創価教学じゃない御書講義(30年4月座談会御書・如説修行抄)

天台云く「法華折伏破権門理」とまことに故あるかな、
然るに摂受たる四安楽の修行を今の時行ずるならば
冬種子を下して春菓を求る者にあらずや、
鷄の暁に鳴くは用なり宵に鳴くは物怪なり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「如説修行抄」だね。
毎回「自虐ネタ」のように座談会で御書講義なんてしなくていいのにって思うけど
一応、「御書根本」と謳っている手前やらなきゃいけないのかな?
さて、今回の「如説修行抄」も創価時代に何十回も講義した御書で
題号の「如説修行」を理解すればOK。
「如説修行」とは何か?それを念頭に本文を読んでいくべき御書です。
題号の講義だけでほぼ完了してしまう御書という事です。
「如説修行」については色々と講義はできるけど、
まずは基本として、「如説修行」には以下の三義があります。
1、人法相対 2.師弟相対 3.自行化他  です。
「如説」は「法」で、「修行」は「人」・・・人法相対
「如説」は「師」で、「修行」は「弟子」・・・師弟相対
「如説」は「化他」で、「修行」は「自行」・・・自行化他
そしてまた、この題号には三大秘法があります。
「如説」は本門本尊で、修行は本門題目。如説修行の所は本門戒壇。という感じです。
ここからまた話は膨らむのですが今回の御文に必要なところを説明すると
人法相対の義でいうと如説は「法」だけど、これを開くと「如説」にまた人法があります。
「如」は如来で仏故に「人」であり「色法」。「説」は言葉ですから「法」であり「心法」
更には「説」の一字にも、「能説の法」と「所説の人」の人法があります。
これを「本門本尊」というわけです。
つまり、「如説」とは人法一箇。ご本仏の色心二法の大御本尊の事で、
その大御本尊を信じて題目を唱える所を「修行」とするわけです。
それが大聖人仏法の如説修行の根本です。
次に「修行」とは自行化他を指します。
「修」は修める故に「自行」であり、「行」は行動故に「化他行」とこうなるわけです。
如説(化他)に対すれば、修行は自行なんだけどその修行の中にまた自行化他を含むわけで
そのココロは、「如説のごとぐ修行する」ということですね。自行即化他という事です。
「如説のごとく修行する」というのも色々な解釈ができるんだけど
今回の御書に即して言えば

◆所詮仏法を修行せんには人の言を用う可らず只仰いで仏の金言をまほるべきなり

といことです。
「仏の金言を守る」とは一つに「御書」に説かれる法門法義を守るということなんだけど
もう一つ「仏の金言」=「如説」=一大秘法の大御本尊であるから
「大御本尊」を仰いで守る。という意味もあるわけです。(ハイ、ここテストに出すよ)
以上のことから結論すると、
大作センセの指導を守っても、創価のカラーコピー掛け軸に祈っても
「大作センセ」も「カラーコピー掛け軸」も、「如説」(仏の金言)ではないから如説修行にならない。ということ。
もちろん「如説修行」といのは総じては内外にも通じるから「外道の如説修行」にはなるけど
その「外道」「権門」を破折しているのが、今回拝読の「法華折伏破権門理」と言葉だね。

今回の拝読箇所は、摂受・折伏の摂折二門の内、折伏がメインであることを言われているところだね。

◆仏法は摂受折伏時によるべし(佐渡御書)

とあるように「時」に適った修行は折伏であるということ。

◆無智悪人の国土に充満の時は摂受を前とす安楽行品のごとし、邪智謗法の者の多き時は折伏を前とす常不軽品のごとし(開目抄下)
◆然るに今世は摂受の時か折伏の時か先づ是を知るべし摂受の行は此の国に法華一純に弘まりて邪法邪師一人もなしといはん、此の時は山林に交つて観法を修し五種六種乃至十種等を行ずべきなり、折伏の時はかくの如くならず経教のおきて蘭菊に諸宗のおぎろ誉れを擅にし邪正肩を並べ大小先を争はん時は万事を閣いて謗法を責むべし是れ折伏の修行なり、此の旨を知らずして摂折途に違はば得道は思もよらず悪道に堕つべしと云う(聖愚問答抄)

とあるように「末法」のこの時は法華一純に広まっておらず邪智謗法の者が多いので折伏でなんだね。
またそもそも大聖人仏法は下種仏法であるから「折伏」が本になるんだよ。

◆下種摂折二門の本迹 日蓮は折伏を本とし摂受を迹と定む法華折伏破権門理とは是なり。(百六箇抄)

もちろん、

◆何ぞ必ずしも折伏の時摂受の行を修すべけんや、但し四悉の廃立二門の取捨宜く時機を守るべし敢て偏執すること勿れ云云。(五人所破抄)

とあるように、四悉を心がけることも大切だけど、基本は折伏だよ。
学会員さんでも、無智の人と邪智の人がいる。
無智のひとには為人悉檀。邪智には対治悉檀。といった感じ大切かな。
もちろん変えていけないのは第一義悉檀。大御本尊はご本仏である。ということだよ。

さて、今回の御文を創価活動家が学んでどうすんでしょう?
この御書には

◆権門をかつぱと破りかしこへおしかけここへおしよせ

と書いてあるけど、
街角で会えば逃げ隠れしてしまい
このブログに来ては罵詈雑言の書き逃げしかできない
物怪学会活動家に「折伏」なんてできないでしょ?
え?三類の強敵?
出るわけないでしょ。外道の如説修行にそんなもん(笑)
だからとっとと「日顕宗」とやらを破折してみなさいな。
「カラーコピー掛け軸」や「創価学会仏」の正義を語ってみなさい。
それも、できないで陰でコソコソとくっだらないブログ書いたり
「あいつから連絡が来ても無視しろ」といったり
物怪創価の会員さんはお気の毒ですね。


にほんブログ村





創価教学じゃない御書講義(30年303月座談会御書・寂日房御書)

かかる者の弟子檀那とならん人人は宿縁ふかしと思うて日蓮と同じく法華経を弘むべきなり、
法華経の行者といはれぬる事はや不祥なりまぬかれがたき身なり
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「寂日房御書」です。
創価御書には、「与寂日房日家」と記されていますが、正宗版御書にはその記述はありません。
正宗では「日家」と「日華」は同一人物と判断されたようでその文言は削除されました。
正宗と別れた創価では「御書」を改正することができない。悲しい事です。
因みに、「日家」と「日華」別人説は、身延の説です。
まぁ、そうはいっても今の学会員は御書を使わないのであまり関係ないでしょう。
今月の座談会にもまた、講義する方も聞く方も
「大白蓮華」だけ持って、御書を持って行かないんでしょ?
創価活動家の教学が身延並みに低下しているのも頷けます。

さて、今回の一節は創価風に講義すると
日蓮大聖人の弟子とは現代では創価の三大会長であり三代会長に連なる学会員である。
みたいな事を言っちゃうわけでしょ?(笑)
なんでしょうね。その無理矢理こじつけた理論は?
それが通用するなら、「大聖人の弟子とは浅井センセとそれに連なる顕正会員である」
これでも通用するってことです。違いますか?
残念ですが、創価も顕正もどちらも大聖人の弟子ではありません。
本文には「かかる者の」とあります。もちろん大聖人のことでですが
では大聖人とはどんな者なのか?ということです。

前文には
◆日蓮となのる事自解仏乗とも云いつべし

とご自身のことを呼ばれています。

「自解仏乗」とは「妙密上人御消息」に
◆聖人と申すは師無くして我と覚れる人なり、(中略)道場にして自解仏乗し給いぬ又聖人なり

とあるように、久遠元初のご本仏であります。
そしてこのご本仏とは

◆本尊とは法華経の行者の一身の当体なり(御義口伝巻下)

とあるように、現代においては「戒壇大御本尊」のことです。
つまり、「かかる者の弟子旦那となる」というのは
「戒壇大御本尊」に「信」をとる人達であって
「大御本尊」を捨てた大作センセとそれに連なる学会員は大聖人弟子ではなく
あくまでも「末法の凡夫・池田大作」の弟子です。
自分達だって「私は池田先生の弟子である」
「池田先生は永遠の師匠である」といっているでしょう。
「永遠」とは三世のことですから、そう言っている学会員は
大聖人の弟子ではありません。
大聖人の弟子ではないので「法華経の行者」でもありません。
「池田教の行者」です。
なのに、このような御書を座談会で取り上げるのは何も知らない会員さんに
「大聖人の弟子檀那である」とウソを吹き込む詐欺行為です。

大聖人は「一谷入道御書」で
◆日蓮が弟子となのるとも日蓮が判を持ざらん者をば御用いあるべからず

と言われています。
「判」とは「太鼓判」というように、要するに大聖人の認可ということです。
この大聖人の認可というのは「唯授一人血脈」のことです。
創価は「神秘的な血脈」とかいいますがでそれは、大聖人から日興上人への血脈相承を否定それはする行為です。
五老僧も大聖人の判を持っている。というならばそれは日興上人否定でです。
また「唯授一人血脈相承」というのは「大御本尊」とは別物ではなく一体です。
だからこそ、「血脈相承」を否定した創価は大御本尊を捨てざるを得なかったわけです。
創価のコピー本尊には「大聖人の判」はありません。
浄圓寺 の認可を得ただけです。
本来であれば浄圓寺 は正宗を離脱するときに返納しなければならない本尊が
いまの創価がコピーしている日寛上人書写の本尊です。
盗人が盗人の本尊をコピーしているわけですね。
なので大作センセや原田君達がいくら自分たちは大聖人の弟子と名乗っても
大聖人に認められていないインチキ集団なわけです。
いいんですよ。キミ達は「大作の弟子」で十分満足なんでしょ?
大聖人の弟子檀那なんて見栄張らないでください。

さて逆に創価に属していようと大御本尊に信をとる心があれば立派な大聖人の弟子です。
宿縁とは「在在諸仏土常与師倶生」ということです。
大御本尊の元に生まれても退転する創価とは違います。

そのような人を大聖人は
◆設い又在在諸仏土常与師倶生の人なりとも三周の声聞の如く下種の後に退大取小して五道六道に沈輪し給いしが成仏の期来至して順次に得脱せしむべきゆへにや、念仏真言等の邪法邪師を捨てて日蓮が弟子となり給うらん有り難き事なり。(最蓮房御返事)

と愛でられてくださっています。
私事ですが先日初めて大御本尊様にお目どうりした時に
心から「在在諸仏土常与師倶生」の宿縁を感じました。
大作よりも大聖人を
凡夫よりも本仏を信仰したいそこの学会員さん
早く大御本尊様への「信心」を取り戻してください。
創価幹部・活動家のウソに騙されないでください。
そのための「創価教学じゃない御書講義」です。


にほんブログ村

創価教学じゃない御書講義(30年2月座談会御書・四条金吾殿御返事)

法華経の信心をとをし給へ火をきるにやすみぬれば火をえず、
強盛の大信力をいだして法華宗の四条金吾四条金吾と
鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は四条金吾殿御返事の「煩悩即菩提御書」の最後の部分です。
まぁこの一節については法門的な事柄ではないので
普通に通解すれば意味は分かると思います。
敢えて言うのであれば、ここ一節は法華経方便品の
「勇猛精進 名称普聞」の法理とでもいいますかね。
短縮勤行の創価の皆さんも「勇猛精進 名称普聞」は朝晩読んでますよね?
え?短縮勤行すら短縮している?まぁそれはそれとして

◆法華経の信心をとをし給へ・・・勇猛精進
◆法華宗の四条金吾四条金吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ・・・名称普聞

ということです。
「貫く信心」とは具体的にはこの御文の前文

◆貴辺日蓮にしたがひて法華経の行者として諸人にかたり給ふ

といことで、「語っていく」法体はこの御文の前

◆多宝塔中にして二仏並坐の時上行菩薩に譲り給いし題目の五字

詳しい説明は省きますが、これは「戒壇大御本尊」様のことです。
要するに「大御本尊」に自行化他の題目をあげ
幸福になった姿を世間に実証と示す。
それが大聖人の弟子として、また成仏するための
「勇猛精進 名称普聞」の修行という事です。
なに?大作センセは世界で顕彰されいる?
ああ、非常に残念至極ではありますが
創価の池田大作、池田大作と皆に呼ばれても
肝心な「勇猛精進」がないので、
その名が轟いたとしても意味ありません。
というかぶっちゃけ言うほど大作の名は轟いていません。(笑)

さて、この御文を講義をする創価幹部・活動家は
「学会員一人一人が四条金吾のような弟子なろう」的な話を良くしますが
四条金吾に失礼なのでやめていただきたく存じます。
四条金吾と言えば竜の口の法難に殉教覚悟で大聖人にお供した人物です。

◆此にてぞ有らんずらんとをもうところに案にたがはず兵士ども うちまはりさわぎしかば、
左衛門尉申すやう只今なりとなく、日蓮申すやう不かくのとのばらかな
これほどの悦びをばわらへかし、いかにやくそくをばたがへらるるぞ(種種御振舞御書)

どうですか?この金吾の姿泣けてきます。
小説日蓮大聖人のこの場面は何度読んでも泣けます。
金吾が開目抄・聖人御難事を承った理由がわかります。
それに引き換え、お前ら創価の活動家ときたら
大石寺が謗法だから大御本尊を捨てると来たもんだ。
金吾のしていることはその真逆だろう?
大石寺が謗法というならむしろ大御本尊を守る。
その気概があってこそ四条金吾的弟子の姿なのです。
それをあっさりと大御本尊(大聖人)を捨てた君たちに
「四条金吾と同じような・・」なんてのは何度死んでも無理。
無理というか「言うな」とうことですよ。

さて、話は戻って大作センセ。
ガラクタのような勲章を集めて、自分が大聖人に肩を並べたかの如く悦に入っていますが
御本仏・日蓮大聖人のお名前は世界どころか十法界に轟いています。
大作センセなど遠く及びません。

◆日蓮は日本第一のふたうの法師ただし法華経を信じ候事は一閻浮提第一の聖人なり、
其の名は十方の浄土にきこえぬ、定めて天地もしりぬらん(妙心尼御前御返事)

故に我等、大聖人の弟子旦那は死後も安心です。

◆中有の道にいかなる事もいできたり候はば日蓮がでしなりとなのらせ給へ(妙心尼御前御返事)
◆日蓮が弟子となのらせ給はばいかなる悪鬼なりともよもしらぬよしは申さじとおぼすべし、(妙心尼御前御返事)

死後において「大作センセの弟子」など言ってみたところで通じません。
ヤンキーの絡まれた時にとっさに「○○先輩の知り合いだ」といっても
肝心な○○先輩が知られてなければボコられておしまいです。
同じように閻魔大法に「池田大作?しらね~な」と言われて
そこで慌てて「大聖人の弟子だ」と言っても遅いのです。

◆日蓮が弟子となのるとも日蓮が判を持ざらん者をば御用いあるべからず(一谷入道御書)

さぁ、心ある創価学会員の皆さん
生きているうちに「大聖人の弟子」として再出発してください。
大作センセは今世の師匠かも知れませんが
ご本仏・日蓮大聖人は三世の師匠です。
「強盛の大信力をいだして」
ご本仏に敵対した現世の師匠のもとを離れ
三世永遠の師匠の元に戻りましょう。
法華宗とは創価学会のことでありませんよ。


にほんブログ村

創価教学じゃない御書講義(30年301月座談会御書・顕仏未来記)

伝教大師云く「浅きは易く深きは難しとは釈迦の所判なり浅きを去つて深きに就くは丈夫の心なり、天台大師は釈迦に信順し法華宗を助けて震旦に敷揚し叡山の一家は天台に相承し法華宗を助けて日本に弘通す」等云云、安州の日蓮は恐くは三師に相承し法華宗を助けて末法に流通す三に一を加えて三国四師と号く
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今年最初の座談会御書は「顕仏未来記」の最後の一節です。
さぁ、創価活動家さんはこの御文で
どのような講義をするのでしょうかね~
だいたいは予想できますが、
今年も私は「創価教学じゃない」解説をしていきたいと思います。

最初に、伝教大師・秀句から引用された「浅きは易く深きは難し」を説明します。
これは今回の一節の少し前の
◆但し今夢の如く宝塔品の心を得たり
にかかっています。
「浅きは易く深きは難し」とは「宝塔品の心」ということで
この「宝塔品の心」とは宝塔品の偈分に書かれている六難九易をもってとかれた
「此経難事」(この経は持ち難し)の心です。
本文の丈夫の心とはこの経を持つ心ですから「仏の心」というわけです。
さて、では「此経」とは何か?もちろん釈迦文上の法華経ではありません。
日寛上人は依義判文抄で「此経難事」等の文について次のようにご指南されています。

◇此経難持より無上仏道に至る三行の文は即ち是れ本門の本尊なり

そうです。本門本尊ですね。そして続けて

◇三大秘法総在の本尊を明かすなり、
総在の本尊とは題目・戒壇の功能を具足する故なり。
亦は一大秘法の本尊と名づく

三秘総在の御本尊。またの名を一大秘法の本尊である。と。
一大秘法の本尊とは、創価が捨てた戒壇大御本尊以外にはどこにもありません。
(「ある」という学会員さんは挙手して理由を述べてください)

そこを踏まえて六難九易を簡単に現代風にアレンジすると
創価の財務を何億円もするのは簡単だが
大御本尊に1円のご供養するは難しい。
聖教新聞を何万分も啓蒙するのは簡単だが
大御本尊を一言でも語るのは難しい。
創価のコピー本尊に何十時間題目あげるのは簡単だけど
大御本尊に一遍のお題目を申し上げる方が難しい。
大作センセを師匠と尊敬するのは簡単だけど
大聖人をご本仏として尊敬するのは難しい。
総じて、創価信心などというパチモンを信じるのは簡単だけど
大聖人仏法というホンモノを信じるのは難しい。
こんな感じでしょうかね。
その難しい大聖人仏法を受持することが
それが「宝塔品の心」であり「丈夫の心」であり「仏の心」なのです。

それと、あと1点。

◆三に一を加えて三国四師と号く

ここね。創価はここに大作センセとか創価学会とかを入れたがる。
「現代では四に一(大作センセ)を加えて三国五師だ」
なんていう奴が絶対にどこの組織にも一人はいるが
「三国四師」というのはあくまでも大聖人の外用の面から述べているだけであり
釈尊や天台・伝教と大聖人は同等ではない。

釈尊については
◆釈尊程の仏にやすやすと成り候なり(新池御書)

天台伝教に関しては
◆夫れ天台大師は昔霊山に在ては薬王と名け今漢土に在ては天台と名け日本国の中にては伝教と名く(立正観抄)

と言われているように
あくまでもご本仏たる大聖人と
他の三人とは全く違った立場・存在なんですね。
よってこの

◆三に一を加えて

という部分は、文底で読むときには
三と一の相対である。と理解して読まないといけません。
「3」に「1」を加える。のではなく
「3」と「1」を比べる。
もっというと「3」を「1」で打ち破る。
そのように捉えてください。
「三国四師」と大聖人が言われたのはあくまでも対機説法なのです。
それが今の創価の連中は分からないから
こともあろうか、ここに更に大作センセを加えようとするわけです。
このアフォさ加減はまさに「浅い教え」に執着する故です。

ともあれ、創価を退会できる人も
いまはどうしても退会できない人も
「丈夫の心」をもって今年も1年信心をして行って欲しいと願っています。
創価の活動に時間や金を使うより
大御本尊に一編の題目を申し上げるほうが
どれほど素晴らしい事か。身をもって体験しましょうね。


にほんブログ村



オマエの酒だけは飲めね~な。

今週は、「魔の忘年会」週間。
今夜も「クリスマス会」という名の飲み会があります。
昔は毎晩午前様でも全然平気だったのだけど
最近は週4でもキツイ。
寄る年波には勝てません。

「飲酒」というと、龍樹の「大論」(大智度論)の中に
「飲酒」による35の失が説かれています。
散財する・病気になる・ケンカする・信用をなくす
仕事に失敗する・体力がなくなる・体調を崩す
などなど現在にも当てはまる「失」(飲酒によって失うモノ)ばかり
龍樹菩薩には面目ない気持ちでいっぱいであります。
つい今朝のニュースでもタクシー運転手さんに暴行し逮捕された男が
警察の調べに「酒に酔ってて覚えていない」と供述したとか。
「酔っ払てて覚えていない」は酔っぱらいの常套句ですね。
うちの嫁もしばしば使うフレーズです。
私は記憶をなくすほど飲んだ覚えがないないというか
酒を飲んで記憶がぶっとぶ経験がないので
どうもこの常套句には疑義があります(笑)
とはいえ、お酒は上手に付き合えば
コミュニケーションを図れますしストレス発散にもなります。

日本酒・洋酒・焼酎・ワイン・紹興酒・・・・
お酒もたくさん種類があり、どれも好きですが
絶対飲んではいけないお酒が一つだけあります。
それは「無明の酒」言い換えると「謗法酒」です。

◆御義口伝に云く酒とは無明なり無明は謗法なり臥とは謗法の家に生るる事なり、
三千塵点の当初に悪縁の酒を呑みて五道六道に酔い廻りて今謗法の家に臥したり、
酔とは不信なり覚とは信なり(御義口伝巻上)

◆一無明悪酒の事 仰に云く無明の悪酒に酔うと云う事は弘法慈覚智証法然等の人人なり、
無明の悪酒と云う証文は勧持品に云く、悪鬼入其身是なり、悪鬼と悪酒とは同じ事なり
悪鬼の鬼は第六天の魔王の事なり悪酒とは無明なり無明即魔王魔王即無明なり、
其身の身とは日本国の謗法の一切衆生なり、
入ると呑むとは同じ事なり、此の悪鬼入る人は阿鼻に入る(御講聞書)

「謗法(無明)の酒」を飲むという事は
「悪鬼入其身」であり、「無間地獄」に入るということです。
この「謗法の酒」をしこたま飲んで酔っ払って狂っているのが
今の創価幹部・活動家です。
酔っぱらいの特徴は酔っているのを自覚できない。
「わたし?酔ってましぇんよ~」といいつつ
間違ったことやわけの分からない事言ったりやったり。
周りに迷惑をかけていることの自覚すらありません。
そして財務とか余計な散財をし
世間様から信頼を失っていることすら自覚しないわけです。
「謗法の酒」の酔いが醒めた時には既に閻魔大王の前。
そのときに「酔っていて覚えていません」と供述しても
そんな言い訳が通用するは家族や友人だけ。
酔っ払って覚えていなければ無実。などという法律は世間法にすらない。
ましてや仏法でそんな言い訳が通用するわけがない。
哀れ「無間地獄」へ送還の実刑判決が言い渡されるわけですね。
げに恐ろしや「謗法の酒」
学会員の皆様。来年から・・いやいますぐ「禁酒」しましょう。
また、創価活動家の知り合いから
「俺の酒が飲めね~のか」
「少しくらい飲むの付き合えよ」
などなど「謗法の酒」を勧めらている皆さん。
「オマエのすすめる謗法酒だけは絶対飲まない」と
そこはキッパリとお断りしてくださいね。

てなわけで、謗法酒以外のお酒は適量でお酒を楽しみましょう。
(蘭房さんも飲みすぎないように)
では、「クリスマス会」に出動します!
(胃薬・胃薬・・)


にほんブログ村


プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>