ダメ幹部ほど選挙好き

自称大聖人仏法を信望している学会は
とにかく選挙が多い。
一応広宣流布の戦いらしいが
この、選挙=広宣流布っていう構図は
ダメ幹部には非常にありがたいシステムだとつくづく思う。
その理由は、個人の結果が曖昧で誰もわからないから。
幹部がFをこれだけとった。といったところで
そんなの全部自己申告。
土日に朝の出発してF取りに行くことになっても
ダメ幹部は決しって部員さんと一緒に行かない。
部員さんの友人・知人のところに付いてくることがあっても
その幹部がFを取っている所を誰も見たことがない。
部員さんが拠点に集まって卒業アルバム片手に電話で投票依頼していても
やらせている幹部が自分の卒業アルバムを持ってきて
電話している姿を誰も目撃しない。
それでも、候補が当選すれば大勝利
落選しても一応大勝利で一応在家幹部は
責任も持たなきゃ総括もされない。
(因みに創価出家患部は選挙で負けると責任取らされるけどね)
これなら、いかに自分が無能な患部
(いや無能な人間か)
いかに自分が何もしていないのか
皆にバレることがないのである。
俺自身選挙活動が好きじゃなかったのは
こうした曖昧な部分であり
曖昧故に会員にはなんだかんだ色々やらせるくせに
自分では影でコソコソ何やってんだか分からない患部が
余りにも多いからだ。
そうした幹部は自分だって皆と同じに戦っている。というのだけど
選挙の戦いがないとそうしたウソ・メッキが剥がれる。
選挙のないときは大抵が新聞啓蒙か折伏だけど
選挙の時にFをたくさん頼んだ言ってたはずの患部が
新聞啓蒙のひとつもできないは
本流どころか座談会や弘教大会などの会合に
友人を連れてくることはまずほとんどないからな。
新聞啓蒙や折伏は結果が誰の目からも明らかになってまうので
どんな能書きたれた所で結果が全てなのである。
そういう戦いは結果が出せない幹部には辛いだろう。
そうした幹部は選挙が一番いい。
そうした幹部ほど「選挙は広宣流布だ」とことらさ主張する。
聞いてるだけでイタいのである。
俺が男子部で幹部と呼ばれた時は部員さんには
「選挙は広宣流布の一部だけど枝葉だ。
選挙の後が本当の戦いだ。
選挙が終わったら折伏で結果を出さなきゃ何の意味もない」
と言っていた。
だからみんな折伏が好きだったなぁ。
選挙のような曖昧なのは皆嫌いだった。
選挙好きはダメ幹部。ってよくみんなで話してたよ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして
学会二世男子学生部の者です。

いつもブログを拝見させていただいております。

選挙ですが、最近は共産党バッシングが凄まじいですよ。大規模な会合でも壇上幹部の誰かが必ず共産党バッシングを行います。

共産党自体は賛否両論だとしても、仏教を行ずる(自称)の団体でこれはあまりにも醜いと思いました。ましてこれから思想を形成する学生たちに対してです。

相変わらず日蓮のにの字も出てこないですし。
運良く私は教学関連の役職を頂けたので、自分の所だけでも大聖人の御精神を少しでも伝えていくつもりです。
今度宗門の寺院も見学に行きます。

駄文を書いてしまいましたか、毎回ブログ楽しみにしております。今後とも頑張ってください。

No title

迷い人様
コメントありがとうございます。
相変わらずの共産党バッシングですね。
公明党は自民よりむしろ共産撚りだと思うのですが。
私も男子部時代に選挙の度に色々と対共産党活動しましたよ。
まぁ、信心には何の関係もありませんが。

>運良く私は教学関連の役職を頂けたので、自分の所だけでも大聖人の御精神を少しでも伝えていくつもりです。

教学は大切です。学会は日寛教学を捨てるようですが、日寛上人のご指南は大聖人仏法を学ぶ上で非常に大切です。できれば研鑽してみたください。オススメは観心本尊抄文段です。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR