fc2ブログ

六巻抄拝読の為の基礎知識⑳(当家三衣抄①)

今回から六巻抄の最後の『当家三衣抄』です。本抄には富士門流(日蓮正宗)の御僧侶がお召しになる袈裟についての御指南と後半に少し数珠についての御指南が書かれいます。袈裟については信徒とは直接関係がありませんが知識として覚えておくのは悪くないです。まず「衣」とは「袈裟」のことです。法衣の発祥の地のインドでは暑いので「袈裟」の下に別の衣装を着ませんでした。中国や日本は寒いので袈裟の下に内衣や下着も必要に応じて使われました。本抄で日寛上人が「法衣」「三衣」「衣」どいわれているのは主に「袈裟」のことを指していることを念頭に読んでください。さてその「袈裟」には三種類あります。
◆一には僧伽梨即ち大衣なり、二には鬱多羅僧即ち七条なり、三には安陀会即ち五条なり。此れを三衣と名づくるなり。
僧伽梨とは九条から二十五条、鬱多羅僧は七条、安陀会は五条の袈裟のことので、この三種類の袈裟を「三衣」といいます。「条」というのは縫い合わせた布の枚数です。袈裟は数枚の布を縫い合わせて作ります。その布の枚数が5枚なら「五条」です。枚数(条数)が多いほど高価です。ですから僧伽梨は正装、鬱多羅僧は準正装、安陀会は普段着というイメージです。また袈裟の色も青・黒・木蘭の三食をあると言われています。元々「袈裟」とは布を染めたもので、青は銅青・黒は雑泥・木蘭は木の皮で染めた色でこれらの色は「壊色」(えじき)と言って在家が使う五正色・五間色と区別されている色です。さて富士門流の御僧侶は、カタチは素絹の五条で色は雑泥の薄墨色の袈裟を着用することを御指南されているのが本抄の袈裟に関する御指南です。これは日興遺誡置文にも書かれています。その理由として素絹五条を着るのは、(1)末法下位の位を表すため。【教弥実なれば位弥下れり】(四信五品抄)とあるように説く法が高い教えであれば、説く人の位は低くなるわけです。その位を素絹五条の袈裟で表現しています。(2)末法折伏行に相応しいから。素絹五条は「行道雑作衣」ともいい高価な袈裟と比べると起居動作に便利な袈裟です。世間に向かって折伏をするのに高価な袈裟を着てては何かと不便。折伏行を宗とする富士門流の御僧侶に相応しいのは素絹五条の袈裟です。また薄墨色を着用するのは(1)名字即の位を表す。(2)他宗と区別する。(3)順逆二縁を結ばんがため。(4)自門の非法を制する。という理由を日寛上人は説明されています。では薄墨色同じ雑泥色の黒色ならいいではないか?とい問者に対し日寛上人は現在の黒色は壊色ではなく在家も使う正色であり「法句経」の文証を引用し黒衣が謗法であると断じています。また他宗の使う黒衣は藍染であって雑泥で染めた黒色なので壊色ではないと説明します。また日蓮宗の他門流が好んで着る紫衣もその謂れを明らかにし僧侶が着用することを非として退けています。さらに、直綴・香衣を許さない理由として主に他宗と区別するためであると言われ、逆に横裳は根源が伝教大師からの相伝であり直綴の由来とは全く異なると説明しています。さてここで問者は五条だけの富士門流では「三衣」が揃わないではないかといいますが日寛上人は、
◆当家の意三衣を欠くに非ず、但上古の三衣に異なるのみ。謂わく、衣・袈裟・数珠、是れを三衣と名づく
と、富士門流の「三衣」とは「衣」「袈裟」「数珠」である。と当家の三衣を明示しています。ここは大切ですから覚えておいてください。また富士門流では時に白袈裟を着用しますがその理由として(1)白は最も位の低い理即を表す。(2)大聖人もある時には白袈裟を着用された。(3)白袈裟は白蓮華を表す。などを挙げ更に本宗の御僧侶が薄墨の衣の上に白袈裟をかける姿は「如蓮華在水」の姿であると御指南されてます。また法衣の布地について問者は最も粗末な麻を使うべきだと主張しますが、日寛上人は当宗の法衣にはできるだけ質素とすべきだが上質の布地使用を禁止しないのは世上の価値観等の変化に対応してきた結果であると答えています。これはそれまで入手困難で高価だった布地も時代が変われば価値も変わるしまた世間の常識も変わっていくという意味です。続けて
◆然るに当世に及ばば門葉の中に於いて一心に仏道を求め、世間を背捨する者は爪上の土の如し、徒らに万金の衣を著、百味の食を食う者は猶お大地の如し、嗚呼後生日々三たび身を省みよ云々。
と当宗の御僧侶に対し厳しく戒めています。

というわけで今回はここまでです。日蓮正宗の御僧侶の袈裟・衣は世法の中においてよく御本尊を護り、よく折伏をしていくという大聖人以来の御精神が表れている法衣です。池田創価は「袈裟衣の権力」などとバカなことをいいますが他宗と違い権威・権力を厭離しているのが日蓮正宗の素絹五条の薄墨色の袈裟衣なのです。そのような法衣を纏われている正宗御僧侶に「権威・権力」だと非難するのは全くの「いいががり」でしかありません。もちろん、創価脱落僧のように正宗の衣を一度は纏いながら創価の権力に負け財力に目が眩んで◆徒らに万金の衣を著、百味の食を食う者となった者もいますが、そのような者に薄墨色の五条の袈裟をかける資格はありません。創価脱落僧はもはや富士門流ではないのですから薄墨色の袈裟は脱ぎなさい。そうだな「赤・青・黄色」の三色の布で作ったチンドン屋のような袈裟がいいでしょう。それならすぐに創価僧だと分かるからそれがいいと思います。

▼クリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会 批判・告発へ
にほんブログ村


創価学会ランキング




コメントの投稿

非公開コメント

三色袈裟

着てる物やつけてる装飾品で人を値踏みをすることは無いですね。
そんな虚仮脅しに騙されて失敗するから、経験的に社会で学ぶわけですね。
しかし世の中はそうじゃない。様々な人達が混在している。
まだ人を見る経験が未熟な人も居るわけで、そんな虚仮脅しに騙される。
身なりや、創価の役職だとか、社会的な権威や財産など持てる者が立派な人だと思い込んでしまう。水戸黄門の印籠を見て無条件無批判にひれ伏す人達ですね。
学会員はその典型だと思っています。本人自身の価値ではなく、母屋の外にある蔵の財を見て本人を値踏みする行為なわけですね。
正宗の薄墨色の袈裟の由来は祖母から教えてもらいました。豪華さの真逆ですね。起きて半畳寝て一畳。そこから仏法の悟達があるんだと思います。
ケバイ三色袈裟は池田に似合ってますね。何でそう思うのか分かりませんが、それを着て悦に入ってる記憶がどこかにあったりします。

小野塚さん

こんにちは。

> 着てる物やつけてる装飾品で人を値踏みをすることは無いですね。
> そんな虚仮脅しに騙されて失敗するから、経験的に社会で学ぶわけですね。
> しかし世の中はそうじゃない。様々な人達が混在している。
> まだ人を見る経験が未熟な人も居るわけで、そんな虚仮脅しに騙される。

池田の勲章等は正しくそのコケ脅しだと思います。その件はまたいずれ書こうと思っていますが。

> 身なりや、創価の役職だとか、社会的な権威や財産など持てる者が立派な人だと思い込んでしまう。水戸黄門の印籠を見て無条件無批判にひれ伏す人達ですね。
> 学会員はその典型だと思っています。本人自身の価値ではなく、母屋の外にある蔵の財を見て本人を値踏みする行為なわけですね。

創価の役職に対する下の者の卑屈さは感じますね。役職が上だと池田先生に自分より近い。という感覚だと思います。池田に近いことイコール信心があつということではないのですけどね。

> 正宗の薄墨色の袈裟の由来は祖母から教えてもらいました。豪華さの真逆ですね。起きて半畳寝て一畳。そこから仏法の悟達があるんだと思います。

要するに名聞名利や見栄や外聞を捨てて仏道修行をしていくという事だと思います。そしてある意味それをご僧侶自身が自分を戒めるために薄墨の五条の袈裟を纏っているのだと思います。

ピンとこない

>名聞名利や見栄や外聞を捨てて仏道修行をしていくという事だと思います。

それにひきかえ、池田創価なんて外聞だけで成立させようとした組織ですね。
縦線からブロック制への移行で、権威主義で組織を維持しなければならない事情になった。
ブロック制移行の目的は選挙支援のための効率化ですね。仏法の修行を深める目的の人間関係じゃない。
ここのブログを読んで色々考えるのですけど、明らかになってくるのが池田時代からの創価の変質ですね。
祖父母は戸田時代の入信ですから、違う信仰をしていたのだなと。日蓮正宗の信仰だったわけです。
祖母が「池田先生はピンとこない」言っていたのは、そういう意味だったのかと思うわけです。
指導者が変わって信仰が変質した。池田が会長になった経緯など権力闘争そのものですね。時代は移り、今もその醜い争いを会長から末端までやっているようですけど。
厳格な令法久住をするために、依法不依人、唯授一人の必要性を教えてくる事例が創価の実態とも言えますね。

ソッカーの法衣♪

なるほど!
小欲知足は「仏道」を志す者には「最低限の教え」であると心得たく存じます♪

ところで♪ いっぽう!ww

犬咲く大メロン師匠様は、創価家族の代表としてねww♪

皆さんの代わり(代表)としてねww♪

数々の「名誉博士号」を授かるんだおww!♪


さぁ!聖教新聞の一面に「大々的に」載せるノダ!

あぁーあ!栄光のソッカーがっかり会は

永遠に不滅なのだ!(池田マンセぇー!大歓喜♪)

駄文マイド、信ずれ致しました♪

小野塚さん

こんばんは。

> それにひきかえ、池田創価なんて外聞だけで成立させようとした組織ですね。
> 縦線からブロック制への移行で、権威主義で組織を維持しなければならない事情になった。
> ブロック制移行の目的は選挙支援のための効率化ですね。仏法の修行を深める目的の人間関係じゃない。

そうですね。確かに横線の方が組織側が管理するのも楽ですし組織化しやすい。要は効率を求めたのでしょう。もちろん横線でのメリットもありますけどね。

> ここのブログを読んで色々考えるのですけど、明らかになってくるのが池田時代からの創価の変質ですね。
> 祖父母は戸田時代の入信ですから、違う信仰をしていたのだなと。日蓮正宗の信仰だったわけです。
> 祖母が「池田先生はピンとこない」言っていたのは、そういう意味だったのかと思うわけです。

戸田会長時代を知っている会員さんは今の創価には違和感あると思います。
なにせ池田は戸田会長の奥様に嫌われていましたからね。
そんな人間を後継者に指名するほど戸田会長は酔狂ではないと思います。
ようするに池田とその周辺は戸田会長から創価を乗っ取ったのだと思います。
そして現在は原田とその周辺に乗っ取っられている。因果応報ですね。

天覇さん

こんばんは。

> ところで♪ いっぽう!ww
> 犬咲く大メロン師匠様は、創価家族の代表としてねww♪
> 皆さんの代わり(代表)としてねww♪
> 数々の「名誉博士号」を授かるんだおww!♪
> さぁ!聖教新聞の一面に「大々的に」載せるノダ!

池田センセの大学帽子とマントを身に着けた姿は本当に似合っていないんですよね。
貧乏人が高いスーツを着ているようなモノです。
日亨上人は「亨師釈文」のなかで「衣服は其の義より君子の徳なり、衣は以って外を飾り徳は以って内を飾る」と言わています。内徳を衣服で表すという意味ですが、内面に知性がない池田センセが博士の服を着てもやっぱり似合わないんですよ。身の丈に合っていないのでしょうね。

三衣一鉢など聞いたことがあります…言葉だけ残っていて尻切れトンボの学習状態のため文証示して下さりありがとうございます。

正信会の僧侶も同じ袈裟です。大石寺に戻る時は白衣からの出発になります。

昭和54年頃の話なので随分御高齢かとは思いますが…平成3年の大日蓮の号外では厳しいことも書いてありました。

大石寺でご修行された御尊師様がいらっしゃってくださること…本当に有難いことです。魔は袈裟に近づけないとの話も聞いたことがあります…節分では本堂では鬼は外とは言わない理由にも…?

仏様のお遣いとして来てくださるので言葉遣いや身なり(ジャージとか露出の強いものは控えます)には気をつけているつもりでいます。頭が悪いので失言もありますが…日々反省と精進を誓っております。

身の丈をワキまえ無い♪

人間は本来、身の丈を超える事は出来ません。と思うのですが、

池田おメロン様は違いますぞw!

アタスが全部やったんです!!(大革新ww)
創価永遠の大師匠を守れ!(大寒気ww)

先生と呼んで良いのわアタクシ池田チョン聖様までなのだぁ!(大作LOVE♪)

インスタント勤行では、
「私と金ゴン子の事を祈念しなさぁいっ!」と、

ツバキを飛ばして「大喝破」されるので有りマンスww♪

エセ宗教にダマされる人々を憂いますケド、、、。 

連投駄文&長文 誠に申し訳ございま天♪

未熟さん

こんにちは。

> 三衣一鉢など聞いたことがあります…言葉だけ残っていて尻切れトンボの学習状態のため文証示して下さりありがとうございます。

こちらこそいつもお読みいただきありがとうございます。

> 正信会の僧侶も同じ袈裟です。大石寺に戻る時は白衣からの出発になります。
> 昭和54年頃の話なので随分御高齢かとは思いますが…平成3年の大日蓮の号外では厳しいことも書いてありました。

正信会僧や創価堕落僧に薄墨の袈裟を掛ける資格はありません。六巻抄にあるように正宗の薄墨色の袈裟は他宗との区別を付けるという意味合いがあります。日蓮正宗ではなくなった僧侶が正宗の化義を盗んでいるのです。その1点をみても大聖人の仏法に無知であることが知れます。

> 大石寺でご修行された御尊師様がいらっしゃってくださること…本当に有難いことです。魔は袈裟に近づけないとの話も聞いたことがあります…節分では本堂では鬼は外とは言わない理由にも…?

そうですね。次回の六巻抄学習で取り上げる部分にそう書いてあります。

> 仏様のお遣いとして来てくださるので言葉遣いや身なり(ジャージとか露出の強いものは控えます)には気をつけているつもりでいます。頭が悪いので失言もありますが…日々反省と精進を誓っております。

多少の失言や失礼はご僧侶は分かってくれますけど、だからといってそれに甘えてはいけないですよね。
私も、度々失言をしては反省しています。

天覇さん

こんにちは。

> 人間は本来、身の丈を超える事は出来ません。と思うのですが、
> 池田おメロン様は違いますぞw!
> アタスが全部やったんです!!(大革新ww)
> 創価永遠の大師匠を守れ!(大寒気ww)
> 先生と呼んで良いのわアタクシ池田チョン聖様までなのだぁ!(大作LOVE♪)
> インスタント勤行では、
> 「私と金ゴン子の事を祈念しなさぁいっ!」と、
> ツバキを飛ばして「大喝破」されるので有りマンスww♪

ははは(笑)
池田センセは究極の「身の程知らず・恥知らず」ですからね。
あそこまで突き抜けているからこそカリスマになれたのでしょうね。
麻原彰晃、大川隆法などなど現代の狂祖様は「突き抜けている人」ばかりです。
浅井センセにはまだ突き抜け度が足りませんね。
心のどこかで自分は会員を騙しているという部分が浅井センセには感じます。
池田センセのように、本気で会員を幸せにしてやった。と思える人でないと一流の詐欺師とはいえません。
一流の詐欺師には罪悪感なんてありませんから(笑)

ナルチシズム

>池田センセのように、本気で会員を幸せにしてやった。と思える人でないと一流の詐欺師とはいえません。

弟子達もそこを習ってますよね。自分を騙す訓練を一生懸命にして表情を作るのが上手です。会員に覚られないに演じられるようになるのが人間革命ですね。
演じても心の貧しさは何も変わらないなどと、自省してはいけない。無自覚に自分を騙すようになれないと一人前になれませんね。

ある幹部なんか、いかにも偽善的な悲しそうな顔を作ってこっちを見てくるので笑ってしまったら、激怒したのか、後で私への嘘八百の悪口を散々言ってたようです。
あら面白やの世界ですね。そうとしか理解できない。そんな池田の真似をすれば精神が病んで狂ってくる。本質的にはナルチシズムが強すぎるのだと思ってますけど。

美有です

鯛焼きブログでTSさんいますよね
TSさんは理想の創価学会の話してますが、私は、現実の今現状の創価学会にしか興味ないので話が噛み合いません

シニフィエブログも今、検索不可で過去のコメントも読めませんし、過去の話などする必要ないです

TSさんをダメ出しブログに招待しました
TSさんは大御本尊様の価値に興味あるので
私は大御本尊様の価値の話の内容によっては法華講員になっても良いと思ってますので、素晴らしいやりとりを期待してます

小野塚さん

こんにちは。

> 弟子達もそこを習ってますよね。自分を騙す訓練を一生懸命にして表情を作るのが上手です。会員に覚られないに演じられるようになるのが人間革命ですね。
> 演じても心の貧しさは何も変わらないなどと、自省してはいけない。無自覚に自分を騙すようになれないと一人前になれませんね。

完全に偽善なんですがその自覚もない創価活動家は多いですよね。
心底、自分が「正義」だと思っている。
少しでも自省の念があればそんな風にはならないと思うんですよね。
私は大聖人の仏法は正義だと思っていますが、それを修行する自分自身を完全正義だと思いませんから。
なぜなら完璧な修行ができていないからです。
ましてや創価の教えなんて「御仏の教え」でもなんでもない。
池田大作を完全正義だと思える思考回路が私には全く理解できません。

> ある幹部なんか、いかにも偽善的な悲しそうな顔を作ってこっちを見てくるので笑ってしまったら、激怒したのか、後で私への嘘八百の悪口を散々言ってたようです。
> あら面白やの世界ですね。そうとしか理解できない。そんな池田の真似をすれば精神が病んで狂ってくる。本質的にはナルチシズムが強すぎるのだと思ってますけど。

ナルシズムというよりパーソナリテー障害だと思っています。創価活動家が病むのは精神病に疾患するからでしょうね。
池田もある意味で精神に異常をきたしている人間だと感じます。
スピーチや指導をたくさん聞いて読んだりしましたが、やはり普通の感覚では理解できないですから。
多分、池田の中では破門前と破門後の指導の大きな齟齬も辻褄があっていて齟齬だと思っていないでしょう。
そんな異常者を理解しよう、同じになろうと思っているが学会員ですから、
真面目で正常な会員さんは病みますよ。

美有さん

こんにちは。

> 鯛焼きブログでTSさんいますよね
> TSさんは理想の創価学会の話してますが、私は、現実の今現状の創価学会にしか興味ないので話が噛み合いません

鯛焼きブログの住人には興味もないしどうでもいいですけど、TSさんが理想の学会の話をしていることに意味は感じませんね。例えばTSさんや美有さんが望むような素晴らしい創価学会の組織が出来たとします。でもその創価学会もTSさんも戒壇大御本尊を捨て誹謗する謗法団体でありその構成員なのには変わりがない。むしろ皆が理想とする創価学会の方が今のう〇こ創価よりより多くの謗法者を作るので重罪になります。TSさんはね、信心が無い。または信心を知らない。のですよ。創価学会を理想の組織にする為には戒壇大御本尊を捨てた池田を筆頭に現在の執行部を駆逐して戒壇大御本尊に信心を取る組織にする以外にないですね。でもそれなら創価学会という組織は不要だし、そうなればTSさんを含め鯛焼きブログの住民はその理想の創価学会から除名されますけどね(笑)

> シニフィエブログも今、検索不可で過去のコメントも読めませんし、過去の話などする必要ないです

なんかブログを閉鎖したらしいですね。もったいないですね。
私は彼と彼のシンパにも興味はありません。
アンチとシンパの違いがあるだけで、シニフィエさんたちのロジックそのものは創価のロジックと同じですからどっちもどっちと思っています。ただアンチ仲間なので応援はしていましたけど(笑)

> TSさんをダメ出しブログに招待しました
> TSさんは大御本尊様の価値に興味あるので
> 私は大御本尊様の価値の話の内容によっては法華講員になっても良いと思ってますので、素晴らしいやりとりを期待してます

TSさん?来ませんよ多分(笑)
来たら丁寧に対応しますよ。
もちろん相手の出方に合わせた対応ですけど、
本気で大御本尊様の事を知りたければてちゃんと説明しますよ。
まぁ来ないでしょう。

御高齢の男性2名で。

我が ”アマガサキ”でも
創価の飼員?いや、失礼。

ガッカリ員さんタチが「コウ迷惑党」のパンフを片手に
カテホ:家庭訪問で御座いました♪

外面(ソトズラ)だけは見事にコナス?天パのおっさんは

「大変にご苦労様でデス!信心のパイセンには頭が下がる思いです!」と

大激励を申し上げ「ハムニダ党」のパンフを丁重に受け取り、

そして扉を閉めたのでした。 

天覇さん

こんにちは。

> 我が ”アマガサキ”でも
> 創価の飼員?いや、失礼。
> ガッカリ員さんタチが「コウ迷惑党」のパンフを片手に
> カテホ:家庭訪問で御座いました♪
> 外面(ソトズラ)だけは見事にコナス?天パのおっさんは
> 「大変にご苦労様でデス!信心のパイセンには頭が下がる思いです!」と
> 大激励を申し上げ「ハムニダ党」のパンフを丁重に受け取り、
> そして扉を閉めたのでした。

さすがは天覇さん。大人の対応ですな。
どうせ政治のことを聞いてもまともな回答なんて期待できませんしね。
信心の話になるともっと回答できませんけど(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。現在は池田創価から日蓮正宗に戻り法華講員です。池田創価の風聞・風説を基にした批判や悪口ではなく、日蓮大聖人の法門・法義・事実を基に大謗法の池田創価とその他異流儀を破折します。また破折以外にも教学など日蓮大聖人の仏法の話なども書いているブログです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。下のフォームまたは非公開コメントにてお気軽にお問合せ・ご相談ください。
創価・顕正に関する相談フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム
検索フォーム
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
2位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR