化義をバカにする学会員さん

「くまちゃん念珠」だとか「壁掛け仏壇」だとか
わけの分からないブツが堂々販売されていて
それを黙認する創価本部。
本当に信心がないんだなぁってつくづく思う。
活動家諸氏に言わせれば仏壇仏具にキマリはない。という事なんだろう。
この連中は、なんでもかんでも
「それは化義だから信心とは直接関係ない」って言うんだよね。
そういってなんでもかんでも自分たちのやりたいようにやる。
その最たるものが、いまの「短縮勤行」だ。
「化義だから」「御書にかてないから」
そんなことを言っては化義を変える。
別な言い方をするなら化義をバカにしているわけだ。
でもね。化義こそ信心。化義即化法なんだよ。

仏法を信仰することを「仏道」ともいうけど
この「道」とはなんだろうね。
仏道以外にも、「柔道」「剣道」「華道」「茶道」今話題の「相撲道」
いろいろが「道」があるけど、
この「道」というのものは正体は何なのだろう?
俺が思うには、それは所作だと思うんだよね。
スポーツならば時代によってルール変更があっても然りだが
でも「ルール」が変わっても変わらないもの。
そういった所作を指して「道」と呼ぶのではないだろうか?
例えば柔道や剣道。
礼に始まり礼に終わる。というが
「礼」はその競技とは直接関係ない。
それでも「礼節」を重んじる。
だから「道」と呼ばれる。
白鳳だってどんな立会いしようと勝てばいい。
スポーツや娯楽だったらそれでいいわけだ。
でも「相撲道」という場所から見た時に、
それは「相撲道」から外れた外道にうつる。
「勝てば試合に関係ないことはしなくていい」
それを「道」と呼べるだろうか?
俺にはそれを「道」とは思えない。

信心もまた同じである。
信心と言った所で「目には見えない」のである。
目に見えない信心を証明するのには
目に見える立ち振る舞い・作法以外
に信心を判断する方法はないのである。
つまり、化義を大切にすることが仏道修行であり
ご本仏を大切にする心のことであり
信心が清らかであることの証明なのである。

大聖人は一生成仏で、
◆然る間仏の名を唱へ経巻をよみ華をちらし香をひ ねるまでも
皆我が一念に納めたる功徳善根なりと信心を取るべきなり

とご指南されている。
唱題の時に姿勢や経典の読み方(勤行)
お樒をお供えしたり灯りをともしお線香をたく。
そうしたことすべてが「功徳善根」すなわち信心である。ということだ。

日有上人の化義抄にも
◇行躰、行儀の所は信心なり、妙法蓮華経なり、
而るに高祖、開山の内証も妙法蓮華経なり、
而るに行躰の人をば崇敬すべき事なり云云。

とのご指南もある。
「行躰、行儀」すなわち、正しい化義の実践が信心である。という事だ。

目には見えない信心が化義の中に確かに存在するするのである。
いや化義の中にしか事実としては存在しない。
これこそが大聖人の「事の一念三千」の信心ではないか。
短縮勤行・イカサマ御祈念文からはじまり
塔婆や戒名不要論。
果てには、ビニール樒に三具足なしの壁かけ仏壇などなど。
「化義だから直接関係ない」などと
能書き垂れて破壊してきたのが今の創価である。
化義の破壊は自身の信心の破壊であり
それは自身の幸福への道。の破壊なんだ。
そんな人間がいくら「信心」を語ったところで
単なる屁理屈でしか過ぎない。
いや大聖人仏法を語る資格もないと思う。

創価活動家諸君!
キミ達の「信心」とは具体的になんだね?
選挙や新聞啓蒙かね?
「勝てば何をしてもいい」というのかね?
それは、仏道ではなく単なる趣味の世界だ。
それこそ、選挙活動や新聞啓蒙なんて「御書のどこにも書いていない」だろう。

勤行や御本尊へのお給仕も、
ちゃんと「しようとしない」
それを化義だから。なんてしたり顔で言う学会活動家くん。
貴方たちがどれほど唱題しようと学会活動しようと
貴方たちには、「信心」の欠片もないと断言する。
俺たちの広宣流布は「化義の広宣流布」なんだよ。
まぁ、今の創価にはそもそも「法体」そもそもがないから
化義なんてどうでもいいのだろうが
学会員さんには教えておくよ。
自分の信心が正しいか間違っているか
それが一番わかるのは、
自分の所作。行躰、行儀だよ。
それが、貴方の信心の全てなんだよ。


にほんブログ村

何が「罰」で、何が「功徳」?

信心よりも商売熱心な仏壇屋「広宣堂」の事を書いてて思い出したのだが
昨年の大晦日に、地元の創価系仏壇屋がひっそりと閉店した。
このお店は、俺が男子部時代の本部長で
30歳半ばから公明党の市議会議員のYさんという学会員が経営していた店だ。
正確には、創業はYさんの父親で
経営していたのはYさんの弟。
Yさんはその弟の店の支店という形で
自営業というよりも給料をもらって「雇われ店長」という状況かな。
閉店の理由は、本店を切り盛りしていたYさんの弟さんが
昨年末に急死しお店を続けられなくなったからだそうだ。
Yさんの弟さんはY家で唯一のいわゆる未活・退転状態だったのだが
2年前に兄のYさんが折伏し学会本尊をご安置した。
その学会本尊をご安置してわずか2年。
50代前半の若さで亡くなられ
それがきっかけで、父親の代からの仏壇屋を閉店することになった。

さて、この公明党議員のYさんだが
創価が破門された時に正宗に移ったある社長さんが倒産したときに
「罰がでた」といっていた。
(この社長さんは俺も良く知っている人だった)
また、同じく当時正宗側に行った同業者である某仏壇屋が閉店を余儀なくされた時も
「罰が出た」と言っていた。
(こちらの仏壇屋さんもちょとした知り合いだった)
たまたま、閉店当日にYさんに会って閉店の事を知らされた俺は
「これって、罰が出たんですかね?」と意地悪な質問をすると
Yさんは悪びれる様子も怒る様子もなく
「いやこれは逆に功徳だとかんじているんだよ」と言ってきた。
え~。弟が死んでお店が無くなるのが功徳ってどうなの?と聞くと
彼がいうには功徳という理由は、
余り儲かっていない仏壇屋を閉店するいいきっかけになった。
店が亡くなった方が自分は議員の仕事に専念できる。
ゾーン婦人部長の奥様も店がなければ活動に専念できる。
だから「功徳」なんだそうだ。

正宗に行って会社を潰したり、店を閉店した人は「罰」で
自分の弟が死んで、父親が作って店を無くすのは「功徳」って?
なんだろうね。このロジックは。
同じ現象でも「功徳」と「罰」という正反対のカテゴリになるのはなぜ?
一体何が「罰」で、何が「功徳」なのさ?
その基準さは一体なんなのさ?
「創価にいれば何でも功徳」
「創価をやめれば何でも罰」
そういうことなでしょ。
そんなふざけたロジックでもって、
「創価学会には功徳があるから正しい」なんて真顔でいうアフォもいるわけだ(笑)
まったくもって、創価活動家の頭の中は蛆が湧いてとしか思えない。
こんなんだから「創価脳」って言われるんだよ。

そもそも、Yさんのお店のことを客観的に見れば
今回閉店せざるを得なかったのは、
兄であり長男であるYさんの力量不足なんだよね。
彼は自分の議員としてのツイッターや
インスタ・ファイスブックは一日に何度もマメに更新し
自分の議員通信も真面目に作り毎月配布し
また、朝の駅頭にも真面目に立っているのだが
肝心の店の方はというと、
ホームページは今どき見ないちゃっちい自作のサイト。
しかも更新はされていないしブログの一つも書いていない。
さらに、お店に関してはSNSのアカウントすらない有様である。
仏壇屋なんて確かに斜陽産業であるが
それでも工夫して頑張っているお店もたくさんある。
また、HPをはじめとするネットも色々と工夫しているところもある。
そんな中、シーラカンス並みのホームページで
しかも作っただけで放置プレイ。
そんなお店にお客さんが来るわけない。
来るのは顔見知りの学会員がお樒を買いに来るのが関の山である。
なんで、議員活動と同じくらい「商売」に熱心に注力していれば
父の代からのお店を閉店させずに済んだのである。
それが出来なかったってことは、
「仏壇屋」なんかよりも、「議員先生」の方が楽しくなっちゃったからだろう。
つまりYさんの場合、「罰」とか「功徳」ではなく
単なる自分の怠慢であり努力不足・力量不足。
それでお店を続けられなくなった。そういう話だ。
俺も小さいながら会社を経営しているからわかるが
弟さんもオヤジさんも、この長男がもっと一生懸命お店の事をやっていてくれれば
お店を閉めずに済んだのに。と絶対に思っているだろう。
一生懸命にお店の事をできなかったのは
議員になってせいであり、議員になったのは創価にいたせいである。
「功徳」なんていうものは「努力」の先にしかない。
こんな当たり前のことすら分からない人間に
尊敬される大作センセって可哀想だ。

それでも「功徳」と本人が思っている以上どうしようもないが
この程度の力量しかない人間を議員にしていて大丈夫なのか?
自分の本業も改革できず守れない議員が
何を変えることができるのだろう?
そっちの方が不安であり不信である。
しかし公明党の市会・県会クラスは
本当にこんなのばかり。
まぁ、学会本体が人材不足なんだから
公明党なんてそれ以下なのはしかたないんだけどさ。


にほんブログ村

思わず笑った「壁掛け仏壇」

数日前にSNSで「壁掛け仏壇」なるものを知った。
早速、ネットでそれを見てみると・・・・
思わず吹き出した。初笑い?
百聞は一見に如かず。まずは見てください。

壁掛け仏壇

どうですか?
俺は、完全にツボにハマっちゃいまして、
今もリンク貼りながらまた笑いがこみ上げてきた。
売り文句は、
「まるで絵画のような仏壇」
「壁にかけるのでどこでも設置可能」
「若い方のお部にも最適」
(とてもオシャレでしょ!だって。ここが一番笑った)
先日、念珠の話で、親珠の部分を加工した創価念珠のことを書いたけど
いやいや、今度は「壁掛け仏壇」とは恐れ入った。

母に聞いた話で、昔(昭和30年代)に母が初めて御本尊を頂いたときに
御本尊を釘で壁に吊るしていたらしいが
当時、大工だった父が「いくらなんでもこれは罰当たりだろう」といって
自作のお厨子を作ってくれて、そこにご安置し直したらしい。
これじゃ、未入会の父の方がよほど信心があるじゃん。って思ったよ。
そして時代は再び「壁掛け」に。
果たしてこれを「仏壇」と呼ぶのだろうか?
そもそもこの形式だと、三具足はどうするのだろ?
御本尊は壁に掛けて三具足は床に置く?
いや、この仏壇を選択する時点で
三具足は不要ということなんだろうね。
三具足不要ということは、
ご本尊に、華も香も灯もご供養する気はありませんよ。
ということなのだろう。

新製品を開発するのは自由だが
この店は「創価学会専用」を謳っているのだから
この「壁掛け仏壇」という商品は
学会本部も認可している。ということだよね。
だったら、俺からひとつアイディアをだそう。
扉に、大作センセと奥様の写真や
三大会長のイラストをプリントすれば
絶対に、「虹」とか「イルカ」とかよりは売れると思う。
売上の10%も上納すれば学会本部もOKだすでしょう。
いや、いっそのこと扉に創価本尊をプリントをして
中身にセンセの写真でも飾っておいたほうがいいかも?
どっちにしても、大作センセとのセット販売がヒットする条件だ。
【貴方の生命(本尊)をセンセイがいつでも見守ってくれています】
こんなキャチコピーに、バリカツ会員の胸はキュンキュンですね(笑)

しかしまぁ、ここまで御本尊を雑に扱えるとはね。
仏意仏勅の団体だから何をしてもいいんだね。
もっとも、大御本尊を捨てた学会員の創価本尊は
単なる掛け軸だから別にこれでもいいけどね。
創価本尊にお似合いっていえばお似合いだけど
それならば昭和30年代の俺の母同様に
ダイソーのフックに引っ掛けておくだけで十分でしょ。
100円のフックで事足りる。
それこそ、どこでも設置可能でしょ?
トイレとかに掛けておけば、う○こしながら題目もあげられるよ。
これで今日から、貴方のおうちのトイレは
立派な「本門の戒壇」に早変わり(笑)

にしても、学会員に問いたい
信心ってなんじゃろね(高倉健風)


にほんブログ村


新年おめでとうございます!

◆春の初の御悦び木に花のさくがごとく山に草の生出ずるがごとしと我も人も悦び入つて候(春初御消息)

皆様、あけましておめでとうございます。
いよいよ2018年も始ましましたね~。
いいお正月をおすごしでしょうか?
私の地元ではこの3が日はお正月らしい穏やかな毎日です。
(今日は多少風が強いかな)
例年通り、嫁の実家にいったり墓参り行ったりですが
基本、自宅でダラダラのんびりしています。
昨年までと違ったのは、元旦に初めてお寺にお詣りしたことかな。
創価の時は新年勤行会・・ここ10数年は特に初詣はしなかったけど
今年は菩提寺へ元旦からお詣りしました。
勤行会の時間には都合がつかづに行けなかったので
誰もいないお寺に一人で行って少しお題目をあげ
ご住職がいなかったので執事さんに新年の挨拶と
ご本尊様に、少しだけどご供養をさせていただきました。

◆正月の一日は日のはじめ月の始めとしのはじめ春の始め此れをもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく日の東より西へわたりてあきらかなるがごとくとくもまさり人にもあいせられ候なり。(十字御書)

1年の計は元旦にあり。というように正月は1年の始まり。
お寺に参詣しご供養することができる喜びを感じることができました。

◆源濁れば流清からず等是れ之を謂うか(太田入道殿御返事)
◆水すめば月うつる風ふけば木ゆるぐごとくみなの御心は水のごとし信のよはきはにごるがごとし、
信心のいさぎよきはすめるがごとし(妙一女御返事)

1年のはじめの正月にどこを源に祈り願っていくか
とても大切なことですね。

ともあり、今年も1年間自身の健康と商売繁盛を祈り
また本ブログの読者の皆様方の無病息災と幸福を
御本尊様にご祈念申し上げました。
今年もいい1年にしましょうね。
そして一人でも多くの学会員さんが
創価の邪義・謗法に気づき大御本尊(大聖人)への信を取り戻せますように。

今年も宜しくお願い致します。


にほんブログ村

今年も1年間ありがとうございました。

毎年のことですが早いもので今年も大晦日になりました。
嫁は朝からおせちや正月料理を作っていて大忙しです。
私はというと・・はい。ダラダラと過ごしています。
キッチンから時折嫁の痛い眼差しを感じなるべく目立たないようにしています(笑)
この年末に来て、学会本部を19歳の少年が襲撃したニュースが飛び込んできましたが
特にどうこう思うこともなく読み流しました。
またネットでは学会本部の「査問」の呼び出し状?が拡散されていますが
大晦日に創価ネタなんて書いては縁起が悪いのでやめておきます(笑)

今年は個人的には正式に日蓮正宗に戻った感慨深い一年でした。
心残りは年内に大御本尊にお目通りをしなかったことですね。
来年は早いうちにお目通りに参詣したいと思っています。
また、今年も当ブログのコメンテーターの皆様から
様々な嬉しいお知らせをいただき私も勇気や確信をいただけました。
私も含めみなさんが日々楽しく有意義に過ごしていくことが
謗法創価の証明となります。

そんなわけで、今年もあと僅かで終わりです。
1年間本ブログを書き続けることができたのも
読者やコメンテーターのみなさんの支えがあればこそと感謝していおります。
勿論、創価側の読者・コメンテーターさんも含め感謝しています。
この場を借りて御礼申し上げます。

それでは、皆様。良い新年をお迎えください。
1年間ありがとうございました。

創価ダメ出しブログ・管理人


にほんブログ村


プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
8位
アクセスランキングを見る>>