fc2ブログ

名誉博士号を自慢する池田創価に思う事。

大聖人仏法のの法門・法義については低レベル過ぎてお話にならない池田大作氏であるが、みなさんご存知の通り多くの大学から【名誉博士号】をもらっている。なんだか知らんけどカネコ夫人もどこかの大学の【名誉博士号】をもっているそうだ。名誉学位は特別な功績がないともらえない学位で一般の博士号より取得が難しいと創価では宣伝している。まぁアメリカなど大学によっては博士号などの学位を金で買える大学もあるからそんな大学の学位は確かにたいしたことはないだろうが名門大学の学術的学位は誰もが取得できるものではない。さて、名誉学位には本当に学術的な功績がある学者に贈られるものと大学に対する経済的貢献に対して贈られるものの2種類があるらしい。池田氏やカネコ夫人に学術的な功績はないから池田夫妻に贈られた【名誉博士号】という学位は大学への経済的支援の功績を認められてのモノなのは確かだ。だから学位や勲章などを「金で買った」と言われても仕方ないし、そのような名誉学位が学授的な学位より価値が高いわけはない。聞くところによると池田氏のような形で名誉学位を取得した人は「○○博士」とか「Dr.○○」とか呼ばせないらしい。名誉学位しか持たないのにそのような呼び方をすると世界的には学位詐称との批判を受けかねないからだそうだ。批判どうこうというより普通に考えたら何も学術的な功績が無いのに「博士」とか呼ばれてた自分が恥ずかしいよね。それを機関誌に堂々と「池田大作博士」とか書いて載せているのだから何とも無恥としか言いようがない。まぁ、それはどうでもいい。池田氏が本物の博士ではないことは全世界の常識だからせめて身内だけでも博士と呼んであげて欲しい。折角、会員の財務を寄付してまで頂いた博士号だ。「博士くん」って呼んであげないとお金が無駄になってしまう。私が思うのは池田氏が様々な・称号を受賞する度に、本館で勲章をつけいたり大学帽子にマントを羽織って登場する姿に「金ぴかの仏像」を想像し、この姿はあたかも三二相を供えた本果妙の仏(実際は提婆達多だけど)なのではないか?ということだ。大聖人の仏法はこうした「金ぴかの仏」を目指していないしそれは本当の成仏とはいえない。池田発言に、
▲「アルゼンチンから五月の大十字勲章をもらったが、これで七つ目である。これが妙法である。信心です。」
という言葉があるが勲章をもらうことは妙法でも信心でもないと思うのだが。しかも無信心のいわば謗法者から勲章をもらうのは大聖人仏法の信心であるわけがない。世事として勲章や学位を貰おうが買い取ろうがそれはいいんです。でもそれは信心ではない。それが信心ならば池田・カネコ以外の学会員は「信心が無い」ということになる。それとも池田が勲章や学位を貰うための金銭を供給したから成仏するのか?それは池田仏崇拝の新興宗教の信心ではあるが「妙法」ではない。
◆教弥よ実なれば位弥よ下れりと云う釈は此の意なり(四信五品抄)
と御書にあるように、我々のような何も持たない荒凡夫でも折伏ができるのは「教」即ち御本尊の力がホンモノであるからだ。逆に
◆天台云く「教弥弥権なれば位弥弥高し」(立正観抄)
とあるように。勲章や称号を自慢するのは池田思想が「権」であり「低レベル」であるからこそだろう。いずれにせよ勲章や称号で身を飾るような成仏は大聖人の仏法には無いのである。ましてや【名誉博士号】を権威ある学術的な博士号よりも価値があるだなんて嘘をつくのは三二相の仏に二相及ばなかった提婆達多が
◆螢火をあつめて眉間につけて白毫と云ひ千輻輪には鍛冶に菊形をつくらせて足に付けて行く(法蓮抄)
のような愚行を犯したのと同じだ。つまり勲章や称号をまとった「金ぴか大作仏」は現代の提婆達多だと思うわけだ。

▼「一日イチ押」お願いします。

にほんブログ村


創価学会ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

ノーベル賞には遠く及ばない

こんばんは。
本当に創価の人達はブランド志向だから、分かりやすい称号が好きですね。
活動家時代もこの時期は「センセイが今年こそノーベル賞を受賞するかも」なんて期待していたものですが、今思えばなんて非現実的な(汗)

以下、主要な「センセイがノーベル賞取れない理由」への反論です。


「センセイは世界で称賛されている。日本だけが遅れているんだ」
→海外のニュースはおろか、個人の主張すら簡単にみられるこの時代。本当に日本以外では絶賛されているなら国内に一切情報が入ってこないのは不自然。ネットの情報が日本政府に検閲されている、とでもいうのだろうか?

「島国根性の日本人が足を引っ張っているせいでセンセイが評価されない」
→日本だけの一存でノーベル賞の受賞が左右されるとは考えにくい。それなら村上春樹はとっくに受賞しているはず。まさか日本政府が裏で手を回している、とでもいうのだろうか?

「日本人は嫉妬深いから、本当に優れたものを評価できない」
「世間でもてはやされているものなんて浅はか。本物は迫害される」
→“日本人は優れたものを認められなくて、つまらないものを喜ぶ”というのなら、美空ひばりや石原裕次郎は「浅はか」だろうか?“迫害されるものが本物”ならオウム真理教や顕正会も”本物”なのだろうか?

「センセイは世界平和に多大な貢献をしている」
「センセイがいなかったら今頃世界は戦争だらけだった」
→創価学会の勢力拡大には貢献しただろうが、世界平和にはセンセイが貢献したとは言い難い。安全圏で、すでに一線を退いた(元)権力者と哲学語っているだけで世界は平和にならない。剣林弾雨をくぐり、泥にまみれて行動して初めて得る資格があるのがノーベル賞である。また、帝国主義はすでに過去のものであり、現代において国家間で簒奪を目的とした戦争が行われる可能性は相当低い。警戒すべきはテロリズムや地域紛争であり、ますます安全圏での行動では防止できない。



以上、愚考&乱文にて失礼致します。

それは妬んでいるからです

「時代が変わって今になり真実が出てきた」と、60代の幹部が私に、池田が世界の指導者から求められる理由を熱く語ってくれました。さも、自分がそこに居た当事者のように語るんです。
エピソードは誰か他人の受け売り。風聞です。それなのに自分が特別それを知れる立場にあるという選民意識も匂いますね。だから私は、いつも眉に唾を付けて聞いてたわけですけど。

ある人に「何百の受賞はいくらなんでもやり過ぎですね」と話しました。
人事の不公平さからなかなか教授に成れない人が、海外大学の名誉教授を私財をなげうって買って、名刺を作った話しをしてあげたわけです。
やり過ぎの意味は、池田の場合、それは会員の懐から出たお金なわけです。当然ながら、何百という名誉称号を受けるほどの実績をどうやって作ったのか、物理的に不可能ですからね。
ひとつの研究分野でひとつ名誉をもらえれば、長年の苦労が報われたという話にまだ信憑性があるし、皆がそうやってこつこと努力してきて表彰を受けたと認識し評価するわけですからね。
理系文系色々な分野の名誉称号が意味するものは何か。もし本当なら、人類始まって以来の化け物のような天才ですね。
そのような池田の実績があるのなら、紙面をけちらず号外でもいい学術論文全文を聖教新聞に載せなければいけない。当然、会員だって読みたいでしょう。
しかしいつも業績の内容詳細は載らない。専門家の解説も載らない。池田が何を貢献したかは読者の想像力に任せるわけです。
「長年の貢献が認められて受賞に至った」と始まり、なんと授賞式が盛大に行なわれたという式典の模様の記事が載るわけです。
これ、普通の常識を持つ一般人なら、腹抱えて笑い転げるような記事ですよね。また、そんな池田の受賞を自慢している会員も同類なんですね。自己愛が病的に肥大化して、弟子の自分も池田のように偉いとする衝動的な行動ですからね。
そのことからも、同病相哀れむ集団だとの世間の創価への評価は、至極適切なものですね。誰も妬んでませんね。妬んでいると決めつける人ほど妬み屋なんだそうです。

こんばんは。

時々TIME誌が、世界で最も影響力のある人物100人とか発表してるけど、自らガンジー、キング、イケダって名乗ってるあの方が、毎回毎回かすりもしないのは何でだろう…?

お疲れ様です

活動家さんは妬み嫉妬と言うけれど、誰も羨ましいとも、納得いかない悔しいとも思ってないと思う
自己顕示欲は大変に強かったらしいけど大変なだけ

何年か前に本部職員さんとメールでやりとりしていましたが
勲章とか名誉博士号とか対談もお金を払ってます
対談なら良いけど、博士号とか名誉市民とかにお金を払って手に入れる必要あるのかどうか
創価はすごい仕組みです

こんばんは
選挙のFどり、聖教新聞の啓蒙、財務。
どれも金にもならんし功徳にもならん…
哀れ創価学会員…

かわいそうだけどしょうがない…
自分で気付くしかない。

マヌ○

夜分にすいません。
 
まぁ普通に考えて、勲章や称号をもって認められた偉大な人物とするのは、

正しくない宗教の証明なんですけどね。

日蓮大聖人が佐渡赦免後に幕府の懐柔になお諌暁した事をどう考えてるのか。

なら、幕府に寺建ててもらって、ナンバーワンの僧侶の肩書きもらったら、

認められた!正しい証明だ!

ってなるのが愚民の発想なんだよね。
大聖人と大作さんは真逆なんだよな〜。

三位房さんは公家に招待されて説法して、悦に入っただけでも日蓮大聖人様に叱られるのに。

大作さんはもう叱られるだけでは追いつかないですね。

何千年かけてあそこへの旅を御堪能ください。

問題です。あそことはどこでしょうか?
駄文失礼します。

「創価はすごい仕組みです」

夢のスーパーカーのフェラーリではなくフューリというメーカーがあって、SONYではなくS.ONYというお兄さんの会社があるのだとか。また太作ではなく大作になっている。
御本仏日蓮大聖人の法門伝統はいつの間にか創価本流になって、今は正宗ではなく日顕上人が開いた私宗に改宗したという。
これらの話しに信憑性を持たせるために、池田の主張に権威付けが必要なわけですね。
あり得ないほどの数の名誉称号の数や、不要な会館の新規建設を続けなければならない。そして選挙では常に勝たねばならない。
世界公布の流れはいよいよ勢いを増していき、世界宗教にならなければ、会員の幻想が醒めて現実を直視してしまう。そうなれば希望を失う。夢心地を継続しなければならない紛い物商法の宿命なわけです。

そういった特性を仏教では既に見抜いてますね。釈迦仏法の正法像法末法の時代区分がそうですね。信仰が希薄になるのを防ぐため豪華な建物を必死に建設して権威付けするなどそのひとつですね。
しかしながら冷静な自民党は、今は会員を利用して選挙してますが、将来先細りになるを確定的に見抜いているようですね。
それも宗教の特性上、神話が幻想だと醒めればあっという間に急激な変化をするだろうという予測だから、うかうかなどしてませんね。
基礎票がある程度以下になった時に今度はどこと連立するからの算段している。そういう冷徹な思考ができる人が、愚かな人を支配し利用しているのが現実社会なんだと思います。

狗樹豪也さん

こんにちは。

> 本当に創価の人達はブランド志向だから、分かりやすい称号が好きですね。
> 活動家時代もこの時期は「センセイが今年こそノーベル賞を受賞するかも」なんて期待していたものですが、今思えばなんて非現実的な(汗)

ブランド好きな人ってたくさんいますよね。
本当にそのブランドが好きでそのブランドのことをよくわかっている人なら納得するのですが
大抵は見栄と外聞でブランドを身に付けている人のような気がします。
だから似合わない(笑)
池田センセもそうですね。いくら名誉学位をたくさん持っていても内面からにじみ出る知性を感じないから似合わない。
貧乏人がサラ金で借金してブランドを買いあさっているような感じがします。

> 以下、主要な「センセイがノーベル賞取れない理由」への反論です。

素晴らしい反論ですね。全く同感です。
そもそもノーベル賞を欲しい或いは受賞して欲しいと思う事自体が大聖人の仏法からかけ離れている発想ですけどね。

小野塚さん

こんにちは。

> 「時代が変わって今になり真実が出てきた」と、60代の幹部が私に、池田が世界の指導者から求められる理由を熱く語ってくれました。さも、自分がそこに居た当事者のように語るんです。
> エピソードは誰か他人の受け売り。風聞です。それなのに自分が特別それを知れる立場にあるという選民意識も匂いますね。だから私は、いつも眉に唾を付けて聞いてたわけですけど。

池田スピーチでよく聞いたのは「自分は大勢の会員の人生をみてきたら他の人より多くの人生を体験している」というような話なんですけど、それって全部が他人の人生であって池田の人生じゃないんですよ。同苦したなんて自分が御本仏のようにいいまが何も同苦なんてしていない。貧乏で苦しんでいる会員を上辺だけ励まして見えない所で贅沢三昧。そもそも、学会活動をして会員が仕事している時に0分勤行に按摩と朝風呂ですよ?本当にインチキ詐欺師ですよ。

> ある人に「何百の受賞はいくらなんでもやり過ぎですね」と話しました。
> 人事の不公平さからなかなか教授に成れない人が、海外大学の名誉教授を私財をなげうって買って、名刺を作った話しをしてあげたわけです。
> やり過ぎの意味は、池田の場合、それは会員の懐から出たお金なわけです。当然ながら、何百という名誉称号を受けるほどの実績をどうやって作ったのか、物理的に不可能ですからね。
> ひとつの研究分野でひとつ名誉をもらえれば、長年の苦労が報われたという話にまだ信憑性があるし、皆がそうやってこつこと努力してきて表彰を受けたと認識し評価するわけですからね。

本当に権威のある学位は短期間にいくつも取得できるものではないという事は大学に行っていない人でも分かります。池田なんて学授的に評価されいる論文などひとつもないじゃないですか。もっとも小説やメッセージすら代作させるような人間がまともな論文なんて書けるわけないですね。


> 「長年の貢献が認められて受賞に至った」と始まり、なんと授賞式が盛大に行なわれたという式典の模様の記事が載るわけです。

ようは多大な寄付金を払ったってことでしょう。だから「金で買った」と言われても仕方ないんです。実際にそういうことなんだから。

> これ、普通の常識を持つ一般人なら、腹抱えて笑い転げるような記事ですよね。また、そんな池田の受賞を自慢している会員も同類なんですね。自己愛が病的に肥大化して、弟子の自分も池田のように偉いとする衝動的な行動ですからね。
> そのことからも、同病相哀れむ集団だとの世間の創価への評価は、至極適切なものですね。誰も妬んでませんね。妬んでいると決めつける人ほど妬み屋なんだそうです。

妬むほど権威のある学位や称号なんてひとつもないですからね。一般人に話しても「そんなの知らない」というレベル。そんなものを会員のお金で買いあさるのだから。で、一応会員には「皆さんを代表して受賞した」とかいうのですが、
「5ヵ月間に世界の勲章を3つもらえる人は、これまで、1人もいなかった。議員でも何でもない私なのにだ」(H2.5.3)とスピーチしてますからね。学会員の代表としてもらったのではく「私がもらった」と言っちゃってますからね(笑)

中国からはいくつ貰ったのかしら

中国のウイグル人への人権侵害で対中非難決議に実質反対した非道な公明党。
公明は中国にも頭が上がらない。仲良しこよしでいようとしてますね。
今や平和の党でもなんでもない。こんな党が与党でいる限りいつか中国に乗っ取られます。怖いです~ಥ‿ಥ
創価の党としての面子を守るために国民を蔑ろにして日本という国を恥ずかしめました。

勲章の力は偉大だ~
(あれ?梵さんふう?笑)

ミツコさん

こんにちは。

> 時々TIME誌が、世界で最も影響力のある人物100人とか発表してるけど、自らガンジー、キング、イケダって名乗ってるあの方が、毎回毎回かすりもしないのは何でだろう…?

ははは(笑)
掠らないでしょう。
池田氏の影響が及ぶの創価学会の中だけですから。
カンジーもキング牧師もいい迷惑ですよ。

美有さん

こんにちは。

> 活動家さんは妬み嫉妬と言うけれど、誰も羨ましいとも、納得いかない悔しいとも思ってないと思う

そりゃそうですよ。価値あるモノを持っているなら羨ましいと思うだろうけど、
ガラクタなんかいくら持っていても羨ましいなんて思いませんよ。
寧ろ、そんなガラクタ集めてどうすんの?と同情されるのがオチです。

美有さん

こんにちは。

> 何年か前に本部職員さんとメールでやりとりしていましたが
> 勲章とか名誉博士号とか対談もお金を払ってます
> 対談なら良いけど、博士号とか名誉市民とかにお金を払って手に入れる必要あるのかどうか
> 創価はすごい仕組みです

池田センセを見ていると人間の「欲」の段階がよくわかりますよ。
先ずは「金」を手にしたいと思い、「金」を手にすると次は「権力」
その次は「人気」で最後に「名誉」
池田センセは人間の欲の全てを満たされた人生でさぞお幸せでしょう(笑)
まぁ、「金」は羨ましいとは思うけどそれ以外はどうでもいいかな(笑)

元創価班さん

こんにちは。

> 選挙のFどり、聖教新聞の啓蒙、財務。
> どれも金にもならんし功徳にもならん…
> 哀れ創価学会員…
> かわいそうだけどしょうがない…
> 自分で気付くしかない。

そうなんですよね。最後には本人が気づくかどうかなんですけど、
「気づき」のキッカケはどこにあるか分からないじゃないですか、
だから先に気づいた人はそのキッカケを発信していくのが大切だと思います。

梵我一如さん

こんにちは。

> まぁ普通に考えて、勲章や称号をもって認められた偉大な人物とするのは、
> 正しくない宗教の証明なんですけどね。

そうなんですよね。そもそも仏法者とは「少欲知足」が旨ですから。
在家だろうと出家だろうと大聖人の仏法の指導者は「少欲知足」でしょ。
会員ばっかり「少欲知足」を強いられて池田さんや本部幹部は貴族ですからね。

> 日蓮大聖人が佐渡赦免後に幕府の懐柔になお諌暁した事をどう考えてるのか。
> なら、幕府に寺建ててもらって、ナンバーワンの僧侶の肩書きもらったら、
> 認められた!正しい証明だ!
> ってなるのが愚民の発想なんだよね。

ひと言いえば信心がない。に尽きます。

> 大作さんはもう叱られるだけでは追いつかないですね。
> 何千年かけてあそこへの旅を御堪能ください。
> 問題です。あそことはどこでしょうか?

「あそこ」は何千年という単位じゃないんですよ。
1回の旅にかかる期間は3億2千万年なんですよ。

小野塚さん

こんにちは。

> 夢のスーパーカーのフェラーリではなくフューリというメーカーがあって、SONYではなくS.ONYというお兄さんの会社があるのだとか。また太作ではなく大作になっている。
> 御本仏日蓮大聖人の法門伝統はいつの間にか創価本流になって、今は正宗ではなく日顕上人が開いた私宗に改宗したという。
> これらの話しに信憑性を持たせるために、池田の主張に権威付けが必要なわけですね。
> あり得ないほどの数の名誉称号の数や、不要な会館の新規建設を続けなければならない。そして選挙では常に勝たねばならない。
> 世界公布の流れはいよいよ勢いを増していき、世界宗教にならなければ、会員の幻想が醒めて現実を直視してしまう。そうなれば希望を失う。夢心地を継続しなければならない紛い物商法の宿命なわけです。

大変な商売ですね~(笑)売る方も買う方も。

> しかしながら冷静な自民党は、今は会員を利用して選挙してますが、将来先細りになるを確定的に見抜いているようですね。

そもそも公明と自民は理念が正反対ですからね。公明はむしろ立民側でしょう。もっともそうした理念などもうどうでもいいから自民と組んでいるのでしょうけど。先日、付き合いのある自民党議員の奥様が会社に挨拶にきましたがその時に公明党と連立解消が望ましいと言ったところ自民党の中にもそう思っている議員さんは多くいると言ってました。まぁそうですよね。公明党の立っていない小選挙区で必死に自民党の候補者を支援していませんからね。それで「比例は公明党」っていうんじゃ自民党もやってられませんよね。



ココアさん

こんにちは。
中国から授与されたのは圧倒的に多いですよ。三分の一は中国です。中国の大学は多額の寄付をした人物に名誉学位を与えると普通に公言していますから。

> 中国のウイグル人への人権侵害で対中非難決議に実質反対した非道な公明党。
> 公明は中国にも頭が上がらない。仲良しこよしでいようとしてますね。
> 今や平和の党でもなんでもない。こんな党が与党でいる限りいつか中国に乗っ取られます。怖いです~ಥ‿ಥ
> 創価の党としての面子を守るために国民を蔑ろにして日本という国を恥ずかしめました。

公明党が先日、軽く中国批判をしたそうですよ。案の定、創価からクレームがついたそうです。なにせ中国との国交正常化をさせたのは池田先生らしいですから(笑)だったら中国政府からもっと素敵な賞を貰えてもおかしくないのに。てか尖閣にちょっかい出すなと池田先生から中国に指導して欲しいですね。

> 勲章の力は偉大だ~
> (あれ?梵さんふう?笑)

ははは(笑)

3億2000万

気が遠くなる長い旅路なんですね。
人生80年なんて一瞬ですね。
考えさせられます。
もっと仏法を求道しないと終わっちゃいますね。

梵我一如さん

こんにちは。

> 気が遠くなる長い旅路なんですね。
> 人生80年なんて一瞬ですね。
> 考えさせられます。
> もっと仏法を求道しないと終わっちゃいますね。

本当にせっかく人間として生まれてきて仏法と出会ったのに
まさかの謗法しでかして3億2000万年の旅じゃ切ないですよね。
なので、なんとか縁がありそうな人だけでも折伏していきたいと思ってます。

「だから先に気づいた人はそのキッカケを発信していくのが大切だと思います。」

ほんとですね、創価は悪い、会員はアホだってワーワー言っててもしょうがないですね。

私のきっかけはユーチューブでした。
ちょうどパソコンを買いかえて動画が見れるようになって色々見てるうちに樋田さんの動画にたどり着きました。
法華講にもこんな人おるんやな~って、でも言ってることなんも間違ってないし。
興味がわいてきて樋田さんに会いに行ったりもしましたね(笑)
普通にいい人でしたよ。
それからなんやかんやあって地元の日蓮正宗のお寺に行ってみました。
一応御本尊あるので手を合わしていこうと思って本堂の隅に座って見上げた瞬間、「あ~こっちがほんまもんや~」って思いました。それはなんでかわからんけど直感でそう思いました。

それからもう6年くらいたちますが日蓮正宗にもどれてほんとによかったと思っています。生活もめちゃ変わりました、今ものすごく幸せです。金はありませんが金には困りません(笑)必要な分だけちゃんとあります。
ただ太りすぎてヒザが痛いです(笑)

現創価学会員の人もほんとに一度日蓮正宗のお寺に行って自分の目で耳で確かめてみてください!元々お寺でご受戒受けた人ならなおさら! お寺はいつでもオープンですよ、創価をやめるとかやめないとかは後で考えりゃいいです。

元創価班さん

こんにちは。

> ほんとですね、創価は悪い、会員はアホだってワーワー言っててもしょうがないですね。

そうなんですよ。ちゃんと破折しないとダメな部分は当然ありますが、
「私は騙された~」「創価は詐欺だぁ」って騒いでいてもなぁって思います。
創価の何かインチキなのか?大聖人の仏法に照らし真実に照らして破折していくべきです。
個人的な見解や体験で「創価は詐欺」といってもそれはそれで間違ってはいないけど
そういう批判の仕方は創価のやり方と変わっていないんです。
だったら、静かに去っていくのが本当の覚醒なのではないかと思います。

> 私のきっかけはユーチューブでした。
> ちょうどパソコンを買いかえて動画が見れるようになって色々見てるうちに樋田さんの動画にたどり着きました。
> 法華講にもこんな人おるんやな~って、でも言ってることなんも間違ってないし。
> 興味がわいてきて樋田さんに会いに行ったりもしましたね(笑)
> 普通にいい人でしたよ。

そうなんですか。私は樋田さんのYouTubeは視聴したことないんですよね。資料的なものはたまに見させてもらっています。樋田さんも有名人ですから大変ですよね。

> それからもう6年くらいたちますが日蓮正宗にもどれてほんとによかったと思っています。生活もめちゃ変わりました、今ものすごく幸せです。金はありませんが金には困りません(笑)必要な分だけちゃんとあります。
> ただ太りすぎてヒザが痛いです(笑)

私はまだ現世安穏ではありませんが正宗に戻り正しい信心が出来ることに幸せと感謝を感じています。

> 現創価学会員の人もほんとに一度日蓮正宗のお寺に行って自分の目で耳で確かめてみてください!元々お寺でご受戒受けた人ならなおさら! お寺はいつでもオープンですよ、創価をやめるとかやめないとかは後で考えりゃいいです。

私もそう思いますよ。寺院にいってお寺の御本尊をよく見て唱題をしてみればいいんです。創価をやめなくてもお寺にはいつでも参詣できますからね。それでも創価の方がいい。創価の御本尊は本物だ。創価の信心は正しい。と思うならそれはそれでいいと思います。もっともそうならないからこそ創価は懸命に会員にお寺や法華講と接触させないようにしているのでしょう。学会員さん、怖がらずに正宗のお寺に行ってお題目あげてください。っていいたいですね。

勲章集めが大好きか?いや大作かっ♪

聖教新聞を
1か月でも良いので取って欲しいと!
会社の社長にお願いした事がありました。
(今から25年前くらい?)

実際に、”万聖狂チン文”を購読してくれた「うちの社長さん♪」の感想は

駄文コメントのタイトル通り、
「勲章・名誉・称号・タイトル」が池田さんは大好きなんだろ!との事でした。

普通の一般的な「日本人」ならば同じ感想になるのでは?ないかと。

駄文マイドしんずれ致しマンセ♪

お寺の御本尊様

小生も狐疑逡巡をしたのちに
お寺を訪ねました。

本堂の御本尊様を拝して、止めどもなく涙が溢れました。
本物の仏様にやっと巡り会えた喜びを実感しました。

家に帰って仏壇に向かうと、20年間祈ってきた創価掛軸が贋作だなとわかる。
例えると美術品の贋作と一緒ですね。
すぐに巻いて仏壇から撤去。
確かに表装もしてない一枚刷りの印刷物。
虚無感はなく、本当の御本尊様に巡り会えた幸福感でいっぱいになりましたね。

本物の御本尊様 と「創価☆イケダおまん狂」には、、

御座い魔?天! (大確信ですぞ!)。

過去世を振り返ると、、、(汗。)
天パは大石寺に参詣したのは「30年前」の出来事でしてね♪
長い間、、「大聖人様に直接の報恩感謝をお伝え出来ておりま天、、。」

日蓮大聖人様の「仏弟子」たる
「管理人さん」や「コメンテーター様」に大石寺で、破顔一笑の思いで、
お会いできる様にと精進したいと思います。

駄文連投まいど失礼した3打ぁww by池田チョン師さま風♪

まいど意味不明なコメント失礼ちょん2打、、。失礼、千万、、、。

兄弟それは嫉妬です。(笑)

天覇の兄弟のコメント。

»»駄文コメントのタイトル通り、
「勲章・名誉・称号・タイトル」が池田さんは大好きなんだろ!との事でした。
普通の一般的な「日本人」ならば同じ感想になるのでは?ないかと。««

そうです。普通の感覚ならそうなります。

しか〜し、洗脳戦隊ソッカー戦闘員からすれば、

それは嫉妬に狂ってる事になっちゃいますね!(爆笑)

日蓮大聖人様は「末法の御本尊さま」

さて。天パ(50んマンセ歳)は思うのデス。

そもそも「そっかがっかり淫」に成ったキッカケは.?

ちなみに「何ん なんよ? o r 南無よ! 池田チョン銭は人類の救世主よんww(チョン神☆大爆笑)」。カムさはみチンにだぁ!

ソッカ在日”北ちょん”!聖教は
「池田おまんちょん様」が人類の救世主でおまんww!

偉大なる北の指導者!池田おまんちょん先生”に!

大拍手を!!!!

創価軽打まんせぇ凶に! 大!大! 大歓喜!!おまーん聖教珍聞ww




創価の嘘

通りすがりの者です。

池田大作氏の、たくさんの勲章、名誉称号の話題なので、私の気が付いた創価の嘘を。
盛大な授与式の写真は、時折載るようですが、証書・賞状は見たことはありませんでした。
その証書・賞状の内容を確認できるような写真を機関誌、雑誌類に載ることは無いと思っていました。

たまたま「実事求是 ― 創価学会の詐術を読み解く」のサイトで紹介されているのをみつけました。
グラフSGIの2001年6月号ですが、インドの世界芸術文化アカデミーの名誉総裁の記事です。
実際に、当時のグラフSGI2001年6月号を保管してる方に見せていただき、実物で内容を確認しました。
14頁の右下です。(写真から読める英文は)
hereby respectfully appoints
Dr. Daisaku Ikeda
to serves as its
Official Patron


「Official Patron」を名誉総裁と翻訳しているのです。
英文翻訳サイトなどもありますから、翻訳してみてください。
私は「Official Patron」→「公式後援者」だと思いますが。


実事求是 ― 創価学会の詐術を読み解く
世界芸術文化アカデミー「名誉総裁」のインチキ
http://blog.livedoor.jp/jitsuji_kyuze/archives/51855924.html

外国語から日本語に翻訳するのは100%間違いは無いと思い、
日本語訳しか読みませんでしたが、
創価は、末端会員を馬鹿にしてるとしか思えないような迷訳、珍訳、誤訳ですね。

他に無いかネットでさがすと、学術顕彰として、機関紙に紹介された内容が、
実は、図書館の有料入館証だったとかの話題もありますね。
機関紙では「オックスフォード大学ポドリーアン図書館終身名誉館友」となっています。
しかし、誰でも約12万で買える有料の図書館入館証だとか。
いくつものサイトで紹介されていますが、そのうちの一つをあげておきます。

誰でも12万で買える図書館入館証を、聖教新聞は「顕彰」として報道しちゃってますが・・・
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317937083

一つ、二つでもこういう嘘がバレたら、証書・賞状の全部を検証したいですね。
まあ、それは無理でしょうが、嘘と本当をまぜこぜにして固めた権威でしょうね。

天覇さん

こんにちは。

> 実際に、”万聖狂チン文”を購読してくれた「うちの社長さん♪」の感想は
> 駄文コメントのタイトル通り、
> 「勲章・名誉・称号・タイトル」が池田さんは大好きなんだろ!との事でした。
> 普通の一般的な「日本人」ならば同じ感想になるのでは?ないかと。

まぁそうでしょうね。
というか一般人には特に興味がわくような勲章も称号も学位もないので
それを紙面1面を使って大々的に取り上げるのはイタイですね。
まぁ創価の会報だからなんでしょうけど
こんな新聞?を一般の人に購読させようとするのは考えものですね。

古刹信徒さん

こんにちは。

> 本堂の御本尊様を拝して、止めどもなく涙が溢れました。
> 本物の仏様にやっと巡り会えた喜びを実感しました。
> 家に帰って仏壇に向かうと、20年間祈ってきた創価掛軸が贋作だなとわかる。
> 例えると美術品の贋作と一緒ですね。
> すぐに巻いて仏壇から撤去。
> 確かに表装もしてない一枚刷りの印刷物。
> 虚無感はなく、本当の御本尊様に巡り会えた幸福感でいっぱいになりましたね。

ああ、分かります。私も自分より先に母に勧戒を受けてもらったのですがその時にお寺の御本尊に向かい創価の掛け軸とは違うって本能的に思いました。
創価本尊を仏壇から取り除き半年ほど内得信仰をし正宗から御本尊を下付いただき自宅に御安置した時の何とも言えない歓喜・安心感。しかも思いもよらず日顕上人書写の御本尊だったので感激しました。
学会員さんに言いたいのは御本尊は「幸福製造機」なんかではなく、御本仏の分身だということですね。
学会員さんには一度気軽に正宗寺院を訪ねてもらいたいですね。

天覇さん

こんにちは。


> 過去世を振り返ると、、、(汗。)
> 天パは大石寺に参詣したのは「30年前」の出来事でしてね♪
> 長い間、、「大聖人様に直接の報恩感謝をお伝え出来ておりま天、、。」
> 日蓮大聖人様の「仏弟子」たる
> 「管理人さん」や「コメンテーター様」に大石寺で、破顔一笑の思いで、
> お会いできる様にと精進したいと思います。

はい。ぜひ御山で再開しましょう。
ミツコさんが教えてくれた駿河温泉健康ランドに泊まって夜は宴会しましょう。
いや、そこは丑寅勤行に参加しろよ。。(笑)

通りすがりさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 池田大作氏の、たくさんの勲章、名誉称号の話題なので、私の気が付いた創価の嘘を。
> 盛大な授与式の写真は、時折載るようですが、証書・賞状は見たことはありませんでした。
> その証書・賞状の内容を確認できるような写真を機関誌、雑誌類に載ることは無いと思っていました。

確かにそうですね。

> たまたま「実事求是 ― 創価学会の詐術を読み解く」のサイトで紹介されているのをみつけました。

ご紹介いただいたサイトの記事を読ませてもらいました。
確かに「パトロン」と書いてありますね。
そう考えても「総裁」ではなく「出資者」ですよね。
とても参考になるサイトをご紹介いただきありがとうございました。

> 一つ、二つでもこういう嘘がバレたら、証書・賞状の全部を検証したいですね。
> まあ、それは無理でしょうが、嘘と本当をまぜこぜにして固めた権威でしょうね。

「張りぼて」ですから。記事に書きましたが提婆達多が額に蛍をくっつけて仏のフリをしているようなものです。
そこまでして教祖を権威つけしないといけないのは創価の教えがインチキだからですね。
統一教会の文鮮明氏も池田氏と並ぶほどの名誉称号を持っていますよね。
そういえば、池田夫妻と文鮮明夫妻ってどことなく似ている気がします。

今後もぜひ色々とコメントお願いします。

それを紙面1面を使って大々的に取り上げるのは

はせよ! カムさハム2打!

ソッカー☆池田チョんなむ星人の一番、痛いところです。

細かいところは「申し上げま天」。てんがぁ、

聖教チョン文で
「偉大なる我ら大指導」が!蛾?何とか? はぁ? 

池田おまんちょん様があぁ、、、名誉しょうごpを
取った二打ぁん!とか、。

エテコウ(猿以下)レベルでお粗末ですww。

まいど池田おまんちょん様を否定する
下品で、
そいで胃て、
あほなコメントを申し上げて
大変に失礼だとは自覚しております♪


でわ、お風呂が「沸きました!♡」と言っておりますので失礼します♡!




プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。現在は池田創価から日蓮正宗に戻り法華講員です。池田創価の風聞・風説を基にした批判や悪口ではなく、日蓮大聖人の法門・法義・事実を基に大謗法の池田創価とその他異流儀を破折します。また破折以外にも教学など日蓮大聖人の仏法の話なども書いているブログです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。下のフォームまたは非公開コメントにてお気軽にお問合せ・ご相談ください。
創価・顕正に関する相談フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム
検索フォーム
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
2位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR