創価大作狂の詩(姑息な印象操作と自語相違編)

以前、「なんとかの森」というバリバリ印象操作の
創価大作狂の方のブログのはなしを書いたが
相変わらず善人面しては
「ウソも百回言えば本当になる」という、
大作センセの弟子らしく
姑息に読者の印象操作をして騙そうとする記事を
ちょいちょいと書いている。

「日蓮正宗総本山・大石寺(日顕宗) 」という
タイトルの記事を最近読んでみたが
この管理人は本文の中で

『日蓮正宗関係者は、創価学会に未練があるようで学会のことを批判けど
学会員は、もう批判しようとも思わない。どうでもいい。と思っている』
なんて趣旨の書いているが、
ブログのタイトルに日蓮正宗総本山・大石寺と書いたあと
わざわざ(日顕宗)と入れている。
ブログの「タイトル」をこのように書くのは
明らかに「検索」を意識しての事なのがバレバレだ。
そして本文には「日顕」などというキーワードは書いていないのに
最後にいきなり「日顕宗に関する云々」という過去記事のリンク
リンク先には例の名誉毀損となるような悪徳記事も
こんなことをする意図は一つで
「日蓮正宗」や「大石寺」で検索した人たちに
この記事を読ませよう。としているからだろう。
こんな姑息な記事づくりをしておいて
学会員は正宗を批判しませんよ。
なんて言っているとは笑わせる。
ネットでこういうことを書くのは「批判」じゃないのか?
よしんば、これが批判じゃないのなら
誹謗中傷、悪口、デマということになる。
「批判」なんかよりずっと「あくどい」行為であり
およそ仏法者を名乗る人間がやる行為ではない。
しかも、この管理人は以前同じブログで、
日顕上人のことを

『瞬間湯沸かし器とも言われる魔僧』
『猫にも嫌われる毒ネズミ』
『フグのように毒を持ち、食べると全身が麻痺するので要注意』

などと創価新報の読みすぎとも思える、
批判とも誹謗ともとれる発言をしている。
以前取り上げた記事も同様である。
こんな発言をするやつが
「私たちは批判はしませ~ン」とは
どれだけ偽善者なんだって~の。
創価は正宗関係者と違って「批判」はしないが
「誹謗中傷」の限りは尽くす。
とそう言っているようなものだ。

そもそもさ、日蓮正宗や大石寺のことを
「なんとも思わない」「何の感情もわかない」と
いっておきながら「日蓮正宗・大石寺」の記事なんて何故書くの?
自分で「すでに赤の他人の寺」と言っているのだから
わざわざブログに取り上げる必要ないし
「赤の他人」と思っているのなら
日蓮正宗を揶揄するような発言をするのは
人としてかなりイカレている。
普通の人間が赤の他人に向かって「毒ネズミ」と「魔僧」とかいう?
それってかなりアブナイ人でしょう。

要するにさ、未練があるのはソッチでしょ(笑)
さも自分には未練がありません。
というフリしてさ未練タラタラなんでしょ。
本当に未練もなくなんとも思っていないなら
自分のブログに書かないでしょ?
いや「悪を責める」という趣旨なら分かるよ。
でもさ、書いている内容は
文証ひとつない悪口じゃない。
批判はしません。
じゃなくて正当な批判ができないだけじゃん。
だから、大聖人の仏法の話など微塵もせずに
日蓮正宗、なかんずく日顕上人や宗門僧侶への
誹謗中傷・悪口罵詈を書いているだけ。
そういう風説の流布を創価大作狂さん達は
広宣流布って呼んでるんですかぁ?
それとも単なる内部対策ですかね。
創価大作狂のみんさんに言われるまでもなく
創価大作教は日蓮大聖人とは「赤の他人」なんだよ。
いつまで「ちょっかい」出すんですか?(笑)

今は少ないが、きちんと対論できる活動家は
「日顕宗」なんていいませんよ。
そんなただの悪口を言っても意味がない事を知ってますよ。
そういう人には俺も「創価大作教」なんていいません。
このなんとかの森の管理人みたいな人を
「創価池田教」の信者といいます。
創価池田教信者。略して「創価池田狂」です。
リアル世界にもネット世界にも
大勢いる「創価池田狂」
騙されないでくださいね。
この方たちの詭弁に。
私も微力ながら「創価池田狂」さんたちを
「批判」しようと思ってます。
創価池田教に未練があるからではなく
大聖人仏法の破壊者だからです。
大聖人の弟子としてこうした仏敵を責めるだけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



のんかつさん。始めましょうか。(本尊義について)

では改めてのんかつさん「法論」を始めましょう。
最初に創価活動家は「法論」と「雑談」の違いを
弁えていない方が多いので言っておきますが、
「法論」とはあくまでも「法門・法義」について対論することです
よってその正邪の判定は「文証」によって決定されます。
主観的な「現証論」は正邪の判定材料にはなりません。

文証の定義とは、
◆唯人師の釈計りを憑みて仏説によらずば何ぞ仏法と云う名を付くべきや言語道断の次第なり(持妙法華問答抄)
との大聖人のご金言にあるとおりです。
従って貴方と私との間で「文証」として使用するのは
創価学会版の御書全集の中の御文でいいですね?
池田や戸田の言説は文証としては使いません。
傍証として引用しても結構ですが
その場合はそれを裏付ける「文証」を必ず提示してください。
日寛上人等のご歴代のご指南も然りです
(まぁあなたが日寛上人を学んでいればの話ですが)

文証がない場合は「ない」
知らない場合は「知らない」と言いましょう。
「文証」ない場合はその主張は「日蓮仏法に非ず」という判定です。
「知らない場合」も同様です。単なる「我見」という判定です。
nanaさんって方にも言いましたが、
論点の拡散やすり替えはお互い止めましょう。
テーマに無関係なことはお互いに書かない。
ひとつのテーマが終わらないうちに違う話はしない。
また、回答不能の場合は「回答することはできません」と書いてください。
「終了したい場合」場合は、「もうやめたいです」と書いてくれればいいです。
なんなら「参りました」とか「ごめんなさい」でもいいですよ。
その時点でお互い終了としましょう。
それと、いままでのほとんどの学会員がやってきた
「書き逃げ」はやめてくださいね。
あなたも「創価」をなのり
「大作センセ」の弟子を自負しているのでしょうから
「創価」や「大作センセ」に恥をかかすようなことは
よもやしないと思いますが、
そう言う人が多いので一応ここに記しておきます。

さて、貴方は「魔」が起こっているから創価が正しい。
と主張されていますが
このロジックはいわゆる「三段論法」の詭弁です。
私が創価を批判しているのは「間違った信心をしているから」です。
わかっていると思いますが
間違った信心に起きるのは「魔」ではなく「罰」と言います。
で、創価の信心のどこが具体的に間違っているかと言うと
「創価の本尊義」が「間違っている」と主張しています。
ですから貴方は「創価の本尊義は正しい」ということを論証してください。
貴方が「創価の本尊義」が正しいと論証出来た時に
「創価の信心は正しい」ということになり
創価に現れているのは「魔」である。と証明されます。
またそうであるならば創価は世界に広宣流布している。ということになりますし
私も貴方の主張を認めます。
幼稚な三段論法で私やこのブログの読者の皆さんを欺くことはできません。
どうぞ「創価の信心が正しい」ことを論証してくださいね。

では、ここから「創価の本尊義」に関する質問です。
あなたは下記の質問に回答してください。
質問返しはしないでくださいよ。
私の質問に貴方がキチンと答えた後に
今度は貴方が私に質問してください。
私はそれに回答します。
質問には番号を振りますので、回答部分の頭にその番号を記してください。
また回答のコメントはこの記事のコメント欄に投稿してください。

では、現在の創価教義の本尊義とは
▼「日寛上人書写の御本尊」も「弘安2年の御本尊」も等しく「本門の本尊」である。(会則の教義条項改正に関する解説)
という事を共通認識という前提で質問します。

①-①「本門本尊」の定義(体)を示した上で
①-②「弘安二年の大御本尊」つまり「本門本尊」を受持しなくても良い。
という文証を提示し、「本門本尊」不受持の正当性を論証してください。

②大御本尊も書写の本尊もすべて等しいのであれば、
②-①顕正会や身延の本尊でも流布したり信仰の対象としてもいいのか?
②-②顕正会や身延の本尊を書写した本尊も「正しい本門本尊」なのか?
②-③顕正会や身延の本尊が正しいのならば「創価」も「顕正会」「身延」もみな同じなのか?

あまり多くの質問しても話が乱雑になりますし
お互いの負担になると思われるので
まずは上記の①と②について回答してください。
この①と②の話が終わった時点で
今度は貴方が質問してくださっていいですよ。
ただし創価の与太話ではなく日蓮仏法の法門法義ですよ。
そしてもう一度念をおしますが
「文証」を引用しそれに即した回答をしてください。

◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず(唱法華題目抄)

文証のない現証(創価が世界に広まっているとかいう類)は書かないでください。
それと御書の通解は必要ないのでできれば御書の題号を明示してください。

最後に、私の方からも「魔」に関する御文を引用します。

◆涅槃経に云く「若し仏の所説に順わざる者有らば当に知るべし是の人は是れ魔の眷属なり(蓮盛抄)
◆我が経の外に正法有りといわば天魔の説なり云云(行敏訴状御会通)

文証のないことを言うのは「天魔」ですから。
お互いに気を付けたいものです。

では、回答お待ちしています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



犯罪レベルの悪徳ブログ。なんとか通信

さて、前回の記事でかいた創価系ブログの
「なんとか通信」のブログ記事。
正宗僧侶の事件記事に事寄せて
▽そもそも、師匠である阿部日顕そのものがシアトル事件を起こしており
などと性懲りもなく、前法主である日顕師が
「シアトル事件を起こした」などと書いてる。
まさに、事実を捏造した悪徳ブログである。
彼のいう「シアトル事件」の顛末は
以前ここにも書いたがもう一度確認すると
まづアメリカでクロウ婦人が起こした裁判は
いわゆる「門前払い」
クロウ婦人側。即ち創価側の不戦敗。まぁ完敗である。
日本で正宗が提訴した裁判は「和解」で決着してる。
和解条件は簡単に書けば
「創価側はシアトル事件があった。などということを言わないこと」
「正宗側はシアトル事件はなかったと言って良い」
詳しい判決文はネットでいくらでも拾えるので確認してもらばいい。
つまり、件の創価脳がブログで
「阿部日顕はシアトル事件を起こした」と書く事は
裁判所立会の下で取り交わされた「和解」に反する行為なのである。
そして何よりもこうしてインターネット上に
このような文章を書く事は「犯罪」行為に等しい。
名誉毀損はさることながら
偽計業務妨害の疑いもある。
偽計とはその名のとおり「嘘偽りを企てたり流布すること」だ。
名誉毀損も偽計業務妨害も立派な犯罪である。
「和解」を受け入れながらそれを無視し
犯罪まがいの偽計を用いる創価脳は、彼だけでなく
ネット上に多く見受けられる。
創価は犯罪者の集まり。と世間に思われても仕方ないだろう。

その原因は創価の組織にある。
会員にキチンと「シアトル裁判」の和解内容を告知せず
会員を野放しにするからこういうバ会員が続出するのだ。
もっとも組織は「わざと」野放しにしてるフシが伺える
その証拠に創価側は「和解」したのにも関わらず
「日顕が事件を起こしていな証拠はない」
「一審の判決では事件を起こしたと認定された」
などと会員を騙し煽っている。
しかし、残念ながら「和解」した時点で
一審のいわゆる下田判決は「失効」つまり「無効」となり
高裁では事件そのものの有無については言及していない。
どうしても「シアトル事件」なるもが本当にあったのならば
それを証明する証明責任は創価側にある。
それが不可能だったから創価側も「和解」に応じたのは火を見るより明らかだ。
「シアトル事件」を証明する証拠を本当に学会側が持っていたのなら
「和解」に必要はないだろう。
裁判をして「勝訴」すればいいのだから。
つまり「シアトル事件」なんて創価がでっち上げた架空の事件なのでる。

よしんば「シアトル事件」が事実であったとしても
一度「和解」を「合意」したのであれば
それを遵守するのが「人間」として当然のことである。
また「名誉毀損」は事実であっても成立する。
創価の上層部もこうした会員をわざと野放しにして
自分達の責任逃れをしているのだろうが
実際にこうした会員が告訴され罪に問われたらどう責任をもつのか?
「え?会員個人の発言にまで責任をもていない?」
そうでしょうよ。キミたちは何時だって会員を守らないからな。

罵詈カツの皆さんもいくら正宗が憎くても
人の道に外れたことや犯罪的行為はやめなさいよ。
正々堂々と、法門・法義で勝負しなさいよ。
もっとも、自分で犯罪行為をしておいて
正宗僧侶の犯罪を糾弾するようじゃ
とてもじゃないが、「仏法」の「ブの字」も
理解できないだろうが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

創価系ブログに見る創価脳(印象操作系)

創価系ブログの記事を二つほど書いたが
最も酷いと思う創価系ブログを書いておくことにする。
ひと月くらい前の記事だと思うが(記憶が曖昧だけど)
日蓮正宗の僧侶の起こした事件を題材にしたものだった。
日蓮正宗の現役の僧侶が、女性を暴行し下着を盗んだ事件らしい。
まぁ、どんでもない僧侶がいたもんだ。
大聖人仏法を下げる僧侶の風上にもおけない人間だと俺も思う。
とここまででやめておけば良かったのに
何を調子に乗ったのかこのブログ主は
この事件を引用して「印象操作」の記事を書いていく。

この僧侶は当然のことながら僧籍い
「今は正宗と関係ない」と自分でいいながら
この僧侶が起こした事件を正宗の実態だ思うなどと書く。
個人の事件と所属する組織を意図的に結びつけた印象操作もいいところだ。
反社会的勢力じゃあるまいし
個人の犯罪と所属する組織を結びつけるとはいかにも稚拙である。
もし、そのロジック通りならば
いままで創価の職員や公明党議員・創価学会員が
どれだけ多くの事件・事故を起こしたことか
それも「創価の実態」ということになろう。
自分達は違う。というならどう違うのか説明できるのか?

そしてこの僧侶の兄弟が無保険で交通事故を起こしたことも書き
一度僧籍を剥奪した後僧侶に戻したことを批判している。
無保険で交通事故を起こしている学会員を俺も実際何人か知っているが
創価の組織は除名にもしていないが
それは「理解」できるのか?

さらに記事では全く関係のない日顕前法主を引き合いにだし
こともあろうか「シアトル事件」なる事件を「起こした」と断定し
この僧侶の事件があたかも日顕前法主のせいであるかのように書いている。
「シアトル事件」に言及した件については次回書くが
事件と全く関係のない前法主を持ち出すのは
いかにも無理やりそこに持っていこうとする意図があからさまである。

また、日蓮正宗の僧侶が「異常な事件」を「頻繁」に起こしているなどと書き
それをもって「邪教」の証左である。などとほざいている。
「頻繁」とはどのくらいの頻度なのか?
創価の起こした事件と比べてどれくらい多いのか?
そもそも正宗僧侶よりも
創価の人間が起こした事件の方が多いのではないか?
また「異常な事件」ならば創価の方が多いのではないか?
不倫の果てに会館の中で刃傷沙汰を起こすのは
交通事故よりも異常ではないのか?
それ以外にも学会員が犯した「異常な事件」は山ほどある。
正宗僧侶の事件が「異常」で「頻繁」という論拠はどこにも書いていない。

で、このブログの記事の最低なところは
こうした僧侶が「大御本尊は偉大だ」といっても「説得力ない」などと書き
最終的には「大御本尊」否定の話に結論づけている。
一介の正宗僧侶が起こした事件を
「大御本尊否定」へと無理矢理こじつける。
この印象操作のロジックは創価の十八番であり
謗法者の専売特許といえる。
個人の信心や私生活の乱れは
決して大本尊のでいではないし
大御本尊のせいにする方が狂っている。

◆人路をつくる路に迷う者あり作る者の罪となるべしや良医薬を病人にあたう病人嫌いて服せずして死せば良医の失となるか(撰時抄)

この学会員は「ひらがな御書」を作っているそうだが
こんな印象操作のロジックを企て
大御本尊否定をするとは片腹痛い。
御書をただ「ひらがな」に変換しているだけで
まったく御書を読んでいない証拠である。

さらに、この学会員はこの記事を書く事により
自分自身がほとんど犯罪行為をしでかしている。
他人の犯罪をどうこう書く資格はない。
まぁ、その権については後日書く事にするが
創価本部や大作センセに印象操作された創価脳は
自らも印象操作をやるんだよな。
創価系ブログにはこのような「印象操作」記事が多い。
まともな対論ができない連中ばかりなのも納得だよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

創価系ブログに見る創価脳(愚痴系)

日本ブログ村の創価村がひどく荒んでいる。らしい。
そんなことを書いている創価系ブログを読んでみた。
まぁ、予想通り「荒んでいる」のは
本ブログを含め、アンチブログが跋扈しているからなんだと(笑)
本ブログも含めいくつかのアンチブログを列挙し
「お里が知れる」だってさ(笑)
でそんなアンチブログを書いている正体は
退転者や反逆者、内部退転者である。って書いていあるけど
そんなの当たり前じゃね?
創価の活動家がアンチブログなんて書くわけね~じゃん。
と一人ツッコミしてみる。
しかに、この系統の創価ブログも多いよね~。
本人はなんだか知らねけど正しい主張をしていると思っているんだろうけど
単なる、愚痴と文句でしかない。
創価カツドウカはよくアンチブログを
「愚痴」と「文句」ばかり。と批判を言うけど
いやいや、貴方たちのブログに書いてあることこそ
「愚痴」と「文句」の罵詈雑言でしかないでしょ?
今回このブログを書いて人だって
アンチブログのタイトル上げて「お里が知れる」だの
退転者・反逆者だの単なる悪口を書き込み
そんなブログ村には誘導できなからバナーを外したと愚痴ってるだけ。
そんな愚痴や文句を書いているヒマがあったら
もっと創価のいいところをアピールすればいいのに
アピールするところが無いのかもしれないが
相変わらず反創価を揶揄するだけの内容である。
「名は体を表す」らしいのだけど
そのブログタイトルだって「夢のなんとか」って感じで
それほどセンスを感じないのだが?
それに、何の根拠もなくアンチ創価の悪口を言ったり
日蓮正宗を「日顕宗」などと書いているこのブログ主さんの方が
「お里が知れる」というか
「親の顔が見てみたい」というか。

正本堂を破壊したとか
創価を破門したとか
あんなに宗門を守ったのにとか
そういうことをいつまでも未練がましく書いている創価ブログ。
言いたい気持ちはわかるが
そういうのって全部あなたたちが小馬鹿にしている
「愚痴」と「文句」でしかないんだよ。
創価の正義を語りたいなら
そんな愚痴や文句言ってないで
堂々と語ればいいじゃんwww
アンチ創価なんて気にしないなら
いちいち取り上げなくていいんじゃないの?
創価村が荒んでると思うなら自分で修正すればいいのでは?
大作センセもそういう指導しているでしょ?
「愚痴と昼寝は死んでから」ってむかし幹部にそう指導されたよ(笑)

そうそう最後に、退転者とか反逆者とかくと悪者みたいに印象付けできるけどさ
今の創価は大聖人を捨てた、退転団体・反逆団体なんだよ。
つまり創価から退転する。
創価に反逆することこそ
大聖人の弟子として正しい。
なので、創価活動家に「退転者」「反逆者」と言われるは
非常に名誉な事なんだよ。
お褒めいただき、どうもありがとうございました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR