fc2ブログ

等覚一転名字妙覚について(RAMBOさんの質問)

●せっかく六即の【名字即即究竟即です。】まで出たので、【等覚一転名字妙覚】についても教えてくださいな
との質問がRAMBOさんよりありましたのです今日は、【等覚一転名字妙覚】について書いてみたいと思います。これは以前に未熟さんの【末法は受持の一行】というコメントにも繋がるはなしです。日寛上人が「法華取要抄文段」の中で、
◇若し当流の相伝は「等覚一転・名字妙覚」と習うなり。然れば則ち初め発心より終り補処至るまで、皆久遠名字の妙覚の位に入るが故に、別して更に妙覚の益を挙げざるなり。
とご指南されているように【等覚一転名字妙覚】とは当宗相伝法門のひとつです。「名字妙覚」というのは創価民も良くつかう「名字即即究竟即」の法義で(当宗相伝法門を盗んで使うのはやめなね創価民さん)即身成仏の法門でもあります。まず六即というのは天台が立ててた6段階の菩薩の位です。そのうち名字即の位とは下から二番目の位で大聖人仏法でいうと南無妙法蓮華経を受持した位ですね。そこから修行を重ねていくと上から2番目の位である「等覚」という位になります。この上が「妙覚」でこの位は既に仏なのでそれに「等しい位」の「等覚」は菩薩の最上階級になります。修行して仏と同等になった菩薩はここで初めて仏の悟りに気が付きます。仏が仏になった因を知るわけですね。仏が成仏した因は何かというと、
◆釈迦如来五百塵点劫の当初凡夫にて御坐せし時我が身は地水火風空なりと知しめして即座に悟を開き給いき(三世諸仏総勘文教相廃立)
ということだ等覚の菩薩は知ります。総勘文の上記の御文を会通すると、久遠元初の本仏は我が身を南無妙法蓮華経と即座開悟して即身成仏をしたということです。いいかえれば「南無妙法蓮華経を受持する」ことが成仏することであると等覚の菩薩は悟るわけです。修行して等覚の菩薩に昇ってみれば「南無妙法蓮華経を受持する」という名字即の修行が仏の悟り(成仏の道)であったと知るわけです。そしてその名字即の修行で即身成仏するのですから名字即の位は全く妙覚(仏)の位だというわけです。それが【等覚一転名字妙覚】ということです。つまり「名字即極(妙覚)」なのです。では何故釈迦仏法における菩薩達は修行して昇格する必要があったかというと。釈迦仏法の衆生は一度そのことを五百塵点劫の釈迦から聞いているんですね。要は既に南無妙法蓮華経の下種を受けている衆生ななのです。それを忘れていたので段階的に修行をして徐々に思い出すように仕向けたわけです。そしてそれを思い出す位を「等覚」の位と定めたのが天台大師です。ところが末法の我々は南無妙法蓮華経を過去に聞いたことのない衆生ですから「思い出す」という作業は不要なんですね。南無妙法蓮華経を素直に受持すればそのまま即身成仏するわけです。ですから末法の衆生の修行は「受持の一行」でいいのです。自余の修行というのは「受持の一行」をさせんがためのある意味方便であり釈迦仏法の範疇です。ですから受持をすればその一行に自余の修行も含まれてしまうわけです。日蓮大聖人はそのご自身の久遠元初のご本仏の悟り(因行果徳)を大御本尊として顕し末法万年の我等衆生に残されてのです。宇宙の法則や衆生の心の法を図顕したのではありません。あくまでも「ご本仏の悟り」が戒壇大御本尊であり戒壇大御本尊は御本仏そのものなのです。ですから我等衆生はこの戒壇大御本尊を総体の御本尊とし受持することで「名字即」という凡夫の位のままで「妙覚」という仏の位に昇るわけです。簡単にまとめると菩薩が長い間修行を重ねて最上位になって知ったことは、「御本尊を信じて自行化他の唱題をする」という自分達が一番最初にしていた修行を仏はしていた。わけです。もっと小難しい説明できなくはないのですが、【等覚一転名字妙覚】というのは概ねこのような事をいいます。

▼クリックしてくれるとなんだか嬉しいです。

にほんブログ村


創価学会ランキング


コメントの投稿

非公開コメント

度々のコメントお許しください。

当支部では座談会で妙教を使わせていただいてます。昔は埼玉のとあるお寺で発刊されてました。

記事と関連出来てるか?妙教6月号御書解説を通して御住職様の…

正法像法は発心下種
末法は聞法下種

拝聴したばかりで、忘れてなかったので…

十界の全ての衆生が成仏できる有り難い教え…そのご精神の上から、一番誹謗中傷を受けられた日顕上人様は、一番助けたいのは創価学会とのお話もきいたことがあります。

自分も破門当時は何が原因か?と思いながらも…学校生活やら部活やらのほう優先で…具体的に書籍など買うようになったのは働くようになってからです。まだまだ理解しきれていない部分もあります。

体験談とか聴くと折伏では難しい話している人は少ないです。一緒にお寺行こう…昔から仲良かったのかな?って感じですね…

ポストに入ってるビラがきっかけだったりもあるようです。

自分の所属している寺院は平成3年…法華講結成のため殆ど元創価の方かもしれません。かなりお世話になってます。

六即は勉強不足でサラッと言えません…すみません💦

末法の私たちの修行法♪

我々は南無妙法蓮華経を過去に聞いたことのない衆生ですから
「思い出す」という作業は不要なんですね。
南無妙法蓮華経を素直に受持すればそのまま即身成仏するわけです。

末法の衆生の修行は「受持の一行」でいいのです。

受持をすればその一行に自余の修行も含まれてしまうわけです。
日蓮大聖人はそのご自身の久遠元初のご本仏の悟り(因行果徳)を
大御本尊として顕し末法万年の我等衆生に残されてのです。

本当に♪本記事には共感します♪!

ところが、一方♪
あのソッカー人民共和国の衆生は、
新聞啓蒙&法戦活動、広布基金(罪務)が、
成仏への修行だと勘違いをされている様で♪  

駄文コメントまいど失礼しました♪

勉強してからコメントするかな

話題についていけないと悔しいから。

法の華さんポー行? 一行の意味♪

修行するぞ!×3行♪

創価の3悪法行 (啓蒙&法戦&財務) 我らは、い毛ダ門下生!?

もーね? 正しい仏道修行を行いたいデス♪ ある意味、簡単なんですけど。

なかなか難しい。

なんせ僕らは「諂曲の輩」ですから。 スナオが一番かと存じます♪

レーカーのサマオ?? (カレーの王様?) 

し、駄文長文コメント失礼いたしました。 大人しくします♪





更に迷えるカエル

  ありがとうございました。

 本未有善であり第三類であるらしい我々末法の衆生は本来とてもラッキーなのですが。   らしい、と書いたのはなんといっても「自覚(感得)できない」からです。

思い出した!というほうが実感がありそうで(笑) 正像末という時間軸をも当然、そういうものなのか、、という感覚です。  だから「荒凡夫」と称される。

 で、どうしたらいいかということです。

 無自覚のままガッカイインとなり、まともな時代に限っていえば、【折伏】をした。
判らない者が判りたくもない人たちに、強引に法を説く。 多神教?のこの国で「これしかないよ!」と罰論もカマシながらやったのです。  キリスト教でさえ今は人口の1%を超えないし、秀吉以来、教勢は伸び悩んだ日本は幸い欧米の植民地化の悲惨をとりあえず回避することができましたが、創価はそれなり伸びました。  さてこれは蛇足でしたが、思えば化他教であるはずの折伏行も実はと言えば己のため。   モチベーションはといえば自分の幸せ追及。 または組織内での優越心。 競争心。  これらが皆無だったとは言えません。

 でも「行為」そのものは尊いんだと教えられ、やってきたものです。 

 ソウカの時代はそれで良かった。  というか有信無解で良かった。

 ここです。 私がひっかかったところはなんといってもここからです。

 たまぁに指導を求めれば【地湧の菩薩の出現にあらずんば唱え難き題目なり】、、、という一節。 逆規定でもって納得させようとしてきました。  体験も積ませて頂いた。 

 大歓喜と呼ばれる心情?も一度二度味わうこともできたように思います。

 管理人さん、  私はまだまだ「その実感」が欲しいのです。 

 信じて行じて、そうとしか考えられない「結果」を得て、、 その繰り返しを貫いていくことでいいのか、そういう荒凡夫でいいのか。  

 一言でいいましょう、  私は「仏の実感」が欲しいのです。

 仏眼であらゆるものを見たい。  いのちの理(ことわり)や宇宙の真実を「なるほど、、」という感慨でもって感じてみたい。   私の抱く「悟り」のイメージはここらへんです。  昔、観たアメリカの古い映画「コンタクト」  この映画が悪かった。  

 ものすげえ増上慢ですねえ。  受持と観心の間が途方もなく遠い、と感じてしまうのです。  

 諸仏知恵甚深無量 其知恵門 難解難入 一切声聞…辟...

 ーーー方便品のこの辺 好きではないですねえ   

  かなり正直に書いてしまいましたなぁ。


 それほど私の日常は「無明」なのですよ。 

このカオスなコメントでお察しくださいませ。(苦笑)

 

未熟さん

こんばんは。

> 度々のコメントお許しください。

いえいえ。コメントはいつでも大歓迎ですよ。

> 体験談とか聴くと折伏では難しい話している人は少ないです。一緒にお寺行こう…昔から仲良かったのかな?って感じですね…

折伏で難しい話は不要ですよ。そんな難しい話になることも滅多にないし。ただ大聖人仏法の基本を話すことは大切だと思います。もっともお寺に行けばご住職がはなししてくれますけどね。

> 六即は勉強不足でサラッと言えません…すみません💦

◆、六即の配立の時は此の品の如来は理即の凡夫なり頭に南無妙法蓮華経を頂戴し奉る時名字即なり、其の故は始めて聞く所の題目なるが故なり聞き奉りて修行するは観行即なり此の観行即とは事の一念三千の本尊を観ずるなり、さて惑障を伏するを相似即と云うなり化他に出づるを分真即と云うなり無作の三身の仏なりと究竟したるを究竟即の仏とは云うなり、惣じて伏惑を以て寿量品の極とせず唯凡夫の当体本有の侭を此の品の極理と心得可きなり、無作の三身の所作は何物ぞと云う時南無妙法蓮華経なり云云。(御義口伝巻下)

これが大聖人の六即です。自然に御本尊を信じて題目をあげる。それで六即すべてが揃ってしまうのです。

天覇さん

こんばんは。

> ところが、一方♪
> あのソッカー人民共和国の衆生は、
> 新聞啓蒙&法戦活動、広布基金(罪務)が、
> 成仏への修行だと勘違いをされている様で♪  

ええ。そんな修業は不要なんですけどね。
そもそも学会活動なんて仏法の修行でもなんでもないし。

小野塚さん

こんばんは。

> 話題についていけないと悔しいから。

(笑)
いつでも質問コメント大歓迎です。

RAMBOさん

こんばんは。

>  管理人さん、  私はまだまだ「その実感」が欲しいのです。 
>  信じて行じて、そうとしか考えられない「結果」を得て、、 その繰り返しを貫いていくことでいいのか、そういう荒凡夫でいいのか。  
>  一言でいいましょう、  私は「仏の実感」が欲しいのです。
>  仏眼であらゆるものを見たい。  いのちの理(ことわり)や宇宙の真実を「なるほど、、」という感慨でもって感じてみたい。   

私だって「仏の実感」なんてありませんよ。おそらく誰もそんな実感はないと思います。それでもどうしてもというなら、大聖人と同じことをするしかないと思います。題目あげて折伏して。教学ももっともっと学んで。そうすることによって仏の悟りの一部を感じることはできると思います。

>  ものすげえ増上慢ですねえ。  受持と観心の間が途方もなく遠い、と感じてしまうのです。  

受持と勧心は同意なんです。いつか「なるほど」と思う時が来ると思います。


>  諸仏知恵甚深無量 其知恵門 難解難入 一切声聞…辟...
>  ーーー方便品のこの辺 好きではないですねえ   
>   かなり正直に書いてしまいましたなぁ。

なるほど。なんとなく分かる気がします。


>それほど私の日常は「無明」なのですよ。 
>このカオスなコメントでお察しくださいませ。(苦笑)

分かりました。
そういう時もあります。

大聖人様の六即。有難うございます。

今日の座談会には雨の話などもいただいて…氷雨、五月雨…って他にも聞いたのですがもう忘れてます。

季節ならではの花もあれば、虹も出ていたりして…6月もいい季節かと思ったりします。

自行満つるところに化他あり…なので慌てず焦らず諦めずコツコツやらせていただこうと思ってます。

未熟さん

こんにちは。

> 今日の座談会には雨の話などもいただいて…氷雨、五月雨…って他にも聞いたのですがもう忘れてます。
> 季節ならではの花もあれば、虹も出ていたりして…6月もいい季節かと思ったりします。

どんな季節にも四季折々の風景があり趣がありますよね。日本に生まれてよかったと思います。
また、人知れず咲く一輪の紫陽花を愛でられる人間でありたいとも思います。

> 自行満つるところに化他あり…なので慌てず焦らず諦めずコツコツやらせていただこうと思ってます。

そうですね。まずは唱題ですね。
「題目あげなきゃ」じゃなくて「題目をあげたい」という心で唱題をしたいですね。

渇仰恋慕

RAMBO様のコメント、仏の実感。
すごく分かりますね。
 
それに関連して質問したかった内容と頭の中で繋がったので。
コメントさせてください。
 
新池御書の
如我等無異と申して釈尊程の仏にやすやすと成り候なり。
 
という御聖訓がありますよね。
実感というのに関連すると思いますが、お釈迦様にやすやすと成れると信行してきて思ったことないです(苦笑)
ああ、今まさに釈尊なり。なんてそれこそ無自覚です(笑)
 
なのでこの御文がどうしても実感かつ体感しにくくて。
 
釈尊ほどの仏にやすやすと成れるというのはどのような状態なのか。
 
管理人様の御見解を賜りたいです。

五十二位と六即の繋がりを図で頭に入っていたこともありました。今は探しても見つかりません。

過去に見たり聴いたりしたことは縁に触れて蘇ると思ったりしてます。

一夜漬け派だったので忘れるのも早いです。仏教用語が全て大聖人様の教えに照らされていると拝すると一言も無駄には出来ないのですが…

祖母は御題目は忘れないように…新興宗教で大日如来に御題目を唱えてしまって、御題目が思い出せなくて、苦しんだ過去から、孫の私にそのように教えてくれました。

寝言丸さん

こんにちは。

> 新池御書の
> 如我等無異と申して釈尊程の仏にやすやすと成り候なり。
> という御聖訓がありますよね。
> 実感というのに関連すると思いますが、お釈迦様にやすやすと成れると信行してきて思ったことないです(苦笑)
> ああ、今まさに釈尊なり。なんてそれこそ無自覚です(笑)
> 釈尊ほどの仏にやすやすと成れるというのはどのような状態なのか。
> 管理人様の御見解を賜りたいです。

誰でも同じだと思います。私だって毎月月末になると今月の支払いに苦しんでる。そんな仏いませんよ(笑)
自分のことを「俺は仏様だ」とか思ってしかもそれを言っちゃう人間はインチキ新興宗教団体の教祖様のようなサイコパスくらいなものです。仏としての実感がない方が普通の凡夫でしょう。但しそれは結果としての仏の実感であって、因としては自行化他の唱題を唱えてればそれは仏と同じことを実践しているわけです。五百塵点劫の釈尊は何をしたかというと門法下種で以降の釈尊は発心下種をした。仏とは下種する人のことですね。だから我々が折伏をするという事は因位において釈尊と同位ですね。もっといえば末法で折伏する人は釈尊を超える。つまり行動(因)においては釈尊以上のことをしていると言えます。仏と因が同じならば果も同じ成仏をすることは疑いのないところだと思います。まぁ早く結果が出て欲しいですけどね。釈尊の九横の大難に遭っているしここは我慢だなって思ったりしています(笑)

未熟さん

こんにちは。

> 一夜漬け派だったので忘れるのも早いです。仏教用語が全て大聖人様の教えに照らされていると拝すると一言も無駄には出来ないのですが…

以前当ブログにコメントしてきた創価男児さんは御書を1回読んだだけで全て分かったと豪語していましたが(笑)1度で全部覚えられませんよ(笑)何度も繰り返し繰り返し御書やご歴代上人の御指南を読んで少しずつ理解できてくるのだと思います。そしてそれが仏道修行なんだとも思います。

> 祖母は御題目は忘れないように…新興宗教で大日如来に御題目を唱えてしまって、御題目が思い出せなくて、苦しんだ過去から、孫の私にそのように教えてくれました。

未熟さんは御祖母様の教えをしっかりと守っていいお孫さんですね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。現在は池田創価から日蓮正宗に戻り法華講員です。池田創価の風聞・風説を基にした批判や悪口ではなく、日蓮大聖人の法門・法義・事実を基に大謗法の池田創価とその他異流儀を破折します。また破折以外にも教学など日蓮大聖人の仏法の話なども書いているブログです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。下のフォームまたは非公開コメントにてお気軽にお問合せ・ご相談ください。
創価・顕正に関する相談フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム
検索フォーム
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
2位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR