FC2ブログ

御報恩御講と座談会。

今週末は月に一度の御講があります。私が法華講になったばかりの頃は創価感覚がまだ抜けていなくて御講は創価の座談会と同じような感覚で「行けるときだけ参加すればいいや」と思っていました。実際に最初の頃は御講に参加しないこともありました。御講でやることは勤行・唱題をしてご住職の法話を聞くだけで、創価の座談会のようにこっぱづかしい歌もなければ勇ましい活動報告などの催しはありません。勤行をして法話を聞くだけなら別に参加してもしなくても大丈夫だろうという感覚だったんですね。でもある日何がきっかけだかは忘れたけど御講にはちゃんと参加しなければ創価の座談会とは違うんだと思い改めそれからは毎月の御講に参詣できるようになりました。「御講は創価の会合と違って御報恩の為に催されるものだ」と気づいたわけです。最初から気づけよと思いますがまぁとにかく途中で気づいたわけです。御講に参詣しご住職と共に勤行唱題をしご住職の御書講義(法話)を聞く。それらは単なるプログラムではなく全てが大聖人様に対する報恩感謝でありご供養であるわけです。それ故に御講への参詣は功徳もある。これは創価の座談会というイベントとは全く異なる集まりだということです。創価の座談会に「報恩感謝の念」で参加している創価民なんて誰一人として聞いたことありません。創価の座談会はつまり単なる会員内部のイベントですから参加してもしなくてもいいわけです。もっといえば面白ければ行けばいいしつまらなかければ行かなきゃいいレベルなんですよね。だから創価幹部側は「面白いイベント」を目指すわけです。でも御講は違います。特別なイベントはありません。「報恩感謝」のご供養ですから、面白いとかつまらないとかそういう類のものではないわけです。私が折伏した元男子部の友人がご住職の御書の法話に「今日の御書の所は知っている。聞かなくても分かっている」と言ったことがありますが、法話を聞くのも「知っているとか、知らないとか」ではなく、その法話を聴聞するところに意義があり功徳があるわけです。
◆法師品には「人有りて八十億劫の間無量の宝を尽して仏を供養し奉らん功徳よりも法華経を説かん僧を供養して後に須臾の間も此の経の法門を聴聞する事あらば我れ大なる利益功徳を得べしと悦ぶべし」と見えたり(松野殿御返事)
との大聖人のご聖訓に書かれている通りです。とかく私を含め元創価はなかなか創価時代の感覚が抜けなくてダメな部分が多いですが私の折伏した元創価男部の面々もまだ創価臭が抜け切れていない部分もありますが御講に参詣するようになってきました。さて、御講参詣というと元法華講員や現役法華講また創価の連中が「御講に強制参加させられる」などという発言をする人もいますがこの言い方もいかにも創価っぽい
。でも現実に「御講に来い」としつこい法華講の活動家?さんもいるのでしょうが、それもまた創価感覚が抜けていないのだろうと思います。ただお寺に参詣するように促すだけでは創価の活動家と同じですから気を付けないといけないと思います。「お寺に来れば功徳がある」「御講に参加するのが法華講の信心」それは正しいのでしょうがやはり御講の意義をしっかりと話し、何故参詣に功徳がるのかということを話さないと単なる結集の為の人集めにしか思われません。私は法華講の活動家ではありませんが、自分が折伏した人達には何事においても「意義」や「理由」を説明するように心がけています。もちろん御講に限らず化義に関してはただ教える・伝えるのではなく、化法(法門・法義)に即して正しく説明することが大切だと思います。それが出来ないのが創価であり、やらないのが創価感覚です。ともあれ今月も御講に参詣しご供養させていただき、大聖人にこの1か月間の様々な出来事を報告し次の御講までも目標や決意そして願い事をしてこようと思ってます。今の私にとって御講は報恩感謝のご供養の勿論だけど、1カ月に一度、大聖人に正式に色々なことを報告する日でもあるので御講日は楽しみでもあります。創価時代の座談会とはダンチなんですよね。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

六巻抄拝読の為の基礎知識②(三重秘伝抄①)

今回からは三重秘伝抄の基礎知識です。今後は太字部分は本文ですのでよろしくお願いします。
■正徳第三癸巳、予四十九歳の秋、時々御堂に於て開目抄を講じ、而て文底秘沈の句に至るに其の義甚深にして其の意難解なり。所以に文に三段を分ち義に十門を開く。草案已に畢りて清書未だ成らず、虚しく笈の中に蔵めて之を披くに遑いとまあらず。 而る後、享保第十乙巳、予六十一歳の春、逅邂之を閲するに疎略稍多し、故に粗添削を加う、敢えて未治の本を留むることなかれ。 然るに此の抄の中には多くの大事を示す、此れは是れ偏に令法久住の為なり、末弟等深く吾が意を察せよ云云。
まず序文ですがここでは日寛上人が49歳の時に開目抄講義の際に「文底秘沈」が書かれている御文についての解説の草案(清書前の原稿)を作り、その草案を笈(おい)の中に保管していていて61歳の時に添削を加えて清書したことが書かれています。笈というのは今でいうリックみたいなもので昔は笈の中に修学に必要なモノを入れてそれを背負って修学に出かけたわけです。一応「笈のの中に草案が保管されていた」と三重秘伝抄の序文に書かれていますが、六巻抄全6巻は約3カ月の余りの間で書き終えていますので笈の中に保存されていた草案は三重秘伝抄だけではなく六巻抄全ての草案が保存されていたと思われます。この六巻抄は日寛上人のご遷化の約1年前に書かれているのでまさしく日寛上人の遺言のようなものでもあり出世の本懐ともいえるでしょう。【敢えて未治の本を留むることなかれ】と未完成の草案を残すことを禁止されたのは【此れは是れ偏に令法久住の為なり】とのお言葉の如く令法久住を思う気持ちで言われたのでしょう。未完成の本を残すことは却って末弟を困惑させ邪教の徒に利用される可能性があります。令法久住・広宣流布の為に未完成な本を残さないようにと言われたのだと思います。我等末弟はこの日寛上人のお心を深く拝することが肝要です。それでは本文に入ります。
■ 開目抄上に曰く、一念三千の法門は但法華経の本門寿量品の文の底に秘し沈めたまえり、竜樹・天親は知って而も未だ弘めたまわず、但我が天台智者のみ此れを懐けり等云云
開目抄の一節のこの御文が「文底秘沈の句」に当ります。三重に秘沈さてた法体が大聖人仏法の文底秘沈の法体であり富士門流の秘伝の法体ということです。「三重」とは「権実相対」「本迹相対」「種脱相対」の3つことです。この中の「種脱相対」つまり下種の法体こそが日興門流にのみ血脈相承されているので【秘伝】という事です。三重秘伝抄はこの冒頭の開目抄の御文の義をご指南され日興門流の秘伝の法体(事の一念三千)を示されてる書です。
■問うて云く、方便品の十如實相・寿量品の三妙合論、豈一念三千経文の面に顕然なるに非ずや、宗祖何ぞ文底秘沈と言うや
一念三千は法華経の文上で説かれているのになぜ文底秘沈というのか?という質問です。
■此れ則ち当流深秘の大事なり、故に文少なしと雖も義意豊富なり。若し此の文を暁むる則は一代の聖教鏡に懸けて陰り無く、三時の弘経掌に在りて覩るべし。故に先哲尚分明に之れを判ぜず、況んや予が如き頑愚いずくんぞ之れを解るべけんや。然りと雖も今講次に因みて文に三段を分かち、義に十門を開き略して文旨を示さん。
【当流深秘の大事】=【秘伝】即ち富士門流の唯受一人血脈の法体です。それを説明するために冒頭の開目抄の御文を三段に分けて更に御文の義を10個に開いてこの御文の説明をするということです。
■文に三段を分かつとは即ち標・釈・結なり
この御文は「標」と「釈」と「結」の三つに分けられるということで、「標」とは主題・テーマの意で【一念三千の法門は】の部分。「釈」とは解釈・展開の意で【本門寿量品の文の底に秘し沈めたまえり】の部分。「結」とは結論で【竜樹・天親は知って而も未だ弘めたまわず、但我が天台智者のみ此れを懐けり】の部分です。
■義に十門を開くとは、第一に一念三千の法門は聞き難きを示し、第二に文相の大旨を示し、第三に一念三千の数量を示し、第四に一念に三千を具する相貎を示し、第五に権ごん実じつ相対して一念三千を明かすことを示し、第六に本迹ほんじゃく相対して一念三千を明かすことを示し、第七に種しゅ脱だつ相対して一念三千を明かすことを示し、第八に事理の一念三千を示し、第九に正像に未だ弘めざるの所以を示し、第十に末法流布の大白法なることを示すなり。
これはこの御文全体の「義」を10個示したた部分です。この後「義の十門」についてひとつずつご指南されているのが「三重秘伝抄」の内容になります。ここまでは「三重秘伝抄」の序文・目次にような部分です。というわけで今日はここまです。続きはまた次回(多分来月)です。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

過去の栄光でマウント。

「俺は昔こんなに凄かった」って過去の栄光の自慢話でマウント取ってる人いますよね~。先日も飲み屋ので「俺は昔、こんなに売上をあげた。俺の力で会社を大きくした」と部下らしき子に自慢している中小企業のサラリーマン風のオジサンに遭遇しました。こういう人は嫌われるんだろうなぁって内心思いつつ過去の栄光でマウントを取ろうとしているその姿に憐みすら感じましたね。創価民もこのオジサンと同じですね。「創価学会が日蓮正宗を大きくしてやった」という連中が本当に多い。でも現状をみると創価学会のお陰で日蓮正宗は大きくなんかなってませんよ。確かに一時はそういう時期もありましたが破門された時にほとんどの学会員は日蓮正宗から離れたのです。だから実際には創価のお陰で増えた正宗信徒なんて微々たるもので創価は言うほど正宗に貢献なんてしていません。その後私のように創価から正宗に移籍する人も増え正宗信徒は増加してるけどそれは創価が増やしたわけではなく正宗の僧俗が折伏してるのであって創価は無関係なわけです。そもそも今の段階で「創価学会のお陰で正宗は~」なんて言っている創価民の連中はマウント取るほど日蓮正宗創価学会時代に正宗に貢献なんてしてないでしょう。一時期正宗に貢献した学会員は全員「日蓮正宗信徒の創価学会員」なのだから「日蓮正宗の信徒として当たり前」のことをしているだけでそんなことでマウントをとろうとする今の創価民の恥かしさは先日飲み屋で遭遇したオジサンに相通じるものがあります。いや、先日のオジサンは「自分か売上を上げた」という過去の実績がある分まだマシですね。いまの創価民は「他人(日蓮正宗の創価学会員)の過去の実績」で頼りに自分では何の実績もないのにマウントを取りに来るのだからもう人格障害とか思えないレベルです。またこのような創価民は創価が正宗に一番供養をしたといってマウントを取りにきますが、創価が正宗に供養していたのはせいぜい50年間だけの話です。対する法華講はどうでしょう。法華講は大聖人ご在世の頃から800年近くにわたり大聖人と富士門流にご供養し続けているのです。南条時光も四条金吾も富木常忍も阿仏房も全員法華講員です。それからずっと今日に至るまでの全ての法華講員とたったの50年間しか正宗に供養してこなかった創価学会と現在の貨幣価値に換算して「どちらが多く」供養したかは明らかで創価が正宗にしてきた供養など金額も期間も法華講の供養に遠く及ばない。それだけでなく創価民は供養を「してやった」法華講は供養を「させてもらった」。そのご供養の精神は金銭的・期間的なこと以上に創価は法華講に及ばないわけです。それが真実です。そんな状況に置かれながら「創価のお陰で云々」と法華講に対しマウントを取ろうとする創価民は本当に恥ずかしい。破門されて30年近く経過しているに過去の栄光にしがみついてみっともないですよね。それを言うなら、山崎正友や原島崇・福島源次郎などの各氏も創価や池田大作を守ってきたという輝かしい過去の実績があるわけです。それを仏敵呼ばわりしているのは当の創価民でしょ(笑)「してやったこと」はいつまでもネチネチいって「してもらったこと」はすぐに忘れるのが創価民なんですね~。だから嫌わるしバカにされるんですよ。過去に創価が日蓮正宗信徒でその時は一生懸命弘教し宗門を外護してきた事実は知ってますしその時の創価や池田大作は称えられべき功績を残したとは思いますが、今は正宗の信徒でもないし現在の法華講を増やしたわけでもない。今の創価は大聖人仏法を人々に捨閉閣抛をさせる謗法の邪教に過ぎない。結果を見れば創価・池田は謗法者を増やしただけで大聖人仏法に何一つ貢献などしていないわけです。そんな創価民が正宗の僧俗からマウントとろうなんて片腹痛いですなぁ。いつまで「一時だけ」頑張って大聖人仏法を信仰して頃を自慢しているんですかぁ?仏道修行を自慢するなんて仏教徒として恥かしくないんですか?


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

創価教学じゃない御書講義(2020年9月座談会御書・三三蔵祈雨事)

夫れ木をうえ候には大風吹き候へどもつよきすけをかひぬればたうれず、本より生いて候木なれども根の弱きはたうれぬ、甲斐無き者なれどもたすくる者強ければたうれず、すこし健の者も独なれば悪しきみちにはたうれぬ

今月の座談会御書は「三三蔵祈雨事」の上記の御文なんだけどコレは過去の1回やっていますね。
創価教学じゃない御書講義(2月度座談会御書)
2016年の2月2日にバックナンバーあります。まぁ創価の座談会御書っていくつかの御文を何度もやるだけで目新しい御文のない手抜きですよね~。教学部は仕事しろよ(笑)さて前回2016年の講義では「善知識」のうちの根本である「実相の知識」とは戒壇大御本尊であるという話をしましたが、今回は「同行の知識」に話をします。「同行の知識」とは「実相の知識」である戒壇大御本尊を信仰する上で一緒に信心を励まし合っていく友人の事です。私は大聖人仏法を信仰していく上で必ずしも組織は必要ないと思っているけど創価や正宗を止めて一人信心をしていると言っている大半の人達は残念ながら大聖人仏法を曲解し我見に陥る人ばかりです。また、私は法華講になる前に一人信心をしていましたが、歴代上人等のご指南を学べたのはそうしたご指南に触れることができたからでそれは正宗や法華講という組織があったからそうした事が可能だったわけで間接的には「同行の知識」たる人達にお世話になっているわけです。やはりどんなに強い信仰心を持っていても善知識と会わなければ我見・邪見になってしまう可能性は高いからやはり「同行の知識」の善知識を得ることは必要だし、それを得るための一番の近道は「善知識」の集まり近づくことでしょう。そいういう意味では「組織」が全く不要とはいいません。「組織」とは自身の信心の補助的な役割を担う存在であるということです。自立した信心を実践していくの自分自身ですが、そうなるため・それを持続するために「組織」はあるわけです。ですから「組織が主」「自分が従」というような組織であればそれは寧ろ自身の信心の妨げになるので不要でしょう。
さて、釈尊の雑阿含の「善知識経」に、■「師よ。仏法を学び、そして共に仏の道を歩む。このような善き友がいるということは、修行の既に半ばを達成できたに等しいと私は思います。」それを聞いた釈迦は次のように答えた。「そうでない。アーナンダよ、善き友がいることは修行の半ばではなく、その全てである」という有名な話がありますが善知識を求めることが仏道修行の全てと言って過言ではありません。まずは「実相の知識」である戒壇大御本尊を求め次に同じ信心を持つ「同行の知識」を求めることは重要な事でしょう。そして「善知識を求める」のと同様に重要な事は「悪知識から離れる」ということです。どんなに善知識が近く似ても悪知識に親近していたら意味がないからです。
◆いかに我が身は正直にして世間出世の賢人の名をとらんと存ずれども悪人に親近すれば自然に十度に二度三度其の教に随ひ以て行くほどに終に悪人になるなり(最蓮房御返事)
と大聖人も悪人に親近することを戒めています。善知識とは「実相の知識」である戒壇大御本尊を信仰する人達ですから悪知識とはその逆の人達の事です。つまり戒壇大御本尊を捨てた創価学会そのものが「悪知識」なのです。ですから創価学会員の中に善知識はいません。無論、創価幹部・活動家も最初は何も知らないのですから最初から悪知識だったわけではありません。しかし悪知識の充満する創価の組織に関わったから元々信仰心ある善人だったのが悪人となり別の善人を悪人に落とす悪知識へと変わってしまったわけです。「一度くらい学会の会合にいってもいいかな」「少しくらい学会活動をしてもいいかな」という安易な気持ちで創価の組織に関わりやがて悪知識と化した創価活動家と親しくなり終には自分が悪知識になってしまうわけです。自分が悪知識になってしまうと自分だけではなく周囲の人々も巻き添えにするということを自覚し、創価の組織に安易に近寄るのはやめましょう。また既に創価の組織と関わってしまっている人は勇気をもって創価活動を停止して、「実証の知識」を求め、「実相の知識」を教えてくれる善知識を求めることが大切だと思います。
◆麻の中のよもぎつつの中のくちなはよき人にむつぶものなにとなけれども心もふるまひも言もなをしくなるなり(衆生身心御書)
とあるように間違って曲がってしまった信心は正しく真っすぐな環境に我が身を置けば必ず直るのです。コロナ禍で創価の活動も鈍化している今こそ創価組織からフェードアウトするチャンスです。悪知識を厭離することが善知識に近づく最初のステップですよ。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

現代科学と内外相対(ポリ銀さんの質問から)

先日、SNSの方にポリ銀さんから内外相対についての質問がありました。ポリ銀さんが内外相対を理解してないということはないでしょうから質問の核心は【現代科学も内道から見れば外道の一種ってことなんでしょうか?】という話だと思うので(違っていたらゴメンナサイ)今日はそのことについて回答します。まず「内外相対」のおさらいですが、「内外相対」とは大聖人の立てた教判の五重の相対の一番最初の相対です。余談ですがこの大聖人の五重の相対に全然教判に関係のないくっだらない三重の相対をくっつけて八重の相対とかいって得意顔しているのが波田地氏です。そんなデタラメ教学に感心している波田地グループの学会んさんに私は夏だというのに寒心しきりです(笑)さて「内外相対」というのは自分の内面に因果等を求める内道即ち仏法と自分の外にそれを求める外道即ち仏法以外の教えや宗教を比べて外道より内道(仏法)の方が優れてているという事です。詳しい説明は省きますが内道と外道の違いは内道は三世(現在・過去・未来)の因果を解き明かしているのに対し外道にはそれがないので外道に対すれば内道の教えの方が勝っているということです。ですから「現代科学」もまた内道である仏法から見れば「外道の一種」になります。さて、しかしながら大聖人は、
◆天晴れぬれば地明かなり法華を識る者は世法を得可きか。(如来滅後五五百歳始観心本尊抄)
◆まことのみちは世間の事法にて候、金光明経には「若し深く世法を識らば即ち是れ仏法なり」ととかれ涅槃経には「一切世間の外道の経書は皆是れ仏説にして外道の説に非ず」と仰せられて候を妙楽大師は法華経の第六の巻の「一切世間の治生産業は皆実相と相い違背せず」との経文に引き合せて心をあらわされて候には彼れ彼れの二経は深心の経経なれども彼の経経はいまだ心あさくして法華経に及ばざれば世間の法を仏法に依せてしらせて候、法華経はしからずやがて世間の法が仏法の全体と釈せられて候。(白米一俵御書)
とご指南されています。つまり「内外相対」で世法や化学を含めた外道は劣るといいながらそれらも仏法であると言っているわけでなんだか自語相違っぽく聞こえますよね?これは「相待妙」と「絶待妙」の違いなんです。五重の相対は教判ですから「相待妙」の立場なんですね。内外相対だったら、内道と外道を比較して内道の妙を立てるというロジックなんです。これを「大小相対」「権実相対」「本迹相対」と進めていって一番最後の「種脱相対」で「種妙」である南無妙法蓮華経になります。この「種妙」はもうこれ以上比較するものがありませので「絶待妙」になります。このように何かと比較するのが相対妙ですからその目線で見れば「現代科学は外道の一種」ですが、いちど「絶待妙」を知り逆のその立場からみると(開会すると)相待妙で切り捨ててきた全ての事は全て絶待妙である南無妙法蓮華経の部分論であることが分かります。「相待妙」でが外道の一種である現代科学も「絶待妙」で開会すれば妙法の一分を説明していることになり外道ではなくなります。例えば大聖人がご在世の時に門下の釈迦像造立を称賛したりご自身でも仏像を所持していましたがご本仏の御境涯でみればそれらもまた不要のモノではなく妙法の一分と映るわけです。もちろんだからといって「絶待妙」たる南無妙法蓮華経(戒壇大御本尊)を蔑ろにしたり或いは二つ並べて信仰することは謗法であり「絶待妙」での開会の意味がなくなります。ですから仏像だろうとキリスト教だろうと現代科学だろうと「絶待妙」で開会して俯瞰すればそれは決して否定すべきものはありません。ただし、それらの世法を含む外道の法を根本とするのは間違いであるということです。折伏の時には、この「相待妙・絶待妙」の両方を使います。主に破折の時は「相待妙」弘教の時は「絶待妙」がメインですね。相手が現代科学を持って妙法を否定してくれば内外相対等の相待妙をつかい絶待妙を立て、そうでない時には絶待妙の立場で開会して妙法を教えていく。これらの使い分けが折伏には大切だと思います。創価や顕正相手に絶待妙で開会しても理解できませんからら彼らには徹底していかに彼らの信心が劣っているのかを分からせないといけません(笑)以上で一応質問の回答とさせていただきますが至らない点がありましたらご指摘ください。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>