います

自分の紹介で学会員になってくれた人がいるから退会できないと思い悩んでる、物凄く苦しんでると私に言った人もいました
さっさと退会して創価を破斫して勧戒を受ける事を勧めておられる方々にとってみれば、自分の人生なのに、自分の紹介で学会員になった人がいるのが足かせになって縛られて身動きが取れないなど愚かだと思っておられる事だと思います
でも私そういう人の方が好きです

かくいう私も生きて家に戻れるかどうかわからないので生前整理の為、本尊返納しただけで、それがなければまだ学会員でいました、自分の紹介で学会員になってくれた人がまだ創価にいるので、出来る事で有れば創価本尊を安置しても良いという説明がつくので有れば創価に戻りたいです

今まで私が言ってきた事は全部真っ赤な大嘘だとみんなから言われても平気です
仕事必ずクビになる知人が自殺した事がいまだにショックで、せめて信仰する事を私が勧めて相手が断ってから自殺してほしかったです

小野塚さん

こんにちは。

> 宗教ビジネスの賛助会員になるか、日蓮仏法の信仰者となるか。
> 合理的に判断するのは簡単なはずなんですけど、執着心が邪魔をして創価を辞められない人がまだ居るわけですね。
> その執着している感情は何か、自身を静かに見つめ直すしかないわけですけど。
> そのきっかけを与えるのが折伏ですね。

創価をやめない人たちの理由のほとんどは宗教的な信条ではない気がします。
言葉では創価の宗教的正当性を口にしますが少し話せば創価に大聖人仏法もないし創価は宗教ではないことがバレます。
結局、彼らが創価に残る理由は人間関係が以外にないわけです。
それはそれで構いませんけど、単なる人間関係を大聖人仏法と名付けてそこに功徳のような何かがあるように思わせることは詐欺・ペテンです。それをずっと言っているんですけどね。

美有さん

こんにちは。

> 管理人さんは学会員の時に折伏をなさり他の人に学会員になってもらった
> 創価に入会を勧めた時の考えや気持ちと今の考えや気持ちを説明して、原因は管理人さんではなく創価が会則変更した事にありますが、そこまでは納得できます
> 今度は退会をして他の人に他の宗教団体に入るように勧める
> 管理人さんはそれを謝罪と責任と感じておられると思いますが、折伏破斫される方は振り回されてると感じておられるのではないのでしょうか?

それはないと思いますよ。私は創価や池田センセの素晴らしさなど語って折伏したことは1度もありません。折伏の時は大聖人仏法と御本尊のことしか言いません。創価に入会することを勧めたのではなく大聖人仏法を信仰することを勧めていました。今の同じですよ。日蓮正宗でご受戒を受けるように勧めるのは戒壇大御本尊を守り広め信仰しお目通しできるのは現在は日蓮正宗しかないからです。

> 日蓮正宗もこれから先、人数がすくなったりすると管理人さんの納得できない事態がおきないとも限りません、絶対ないとは断言できません、その時は正宗やめるのですか???

私が納得できない事があるとしたなら「戒壇大御本尊」を捨てること・本尊を変えることだけです。もしも正宗が大御本尊を捨てればやめますよ。でもそれは「絶対にない」と断言できます。

美有さん

> 折伏していた学会員が退会した場合、あなたが学会員になれと言うから学会員になったのに、自分はさっさと退会するとか、なんて無責任やろうだと大激怒されてる人を間近で見た事あります

それは最初の折伏の仕方が悪いのだと思いますよ。
「学会員にさせる」ことが折伏ではなく大聖人仏法を教えるのが折伏です。
創価が折伏できなくなったのは、大聖人仏法を語らず学会や池田センセの事ばかり語り。
大聖人仏法を信仰させようとしているのではなく学会員を増やそうとしているからです。
「学会員になれ」という折伏してたらそりゃ無責任って言われるでしょうね。

美有さん

> 折伏は私にとって大変に責任を伴う事です
> 300円のプリン美味しかったからあなたも買ってみたらというのと訳が違います

そうですか。では美有さんは学会の本尊や勤行が正しい日蓮大聖人の仏法であるとキチンと説明できますか?
それを説明できずに折伏をするのは無責任ですよ。


> 自分の紹介で学会員になってくれた人がいるから退会できないと思い悩んでる、物凄く苦しんでると私に言った人もいました
> さっさと退会して創価を破斫して勧戒を受ける事を勧めておられる方々にとってみれば、自分の人生なのに、自分の紹介で学会員になった人がいるのが足かせになって縛られて身動きが取れないなど愚かだと思っておられる事だと思います
> でも私そういう人の方が好きです

私もそういう人は好きですがでも結果的にはそれでは自分も相手も不幸になるだけです。

> かくいう私も生きて家に戻れるかどうかわからないので生前整理の為、本尊返納しただけで、それがなければまだ学会員でいました、自分の紹介で学会員になってくれた人がまだ創価にいるので、出来る事で有れば創価本尊を安置しても良いという説明がつくので有れば創価に戻りたいです

創価本尊なんて安置したら謗法ですよ。謗法でもいいから創価に戻りたいというなら戻ればいいじゃないですか。信教の自由は憲法で決められていますから。ただ信教の正邪は憲法ではく仏法で決められています。

> 今まで私が言ってきた事は全部真っ赤な大嘘だとみんなから言われても平気です

そうでしょうね。それほど創価が恋しいなら創価に戻ったらどうですか。
私としては美有さんがさらに謗法を重ね罪業を積むのは阻止したいですけどこればかりは分からない人には一生分かりませんからね。

blue_noteさん

こんにちは。

> 弟さんがご受戒とのこと、大変におめでとうございます。

ありがとうございます。1歩前進というところです。

> ワタシの一族は創価活動家ばかりで、未活の姉2人を脱会させるにとどまっております。

それだって結構すごい事ですよ。

> 焦ってここから先に進むと、管理人さんの言われるように縁切り状態になる可能性があります。
> そうなると対話すらできなくなるので、焦らずにやっていこうと思います。

ですよね。私一族は幸か不幸か信仰に無頓着な人間ばかりなのでそういう部分は助かっていますが、これから信仰を教えていくのは大変です。その点創価である程度活動している人なら折伏するまでは時間はかかるけど、折伏できればその後は苦労しないと思います。結局先に苦労するか後から苦労するかの違いなんでしょうね。私の創価の友人も半分くらいはなかなか手ごわいですが折伏を継続しています。縁を切るのは簡単ですけどそうじゃないですからですからね。

> ウチは7人きょうだいなので、その孫まで入れると大変な人数です。(笑)

おお!それはやり甲斐がありますね~(笑)
お互い、ライフワークとして取り組んでいきましょう(笑)

法華講に行った友人は

創価に入会させた罪滅ぼしで今折伏していると言ってましたね。
私も正直、罪悪感がありますよ。創価に入れてしまった友人に対して。
なんでこんな反社会的な団体を紹介してしまったのかと。他人の人生を狂わせてしまった訳ですから。
でも本人はまだそう思っていない。創価に狂わされてしまい、説明しても聞き入れられない状態なわけです。
この私の謗法は来世でも消えないでしょうね。

小野塚さん

こんにちは。

> 創価に入会させた罪滅ぼしで今折伏していると言ってましたね。

その気持ちよく分かります。私も同じ気持ちです。

> 私も正直、罪悪感がありますよ。創価に入れてしまった友人に対して。
> なんでこんな反社会的な団体を紹介してしまったのかと。他人の人生を狂わせてしまった訳ですから。
> でも本人はまだそう思っていない。創価に狂わされてしまい、説明しても聞き入れられない状態なわけです。
> この私の謗法は来世でも消えないでしょうね。

謗法は消えますよ。日寛上人は観心本尊抄文段で、

◇故に暫くも此の本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱うれば、則ち祈りとして叶わざる無く、罪として滅せざる無く、福として来たらざる無く、理として顕われざる無きなり

とご指南され、三重秘伝抄にも「事の戒壇は一閻浮提の人の懺悔減罪のところ」と書かれています。
小野塚さんが大御本尊のもとに戻り懺悔の気持ちで題目をあげれば謗法は消えます。
私も一番最初に大御本尊にお目通りしたときは自身の謗法を懺悔しました。
もうすぐその日もくるでしょうから今世のうちに謗法を消してください(笑)

流石です。

管理人様

弟さんの御授戒、誠におめでとうございます。
羨ましい限りです。形はどうあれ「縁」することからこの信心は始まりますね。
小生も親族折伏を目指しておりますが、なかなかどうも行き詰まっております。
今回の記事で勇気と歓喜を戴きました。
いつもありがとうございます。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 弟さんの御授戒、誠におめでとうございます。
> 羨ましい限りです。形はどうあれ「縁」することからこの信心は始まりますね。

ありがとうございます。まだ「縁」させただけでこれからが本番です。息子や妹も含め少しずつ信心を教えていこうと思っています。

> 小生も親族折伏を目指しておりますが、なかなかどうも行き詰まっております。

身内は簡単そうで一番難しいですよね。祈り続けるしかないですよね。

> 今回の記事で勇気と歓喜を戴きました。
> いつもありがとうございます。

いえ、こちらこそありがとうございます。
古刹信徒さんのお身内の方々が大御本尊の許へ戻れますようご祈念させていただきます。

返事急ぎません

エア折伏??
創価の話も宗教の話もまだなあんにもしてません
私の話を聞いてくれる状態を作ってるだけ
目的があるのだから会話でも対話でもないし、全くそりのあわない人と話したいと思わないからご機嫌取りでもない、

美有さん

こんにちは。

> エア折伏??
> 創価の話も宗教の話もまだなあんにもしてません
> 私の話を聞いてくれる状態を作ってるだけ
> 目的があるのだから会話でも対話でもないし、全くそりのあわない人と話したいと思わないからご機嫌取りでもない、

そういうのは「友達付き合い」といいます。大切な事ですよ「友達付き合い」は。創価活動民はそうして普通の友達付き合いもできない人が多いですからね。
「エア折伏」といったのは、いまの美有さんの状態だと折伏は成就しないから結果それは実現しない架空の折伏であるといことです。美有さんがどれだけ熱く大聖人の仏法を真剣に語ってもその友人に御本尊を拝ませることはできないのです。つまり最終的な幸福へと導けないでしょ。しかも創価の話をしようとしているのならなおの事です。友人を不幸させたいの?って思います。まぁ創価の話なんてしないで普通に友情を育んでください。まぁ最近は厳しい事ばかり美有さんに書きますが、これでも美有さんのことは心配しているんですよ。だからお寺に行くなら付き添うと言っているわけですから。

普通のお付き合い

確かに学会員のお付き合いは不自然だから指摘したことがありますよ。
自宅で二人で話してしていても対話にならない。
指導する側とされる側の上下関係か、管理するかされるかの支配と服従の関係なんですよね。
さらに教団外だと、敵か味方の選別をしてその関係で考えているから、必然的に教団内だけの人間関係になる。

欠点をもつ同士のお互いさまの関係や、リスペクトし合う関係など全く構築できないわけです。
当然、折伏などできない。そればかりか社会に順応し難い性質が醸成されていく。また嫌われ疎外されたりもする。
創価にとってはその方が都合よく利用できるから、意図的に逃げられないように囲い込むための感性を醸成する指導をしているのだと思っていましたけど。

おめでとうございます

こんばんは。

ご兄弟の御授戒、おめでとうございます。

こちらは創価な母と私の溝が深まるばかりで、母の宗門の誹謗中傷発言(特に日顕上人に対し)で、情けない事に怒りが込み上げてムキになってしまい、売り言葉に買い言葉で毎回泥沼な状況なってしまう始末です。
(まあ、昨年母の日顕上人への誹謗発言で火が付いて、何年かぶりに日蓮正宗のお寺に行く切欠となった意味では母に感謝はしてますが)

根幹から求めてた物の違いからか、バリ活への仏法対話は困難であることをつくづく思い知らされます。

おめでとうございます。

管理人様おめでとうございます。

弟様の御受戒おめでとうございます。

冬眠蛙さん
気持ちわかります。

私も四年半前に学会の本尊(一も拝んでないのに)の害毒で死にかけて、調べて、大御本尊様につながっていないニセ本尊で学会本部も大御本尊様を受持の対象にしないと判り、
学会を辞めて正宗に帰るのを宣言した時のお袋の気違いになって大喧嘩しました。
でも正宗に戻り、こんこんと説得したら、まず仏壇から学会の本尊を撤去出来、その後に正宗の御本尊様をお迎えする事が出来。
親父の塔婆供養でお袋をお寺に連れて行く事が出来。
勧誡を受けさせて一緒にお登山に行きました。
人間関係と池田さんの想いが残っているからまだ学会の籍はありますが、池田さんが亡くなったら辞めてはくれると思います。

冬眠蛙さんのお母様も学会に洗脳されているだけですから、御本尊様に祈る事と、冷静にお寺や本山の様子と日顕上人猊下様が亡くなれた時の様子を根気強くお話をされてください。

この頃、学会員に対して否定するだけではダメなら、お寺や本山の話をする方が回り道でも良いと感じています。
三門も修繕が完了しましたしね。

私も御祈念させて頂きます。

小野塚さん

こんにちは。

> 確かに学会員のお付き合いは不自然だから指摘したことがありますよ。
> 自宅で二人で話してしていても対話にならない。
> 指導する側とされる側の上下関係か、管理するかされるかの支配と服従の関係なんですよね。
> さらに教団外だと、敵か味方の選別をしてその関係で考えているから、必然的に教団内だけの人間関係になる。

同感です。幹部の指導を素直に聞いて実践するのが信心。という指導すらあります。それはその幹部がしっかりとした信心や教学があってこそなんですが、指導している幹部自身が勤行すらできたいなかったりするわけです。それでいて正宗の僧侶をバカににているのですから呆れます。創価の活動家は社会からスポイルされた人々なんだと思わざるを得ないですね。

> 欠点をもつ同士のお互いさまの関係や、リスペクトし合う関係など全く構築できないわけです。
> 当然、折伏などできない。そればかりか社会に順応し難い性質が醸成されていく。また嫌われ疎外されたりもする。
> 創価にとってはその方が都合よく利用できるから、意図的に逃げられないように囲い込むための感性を醸成する指導をしているのだと思っていましたけど。

そう思っても不思議はありませんよね。「わざと」社会不適合者を作っているとしか思えない。
学会活動をすればするほど社会から乖離する。そうなるとますます創価の組織・創価の人間関係に依存する。
自己実現を目指す大聖人の仏法とはまるで正反対の方向にいってしまいますね。

冬眠蛙さん

こんにちは。

> ご兄弟の御授戒、おめでとうございます。

ありがとうございます。第一目標クリアした段階なので安心はしていられませんがまぁよかったです。

> こちらは創価な母と私の溝が深まるばかりで、母の宗門の誹謗中傷発言(特に日顕上人に対し)で、情けない事に怒りが込み上げてムキになってしまい、売り言葉に買い言葉で毎回泥沼な状況なってしまう始末です。

身内だとどうしてもお互い遠慮がないので口論になったりしてしまいますけど、そこはお母様ですから忍辱の鎧を着て焦らず粘り強く話していってください。母親を折伏するだけでも立派な事なんですから自信をもって話していけばいずれ変わりますよ。

> (まあ、昨年母の日顕上人への誹謗発言で火が付いて、何年かぶりに日蓮正宗のお寺に行く切欠となった意味では母に感謝はしてますが)

そうですね。お母様は善知識じゃないですか。そう思って接してあげてください。

> 根幹から求めてた物の違いからか、バリ活への仏法対話は困難であることをつくづく思い知らされます。

創価バリカツとは仏法対話どころか一般対話も成立しなかっりしますからね(笑)
でも困難な方が自分を成長させてくれるからどんどん創価民を破折してあげてください。
それが彼らのためにもなりますから。
ただケンカはだめですよ。

ひごちゃんさん

こんにちは。

> 管理人様おめでとうございます。
> 弟様の御受戒おめでとうございます。

ありがとうございます。まずはスタートラインに立たせたのは良かったと思います。
残りの未入信一族への折伏も継続していきたいと思ってます。
「全員まとめて一緒にご受戒うけろよ」っていいたくなりますが我慢してひとりずつです(笑)

> この頃、学会員に対して否定するだけではダメなら、お寺や本山の話をする方が回り道でも良いと感じています。
> 三門も修繕が完了しましたしね。

私もそう思います。否定すべきところはちゃんと否定しなければいけませんが、宗門や法華講の様子を話すのも大切だと思います。
特に学会員は創価から大石寺やご僧侶・法華講の活動などの間違った情報を教え込まれていますから事実を伝えることも大切ですよね。

ひごちゃんさん

コメ返しと御祈念、誠にありがとうございます。

創価の情報を鵜呑みにして、宗門や日顕上人に対して絶対悪を盲信し、優位に立とうとマウンティングするので母への宗門理解は困難極まりますが、少しで洗脳を解く為にもこちらの信心を更に励みたく存じます。

こちらも挑発的な事を言われても感情に負けない様、根気強く日顕上人が御遷化された際の話や、登山に参加される方々の為に綺麗になった三門や整備された御本山を通じて、宗門への誤解を少しでも無くしたいと思います。

管理人さん

コメ返しありがとうございます。

お恥ずかしながら、身内で家族だと感情的になってしまうところは猛省すべきと存じます。

善知識にはっとさせられましたので、いかに家族とはいえ感情的にならぬ様に誤解を解きたいと思います。

バリ活は一般会話を成立たないとの事でしたが、確かに創価時代の男子部でも話が全く合わずに黙って言う事聞けってタイプなク●野郎がいて、そいつの上から押さえつける様な威圧感のせいで活動に嫌気がさしたのを思い出しました。
おかげで創価の害毒から逃げられたので、そいつもある意味善知識なのかも知れませんw

抑圧的

抑圧的とは、無理やり押さえつけて仕向ける様ですね。
なぜ創価はそういう組織なのかといえば、集団が共有するものがないという結論に達してしまいますね。

国家もそうですけど、共有する歴史があって集団が成り立つわけですね。
創価仏だとか池田仏だとか作ったところで非常に刹那的ですね。
歴史に裏付けられた本尊もない。
そんな集団に奉仕しても、一生成仏が叶うとか、来世に幸せになれるという確証が持てない。
どこにも証拠を見いだせないから、信仰の努力を継続することに不審が出るわけです。
だから高圧的な上下関係で抑圧して維持するしか手がない組織になってしまうのでしょう。

今では組織の永続性も疑わしくなり、それらが創価の致命的な弱点になっているのですけど、それを妬んでの法主批判、大御本尊否定に至るわけですね。
そういう動機を見抜ければ、創価に騙されていることに気付けるのですが、会員はまず健全な精神状態に置かれてはいないですね。
福運を失うとか、罰があたるとか、絶対だめになるとか、会内の評判を悪くする、嫌がらせを受けるなどの恐怖に縛られている。

創価の否定は過去の自分の人生の否定になるのですが、「汝早く信仰の寸心を改めて、速かに実乗の一善に帰せよ。しかればすなわち三界は皆仏国なり。仏国それ衰えんや。十方は悉く宝土なり。宝土何ぞ壊れんや。国に衰微なく、土に破壊なくんば、身はこれ安全にして、心はこれ禅定ならん。」の文章が見事に迫ってきますね。

冬眠蛙さん

こんにちは。


> お恥ずかしながら、身内で家族だと感情的になってしまうところは猛省すべきと存じます。

気持ちは分かります。そこが身内の折伏の難しいところですよね。お互いに言いたいことを言い合っちゃうんですよね。

> 善知識にはっとさせられましたので、いかに家族とはいえ感情的にならぬ様に誤解を解きたいと思います。

そうですね。感情的に話してもいい結果にならない方が多いですから。焦らずに少しずつ話していけばいいと思います。

> バリ活は一般会話を成立たないとの事でしたが、確かに創価時代の男子部でも話が全く合わずに黙って言う事聞けってタイプなク●野郎がいて、そいつの上から押さえつける様な威圧感のせいで活動に嫌気がさしたのを思い出しました。
> おかげで創価の害毒から逃げられたので、そいつもある意味善知識なのかも知れませんw

それは良かったですね。恩返しに今度そのク●野郎とあった時にはぐうの音も出ないくらい思い切り破折してあげてください。それがク●野郎を救ってあげる唯一の方法です(笑)

小野塚さん

こんにちは。

> 抑圧的とは、無理やり押さえつけて仕向ける様ですね。
> なぜ創価はそういう組織なのかといえば、集団が共有するものがないという結論に達してしまいますね。

本当にそうですね。近年の創価は混迷を極めています。公明党に対しても本尊に対しても池田に対しても共有しているようで共有していない。バラバラなんですよね。だから強制的に押さえつけないとガバナンスがきかない。会員に対する査問や処分、スラップ訴訟と目に見える形で組織崩壊が始まっている気がします。選挙の内部資料(外部秘)なんかもバンバンSNS等に流出していますからね。


> 国家もそうですけど、共有する歴史があって集団が成り立つわけですね。
> 創価仏だとか池田仏だとか作ったところで非常に刹那的ですね。
> 歴史に裏付けられた本尊もない。
> そんな集団に奉仕しても、一生成仏が叶うとか、来世に幸せになれるという確証が持てない。
> どこにも証拠を見いだせないから、信仰の努力を継続することに不審が出るわけです。
> だから高圧的な上下関係で抑圧して維持するしか手がない組織になってしまうのでしょう。

新興宗教団体の哀しい性ですね。偉そうにしていてもたった90年。しかも本尊義が変わっていますから事実上は7年ほどの歴史しかないのが創価ですからね。

> 今では組織の永続性も疑わしくなり、それらが創価の致命的な弱点になっているのですけど、それを妬んでの法主批判、大御本尊否定に至るわけですね。

自分達に誇れる歴史や権威がないからそういうものを「権威主義」と言って攻撃するんでしょうね。

> 創価の否定は過去の自分の人生の否定になるのですが、「汝早く信仰の寸心を改めて、速かに実乗の一善に帰せよ。しかればすなわち三界は皆仏国なり。仏国それ衰えんや。十方は悉く宝土なり。宝土何ぞ壊れんや。国に衰微なく、土に破壊なくんば、身はこれ安全にして、心はこれ禅定ならん。」の文章が見事に迫ってきますね。

確かにその通りです。

おめでとうございます!自分も頑張らねば…

過去のことに囚われず…大御本尊様信じる方々は冬は必ず春となる…です。

とことん付き合うことも大事…相手を思って距離とることもありますね…

ソーシャルディスタンスなどの言葉も沢山聞かれるようになったので誰もがプラスに受け取ってくれたら孤独で悲しむ人も少なくなって行くと思いますが…

条件が揃えば、心を病んでしまうのが末法かと思いますが…是非是非大石寺の公式サイト御覧になって誤解を解いていってほしいと願うばかりです。

未熟さん

こんにちは。

> おめでとうございます!自分も頑張らねば…

ありがとうございまず。これから信心を少しずつ教えていこうと思っています。

> 条件が揃えば、心を病んでしまうのが末法かと思いますが…是非是非大石寺の公式サイト御覧になって誤解を解いていってほしいと願うばかりです。

本当にそう思います。私も創価時代に聞かされていた大石寺と自分の目で見た大石寺のギャップに驚きました。
デマを流して大石寺から会員を離れさせようとする創価は本当にひどいと思ってます。

指導は私道!

こんにちは。 お久しぶりです。 皆さんお元気なご様子、なによりでした。

私も現在、体は人生で最も健康というか、これといった故障も痛みもない毎日です。
自覚的には、ですが。  
 さて、ここではなかなかご苦労なさっている創価民族の方々とお見受けいたしますが、今後も正しく創価であり続けるための、挫折者である私からささやかなアドブァイスというか、ご提言を囁いてみたいと存じます。

 この世はざっくり「仏法、世間法 創価法」のみっつに分類できるかと思います。
無論、皆さまは「創価法」なのです。 池田先生がその総帥です。 現在、表には現れおわすことはありませんが、大変お元気で執筆作業などをメインにご活躍ですね。  自信を持ちましょう。 

 正しく創価法で人生を全うするコツというものがあります。

 まず、疑ってはいけない、ということです。 そう、「創価法」だけでいいのです。
 なぜかといえば創価法は仏法、世間法を見事に包含しているからです。
 であるので、先輩幹部さんらの指示通りに頑張りましょう。

 次に「役職」についてですが、「副●長」を目指しましょう。 そのためにはそこそこ真面目に会合に参加し、社会で培ってこられた威厳なり威圧感をほどほどににおわせながら同時に「見事な結果」だけは出さないこと。 この案配が大事です。  幹部さんらに「惜しいなぁ。。使えそうなんだけどなぁ。。」と思っていただくことが安穏延命には欠かせません。  例えば、「100均ショップの200円くらいの商品」であること。

 そして教学は、大白蓮華レベルくらいは知っておくことです。  
指導の帰結は「池田先生は偉大な指導者だ。 この創価学会は世界の平和を目指すたった一つの偉大な団体であること。 その学会の活動こそが幸福実現のかなめなんです!と言い切ることが大事です。 そして肝要なのは「決して深入りしないこと」ですね。 特に「本尊論および血脈について」でしょう。  法華講さんたちは「ここ」を突いてきます。
つまり彼らとはなるべく接触しないことなんです。  彼らは事のほか「大御本尊様」をもっとも信心の重要事であると主張しますので。
 
 なに、、750年も昔のこと。 誰にもわかりゃしません。  この漠とした曖昧さこそ、我々のこころの安寧であり、なにより現実を見ましょう。 地区へいけばいつもの人生の大先輩さんら数名が、多少、お疲れの表情ではありますが毎回変わらず出席なさってますからね。  その人たちの仰ることを聞いてあいずちをうっておきましょうね。  難しいハナシなんぞ出ないでしょう?  信心は激しくやるものではありません。 「微熱」をかたむけておくだけで十分。 情熱なんていまどき流行りませんよ。  「ズイホウビニ」、信心なんて時代性が大切ですから。

次に活動の内容ですが、まずは聖教新聞の拡大ですな。

 思いますのに、そうですね、、まあ2か月に1部くらいは頑張りましょう。 あまり多くやるとチク、、なんってったっけ、、 そうそう「畜ブチョウ」でしたか、 あんなのにさせられちゃいますよ!?  簡単です。 親せき知人のなかには「名義」だけ貸してくれる人もいるでしょ?  ひとりくらい。。 これ、「贈呈」っていうんですが、そのくらいの自己負担はしましょうね。  

 さらには「折伏」っていうやつですが、 この大事なポイントは「会社とご近所ではやらない」ことです。  無理解な世間の人はどういうわけか「創価ガッカイ」を嫌うんです。  私も50年やってきましたし、つい力が入ってしまいましたが、どうあがいてもこれ、つまり「共感の輪」ってのが1ミリも拡がらないんですわ。。 
もう、みんな言うことは同じ。  「君はまあいいけど、、、、、、創価さんはどうも好きになれんというか、、」ってね。   もうあまり意味がありませんねぇ。。

人生、なんでも「壁」というか「限界」ってあるっしょ?  もうムリ!^^;



 だから、ゴーツーカイゴウ。。えへへ、、 こんくらいでいいんです。 時流に乗った言い方でやってればいいんです。 オヤジ感覚で。。(笑)

 最後に大事なのが「ザイム」ですが、 これねぇ。。 ここだけのハナシ、「キリがない」んですよ、 昔は「金のかからない宗教!」って
先輩たちはやたら協調、いや強調して人を引っ張ってきてたそうですが、ほら。。そうもいかんでしょ?今は、。   ま、一口(といってもユニセフさんとかより高いけど)でいいんです。  昔はね、支部(総B?)の拠点とかでしぶしぶ長さんが座っててね、  そこでハイ!些少ですが、、スミマセン。、とか言いながら手払いだったのね。  そこでたった1万円ってわけにもいかなかったのですよぉ。。

 今は楽。  大丈夫です、口座振り込みだから。 誰も領収書なんか見れない建前になってるしね。  、、よくわかんないけど。^^;;;

 とまぁ、、こんな感じかな  でもねぇ。。もしもね ソウカやめよっかなー、、なんてなった時さぁ  いろいろややこしいわけ。  だって見たことも会ったこともないダイカンブさんなんかが来るわけ、  「キミね、 そんなことするとロクな人生にならないよ。 寂しいよ?  誰も君の面倒なんか看てくれなくなるし、ひとりボッチだよ?」とか言うラシイのよ。  なんかいやでしょ、そーいうのって。。 気持ち悪いしなんとなく怖いしね。  だから、大事なのは「距離感」ですね。
アバウト感っていうか、 間違っても「全集中!」なんかしないのが一番だと思いますよ。  

 あ、そうそう センキョってのがあったね、 あれ「法戦」というけどね。 功徳が大きいとかね、  おれね、あのF取り?  いったいどんくらい頼んだ数のうち実際にコウメイトウさんに入れてくれたか、、っていうデータがあるらしいのよ。
 ネットでいつか見たんだけど、衆議院でさ だいたい7%ぐらいだって書いてあったんです。   7%って100人頼んで7票ってことになるわけです。

 まあ 今時の銀行金利よかいいけどね。  

 ま、これも人生の渡り方だから、。 親がやってたから僕もそのままってケースなんだけど、 あんなに熱心に親はやってたけど、ね。。

 ん? 今どうなったかって?  そりゃもう歳だもの、 介護よ介護、 おふくろもしんどいしんどい、って言いながらオヤジの面倒看てるわ。 え? おれ?。。
おれはほらカイゴーあるしさぁ  なかなか行ってやれんけど、しゃあないでしょ。


 ま、会合出れなくなってから、誰も来てくれないっていう状態だし、かえってその点は楽になったけどねぇ (苦笑)

 以上。 ご参考までに。

ソウカガッカイカツドウカさん  ガンバレー!







RAMBOさん

こんにちは。お久しぶりです。

> こんにちは。 お久しぶりです。 皆さんお元気なご様子、なによりでした。

今回は、渾身のご指導ありがとうございます。
ぜひ、今回の多くの学会員さんに読んでもらいたい素晴らしいご指導です。
流石は当ブログの【メイヨB長(ブログ長)】のRAMBOさんですね。
私もニヤニヤしながらご指導を承りました(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>