創価のケンカ友達が・・

今朝7時過ぎに、男子部時代からの後輩から電話が。
なんとなくイヤな予感しつつ出てみると
彼の、お父さんのSさんの訃報だった。
彼は俺が学会活動を始めた時の地区リーダーで
その時以来の付き合いだから20年以上付き合っている。
その父親であるSさんは当時副支部長だったかな?
で、よく自宅でスキヤキするときは招いてくれた。
俺がスキヤキ大好物なのを知ってて呼んでくれたっけ。

その後、俺が組織を追放されたときは、
Sさんも、息子である彼に俺との付き合いをやめる様に迫ったり
俺を追放したい幹部達の一人であり仲間だった。
しかしその後、その息子から
コトの一部始終をききそれを信じてくれて、
すぐに、「俺が間違っていた。申し訳なかった」と謝罪してくれた。
なにせ、その時は俺達の言い分など
聞く耳すら持ってない幹部ばっかりだったし、
「オマエが悪い」という空気がゾーン内にあったから、
俺達の言い分を聞き、信じてくれ、そして謝罪してくたのは嬉しかったな。
その当時の組織の上一人から下万人の活動家の中で、
後にも先にも謝罪をしてくれたのは、Sさんだけだ。

その後は、年に一度12月に会う機会があり
会うたびに、俺は創価の謗法を語り
Sさんは、それでも創価の正義を語り
毎年2時間くらい、喧々囂々とやりあう。
最初は、御書でやりあうんだけど
しまいにゃ、「御書に書いてあることが信心の全てじゃないんだよ」と言い出し
「そうですよ。だから御書にないからって血脈相承をひていちゃダメでしょ」と言い返し
最後は、この続きは1年後にやりましょう。っていって帰ってくる。
ここ十年はそんな付き合いだった。
Sさんは、なんとか俺を創価の組織に戻してくれようとしてたらしく
色々と組織中で言ってくれていた。ということも人伝てに聞いていた。
今年の初めに入院し、春先に一度退院した時も、
自宅に、退院祝いの花を持って行って少し話したが、
その時にも、創価の本尊義についてケンカした。
もっとも、その時はSさんの体調を考え「軽い」感じのケンカだったが。
結局それが、最後となってしまった。
いつかは、Sさんい創価の間違いを認めさせてやろうって思ってたのに・・・
(Sさんからしてみればその逆を思っていたのだろうが)
先月くらいの後輩の話では回復の方向に向かっているような感じだったので
今年も来月12月にはまたやりあえると楽しみにしたいたのだが・・

Sさんは、創価の活動家の中で唯一やりあえるオヤジだった。
というか唯一、俺と正面から正々堂々と戦うオヤジだった。
それが、とっても心地よい。
陰口しか叩けないでコソコソ逃げ回る
他の連中とは大違いだった。
Sさんの奥さん(後輩のお母さん)に聞いた話だが、
20歳上年下の俺をライバルと呼んでいたらしい。
光栄なことである。
Sさんんは、一本気で単純。男子部みたいにイケイケの壮年部だったぁ。
昔の創価男子部の匂いがプンプンしてくるようなオヤジだった。
まぁ、おれの好きだった創価の匂いだな。
その、Sさんが亡くなるとは全く想像もしていなかった。
なんとも様々な思いがあるが、
創価活動家の唯一の「ケンカ友たち」を失った淋しさが一番大きい。

お昼頃、枕花をお供えに自宅にお邪魔した帰りの車中、
ふと、撰時抄の

◆業ふかくして但南無とのみとなへて仏とはいはず、今日本国の高僧等も南無日蓮聖人ととなえんとすとも南無計りにてやあらんずらんふびんふびん

の一節が頭に浮かんだ。
大御本尊(大聖人)を捨てた創価で活動する会員さんたちは、
ただ「南無」だけ唱えて、「仏」(日蓮大聖人)と言っていないのだ。と。
そして、本当は今世のうちに大聖人(大御本尊)と
お会いすることができるのに
それをしないまま一期を過ごしてしまうんだ。と。
それは、そう言っている自分自身も同じなんだなぁって思った。
まぁ、俺もいつまでもコレじゃいかんな。って思ったよ。
いつかは、今世のうちに大聖人にお会いしなければ。と思った。

ともあれ、創価のケンカ友達をなくして寂しい気分の夜です。

「Sさんが創価の悪に引かれず無事霊山まで連れて行ったください」と
大聖人にお願いした。
ケンカの続きは、また来世でやりましょう。
いや、来世は共に大御本尊の元戦いましょう。
まずは、少しの間ゆっくりしてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

指導と指南

昨日書ききれなっかたので
今日は昨日の続きで「指導主義」について
もう少し書こうと思っている。

池田センセをはじめとする
創価幹部の言葉は「指導」だよね。
それに対し、日寛上人をはじめとする
歴代法主の言葉のことは
「指南」と呼ぶ。
この、「指導」と「指南」
ニュアンス的には同じように聞こえるんだけど
全然、違う。

「指南」というのは
指南車が常に南を指している(向いている)ことからきた言葉で、
「常に同じ方向」を指しているのが「指南」
「指導」というのは
「ある方向」に向かって導くこと。
この二つは大きく違う。
「指南」は常に同じ方向を指すが
「指導」は常に同じ方向に導くとは限らない。
「指導」とは「指導者」の「意図」や「考えで」によって
進む方向は変わっていく。
故に、「指南」はブレないが
「指導」はブレる。
その証拠に、破前破後(破門前・破門後)では
池田センセの「指導」は180度変わり
それに合わせて創価の本尊・教義・化義も
戸田時代とは似ても似つかぬものになっている。
「指導主義」というのは「指導者の心一つ」でどうとでも変わってしまう。
社長が変わったら、それまでと全然違う事を言い出す。
それと同じだ。
だから、「指導主義」には
「普遍性」も「永遠性」もない。
対する「指南」は常に同じ方向だ。
大聖人仏法における「南」とは
「大御本尊」である。
創価がどう言おうと、歴代法主は
「戒壇大御本尊」を指して来たのは事実だ。
日興上人以来それは、全くぶれていない。
正宗が身延と違い本尊に迷わなかったのは
歴代の「指南」があればこそであり
「指南」が「指南」たりえたのは
「唯授一人血脈」故である。

◆此の経は相伝に有らざれば知り難し(一代聖教大意)

創価は否定するかもしれないが
たったの三代目から既に二代会長の言ってることと
真逆の指導をしているところを見れば
いかに不相伝の凡夫に大聖人の仏法が知ることが難しいかよくわかる。
なので誤つことなく大御本尊の方向に指導をするためには
「唯授一人血脈」を認め(信じ)
歴代法主の「指南」に学ばなけれな
本当に会員が幸福になる「指導」はできない。
そのご歴代の中でも最も分かりやすく
また多岐に渡ってご指南をされた日寛上人の言葉を
「時代にそぐわない」などと言って切り捨てる。
日寛上人の「指南」を
池田センセの「指導」と同じだと思っているところが
すでに「信心がない」と言わざるを得ない。
大御本尊の方向を指さない指導は
少なくても「大聖人仏法の指導」とは言わない。
今の創価指導とは
池田センセの池田センセによる池田センセのための言葉にほかならい。
どれだけ池田センセが世間的に立派な人であっても
大聖人仏法の事を全くわかっていない習いそこねの爺さんだ。

◆一念三千の法門をふりすすぎたてたるは大曼荼羅なり、当世の習いそこないの学者ゆめにもしらざる法門なり(草木成仏口決)

もしも、このブログを読んでいる学会員に
少しでも大聖人の仏法を知りたいという心があるのなら
今の、池田センセや創価幹部の本尊義と
日寛上人の本尊義と
どちらが大聖人の真意を汲んでいるか
どちらが日興上人の真意を汲んでいるか
自分で一度精査してみるといい。
その上で池田センセが正しいというならば
それはそれで致し方ないが
「創価の指導」が「正しい指南」になっているかどうか?
一度は自分で考えてみるのもいいのではないか?

いずれにせよ、「指導」というのは
必ずじも「正しい方向を指していない」といことは思っていたほうが良い。
そして「指導」というのは「命令」ではないから
必ずしも「指導のとおりやらなくてはいけない」といものでもない。
それも覚えていて欲しい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ





おっさんさんへ。(法論の件について)

先日、関西の元学会3世 さんのコメント中で
創価の教宣部だか広宣部だかと法論した話がありましたので
忘れないにうちに書いておきます。

あなたから申し出があった「法論」の件ですが
先月(6月15日)に、私より種々指定させてもらってから
半月以上経過しました。
私の中で半月は待とうと決めていましたが
その後、貴方から連絡先の通知もなければ
その他、一切のコメント等の連絡がありません。
私としては、貴方が実際に会って
法論をする気持ちはないものと判断させていただきました。
つきましては、貴方から申込まれた「対面法論」は
改めて「お断り」することを
この場で申し上げます。
この記事を読んでその後コメントいただくは結構ですし
あえてコメントいただなくても結構です。
どちらにしても、あなたとは対面法論いたしません。のでご了承ください。
私からすれば、最初から言っているように
創価の活動家と対面法論するのは時間の無駄以外の何者でもない。
何故なら、大御本尊を捨てた学会員の祈りが叶う。などと
創価教学で論証することは不可能である事を私は知っているからです。
また、あなたがどのようなことを言うのか
あなたが最後にどのような態度をとるのかも
おおよそ、予想が付きます。
そんな分かり切った作業をするために
わざわざ創価の活動家に会うのは面倒で時間の無駄なのです。
それでも「対面法論」を希望されたので了承しましたが
半月待ってなんの連絡もないようですから
今後、あなたと会って法論は一切いたしません。
どうしても不服であれば、
まずは私の質問した
「大御本尊を捨てた創価の祈りが叶う」ということを
文証をあげてこのブログへ投稿してください。
貴方のヒマな時で結構ですし
誰かお仲間に助けてもらっても結構です。
勿論、このままスルーしてもらってもいいですよ。
(寧ろ面倒なのでスルーがありがたいですが)
ブログでも対論はしない。というのが私の考えですが
【あなたに限り】このブログでの対論をします。
それでよければどうぞお書きください。
それ以外のどうでもいいようなコメントは必要ありませんよ。

おっさんさんと
そして読者の皆様にも
ご報告させていただきました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

慈折広布の御本尊

退転壮年部おじさんのコメントで
「慈折広布の御本尊」について書かれたあったので一言。
「慈折広布の御本尊」とは創価本部の大誓堂にご安置されている
創価学会常住の御本尊。
学会本部では、この慈折広布の御本尊に
お目通りすると功徳があるっていう触れ込みだが
「どこか特別な場所に行く必要ない」と言って
宗門の登山を批判しているその口で
「大誓堂」を特別な場所にしたててる
相変わらずの二枚舌ぶりは置いといて
この御本尊を書写し下付したのは
ご存知の通り、日昇上人だ。
そしてどの御本尊を書写したかといえば
当然の如く、戒壇大御本尊でる。
これまた、ご存知かもしれないが
その日昇上人のご指南を、確認のために引用する。

■日蓮大聖人様は弘安二年十月十二日に本門の本尊を建立せられ、この本尊を一器の水を一器に移すように日蓮、日興、日目と付属せられ不肖日昇までに伝えられ、丑寅の勤行怠慢なく今日まで伝えられたのであります。本門の戒壇の本尊こそ富士大石寺にまします三大秘法の御本尊であります。(聖教新聞 昭和27年)
■久遠本仏たる宗祖日蓮大聖人は南無妙法蓮華経をお唱へ出された年から二十七年即ち弘安二年に出世の御本懐たる本門戒壇の大御本尊を一切衆生に総与遊ばされたのであります。 (大白蓮華 昭和二七年)
■戒壇の大御本尊の御内証を、帯し奉って不肖日昇六四世の法主として、御本尊様に信仰をそめておしたため申しあげている御本尊でございまする。(聖教新聞 昭和30年)
■夫れ戒壇の本尊は宗祖日蓮大聖人の本懐、末法衆生の帰命の法体、一宗依止の当体なり。宗祖日蓮大聖人弘安二年十月十二日之れを建立して、血脈付法の二祖日興上人に身に当て給わるところなり。 (大日蓮 昭和30年)

このように、学会の大誓堂にご安置されいる
慈折広布の御本尊とは
日昇上人が、唯授一人血脈により、
弘安二年の本門戒壇大御本尊の内証を書写し
創価学会にお下げ渡しした御本尊なのだ。
しかるに、創価は
その唯授一人の血脈相承を否定し
戒壇大御本尊を信仰の対象から除外した。
それはつまり、学会常住の
慈折広布の御本尊の根本を否定した。
ということに他ならない。
そんな、学会員が
大誓堂などという邪教チックなネーミングの場所に行き
慈折広布の御本尊に祈ったところで何の意味もない。

◆本師既に曲れり末葉豈直ならんや源濁れば流清からず等是れ之を謂うか(太田入道殿御返事)

根本を否定しておいて、慈折広布の御本尊も何もなのである。
いやむしろ、正宗の根幹を否定したのあれば
速やかに、慈折広布の御本尊を正宗に返納すべきなのである。
その昔、顕正会が自会の本尊がまだない時代に
創価にダミーで入会し、本尊をもらうと退会する。
あるいは創価や法華講の未活動家の家に行き
本尊を持って帰って自分達でつかう。
という本尊泥棒をしていたことを思い出す。
創価の大誓堂の慈折広布の御本尊は
正宗を騙して盗んだ本尊。
顕正会のお株を奪う手口の
本尊泥棒とは創価のことだと思うわけだ。
そしてそんなに重要な慈折広布の御本尊を所持しているのに
なぜが会員に渡すのは「日寛上人」の本尊だ。
慈折広布の御本尊をコピーすればいいんじゃね?
学会常住の本尊の写じゃなく
なんで、淨圓寺の本尊のコピーなわけ?
いかに、創価が本尊なんてどうでもいい。って思っているかよくわかる。
こんな滅茶苦茶・支離滅裂な本尊義・本尊観
これでいいの?
どうなの?学会幹部・活動家さん。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


名前を変えたました

先日、このブログでの名前を変えました。
新ネームは、「否創価活動家」
「学会活動はしない」
「学会活動をさせない」
そんな活動をする活動家になるという決意です(笑)
まぁ、活動家さんに言わせれば
「何言ってんだよ。お前は!」って感じでしょうが
「活動をしない活動」
それが、大聖人仏法に即した創価活動家の活動だと思います。
ってなわけで、一応ご報告しておきます。
これからもよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR