ブログタイトルを変更しました。

最近、学会のカツドウカさんから
当ブログのタイトルでクレームがあった。
俺はもう学会員ではないのだから
「創価学会員による」というタイトルは
「ウソ」であり「ダマシ」だ。というようなクレーム。
ホント面倒くさいなぁ、学会カツドウカってのは。
カツドウカならば、他にいう事あるんじゃね~の?
「タイトル」よりも「内容」に文句があるんじゃね~の?
その肝心な「内容」については
クレームの反論もなしかい!(笑)

そもそもこのブログでも再三書いているように
俺は「除名」にもなっていなし
「退会」もしていない。
組織が勝手に退会扱いして
統監を落としたので会員資格を喪失だけで
俺が異議申し立てをすれば会員資格を再取得できるはずだよ。
なにせ私文書を偽造されて会員資格を失ったんだから。
本来なら、組織の責任を追及して
俺の退会届を書いたやつに慰謝料請求したいくらいだ。
それを不問に付してあげているのは
俺の優しさってもんだろう(笑)
(戻る気ないだけだけどね)
だから、俺的には自分を「学会員」と名乗っても何等問題ないと思っている。

でもまぁ、こういうくだらない事を言い出すカツドウカが出現し
そんなツマラナイ事でクレームつけられるのも面倒なので
今回、ブログタイトルを変更した。

以前読者の皆様にも色々と(案)をいただいたが
結構長年このタイトルできちゃったので
あまり大幅に変えるのもなんだし、
サクッとマイナーチェンジくらいに止めることにした。
(元)とか付けるのがセオリーなんだろうけど
どうも変なところで偏屈ジジイなので
「除名」や「退会」にもなってないのに
自分から「元」とか言っちゃうのは我慢ならないので却下。
「前」っていうのはなんとなくピンとこない。
そこで「旧」をつけてみることにした。
(旧)創価学会員。
うん、これが一番フィットするな。
(旧)創価学会員ってのは、
「古い」学会員とい意味合いで
俺の中では正式には
「日蓮正宗創価学会員」っていう意味だ。
覚醒してないと言われようが何だろうが、
(俺的には創価を退会するだけが覚醒とは思ってないが)
気持ち的にはいまでも、
「俺は日蓮正宗・創価学会員」だ。
そしてこの先、日蓮正宗に戻っても
多分、俺は「日蓮正宗・創価学会員」のままでいると思う。
そんなだから、なかなか勧戒を受けられないんだろうね。
心のどこかで、完全に創価を捨てなければ正宗に戻れないんじゃないか?
みたいな感覚がある。
今の創価にはとっくに愛想をつかしているが
(旧)創価学会はいまでも想っている。
だからずっと「日蓮正宗・創価学会員」でいたいんだよね。
これじゃ、正宗には行けないのかな?
と実は思っていて、それが勧戒を受けたい
という心にブレーキをかけている部分がある。

それはさて置き、そんなわけで今日からこのブログは
【(旧)創価学会員による創価ダメ出しブログ】
にタイトル変更になりました。
皆様方、今後も宜しくお願い致します。

そして創価カツドウカご一同様、
これでよろしいでしょうか?(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

非意味的切断さんのコメントへ(大御本尊の科学鑑定の件)

先日の非意味的切断さんのコメントへのリコメえお書きます。
コメントの内容は

★でしたら仮に、大御本尊を科学鑑定した結果、日蓮の書いたものではないと明らかになった場合も、
「別に日蓮は関係ない!誰が書いたかわからないけど三大秘法が含まれてるからいいんだ!」ということになるのでしょうか?★

とのことで、少し前あたりからよく言われている
「戒壇大御本尊を科学鑑定して真偽を明らかにせよ」という件に関連したことですね。
最近では、学会のカツドウカまでもコレを言い出す人も現れて
以前、このブログにも「大御本尊を科学鑑定しろ」と
息巻いてコメントしてきた、「いかにも男子部」ぽい方がいたなぁって思い出した。
では俺の考えを言うと、
大前提として「大御本尊を科学鑑定しろ」という発想自体がまづ理解できない。
もちろんその根底はご本仏の当体である大御本尊を科学判定する。
という発想・発言自体が謗法者の発想だという気持ちもあるが、
むしろ「そんなことをして何の意味が在るのか?」と逆に問いたい。

その理由は、ひとつは
「大御本尊を科学判定せよ」という人達の目的が
あくまでも「大御本尊を否定すること」にあるから。
話は少し変わるが、このようなブログを書いていると
「創価のナリスマシ」などと創価活動家に言われる。
まぁ、いまは「創価でなくなった」と言ってるのでナリスマシでもなんでもないが、
今年になって俺は、自分の御書と先日お巻した御本尊の画像をUPした。
普通に活動歴があって自宅に創価の御本尊があるのならば
「ああこの人は学会員でナリスマシじゃなかったんだ」と気づくはず。
ところが俺を「ナリスマシ」と言ってきた創価カツドウカは
「ごめんね。ナリスマシなんて言っちゃって。本当に学会んでしたね」
の一言も言ってこないでしょ?
どころか、「あの画像は本人のモノとは限らない」とかいうわけでしょ。
(俺をナリスマシって発言したカツドウカさん、いつでも謝罪受け付けてますよ)
つまり何が言いたいのかといえば、
科学鑑定せよ。なんて言っている連中は、
科学鑑定の結果がどうであれ「大御本尊はニセモノ」という主張は変えないってこと。
もし科学鑑定の結果大御本尊が大聖人在世のときのものだったら、
身延の各宗派は、日蓮正宗に帰伏するのか?
学会カツドウカは創価を退会して正宗に入信するのか?
しね~よ。絶対に(笑)
大聖人ご在世のものだと確定したら
今度は大聖人が建立したいう証拠はない。
とか言い出すに決まっている。
つまり「あいつはナリスマシだ。」と言い続けるカツドウカと同じ。
だから全く科学鑑定なんてしても意味がない。

そしてもうひとつの理由は、
大御本尊が一大秘法の法体であるかどうか?
は科学鑑定じゃわからない。ってことだ。
なぜか?
それは大御本尊を一大秘法たらしめているのは
大御本尊が大聖人の色心の二法であるからだから。
つまりは大御本尊には大聖人の心法が久住しているわけだ。
それをもって一大秘法とも法体とも呼んでいるのだ。
さて、大御本尊ニセモノ論者の人たちは
現代科学をもって「大御本尊には大聖人の心法が存在しない」と証明できるのか?
「いやいや心法が有るってことを証明しろよ」なんていう
子供だましの質問返しは止めてほしい。
「科学鑑定」を持ち出してきた方が証明するのがスジだ。
日興門流は何百年も、科学など使わず「三証」で
大御本尊が紛れもなく「法体」であることを証明してきた。
創価があれだけ大きくなったのも
大御本尊に仏力・法力があったからこそ。でしょ。
それが証拠に破門後は、
公称800万世帯?から全然増えてないじゃん。
どころか実際には減っている。
公明の比例得票だって、ただの一度も大作センセに言った
1000万票に届いたことすらない。
おっと話が少しそれてしまったが、
「心があるか?ないか?」なんてことは
現代科学において判定できないのが常識だ。
だから「意味がない」というのである。

以上のことを踏まえたうえで、ここからが非意味的切断さんへのリコメになります。
リコメといっても、ほぼ非意味的切断さんが書かれたとおりです。
「ニセモノ」とは何をもってニセモノなのか?
仮に大御本尊が大聖人滅後に誰かによってご建立さてたと
科学鑑定でわかったとします。
これも「偽書論」同様に、そうだったとしても何の問題もありません。
何故なら、正宗の歴代法主が、そして僧俗(退転者は除きますが)が
みな「大御本尊は大聖人の色心二法である」と認めているからです。
それは先ほど書いたように多くの僧俗が
大聖人の仰せのとおりに「三証」で証明してきたのです。
これを否定するのは、無知か邪智のどちらかです。
「そんな正宗の法主のいうことに盲信するなんて」とい反論もあるでしょうが
再三書いていますが、仏法の付属・相伝・相承と言われている内容は
あくまでも「法体」の付属・相伝・相承であり
大聖人が言われている三国三師(大聖人を除く)の相承も全て
唯授一人・面授口決です。

◆此の経は相伝に有らざれば知り難し(一代聖教大意)
◆此の本尊の依文とは如来秘密神通之力の文なり、戒定慧の三学は寿量品の事の三大秘法是れなり、日蓮慥に霊山に於て面授口決せしなり(御義口伝巻下)

さて、「大御本尊」のことを正宗のご歴代以上に知っている方はいるでしょうか?
大御本尊を否定してる人達は、一体誰から面授口決を受けて否定するのでしょうか?
まさに、不相伝家門流の姿であり発想としか思えません。

おっとまた話が逸れちゃいましたね。
仮に大御本尊が大聖人滅後の後世に建立されたとしても
それにはちゃんとした理由があり
ちゃんと大聖人の心法を移された
もちろんその内容は我々凡夫は知ることもできませんが
そうだったからこそ、一大秘法の法体として今に至るまで厳護され信仰されていたのです。
もしも誰かが勝手に作ったものならば
とっくの昔に他宗に言われる前に法主が否定したはずです。
もちろん「別に日蓮に関係ない」といは言いませんよ。
大聖人の色心二法ですから。
そもそも大聖人に関係ない。ものには三大秘法は含まれていませんしね。
ですから創価には何処にも三大秘法はない。というわけです。

最後に、もしも科学が進み「大御本尊に大聖人の心法が存在しない」と
誰もが納得する結果が出た時には
私は潔く大御本尊信仰を改めます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



ついにお別れの時が。創価からの完全追放。

数日前仕事の件で所属のB長さんに電話したときのこと
「学会やめちゃったの?」って聞かれた。
実は、こんなこと聞かれるのは初めてじゃなく
過日のSさんの葬儀の折にも
仲の良い学会活動数人からから同じように
「学会をやめたのか?」と聞かれた。
もちろんそんな事実はないので否定したが
すぐに俺にはピーンときた。
というのも数ヶ月前に俺の統監がない。
という噂を耳にしていたからだ。
そう、母の退会そして勧戒の頃と同時期の話だ。
まぁ、その時は確認しなかったのだが、
今日改めて支部の統監責任者のTさんに電話してみた。

「もしもし。Tさん?俺の統監ってまだ残ってるの?」
「いや、○○さん(俺のこと)の統監はもうないよ」
「え?どうして?」
「いや、○○さんから退会届がでているので統監を落とすように上から指示さたたからそうしたんだよ」
「え~!俺は退会届なんて書いてもいなしだしてもいないよ」
「え?そうなの?」
「そうだよ。今更そんなモン書かないし学会をやめるつもりもないし。」
「Tさん。俺の退会届を見たの?」
「いや。見ていない。ただ上からそう言われたから・・・」
「まぁ、全く組織にもついてないから退会したって思っても不思議じゃないけどね」
「でも、本当に退会していないなら問題だよ。上に言おうか?」
「いや。いいよ。そんなことをしたらTさんも面倒に巻き込んじゃうし」
「いやいや。これは放っておけないでしょう」
「いや。もういいよ。俺は確認の為に連絡しただけで、どうこうして欲しいわけじゃないから」
「でも・・・・」
「いや本当に気持ちだけで充分。このまま学会から去るよ」

ついにこの時がきましたね~。
創価学会からの完全追放されてしまいました。
しかもやり方が斬新です。
退会したとウソをついて統監を落とし学会員から除外です。
さすがは創価幹部です。
どんな手を使っても自分達に邪魔になるものは排除する。
こうでなくては幹部にはなれません。
よく考えたなぁって心底感心する。
統監を意味なく落とすわけにはいかない。何か理由が必要だがその理由も見つからない。
かと言って除名にするのであれば今度は誰かがそれを俺に伝えに来ないといけない。
そんな猫の首にスズを付けにいくような事は誰もやりたくない。
極力面倒な手続きをしないで、なおかつ俺と会うことなく排除するには
「退会したことにして統監を落とす」のは最も効果的な方法だ。
どうせ、俺は十年以上組織にもついてないし
統監を落としたところで俺に分かるはずもない。と思ったんだろうな。
少しはペテンが回るようになったんだね(笑)
しかし、最後までヘタレというか小賢しいというか嘘つきというか・・・
変わらないんだなぁ。この人たちは。

まぁ、そんなわけで「いつの間にか創価学会員じゃなくされた」わけだが
不思議と怒りは湧いてこない。
勿論、退会してない人間を退会した。とウソをついたことに対しては憤りを感じるが、
創価を追放されたことに関しては、怒りよりもむしろスッキリした。という気分だ。
遅かれ早かれ俺が創価を追われることは分かっていたし覚悟もしてた。
だったら先に退会しちゃおうか?と思ったこともあったが
俺が創価に縁させた会員さんを残して自分だけさっさとやめることはどうしてもできなかった。
でも、今回のこの処遇はそうした俺の悩みを一気に解決してくれた。
一番いい形で創価から離れることができたと感じる。
自分で辞めるのは皆に申し訳ない。
かといって除名では皆に不信感を与える。
でも、今回はそのどちらでもない。
創価の幹部・組織が、俺が退会したとデッチ上げ
統監を落とし創価から追い出したのである。

この形であれば何の問題もない。
俺は辞めてないのにやめたことにされた。のだから
誰に対しても、そして自分に対しても負い目がない。
もし創価の活動家に退転者と言われたら
「俺の退会届を見せてみろ」ということもできる。
まさに、最高の結末である。
そう思うと、こんな策略を巡らせたカスでゲスな幹部に感謝の気持ちすらわいてくる。
思うにこれは大御本尊様のお計らいなのだろう。
いつまでも、グズグズと創価に居続ける俺を
見るに見かねて一番いい形で創価から離れさせてくれたのだろう。
謗法集団から俺を救い出してくれたのだ。
本当に凄いご本尊である。
こうなった以上は後は勧戒を受ける事を真剣に考えられる。
来年には大御本尊にお目通りできる可能性が出てきたとおもうと嬉しくて仕方ない。

と小躍りしていたが、ひとつ問題発生。
それはこのブログのタイトルだ。
こうなったら「創価学会員による」ってのはウソになっちゃう。
そういうところ言ってくる活動家もいるだろう。
変えないといけないんだけど、大きく変えるわけにもいかないし。
「元創価学会員」?「追放された創価学会員」?
何がいいですかね?
読者の皆さん何かありませんか?

まぁ、ともあれそんなわけでもう私は学会員じゃなくなりましたことを
読者の皆様にご報告いたします。
また、地元の活動家・幹部の皆様(このブログ読んでいるのバレてますよ)
今後、街中で私の姿を見かけた時には
今まで以上に素早くお逃げください(笑)
今度は敵味方はっきりしたので
万一、私に捕まったら今までのように手抜きなしで
ガンガン破折しちゃいますから(笑)
アレでも今までは少し優しめに接していたのですよ。
今後はそんな甘い事しませんので
すぐに逃げてくださいね(笑)

にしても、本当にスッキリしたなぁ。
勿論、数々の思い出やら何やらもあるし
いざこうなってみると一抹の寂しや悔しやもあるが
自分自身が選んだ道だ。

さよなら。俺の創価学会!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

創価のケンカ友達が・・

今朝7時過ぎに、男子部時代からの後輩から電話が。
なんとなくイヤな予感しつつ出てみると
彼の、お父さんのSさんの訃報だった。
彼は俺が学会活動を始めた時の地区リーダーで
その時以来の付き合いだから20年以上付き合っている。
その父親であるSさんは当時副支部長だったかな?
で、よく自宅でスキヤキするときは招いてくれた。
俺がスキヤキ大好物なのを知ってて呼んでくれたっけ。

その後、俺が組織を追放されたときは、
Sさんも、息子である彼に俺との付き合いをやめる様に迫ったり
俺を追放したい幹部達の一人であり仲間だった。
しかしその後、その息子から
コトの一部始終をききそれを信じてくれて、
すぐに、「俺が間違っていた。申し訳なかった」と謝罪してくれた。
なにせ、その時は俺達の言い分など
聞く耳すら持ってない幹部ばっかりだったし、
「オマエが悪い」という空気がゾーン内にあったから、
俺達の言い分を聞き、信じてくれ、そして謝罪してくたのは嬉しかったな。
その当時の組織の上一人から下万人の活動家の中で、
後にも先にも謝罪をしてくれたのは、Sさんだけだ。

その後は、年に一度12月に会う機会があり
会うたびに、俺は創価の謗法を語り
Sさんは、それでも創価の正義を語り
毎年2時間くらい、喧々囂々とやりあう。
最初は、御書でやりあうんだけど
しまいにゃ、「御書に書いてあることが信心の全てじゃないんだよ」と言い出し
「そうですよ。だから御書にないからって血脈相承をひていちゃダメでしょ」と言い返し
最後は、この続きは1年後にやりましょう。っていって帰ってくる。
ここ十年はそんな付き合いだった。
Sさんは、なんとか俺を創価の組織に戻してくれようとしてたらしく
色々と組織中で言ってくれていた。ということも人伝てに聞いていた。
今年の初めに入院し、春先に一度退院した時も、
自宅に、退院祝いの花を持って行って少し話したが、
その時にも、創価の本尊義についてケンカした。
もっとも、その時はSさんの体調を考え「軽い」感じのケンカだったが。
結局それが、最後となってしまった。
いつかは、Sさんい創価の間違いを認めさせてやろうって思ってたのに・・・
(Sさんからしてみればその逆を思っていたのだろうが)
先月くらいの後輩の話では回復の方向に向かっているような感じだったので
今年も来月12月にはまたやりあえると楽しみにしたいたのだが・・

Sさんは、創価の活動家の中で唯一やりあえるオヤジだった。
というか唯一、俺と正面から正々堂々と戦うオヤジだった。
それが、とっても心地よい。
陰口しか叩けないでコソコソ逃げ回る
他の連中とは大違いだった。
Sさんの奥さん(後輩のお母さん)に聞いた話だが、
20歳上年下の俺をライバルと呼んでいたらしい。
光栄なことである。
Sさんんは、一本気で単純。男子部みたいにイケイケの壮年部だったぁ。
昔の創価男子部の匂いがプンプンしてくるようなオヤジだった。
まぁ、おれの好きだった創価の匂いだな。
その、Sさんが亡くなるとは全く想像もしていなかった。
なんとも様々な思いがあるが、
創価活動家の唯一の「ケンカ友たち」を失った淋しさが一番大きい。

お昼頃、枕花をお供えに自宅にお邪魔した帰りの車中、
ふと、撰時抄の

◆業ふかくして但南無とのみとなへて仏とはいはず、今日本国の高僧等も南無日蓮聖人ととなえんとすとも南無計りにてやあらんずらんふびんふびん

の一節が頭に浮かんだ。
大御本尊(大聖人)を捨てた創価で活動する会員さんたちは、
ただ「南無」だけ唱えて、「仏」(日蓮大聖人)と言っていないのだ。と。
そして、本当は今世のうちに大聖人(大御本尊)と
お会いすることができるのに
それをしないまま一期を過ごしてしまうんだ。と。
それは、そう言っている自分自身も同じなんだなぁって思った。
まぁ、俺もいつまでもコレじゃいかんな。って思ったよ。
いつかは、今世のうちに大聖人にお会いしなければ。と思った。

ともあれ、創価のケンカ友達をなくして寂しい気分の夜です。

「Sさんが創価の悪に引かれず無事霊山まで連れて行ったください」と
大聖人にお願いした。
ケンカの続きは、また来世でやりましょう。
いや、来世は共に大御本尊の元戦いましょう。
まずは、少しの間ゆっくりしてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

指導と指南

昨日書ききれなっかたので
今日は昨日の続きで「指導主義」について
もう少し書こうと思っている。

池田センセをはじめとする
創価幹部の言葉は「指導」だよね。
それに対し、日寛上人をはじめとする
歴代法主の言葉のことは
「指南」と呼ぶ。
この、「指導」と「指南」
ニュアンス的には同じように聞こえるんだけど
全然、違う。

「指南」というのは
指南車が常に南を指している(向いている)ことからきた言葉で、
「常に同じ方向」を指しているのが「指南」
「指導」というのは
「ある方向」に向かって導くこと。
この二つは大きく違う。
「指南」は常に同じ方向を指すが
「指導」は常に同じ方向に導くとは限らない。
「指導」とは「指導者」の「意図」や「考えで」によって
進む方向は変わっていく。
故に、「指南」はブレないが
「指導」はブレる。
その証拠に、破前破後(破門前・破門後)では
池田センセの「指導」は180度変わり
それに合わせて創価の本尊・教義・化義も
戸田時代とは似ても似つかぬものになっている。
「指導主義」というのは「指導者の心一つ」でどうとでも変わってしまう。
社長が変わったら、それまでと全然違う事を言い出す。
それと同じだ。
だから、「指導主義」には
「普遍性」も「永遠性」もない。
対する「指南」は常に同じ方向だ。
大聖人仏法における「南」とは
「大御本尊」である。
創価がどう言おうと、歴代法主は
「戒壇大御本尊」を指して来たのは事実だ。
日興上人以来それは、全くぶれていない。
正宗が身延と違い本尊に迷わなかったのは
歴代の「指南」があればこそであり
「指南」が「指南」たりえたのは
「唯授一人血脈」故である。

◆此の経は相伝に有らざれば知り難し(一代聖教大意)

創価は否定するかもしれないが
たったの三代目から既に二代会長の言ってることと
真逆の指導をしているところを見れば
いかに不相伝の凡夫に大聖人の仏法が知ることが難しいかよくわかる。
なので誤つことなく大御本尊の方向に指導をするためには
「唯授一人血脈」を認め(信じ)
歴代法主の「指南」に学ばなけれな
本当に会員が幸福になる「指導」はできない。
そのご歴代の中でも最も分かりやすく
また多岐に渡ってご指南をされた日寛上人の言葉を
「時代にそぐわない」などと言って切り捨てる。
日寛上人の「指南」を
池田センセの「指導」と同じだと思っているところが
すでに「信心がない」と言わざるを得ない。
大御本尊の方向を指さない指導は
少なくても「大聖人仏法の指導」とは言わない。
今の創価指導とは
池田センセの池田センセによる池田センセのための言葉にほかならい。
どれだけ池田センセが世間的に立派な人であっても
大聖人仏法の事を全くわかっていない習いそこねの爺さんだ。

◆一念三千の法門をふりすすぎたてたるは大曼荼羅なり、当世の習いそこないの学者ゆめにもしらざる法門なり(草木成仏口決)

もしも、このブログを読んでいる学会員に
少しでも大聖人の仏法を知りたいという心があるのなら
今の、池田センセや創価幹部の本尊義と
日寛上人の本尊義と
どちらが大聖人の真意を汲んでいるか
どちらが日興上人の真意を汲んでいるか
自分で一度精査してみるといい。
その上で池田センセが正しいというならば
それはそれで致し方ないが
「創価の指導」が「正しい指南」になっているかどうか?
一度は自分で考えてみるのもいいのではないか?

いずれにせよ、「指導」というのは
必ずじも「正しい方向を指していない」といことは思っていたほうが良い。
そして「指導」というのは「命令」ではないから
必ずしも「指導のとおりやらなくてはいけない」といものでもない。
それも覚えていて欲しい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ





プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR