FC2ブログ

六巻抄拝読の為の基礎知識⑥(文底秘沈抄①)

今月からは、「文底秘沈抄第二」を学んでいきたいと思います。「三重秘伝抄第一」では、事の一念三千の法体が法華経本門寿量品の文底に秘沈されていることを明かしましたが「文底秘沈抄」では、文底に秘沈された事の一念三千の法体とは三大秘法であるという事を明かしその三大秘法を具体的にご指南されています。まずは冒頭で、
◇佛は法華を以って本懐と為すなり、世人は但本懐為ることを知って未だ本懐たる所以を知らず。然らば本懐たる所以應に之れを聞くことを得べけんや。謂わく、文底に三大秘法を秘沈する故なり。何を以って識ることを得んや、一大事の文是なり。

と言われて釈尊の出世の本懐が法華経なのは三大秘法を秘沈しているからであると結論を述べています。その文証として法華経方便品の【諸佛世尊は唯一大事の因縁を以ての故にのみ世に出現したもうと名づくるや】の「一大事の文」を挙げます。そして
◇一は謂わく、本門の本尊なり。是れ則ち一閻浮提第一の故なり、又閻浮提の中に二無く亦三無し、是の故に一と言うなり。大は謂わく、本門の戒壇なり。旧より勝るる也と訓ず、権迹の諸戒に勝るるが故なり、又最勝の地を尋ねて建立するが故なり。事は謂わく、本門の題目なり。理に非ざるを事と曰う、是れ天台の理行に非ざる故なり、又事を事に行ずるが故に事と言うなり、並びに両意を存す、乃ち是れ待絶なり、於戯天晴れぬれば地明きらかなり、我が祖の本懐掌に在らんのみ。

と「一大事」が三大秘法であることを明かされます。。即ち「一」とは本門の本尊。「大」とは本門の戒壇。「事」とは本門の題目であるということです。
【並びに両意を存す、乃ち是れ待絶なり】というのは、これらの三大秘法の解釈については相待妙と絶待妙の二つの意味があるということです。本門の本尊は【是れ則ち一閻浮提第一の故なり】というのは他の本尊と比べ第一位なので相待妙、【閻浮提の中に二無く亦三無し是の故に一と言うなり】というのが他に比べるものなどない唯一無二という意味なので絶待妙になります。同じように、戒壇は【旧より勝るる也と訓ず、権迹の諸戒に勝るるが故なり】が相待、【最勝の地を尋ねて建立するが故なり】が絶待。題目は【是れ天台の理行に非ざる故なり】が相待、【事を事に行ずるが故に事と言うなり】というのが絶待ということになります。この相待妙と絶待妙の両義は大聖人仏法を学ぶにおいて重要な義になります。例えば創価の本尊義である全ての大聖人の本尊は本門の本尊というのは相待妙の捉え方なんですね。他宗の本尊と比べれば大聖人の御本尊は全て本門の本尊で正しい。それに対し戒壇大御本尊が唯一絶対の法体である本門の本尊と捉えることは絶待妙の捉え方なのです。ですから相待妙の理論で戒壇大御本尊と他の大聖人の御本尊が全て等しいという創価本尊義には絶待妙の義が欠けているので不完全な本尊義なのです。相待・絶待の両義が明らかでないから創価民は大聖人の出世の本懐は分からないのです。【於戯天晴れぬれば地明きらかなり、我が祖の本懐掌に在らんのみ】という日寛上人のご指南にある通りです。そして次に
◇法華取要抄に云わく、問うて曰わく、如来の滅後二千余年、龍樹・天親・天台・伝教の残したもう所の秘法何物ぞや。答えて云わく、本門の本尊と戒壇と題目の五字となり云云。問う、此の文の意如何。答う、此れは是れ文底秘沈の大事、正像未弘の秘法、蓮祖出世の本懐、末法下種の正体にして宗門の奥義此れに過ぎたるは莫し。故に前代の諸師尚お顕わに之れを宣べず、況んや末学の短才何んぞ輙く之れを解せん。

と「法華取要抄」の御文を挙げて三大秘法が、「文底秘沈の大事」「正像(時代)未弘(広まっていない)秘法」「大聖人の出世の本懐」「末法下種の法体」「日興門流の奥義」であることを明かしています。この「法華取要抄」の御文は大聖人が一番最初に三大秘法の名目を具体的に「本門の本尊と戒壇と題目である」と明かされた御文です。しかしながら三大秘法といっても結局は一大秘法である本門の本尊に究竟されます(依義判文抄第三で詳しく説明します)そして【蓮祖出世の本懐】である本門の本尊とは弘安二年ご建立の本門戒壇大御本尊に尽きるわけです。この戒壇大御本尊こそ【閻浮提の中に二無く亦三無し、是の故に一と言うなり】といわれている唯一絶対の御本尊です。戒壇大御本尊が「文底秘沈の大事」「正像(時代)未弘(広まっていない)秘法」「大聖人の出世の本懐」「末法下種の法体」「日興門流の奥義」なのです。この唯一無二の法体を捨てながら、自分達を大聖人門下などと名乗り会員や世間を騙しているのが創価学会と創価インチキ教学を信じている活動家達なのです。というわけで次回は「本門の本尊編」に入ります。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

文底秘沈

昔から、法華経の文底秘沈っていうけど、不思議な感じがしてました。
本意という解釈でいいのかなと。最近はそう思ってます。
法華経を書いた動機がなんであるのか。そして一大事に繋がっていく。
その辺りは状況証拠を集めて論理的に矛盾がないという構築が教学になるのでしょうね。

行為と動機は違うものですが、表に出てくるのは行為だけ。その動機の推察で全く違う教えになってしまう。
その諸宗の迷いは端的に本尊の迷いになって表れる。昔から創価でも言われてきましたが、創価を見ると端的にそうなっているのだから、非常に焦ります。

間違った動機の推察が不幸を呼び、国家まで危うくする原理原則を創価は反面教師として示しているのでしょうけど、それを放置しておくわけにはいかない。
ナショナリズムは後世のためですが、国家は代替えがきかないからですね。

小野塚さん

こんにちは。

> 昔から、法華経の文底秘沈っていうけど、不思議な感じがしてました。
> 本意という解釈でいいのかなと。最近はそう思ってます。
> 法華経を書いた動機がなんであるのか。そして一大事に繋がっていく。
> その辺りは状況証拠を集めて論理的に矛盾がないという構築が教学になるのでしょうね。

そうですね。「文底秘沈」というのはあくまでも釈迦仏法の立場にたてば「文底秘沈」であるということなんですよね。
六巻抄を最初から読んでいくと段々とそれがわかるようになってきます。

> 行為と動機は違うものですが、表に出てくるのは行為だけ。その動機の推察で全く違う教えになってしまう。
> その諸宗の迷いは端的に本尊の迷いになって表れる。昔から創価でも言われてきましたが、創価を見ると端的にそうなっているのだから、非常に焦ります。

同感ですね。創価はもう完全に本尊に迷いどうしようもない状況ですね。今の本尊もやがて捨てないと競技との整合性がなくなります。多分、「オリジナル本尊」をつくる日が来ると思いますが、その時にはさらに退会者が現れるでしょう。今の本尊で会員を騙せているのは見た目だけは大御本尊のコピーだからです。それに騙されている会員も大聖人仏法を全く理解できていないのですけど。

管理人様

35年以上前、男子部の先輩から講義を受けたのを思い出しました。
しかしながらその際、以下の御文を引用して、

「大は謂わく、本門の戒壇なり。」

これは池田先生が御遺命の戒壇を建立する御文である、と聞きました。
つまり「大作」=戒壇を作る人。

今となってはトンデモ教学です。
破門前からおかしかったんですね。笑

でも、なかなか踏み出せない創価

管理人さん、お邪魔しまーす!

>多分、「オリジナル本尊」をつくる日が来ると思いますが、その時にはさらに退会者が現れるでしょう。今の本尊で会員を騙せているのは見た目だけは大御本尊のコピーだからです。

まったくその通り!
当宗の御本尊を勝手にコピーしてドヤ顔されてもほんとキモイんですよね~
さっさとオリジナル本尊を作って日蓮正宗から完全に独立してほしい!!!
いつまでも正宗のすねをかじらずに真の旅立ちを真剣に見守ってあげたい気分です。親のように(笑

古刹信徒さん

こんにちは。

> 35年以上前、男子部の先輩から講義を受けたのを思い出しました。
> しかしながらその際、以下の御文を引用して、
>「大は謂わく、本門の戒壇なり。」
> これは池田先生が御遺命の戒壇を建立する御文である、と聞きました。
> つまり「大作」=戒壇を作る人。
> 今となってはトンデモ教学です。
> 破門前からおかしかったんですね。笑

いやいや、これはある意味凄いですよね。
これを考え出した人は会内では教学の天才と呼ばれていたでしょうね(笑)
池田氏自体が最初から信心がなかったのだと私は思っています。
その池田氏を会長にした時から間違っていたのでしょう。

ココアさん

こんにちは。

> >多分、「オリジナル本尊」をつくる日が来ると思いますが、その時にはさらに退会者が現れるでしょう。今の本尊で会員を騙せているのは見た目だけは大御本尊のコピーだからです。
> まったくその通り!
> 当宗の御本尊を勝手にコピーしてドヤ顔されてもほんとキモイんですよね~

マジでキモイです。本尊も教義も化義もベースは全て正宗ですからね。
それらを勝手に変えて自分達を本家本元だと主張するのですから
そんだけ厚顔無恥なんだよって思います。

> さっさとオリジナル本尊を作って日蓮正宗から完全に独立してほしい!!!
> いつまでも正宗のすねをかじらずに真の旅立ちを真剣に見守ってあげたい気分です。親のように(笑

ははは(笑)ほんとにスネカジリです。
もう勘当したのだから自分一人で勝手に生きていけばいいんですよ。
いつまでも未練がましいたらありゃしない。
池田大作が曼荼羅書けばいんですよ。
大御本尊も模写ではなく、オリジナルを書いてそれを「誤本尊」にすればいいのにね。

強権国家

時短に応じない店舗は罰金50万円。そんなことが閣議決定されましたね。
与党は強すぎるからすぐ通る。
もちろん休業補償などない。一律6万円かな。

民間人がどう生きているのか、議員とか公務員とか創価の職員とか実感できないのでしょうね。
自分で働かず、他人から巻き上げている人達だから。
またそれが当然だと思っていて、奉仕しない人達に嫌がらせまでする。

こんな中国のばりの強権国家でコロナ対策法を作れるのは、権力側が強すぎるからでしょう。
相対的に真面目に働く民間との格差がどんどん開くわけですね。数千万円のお給料の創価職員を生活保護の一般会員が支える。
この格差は同じ原因の現象ですね。

池田仏とか創価仏などという如何わしい権威に安易に服従してしまう性質を持つ学会員が片棒を担いで国民を不幸に落としていく。
元をたどれば本尊に迷う誤りが国家を不幸に落とす。

彼らに健全性が無い理由は、都合の悪いことを言う他人の話を聞かないことですね。内面に動執生疑が起こることを怖がる。創価が矛盾だからけの団体だから直視できない。心が不安定だから絶対だ~と喚き散らす。
学会員に、もしかしたら公明党の票集めは信心ではないかもしれないと少しでも考える余裕があればいいんでしょうけど。不幸に落ちれているからそれもできなくなっている。
宗教の誤りは、自分も周囲も不幸に落とす。非常に怖いと実感中です。

小野塚さん

こんにちは。

> 民間人がどう生きているのか、議員とか公務員とか創価の職員とか実感できないのでしょうね。
> 自分で働かず、他人から巻き上げている人達だから。
> またそれが当然だと思っていて、奉仕しない人達に嫌がらせまでする。
> こんな中国のばりの強権国家でコロナ対策法を作れるのは、権力側が強すぎるからでしょう。
> 相対的に真面目に働く民間との格差がどんどん開くわけですね。数千万円のお給料の創価職員を生活保護の一般会員が支える。
> この格差は同じ原因の現象ですね。

与党に必要以上に権力を与えるとこうなりますね。私は反自民ではありませんが今の政権にはうんざりしています。創価民がいうように公明党は自民党のブレーキ役になんてなっていない。自民に非難が集まれば他人事のように「自民党には襟を正しいて欲しい」というだけの政党。自公連立からもう10年以上経過していますが政治や暮らしは悪くなる一方ですね。

> 池田仏とか創価仏などという如何わしい権威に安易に服従してしまう性質を持つ学会員が片棒を担いで国民を不幸に落としていく。
> 元をたどれば本尊に迷う誤りが国家を不幸に落とす。

立正安国論に書いてある通り邪教・創価が政治に絡むと国は衰退しますね。

> 彼らに健全性が無い理由は、都合の悪いことを言う他人の話を聞かないことですね。内面に動執生疑が起こることを怖がる。創価が矛盾だからけの団体だから直視できない。心が不安定だから絶対だ~と喚き散らす。
> 学会員に、もしかしたら公明党の票集めは信心ではないかもしれないと少しでも考える余裕があればいいんでしょうけど。不幸に落ちれているからそれもできなくなっている。
> 宗教の誤りは、自分も周囲も不幸に落とす。非常に怖いと実感中です。

さすがに、公明党支援を放棄する会員は増えてきたようです。それは肌感覚で感じます。
創価活動民に公明党支援を止めさせることは難しいですから、
公明支援を創価民に依頼された人たちが安易に公明党に投票しない事が大切だと思います。
特に若者は「友達から頼まれたから」と安直に公明党に投票しないことです。
正直言って公明党に投票するなら自民党でいいわけです。
公明党なんて「よ」党でも「や」党でもない「ゆ」党です。
日本で一番不要な政党だと私は思います。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>