fc2ブログ

弥四郎国重と熱原三烈士を考える。

弥四郎国重と言えば本門戒壇の大御本尊の願主であることは皆さん御存じだと思います。戒壇大御本尊の脇書きに【本門戒壇の願主弥四郎国重、法華講衆等敬白】と記されています。古来からこの弥四郎国重については様々な見解があります。私も創価時代に弥四郎国重とは誰のことなのか?と疑問に思っていたところ戸田会長の「大聖人己心の弥四郎国重である」という指導を読んで合点がいきました。また日蓮正宗の公式な見解も「本門戒壇の大本尊は唯一究竟の大目的の下に、大聖人境界中の弥四郎国重」(日蓮正宗要義)「御本尊の願主は熱原の人々を代表とする法華講衆を、大聖人の境界中の己心の弥四郎国重」(日蓮大聖人正伝)となっています。さてそこから「大聖人の己心の弥四郎国重とは?」と考えるようになり私なりにひとつの結論に至りました。(以下は私の個人的見解です)私の思う弥四郎国重とは久遠元初の信徒なのです。久遠元初に仏宝と僧宝がいたのなら当然そこに衆生(信徒)がいないと不自然です。仏も僧も衆生を教化するために出現する訳ですから当然そこには三宝を受持する衆生がいるはずなんですね。私はその久遠元初の信徒こそが「大聖人の己心の弥四郎国重」ではないかと思っています。そして、鎌倉時代に久遠元初の仏宝は大聖人として久遠元初の僧宝は日興上人として出現したのだから当然久遠元初の信徒も同じ時代に出現するはずでそれこそが熱原三烈士であると考えています。熱原三烈士が日興上人によって折伏・教導されたのも、その殉教が戒壇大御本尊建立の機縁になったのも全ては久遠元初の信徒としての振る舞いであったと思います。仏宝・僧宝の化導を助け、後代の信徒の明鏡となる姿を示す。法華経の地涌の菩薩同様に大聖人・日興上人の久遠からの信徒でなければできることではないと感じるわけです。もちろんこれは私の勝手な考えですから他人に話す時は私の我見であることを伝えてから話しますがそれほど大きく逸脱していないかなと自賛もしています(笑)そしてそんな弥四郎国重を思う時、自分もまた久遠元初の信者の一分としてその列に加わりたいと願い、戒壇大御本尊をの分身を授与された法華講衆として弥四郎国重に連ならなければならないとの決意を新たにします。戒壇御本尊の分身である御形木本尊を下付いただける資格があるのは法華講衆だけと大聖人が決めました。創価学会員や顕正会員には戒壇大御本尊の書写本尊をコピーであっても拝む資格はないのです。そもそも彼らに与えられた本尊ではないのですから。


▼「一日イチ押し」お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会 批判・告発へ
にほんブログ村


創価学会ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

関係性は何なのか

自分と他人の生命がどう違うのか。
過去の人と現在の人、また未来の人との、自我の繋がりがあるのかどうか。
また、人類と他の生物と繋がりとは何なのか。
そして仏と大衆との関係性は何なのか。
こういった事について、年齢を重ねるほど一体化した発想が出てきますね。相互の関係性は切れない。微分して断片を考えていたことが、非常に時間と空間の両方に近視眼的で、不自然な思考だったと気付くわけですね。

本有常住という言葉が一言で説明してしまうんですが、直感的に正しい、違和感がなくその通りだと感じるわけです。感じることだから説明はできない。
しかし、そこから仏法を信じるという行為があって、修行法があって、本質に迫っていくのかもしれないと想像できますね。九界があるのだから仏界もあるのを信じなさいという言葉が蘇ってくるわけです。

末法も久遠も本己有善…

お釈迦様が修行あそばされていたのは経文の通りかと思いますが…あとはわかりません。

聞いたかもしれませんが忘れているのかも?

当流法難史の20ベージに同じ文字がありました。あまり書くと著作権に触れるかも?

富要集8巻177ページにもあるようです…

家あったかどうか?

勉強になります。

正しい本尊が己心を映し出すただの明鏡なだけであるならば、創価活動家の言う相貌が同じなら全て本門の本尊でいいでしょう。

では何故、大聖人様は本尊を下付する門下を選んでいたのか?

字の書ける弟子檀那に自由に書かせればいいはずです。明鏡なんだから。

しかし、大聖人様は、信心強盛な門下の中でもよりすぐりの弟子檀那にしか下付されなかった。名超の尼にも下付されなかった。阿仏上人には出世の本懐と言われ、四条金吾には御本尊への信を命じた。それは何故か?

普通に御書を拝せば、本尊が如何に重要なことなのかがわかるはずです。

それが無いよりはあったほうが良いレベルになっちゃいました。

まぁ確かにそんな創価活動家に大聖人が御本尊を下付する訳がないですよね。

アホの僕でも分かります。逆に今の創価が恐ろしいですよ。戸田会長は御本尊への信心を説き続けたんだけど。

真逆に進んでるのに、永遠の師匠と言われる戸田会長。あの世で血の涙を流していることでしょうね。南無ー。

三千塵点劫も五百塵点劫も…

迦陵頻伽声のp101を開くと計り知れないほど昔々のことです…


5に0が133ついた三千大千世界の国土をすりつぶし……

師弟の因縁は化城喩品…

本仏の生命は無始無終…

家に有るのは平成5年の書籍です。

清浄=10の21乗分の一〜無量大数=10の68乗などなど

平成5年11月本山にて祖母が購入されたようです。……全3巻…忘れっぽいのでどの本に何が書いてあったか忘れるのですが…開いてみたら、記事に関連するかと思い書き込んでみました。

詳しくは著者の御尊師に申し訳なく感じますので書きません…読み聞かせできる内容もあったりして烈士池を何度もリクエストされました。読んで〜って言うから…読むよ〜って読ませてもらってました。

脱線しそうなのでこの辺で…

人間は嘘をつく動物ですね

御本尊は客観的に物質ですね。それは間違いがない。
人間は嘘をつく動物ですね。一度も嘘を言わない人間など居ない。信用できない。だから信じる対象は物で正しいわけです。
劣等な事実を嘘で塗り固めて自らの人生を必死に粉飾して、病的に自我が肥大化した人を世界指導者だとする。虚栄を演じる側もそれを信じる会員も、人間のなかなか克服できない本質的な弱点を皆に見せてくれていますね。

人法一箇と定義した日蓮大聖人の顕わされた大御本尊は、物質だから変わらない。その原理原則を示して令法久住が可能になるわけですね。法を未来に伝えていける。
なぜそれを必然性の発露だと気付かないのか、時流に合わせて法律を変えていく政治団体に毒されてしまった証拠ですね。
ぶれぶれでブレても常に会員から人気を得て権益を維持していければいい。逆に、時流に合わせず、勝ち馬に乗らず、大衆に迎合せず、変わらないことは都合が悪い。
創価の裏事情を推察すれば、大御本尊を否定するのは会則変更する前から多くの人が予想できていたことですね。

物質と生命はどういう関係なのかの個人的な考えを述べると、これも宇宙創生の時からあると考えるのが本有常住ですね。
人間の体は星間物質で構成されている。そこに自我が宿るわけです。
生きているのか死んでいるのか物質的に全く違いがないそうです。死亡判定は非常に曖昧で未だに解答がない理由です。
物質である大御本尊に仏の生命が宿っていると考えて信仰する。その法を広めていく。何もおかしなところはないですね。他人に騙されて損をすることもない。20年前に脱会した私ですら大御本尊の功徳は今の人生で否定できないわけです。

三世永遠? いや、創価は永遠の師匠ww

管理人さんの思う
弥四郎国重とは久遠元初の信徒なのです。との言葉は
説得力はあるかもデス♪
私もそう思います。

いっぽう♡!
創価池田まんせ教のヤカラは、永遠は大師匠!なのでアリマンス
メロン尊師さま~んww byソッカー風。

尊師いわく、
御本尊なんか単なる物体なのだぁ~ッ!
我が胸中に「仏(仏性)」があるのだぁ!
胸中お題目で即成仏ブッチーンww

駄文コメント失礼まんせぇ。(あぁ!大寒喜)

小野塚さん

こんにちは。

> 本有常住という言葉が一言で説明してしまうんですが、直感的に正しい、違和感がなくその通りだと感じるわけです。感じることだから説明はできない。
> しかし、そこから仏法を信じるという行為があって、修行法があって、本質に迫っていくのかもしれないと想像できますね。九界があるのだから仏界もあるのを信じなさいという言葉が蘇ってくるわけです。

私はマニアックな性格なので他人がどうでもいいような事まで考えちゃんですよね。それはこの信仰、自分の信心が間違っていないか?という確認作業にもなっています。だから教学を色々と学ぶのですがまだわからないことが多すぎて(笑)

未熟さん

こんにちは。

> 当流法難史の20ベージに同じ文字がありました。あまり書くと著作権に触れるかも?

未熟さんのような純真な信徒さんに使ってもらうために書籍ですから著作権になんて誰も言いませんよ。
創価は聖教新聞の記事や写真をネットに投稿した会員を訴訟してますけどね。
信徒を訴訟する宗教団体なんて創価以外にありませんよね。

小野塚さん

こんにちは。

> 物質である大御本尊に仏の生命が宿っていると考えて信仰する。その法を広めていく。何もおかしなところはないですね。他人に騙されて損をすることもない。20年前に脱会した私ですら大御本尊の功徳は今の人生で否定できないわけです。

どんな信仰観をもとうと自由ですが創価民が日蓮大聖人の仏法を信仰しているというのが間違っているのです。

天覇さん

こんにちは。

> 管理人さんの思う
> 弥四郎国重とは久遠元初の信徒なのです。との言葉は
> 説得力はあるかもデス♪
> 私もそう思います。

そうですか。それは嬉しいです。でもあくまでも私の我見ですからね。


> 尊師いわく、
> 御本尊なんか単なる物体なのだぁ~ッ!
> 我が胸中に「仏(仏性)」があるのだぁ!
> 胸中お題目で即成仏ブッチーンww

おお、胸中で題目をあげていれば0分勤行でもOKってことですね。

梵我一如さん

こんにちは。

> 正しい本尊が己心を映し出すただの明鏡なだけであるならば、創価活動家の言う相貌が同じなら全て本門の本尊でいいでしょう。
> では何故、大聖人様は本尊を下付する門下を選んでいたのか?
> 字の書ける弟子檀那に自由に書かせればいいはずです。明鏡なんだから。
> しかし、大聖人様は、信心強盛な門下の中でもよりすぐりの弟子檀那にしか下付されなかった。名超の尼にも下付されなかった。阿仏上人には出世の本懐と言われ、四条金吾には御本尊への信を命じた。それは何故か?
> 普通に御書を拝せば、本尊が如何に重要なことなのかがわかるはずです。

その通りなんですよね、結局。創価民は御本尊の事を考えない。つまり御本尊を念じていないということです。

> それが無いよりはあったほうが良いレベルになっちゃいました。
> まぁ確かにそんな創価活動家に大聖人が御本尊を下付する訳がないですよね。
> アホの僕でも分かります。逆に今の創価が恐ろしいですよ。戸田会長は御本尊への信心を説き続けたんだけど。

信仰をしていると言っている人間で、「本尊は無いよりある方かマシ」なんて発言する人は珍しいですね。おそらくそれだと創価の教義にも反している。なのに他の創価民は誰も注意しない。鯛焼き君なんか支部長なんだから注意すればいいのにと思いますがそれが創価なんでしょうね。本尊だってどうでもいいのだから他の事なんかもっとどうでもいいのでしょう。

> 真逆に進んでるのに、永遠の師匠と言われる戸田会長。あの世で血の涙を流していることでしょうね。南無ー。

戸田会長が不憫です。今度登山の折に戸田会長の墓前に報告してきます。

お疲れ様でした

やっぱり管理人さんの文章を読めば読むほど大御本尊様に帰依するのが正しいと言う結論を深くします

感想や解釈は人によって若干異なるからそれをコメントしてもしかたないかな
宗教は教義があるからそれに従う

宗教研究家ではないから他の宗教をしりたいとは思わないし

美有さん

こんにちは。

> やっぱり管理人さんの文章を読めば読むほど大御本尊様に帰依するのが正しいと言う結論を深くします

そうですか。それなら良かった。ブログの記事を書くのにも結構時間がかかるんですけど美有さんがそう思ってくるなら苦労が報われるってものです。美有さんもそのうち大御本尊の許に戻ってきてくださいね。一緒に登山しましょうね。

> 感想や解釈は人によって若干異なるからそれをコメントしてもしかたないかな
> 宗教は教義があるからそれに従う

そうです。その通り。自分が好き勝手に解釈して好き勝手な事をしているのを信仰とはいいませんよね。まぁ自分達が好き勝手にやりたいから創価は宗門から破門されるように仕向けたのですけどね。その結果が今の創価ですね。

ネットり、じっとりww

駄文まいど失礼億万性でございます♪
某☆しぶチョン尊師さまは、

呆け工員の輩は
日蓮大聖人さま『大御本尊様』に
祈りが通じんのかよwwって仰ってまし天w

本記事とは関係ないコメントでし天♪
まいど失礼億万セイ、、。

天覇さん

こんばんは。

> 駄文まいど失礼億万性でございます♪
> 某☆しぶチョン尊師さまは、
> 呆け工員の輩は
> 日蓮大聖人さま『大御本尊様』に
> 祈りが通じんのかよwwって仰ってまし天w

法華講員に構って欲しくて一生懸命に挑発しているんですねww
そんなことしないで「どうか私のブログで私と話をしてください」って土下座して頼めばいいのにね(笑)

違い

かごの中の鳥が呼び覚まされて鳴く。このブログを読むと御書を読みたくなる。また日蓮大聖人が生涯かけて後世に残した動機は何なのかと考え始める。籠とは現在環境ですね。軟禁されている不自由な状態。人は多かれ少なかれこの状態ですね。本源的な自由とは生老病死の呪縛を離れることですね。

学会員には共通する特徴がありますね。他人を利用しようとする心が強い。だから同じ国民であっても周囲から違う人達だと思われてしまう。そして仏教ではないだろうと思っている人達も多い。
その証拠に池田のスピーチを見たり読んだりしても御書を紐解き拝読しようという気にならない。仏教にも興味が湧かない。創価に利用されていることを肯定化してしまう作用だけがあるわけです。呼び覚まされるのは、他人を支配し利用する習慣や創価に同化していく習慣が醸成される。

人それぞれ違いがあるわけですね。法華講と創価を同じものだと括る人達が居ますが、同じに見えているからですね。御本尊を与えらる人と与えられない人の違いを見抜くのは誰でもできることじゃない違いですね。呼び覚まされない集団はあるんだなと、この前の記事の対話を読んでいてはっきりわかりますね。

かまってチャン♪(大爆笑)。

ソッカー池田おく万チョンの輩は、

日蓮大聖人様の「大仏法」が、うらやましくて仕方ないのだと思います。

が、故に、、(汗)。 駄文は慎みたく存じます♪けど、 

なんせマンセぇ、、”ソッカーみんすう”の民は

3000円のニセ本損で「即死ぶつ」なのですから、、。 

可哀想ですけど、今世では救いようがござい魔てんww。

小野塚さん

こんにちは。

> 学会員には共通する特徴がありますね。他人を利用しようとする心が強い。だから同じ国民であっても周囲から違う人達だと思われてしまう。そして仏教ではないだろうと思っている人達も多い。
> その証拠に池田のスピーチを見たり読んだりしても御書を紐解き拝読しようという気にならない。仏教にも興味が湧かない。創価に利用されていることを肯定化してしまう作用だけがあるわけです。呼び覚まされるのは、他人を支配し利用する習慣や創価に同化していく習慣が醸成される。

それでも他人を利用できるくらいの能力があればまだしもそうした能力もない。だから創価に利用されるだけの人生になってしまうのですけど。




天覇さん

こんにちは。

> ソッカー池田おく万チョンの輩は、
> 日蓮大聖人様の「大仏法」が、うらやましくて仕方ないのだと思います。

私もそう思いますよ。だから破門されて30年も経つのにまぁ~だ正宗に絡んでくる(笑)
破折や折伏するならわかるけど、ただ単に悪口いって仲間内で喜んでいるだけ。
しかもいい年齢のおっさんとかおばさんが(笑)


> 3000円のニセ本損で「即死ぶつ」なのですから、、。 
> 可哀想ですけど、今世では救いようがござい魔てんww。

3000円出せばもう少しオシャレな掛け軸を買えますよね~(笑)

何に縁するのか? で、人生は決定されます。

十界論って有りますよね♪

9界は、様々な機縁により発生しますけど、

6道輪廻で四苦八苦している私が言うのも何なんですけど、、(汗)。

最上位の「仏界」は、人法一箇の大御本尊さまに帰依しなければ涌現できま天♪

なかんずく!
「創価池田おまん教」の教えでは 

駄地獄💛に直行ですww。

天覇さん

こんにちは。

> 十界論って有りますよね♪
> 9界は、様々な機縁により発生しますけど、
> 6道輪廻で四苦八苦している私が言うのも何なんですけど、、(汗)。
> 最上位の「仏界」は、人法一箇の大御本尊さまに帰依しなければ涌現できま天♪

その通りですね。仏界所具の仏界を持っているのは御本仏以外にいませんからね。
ダイサックがいくら偉大だとしても彼の所具してる仏界は九界所具の仏界であって仏界所具の仏界ではありません。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。現在は池田創価から日蓮正宗に戻り法華講員です。池田創価の風聞・風説を基にした批判や悪口ではなく、日蓮大聖人の法門・法義・事実を基に大謗法の池田創価とその他異流儀を破折します。また破折以外にも教学など日蓮大聖人の仏法の話なども書いているブログです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。下のフォームまたは非公開コメントにてお気軽にお問合せ・ご相談ください。
創価・顕正に関する相談フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム
検索フォーム
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
2位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR