創価教学じゃない御書講義(29年度2月座談会御書・妙一尼御前御消息)

法華経を信ずる人は冬のごとし冬は必ず春となる、
いまだ昔よりきかずみず冬の秋とかへれる事を、
いまだきかず法華経を信ずる人の凡夫となる事を、
経文には「若有聞法者無一不成仏」ととかれて候。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月は、「妙一尼御前御消息」ですね。
2月だから季節感を出した感じ?
まぁ、この御文は創価活動家の約87%(当社調べ)が
一度は読み聞きそして念じたと思われる有名な一節だね。
「冬」がイロイロと解釈することができるので
幹部も使いまわししやすい一節でもあるね。
法華経を信じる人は何で「冬」なの?って素朴な疑問もあるが
「法華経を信じる人」は必ず難があるから。というのは基本線。
あ、でもこれを下手に使いうと、「そんなんじゃ信心やらない」って言われる場合ありだよ。
または、人は苦悩があるから信心をするから。
つまり「冬」になって初めて真剣に信心するってことだね。
本文に即して言うと、「冬」とは「凡夫」という事で
「春」とは成仏と言う事になるね。

俺も親父の借金背負って、この信心を初めて
何度この御文を心に浮かべながら唱題したことやら。
「もう冬、長すぎ。北極か!」とか思いながら唱題してたなぁあの頃は。

さて、今回の御文のポイントはもちろん
「法華経を信じる人は」
ここ。ここに尽きる。
法華経。つまり大御本尊を信じる人。
その信心がある人は必ず成仏する。ってことだね。
今が北極圏並みの寒き冬であっても
大御本尊を信じる人には必ず「春」の功徳がやってくる。
そして一度、一生成仏したのなら(春になったら)
大御本尊を信じている限り再び苦しみの凡夫の境涯には戻らない。
そのように大聖人が太鼓判を押してくださっているのが今回拝読の御文です。

さて、今の創価のカツドウカさんはどうですかね?
破門後入会のカツドウカさんは
最初から「創価を信じる人」であって
「法華経を信じる人」ではないので、
「冬」か「春」かは、その人の福運次第ですが
「創価を信じた」時点でいつか必ず「冬」となり
「冬はおそらく冬のまま」でしょう。

次に破門前に大御本尊を信じていたのに
創価の邪義により大御本尊を捨ててしまい
剰えそんな邪義を正当化している
創価幹部・バリ活諸氏においては
折角の成仏の境涯から、あえなく凡夫に逆戻り決定!
冬は秋に戻らないかもしれないが
春夏秋と駆け抜けて、また冬に逆戻り状態ってことだ。
そして「冬はいつまでたっても冬のまま」っていう事になるな。

大聖人は

◆法華経の行者を捨て給わば諸仏還つて凡夫と成り給うべし恩を知らざる故なり(法華真言勝劣事)

と言われている。(どうせ法華真言勝劣事なんて読んだ事ないでしょうねぇ)
毎回書いているけど
法華経の行者とは日蓮大聖人のことであり
日蓮大聖人とは一大秘法の「本門戒壇大御本尊」のこと。
いいですかぁ。大作センセの事じゃありませんよ。
この「法華経の行者」って部分を
「大作センセ」とか「創価学会」なんて解釈しないように。
その解釈だと、諸仏は大作センセのお陰で成仏した。
ってことになっちゃいますからね。おかしいでしょ?
そんな解釈するのは「創価切文我見教学」ですからね。

その大御本尊を捨てた創価のバリカツ・幹部は、
残念ながら苦悩の淵を彷徨う凡夫状態。つまり冬に逆戻りしてんのよ。
「諸仏」ですら「法華経の行者」を捨てれば凡夫に戻っちゃうんだぜ。
もともと凡夫のオマエさん達が戻らないわけなかろう。

そんなわけで、バリカツさん以外の会員の皆様は
一日も早く大御本尊に信を取る信心をしましょう。
やめられる人は、早く創価をやめましょう。
それと毎月の座談会での「とんでも御書講義」に騙されないように。
今月の御書は、上記の「法華真言勝劣事」の御文とセットで考えてくださいね。
なにせ創価教学はご都合主義ですから
自分でイロイロ学ばないと
「いつまでたっても冬のまま」
「いつまでたっても一闡提」ってことになってしまうので用心してくださいね。
(バリ活さんは、このまま一度無間に行ってから改心してくださいね)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




伝統の2月物語

今日から2月。今年もあっという間に1ヶ月が終わちゃったね~。
2月といえば、ご本仏・日蓮大聖人が生誕された意義深い月・・・なんですが
創価では大聖人生誕より、戸田2代会長の誕生日。
そしてそれ以上に「伝統の2月」「2月闘争」なんて方が優先で
「2月は大聖人様ご生誕の意義ある月だよ」なんていうヤツはいね~な。
そもそも大聖人の誕生日すら知らないんじゃないのか?いまの若い学会員は。

「伝統の2月」「2月闘争」って知らない方に簡単に説明すると
昭和27年の2月に、その前月(1月)に当時の蒲田支部で支部幹事となった
若干24歳の若き大作センセの大活躍により
それまで支部100世帯が折伏の限界とされていたのに
それを大きく上回る「支部201世帯折伏」とう金字塔を打ち立てた。
っていう物語である。
いくつかある「池田伝説」のひとつである。
で、この物語の間違いのない事実は、
①蒲田支部が1ヶ月201世帯の折伏をした。
②24歳の大作青年が蒲田支部の「支部幹事」をしていた。
この二つだけ。
残りの物語・・・つまり山本伸一君(大作青年)が
たった一人が全てを劇的に変えた。
というようなカツドウカさん達が思っているような客感的な事実はなく
「小説人間革命」に書かれているのは大作センセの私感で、
ぶっちゃけ、大作センセの妄想?空想?の世界観だ。
(だから小説なんだけどね)
それを「真実」だとカツドウカは心底思っているわけだ。

「そんなこというオマエは何を知ってんだ!」との反論もあるだろう。
確かに知らない。昭和27年じゃ俺は生まれてね~し。
でも客感的に見てみると、
大作センセが言うような大袈裟なことには思えない。
もしも、その2月闘争とやらが後世に残るようなことならば
その当時にもっと話題になってもいんじゃないか?
もしかしたら、蒲田やその周辺で
多少の話題にはなっていたのかもしれないが
肝心な戸田先生が「2月闘争」に言及した記録が
ほとんどないのは合点がいかない。一体何故?why?
「戸田城聖全集・第4巻」には、昭和28年からの講演が掲載されているが
蒲田支部が大興隆していて人材を陸続と輩出している。
ということは書いてあるが、それ以上のことは書かれていない。
もちろん「池田のイの字」も「大作のダの字」も書いていない
(つまり言ってない)
昭和27年当時聖教新聞も同じで
そんなに大活躍した大作センセを称えるような記事もない。
そこで考えられるのは、戸田先生は
①支部201世帯の新記録も特になんとも思っていなく当然と考えていた。
②大作センセを支部幹事にしたらか201世帯折伏ができた。とは思っていなかった。
などいくつか思い浮かぶが
いづれにしても「大作センセ」の活躍は、
戸田先生にはそれほどの「大活躍」
には見えなかった。思わなかった。ということだろう。

それはそうである。
若干24歳のしかも「初陣」で、年齢も経験もない大作青年に
いい大人が揃いも揃って傾倒するはずはない。
もちろん大作青年がそりなりの何かがあれば別だが
20代の大作センセは、お世辞も「教学力」あると思えず
(これは想像でなく20代の大作センセの発言などを読んだ感想)
かといって、皆の先陣を切って個人折伏をバンバン決めた。という事実もない。
個人折伏については「随筆」でアパートの隣人を折伏した。と書いてあったが
その人に本流したかどうかまでは書いてないし
創価の会員のなかで、「私は池田先生に折伏されたんですよ」って人を見たことないし
そうした話すら聞いたこともない。
「学」も「行」もない幹部の言うことを聞くのは、同じようなタイプの会員だけで
折伏をバンバン決めるような会員さんは
そうした幹部の言うことを聞かないと思われる。
つまり、俺の想像する「2月闘争」では
大作青年は、一応は個人折伏する体はしておいて
あとは専ら会員回りして激励したり
あとは一会員さんの知らない戸田先生の話をして回っていた。
そしてたまたま昭和27年の2月に「201世帯」という結果がでた。
そんなところじゃないかと思う。
たまたまでなければ連続で何ヶ月も200世帯以上の折伏ができているし
200世帯どころか300世帯とかの新記録が続々生まれていいはずだが
どうもそんな陽気じゃないようだ。
だから戸田先生時代には「伝統の2月」なんて合言葉はなかったのだと思うし
仮に戸田先生も「伝統の2月」と言ってたとしても
別に大作センセ一人のお手柄だとは思っていなかっただろうと思われる。

こういう幹部いるよね~。
てか幹部ってこうだよね。
部員さんには友人を会合などに連れ出してくるように言うけど自分では連れてこない。
ただし誰も知らないところで「友人に仏法対話した」と自己申告して「折伏の体」だけ作る。
でも実際に本流はできない。
で、会員さんが折伏の為に友人に会いに行ったり電話したりしてるのに
自分たちは個人折伏そっちのけで、
部活やらなにやら呼んでもいないのに来てイロイロ言って帰っていく。
本人は「激励」したつもりなんだろうが、来れる方はいい迷惑。
一度ゾーン男が本部の男子部の部活に来たときに
「俺たちは折伏してるし激励なんていりません。それよりもゾーン男自身が折伏決めてください。ゾーン男だってうちの本部なんですから。まずゾーン男から結果を示してくだだい。こんなところに来てないで友達に折伏しに行ってくださいい」
と皆の前で言っちゃったことがあったなぁ。
そりゃ俺を組織から追放したくもなるわな(笑)
まぁ、このゾーン男に限らずそういう幹部ばっかり。
で、自分たちは折伏1世帯も決まらないくせに手柄は自分のもの。
件のゾーン男なんて俺たちのやった折伏の結果のお陰で本幹で大作センセにあえたんだけど
そのあと言った言葉が「先生にお会いしたいとずっと祈ってきた願いか叶いました」だとよ。
まずは折伏決めた俺たちに「ありがとう」じゃね~のかよ。
まぁ、彼の脳内では「俺が指揮して皆を激励したから結果がでた。俺の信心の勝利だ。」という
物語が描かれていたんだろうね。

これか?これが昭和27年2月からの「伝統」なのか?
そうだよね。折伏の伝統なんてないもんね。
半世紀も前の記録を破れないのだから、
それはもはや「伝統」じゃないよな。
ただの「創価昔ばなし」だよな。
いまでも伝統と呼べることがあるとしたら
「会員の手柄は幹部が独り占め」
「会員が結果を出せたのは幹部の指導・激励のたまもの」
っていう発想くらいしか残ってない。
その発想の大元が昭和27年2月の
大作青年の戦いにあったんだな。
それが「2月闘争物語」だな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ





母、大石寺に行く。

昨日、母が支部登山に参加。
初めて大石寺に行ってきた。
3時ころ電話をしてみるとまだ大石寺にいた。
「どうった?」と聞くと
スケジュールがいっぱいで大変
って言っていたが楽しそうな声。
朝6時に菩提寺からバスで出発して
午前中は講義?説法?だかを聞いて
午後御開扉を受けついに戒壇大御本尊様にお目通りをしたそうだ。
天気の悪くなく富士山もよく見えたそうな。
「何か一番良かった?」と聞くと
やはり大御本尊にお題目をあげられたことが一番だったとの答え。
さほど信心熱心ではない母も
やはり大御本尊様にお会いすると歓喜がわくんだなぁ。ってしみじみ。
やはり昨年、正宗に移籍してもらって良かった。て思う。
そうでなければ今世で大御本尊とお会いすることはなかったんだから。
「また今度は桜の頃にいきたいね」とも言っていた。
なんだか観光気分ではあるが
機会があれば1度でも多く、大御本尊にお会いに行って欲しいね。
まぁ、かくいう俺もいままで一度も大石寺には行ったことはない。
当然大御本尊にお目通りしたこともない。
法華講の友人からは、大御本尊に一度もお目通りしていないのに
こんなに大御本尊を恋い慕う人は珍しい。とよく言われる。
俺は逆に「だからこそ」と思うのだが。
いまは大御本尊どころか自宅にご本尊すらないからな。
内得信仰初めて半月たつが、そろそろ御本尊が恋しくなってきたな。
なにもない仏壇に向かって勤行・唱題。
すこし淋しいな。
仏壇も「仏」がいないと、ただのタンスだよ。(笑)
もうすぐ2月。
2月言えば大聖人がご誕生になられた月。
2月中には今後の身の振り方を決めないとな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

非意味的切断さんのコメントへ(三証について)

非意味的切断さんからの「三証」の関するコメントですが
「三証」に関しては少し書きたいこともあるので記事にします。
コメントの内容は、
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
また、三証については、私も少し勉強しましたが、確か現証が一番大事というような話ですよね?
日蓮正宗=大御本尊と分離したあと、不幸になる創価学会員が増えたという現証はあるのでしょうか…?
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
とのことです。

まづ
@「確か現証が一番大事というような話ですよね?」@
このご質問なのですが、
多くの学会や顕正会のカツドウカ さんたちが
文証・理証につまると口にするテッパンの主張です。
そのロジックとしては
「文証や理証よりも現証が一番で、私(或いは創価)は実際に結果(功徳)を出したてきた。
だから創価(或いは大作センセ)は正しい」といったものです。
で、この現証が一番大事。という論拠になっている文証が、

◆日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず(三三蔵祈雨事)

この御文です。この部分をもって「現証最上位」論を主張するのですがその主張は間違っています。
上記の御文において道理・証文・現証は「日蓮仏法をこころみる」にかかっている言葉です。
この「こころみる」を「仏法の正邪を決する」と通解しちゃう人もいますが
まづそうした通解は、通解からして間違ってます。
なぜなら大聖人はおおくの御書で仏法の正邪は文証によるようにと言われていますから
この「こころみる」というのは「正邪を決める」という風に通解するのは他の書との整合性がとれません。
で、「こころみる」というのはその言葉の通りに「試してみる」という意味です。
結論を言えば上記の御文は、個人の信心に約したご教示です。
ですから「文理より現証の方が重要だ」という意味ではありません。
例えば今現在、非意味的切断さんとこうして対話していますが
私が文証・理証を話しても非意味的切断さんには納得できないことが多いと思います。
つまりこの信心を試すなら、文理よりも現証の方が分かりやすい。と意味です。
ですから通解としては
「日蓮仏法を試してみるにあたっては文理を理解することも大切だけど、それよりも実際に自分でやってみてその結果を見たほうが早いし分かりやすいですよ」ということです。
このように個人の信心に約しているわけで、
決して「三証」の中で「現証が最上位」という意味ではありません。
これは自行の辺で、化他行の辺でも同じように

◆凡夫は此の経は信じがたし又修行しても何の詮かあるべき是を以て之を思うに現在に眼前の証拠あらんずる人此の経を説かん時は信ずる人もありやせん(法蓮抄)

とあるように、凡夫はなかなか文理ではこの御本尊を信じることができず
この信心をやっても意味はない。と思ってしまいますが
実際に現証を示している人が話せば信じる人もいるでしょう。
そうした意味で「現証」の大事を言われています。
自行化他いづれにしてもこれらはあくまでも「個人の修行」に訳せば
「現証」は文理より大切ですよ。言われているのです。

では、「法の正邪」を問うとき(対論・法論)においてはどうかというと

◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず(唱法華題目抄)

と言われているように「現証」よりも文証そして理証が優先になります。
そうした違いが理解できないのが
ご都合主義の切り文の創価教学・池田教学の悲しい部分で
カツドウカさんたちは対論で文理で詰まると
あたかも「現証一番」だと言わんばかりに
「現証論」を言い出すわけです。
その最たるものは「実際に信者を増やしてたのが学会だから宗門より偉い」
「創価の信心で功徳をいっぱいもらったから創価の信心は正しい」というロジックです。
しかしながら、魔の通力と言って魔にも力はあります。
実際に結果が出たからといって即その信心が正しい。とはなりません。

◆先ず通力ある者を信ぜば外道天魔を信ずべきか(題目弥陀名号勝劣事)

と大聖人も言われています。
そして「魔の通力」か「仏力・法力」を判断する(正邪を判断する)のは
文証・理証であるということです。

これが「三証」の「三証」たる所以なのです。
「現証一番主義」ならば文理は必要なく
「現証」だけの「一証」で構わない。ということになります。

そこで、
@日蓮正宗=大御本尊と分離したあと、不幸になる創価学会員が増えたという現証はあるのでしょうか…? @
とのことですが正直言って「知りません」としか言えません。
アンチは「創価にいると不幸になる」といい
創価は「創価に敵対すると不幸になる」といいますが
現世における「幸不幸」は個人の心の範疇です。
また信心しなくても幸福な人生を送っている人も大勢いいるし
信心していても不幸な人生を過ごしている人も大勢います。
さらに他人が見れば不幸に見えても
本人は幸福だと感じているかもしれないし
その逆もあります。
ですから大御本尊を捨てた後に不幸な学会員が増えたかどうかは知る由もありません。
ただし、それが現世であれ死後であれ来世であれ
大御本尊を捨てた学会員が無間地獄に行く(不幸になる)のは
文証に照らせば間違いない。ということだけは言い切れます。
それは私が創価憎しで勝手にいてるのでなく
大聖人が御書にくり返し書いていることなので
私には疑う余地はありません。
また創価カツドウカが他人に創価の信心に功徳がある。
と説明するのはウソであり、
そのエサに釣られて入会してしまった人は「騙された」のであり
ウソをついた側はサギと呼んで差し支えないと思ってます。
ウソをいって勧誘した挙句、「騙されるのは自己責任」なんていうのは
居直り強盗としか思えません。
逆に「創価に敵対したり創価を退転したら不幸になる」
というのもありえません。
創価の言う「功徳」も「罰」も
どこにも文理がないからです。
文理がない現証論は信じるに値しません。
単なる与太話の類でしかありませんから。

「創価に会費(財務)を出したら功徳がでた」
「公明党を支援すると功徳が出る」
「創価を誹謗したら罰が出る」
こうしたことを個人的に思う分には自由ですから非難はしません。
しかし、他人に向かって言うならば個人的功徳という現証よりも
文理で「それが功徳である」ということを論証しなければいけません。
今の学会カツドウカでそれを文理で説明できる人はいません。
リアルでもそしてこうしたネットの世界でもです。
そうした現実(現証)を見れば
カツドウカさんがどんなに創価で功徳が出たと強がっても無駄です。
まさに「現証にはすぎず」ってところです。

質問の答えになっているかどうかわかりませんがもう一度書きます。
御本尊を捨てて不幸な学会員が増えたかどうかわかりません。
幸不幸は個人の決めることなで他人には決められません。
ただし、日蓮大聖人がご本仏であるのであれば
「大御本尊を捨てた学会員の最終的な行き先は無間地獄である」
というのが結論です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ







小樽問答からの伝統だね

「小樽問答」の話が出たので少し記事を書いてみる。
といっても「小樽問答」なんてのはやがて
創価の歴史からも、正宗の歴史からも抹消されるだろうけどね。
もす既に学会の歴史としての「小樽問答」の扱いは
「正宗の僧侶が身延の対論から逃げた」
「変わりに創価が【正法正義】を守るために法論をした」
「学会が大勝利して【創価の正義】を証明した」
なんてことになちゃってるもんね。

SOKAnetにも
※「小樽問答の勝利は、日蓮大聖人の信心の血脈が学会のなかにこそ躍動していることを証明するものでもあったのです」

な~んて書いちゃってるもんね。
「小樽問答」のどこをどう解釈したらば、
大聖人の信心の血脈が云々という話になるのか?

しかもだよ
※「身延派を圧倒する池田室長の司会第一声で、既に勝負は決していたと言える」
なんてさ、いかにも大作センセが勝利に導い風の相変らないロジック(笑)
「歴史を捏造する」ってのは独裁者の専売特許だね。

「小樽問答」の内容については、いまやネットで自由に拾えるので
創価が自サイトで自画自賛しているような内容でないことは周知の事実だが
まず対論の中身を取り上げると
決して「創価」が自力で勝利したわけではなく
創価の言い分は既に正宗が何度も身延派を破折してきた内容そのままで
創価は正宗の過去の言い分をくり返し代弁したに過ぎない。
このことは「砂村問答」や「両山問答」を読んで研鑽すれば一目瞭然。
その程度で終わった法論なのだから、正宗が身延から逃げることは有り得ない。
むしろ「その程度」の話で大袈裟に宗門のことを口に出しちゃった創価の婦人部が悪い。
ザコのチンピラ相手に本家の総長の名前を出した。って感じで
創価が蒔いた種なんだら自分たちで始末するのが当たり前だろう。
そして、よく言われるのが内容云々というようりも
創価側が身延の倍の人数を動員したり
ヤジなどを飛ばして法論にならなかった。って話だが
テープを聞く限りまぁその通りだろうなって思う。
だからといって、あれは法論じゃない。だから負けてない。
っていう身延も身延なんだけどね。
身延が負けてない。っていうなら勝ったのか?といえばそうとも思えない。
まぁ、話の内容は法論だがそのやり方は恫喝といったところだろう。

でも、これが創価の法論の本質であり源泉であることは確かだ。
この「小樽問答」のやり口はその後平成になって
しっかりと「広宣部」に受け継がれたからね。
「広宣部」が他宗の活動家と法論するときのポイントは
「絵面的に勝ったように見えること」が最優先なんだよ。
これは実際に広宣部の幹部がそう指導しているのだから間違いない。
勿論、法の正邪の話はするがそこは二の次だ。
なぜなら相手も活動家ならば「法の正邪」の決着などつかないからだ。
またついたとしても負けた側が改宗することもない。
だからソコよりも「絵的に勝ってる風」することが重要となる。
勢いよく話す。相手が返答不能になるように持っていく。
まぁ色々とテクニックはあるのだが、とにかく
【コチラが終始攻めている印象を周りの人間に見せる】ということが大切だ。
しかも【見せる相手】というのは、相手や相手の周辺の人間でなく
あくまでも【創価側】の人間。つまり学会員に【勝っているように見せる】ということだ。
さらに言えば、相手が二度と絡んでこないように思い切りイヤな思いをさせる。
その方法のひとつとして恫喝も辞さない。
広宣部時代にはコレは広宣部のやり方か。とある意味感心したが、
なんのことはないこの手法は「小樽問答」以来の伝統だったんだな。
今振り返るとそう思うね。

さて話は変わるけどご報告をひとつ。
今日、母のお世話になっているお寺に
学会の御本尊を返納してきました。
お巻して約1週間。
断腸の思いではあったけど
四半世紀題目を上げてきた御本尊は
大御本尊様のもとにお返ししました。
しかしアレですね。
内得信仰ってのも淋しいですね。
でも、五座三座ちゃんとやってます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR