幹部・活動家の皆さんは責任もてるの?

学会が大御本尊を捨てた事を
拙い創価教学で正当化している
幹部・活動家がリアルでもネットでも大勢いる。
まぁ、本人が何を主張しようと自由だし
その主張の矛盾点をいくら教学的に指摘したとこで
創価教学・池田思想が先に有りきの
幹部や活動家は聞く耳も持たなきゃ
自分で学ぶこともしないから
所詮、内部アンチが学会を貶めてる位の
低レベルの事しか言えないのだろうけど
【本当に大御本尊を信受しなくて良い】のか?
まぁあんたたちはそれでいいのだろうが
そんなことを、他の会員に言って大丈夫なのか?
心が痛まないのか?
大聖人に申し訳ないと思わないのか?
そして何よりも思うのは
もし大御本尊を信受しないことが謗法だったら(謗法だけど)
自分たちが他の会員に言ってきたことや
やらせてことに対する責任はどう取るつもりなんだ?
その時になって、信心は自己責任。とでも言うつもりなのか?
己一人ならば、創価教学に騙され
謗法を犯し無間地獄に落ちても自己責任で済む。
大御本尊を捨てようが何だろうが勝手だ。
でも、他の会員を道連れにするのはやめたほうがよい。
「謗法の大石寺の本尊は信受しても功徳がない」
それは、絶対に本当のことなのか?
それは、100%間違いないことなのか?
それを、我等凡夫が絶対に100%と言い切って良いのか?
それを、絶対に100%と言い切れるほどあんたたちは信心を知っているのか?
そしてもし間違いならば責任を取れるのか?
幹部・活動家諸氏はそのことを自問して欲しい。

因みに俺は、怖くて他人にそんなことは言えない。
凡夫だからわからない。だから
「謗法の地にあるご本尊には功徳がない」というよりも
「謗法の地にあっても大御本尊には功徳がある」といいたい。
なぜなら、大御本尊の功徳がないと言えば謗法の可能性はあるが
大御本尊に功徳があると言えば謗法の可能性はないからだ。
どちらなのか凡夫には分かる術はない。
だとした賭け事と同じだ。
大御本尊に功徳なし。にかけた場合もしそれが間違ったいたら大謗法となる。。
対して大御本尊に功徳有り。に賭けて間違ってたとしても功徳がないだけで謗法にはならない。
どっちがいいかは比べるまでもないだろう。

大御本尊を信受しないと言う側も
聞かされる側もそのへんをよ~く考えて見て欲しい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうざいました。
後ほど読ませていただきます。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR