創価教学じゃない御書講義(29年度11月座談会御書・日妙聖人御書)

我等具縛の凡夫忽に教主釈尊と功徳ひとし彼の功徳を全体うけとる故なり、
経に云く「如我等無異」等云云、法華経を心得る者は釈尊と斉等なりと申す文 なり
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「日妙聖人御書」ですね。
日妙聖人は、乙御前のお母さんと言われている人で
鎌倉から幼き乙御前を連れてはるばる
佐渡におられる大聖人に会いに来た強信の女性です。
「小説・日蓮大聖人」にも登場しますが
当時女性一人で幼子を連れて鎌倉から佐渡までいくのは命がけで、
日蓮大聖人と佐渡でお会いした時の描写は涙なくては読めません。
是非、みなさんも「小説・日蓮大聖人」読んでみてください。

この「日妙聖人御書」は、別名「楽法梵志書」ともいって
最初に、楽法梵志・釈迦菩薩・雪山童子・薬王菩薩・不軽菩薩・須頭檀王が
不惜身命の修行の結果、仏法を会得したことが書いてあります。
その後に我々の末法の凡夫はそのような修行ではなく
「妙の珠」すなわち「大御本尊」を受持すれば
諸仏菩薩の功徳を受けることができると書かれています。
これは、観心本尊抄に書かれている

◆釈尊の因行果徳の二法は妙法蓮華経の五字に具足す我等此の五字を受持すれば自然に彼の因果の功徳を譲り与え給う

となおなじことを言われています。

さて、今日はそこではなく「如我等無異」について少しやりますか。
「如我等無異」とは法華経方便品に書かれている言葉で
「我が如く等しくして異なること無からしめん」と読み、これ仏の請願です。
創価風にアレンジしちゃうと、「師匠は弟子に自分と同じ境涯になって欲しいと願っている」
なんて話になっちゃうけど、
何が悲しくて、末法の荒凡夫である大作センセと同じ境涯にならなくてはいけないのか?
大作センセと同じ境涯になったところで成仏できないちゅ~の。
まぁ、楽して儲けて酒池肉林?そんな境涯を望む人はど~ぞご勝手に。
ただし一度死んだら最後だからね(笑)
あとに待っているのは無間地獄(怖)
そんな創価のコジツケ師弟論は置いておいて
先にも言ったように「如我等無異」とは仏の誓願であり仏の出世の本懐だ。
仏の誓願・出世の本懐とは開示悟入の四仏知見、
即ち衆生の仏界を湧現させることである。
要するに一切衆生に成仏をさせることが出世の本懐だ。
一切衆生が成仏をすることを「如我等無異」と言うわけだ。

で、【法華経を心得る者は釈尊と斉等なり】というのは
【大聖人が末法のご本仏である】と言われている部分である。
【法華経を心得る】というのは、一念三千の法体を所持していることであり
【釈尊と斉等】というのは、その法体の教法を示すということである。そして

◆今末法に入りぬりば余経も法華経もせんなし、但南無妙法蓮華経なるべし(上野殿御返事)

と言われているように、末法においては南無妙法蓮華経の法体と教法を所持されている
大聖人が教主釈尊=末法のご本仏ということである。
そのご本仏である大聖人が「如我等無異」の大慈悲のもと
我等末代幼稚の為に御建立してくださったのが
弘安二年の本門戒壇大御本尊様なのだ。

◆一念三千を識らざる者には仏大慈悲を起し五字の内に此の珠を裹み末代幼稚の頚に懸けさしめ給う(観心本尊抄)

創価の言う民衆仏法の確立?
そんなモノは出世の本懐でもなんでもない。
一大秘法なくして正しい民衆仏法など確立できる道理がない。
創価の言っている民衆仏法ってのは、単なる新興宗教の確立であり
そんなものが確立することをご本仏は誓願していない。

次に総じていえば【法華経を心得る者】というのは
ご本仏・日蓮大聖人=大御本尊を信受した我々ということになる。
先の観心本尊抄に書かれているように、
我等末法の凡夫は自力で法華経を心得ることはできない。
皮をはいだり骨を筆にしたり肘を焼いたりそんな修行はできない。
それでも、法体であるご本仏の色心二法の大御本尊を信受すれば
その、因果の功徳を自然に受け取ることができると大聖人が仰せである。
その因果・功徳は、教主釈尊=大聖人と等しいということになる。
そしてそうなってこそ「如我等無異」とのご本仏の誓願を
事の上で顕したことになる。
つまり、大御本尊を信受し功徳を受けること。
それこそが大聖人仏法の正義を示したことになり
その人こそが大聖人の弟子なのである。
「師匠の仇討ち」とか「師匠の正義を証明する」とか
そんな俗で安っぽいことをいうのは、
安っぽい弟子であり、安っぽい師匠だという事だ。
大聖人にお応えするのは自身がが強情な信心で功徳を受けることだ。
ただ、勘違いしないで欲しいのは
いくら大聖人と等しく功徳を受けたからと言って
「俺は大聖人と同じである」と思うのは大きな間違いだからね。
それじゃ「創価森」の管理人と同じになっちゃう。
「能」(ご本仏)と「所」(我々)との違いをはき違えないようにしてほしい。
俺たちには仏と同じ功徳を受けることはできるが
他人に仏と同じ功徳を受けさせることはできない。
これが、能所の違いである。

そんなわけで、冒頭に戻るが日妙聖人。
大聖人を求めてはるか佐渡まで会いに行く。
その求道心と大聖人への恋慕の思いには感動する。
どこかの婦人部は、大御本尊にお目通りしなくてもいいのよ。といって
大聖人をあっさり捨てる
この違い。
日妙聖人の爪の垢を煎じて飲むといい。
この御書はそんな日妙聖人に与えられた御書である。
創価の連中に与えられた御書ではない。
自分たちが功徳を受け取れる身分かどうかよく考えてみたらどうだ。
大聖人に恋慕の気持ちがあるのならば
大聖人を求める気持ちがあるならば
そして、本当の功徳を受け取りたいのであれば
自分はどうしたいいか?
学会員のみなさん一人一人が考えた方がいいと思う。


にほんブログ村



大聖人を愚弄する「創価の森」の管理人

創価系ブログは相変わらず愚にも付かない提灯記事であふれている。
まぁ、ブログなんてのは基本書き手が何をかいてもかまわないと思ってる。
創価粉飾ブログでも、「ああラリッちゃってるのね」と
大抵は嘲笑に付しているのだが
今回「創価の森別館」というブログに書かれた内容は
大聖人の弟子として看過することができないので記事にする。
何故か「創価批判カテ」にもエントリーしてるのだが
このブログは以前も取り上げたが実に「悪徳」「悪質」である。
なにが「悪質」かと言えば、大聖人仏法を利用して
己の邪見・邪義を発し、他人を惑わせるところである。
最近の記事に「ご本尊に迷うさんへ」という記事がある。
ご本尊に迷っている人への回答記事と思われるが
実に「デタラメ」「嘘八百」を書き綴ってる。
この記事は、今日現在2回にわたって書かれているが
その内容の酷い事といってらこの上ない。

まず最初の記事では、件の管理人の実に無知で稚拙な本尊義が書かれている。
例えば(以下【】内が創価の森管理人の見解)
【御本尊とは仏界の生命であり、南無妙法蓮華経です】
正しくは、ご本尊・南無妙法蓮華経とは一念三千のことであり「仏界の生命」限定ではない。
【御本尊は「文字曼荼羅」であり、「法本尊」です。】
正しくは、ご本尊とは人法一体であり「法本尊」限定でない。
【「法」ですから大聖人の御本尊、日寛上人の御本尊と差別はありません】
「法」のみではないからこのロジックは通用しない。
その後は、まったく本尊義と関係なく論拠もない正宗批判と
これまた根拠のない創価の正義を書いて
「だから創価の本尊で問題ない」などと述べている。
完全に痴れ者である。
大聖人仏法において本尊とは人法一箇であることは基本中の基本である。
それすら、分かっていない人間が「本尊に迷っている人」に
何故か上から目線で幹部風に指導をかましている。
オマエは「本尊に迷う」どころか「本尊を知らない」のである。

さて、ここまでは良くいる創価活動家である。
過去にも、ラン・のんかつ・白ユリ等々の各氏も
「この程度」だったので今さら驚くことでもない。
単なる、無知・無信心で片づけていい程度である。
しかし、この創価森管理人の次の記事は看過することができないのだ。

その内容とは、まづ
◆白馬は日蓮なり白鳥は我らが一門なり(曾谷殿御返事)
の御文を引用した後に
【この白馬と白鳥、まさに池田先生であり創価学会なのです】
とコキやがったのである。
明らかに御文に【日蓮】とかいてあるのに
この【日蓮】という部分を、大作と創価である。などと言っているのである。
これは、何を意味するかと言えば
このオッサンは、日蓮大聖人=池田大作 である。
と言っているのだ。
この解釈を許せば、御書中に書かれている【日蓮】とい部分すべて
「大作」「創価」と変換することが可能となる。
これほどに大聖人を愚弄する行為はない。
いままで、たくさんの創価の大莫迦野郎どもを見てきたが
御書に書かれている【日蓮】という言葉を
大作に置き換えたヤツは一人もいなかった。
下衆で下品な末法の荒凡夫を
こともあろうか、ご本仏・日蓮大聖人と同等に扱うとは
まさに、ご本仏をご本仏と拝せない謗法不信の行為だ。

そもそも、上記の御文を解説するならば
「白馬」=「日蓮」=「大御本尊」であり
「白鳥」=「日蓮の弟子」=「大御本尊を信じて題目をあげる我等」である。
どこの世界に「白馬」=「日蓮」=「大作」
などという解釈をするやつがいつだろうか?
こんな個人の邪見・邪義を
本尊に悩んでいる人に対して回答するとは
なんと、無責任で無慈悲であろうか。
もはや、このオッサンのやっていることは創価大作教でもない
創価の森教である。
無論、このオッサンが何をどう思っても個人の自由である。
自分一人がそっとそう思っていればよろしい。
しかし、自分の邪見・邪義をあたかもそうではないかのごとく
大聖人を利用し、御書を利用するのは見逃せない。
しかも、自分の方が邪義・邪見にもかかわらず
正宗を「日顕宗」などと言い続けるその姿勢も含め
信仰者としての風上にも置けないヤツである。
こういう謗法者が創価の会員さんを不幸にしているのである。

創価の森の管理人よ。
その邪義・邪見を文証を挙げて論証してみなさい。
「日蓮」=「大作」の論拠はいったいどこにあるのかね?
「ご本尊は法本尊」限定なのかね?
論証もできないのに本尊のことを他人様に断言して
恥かしくないのか?心が痛まないのか?
それでもまだ大聖人仏法の信仰者などと言い続けるのか?

最後に、「ご本尊に迷う」さん。
件の管理人の言ってることは大聖人仏法と何の関係もありません。
相談する人を間違っています。

◆病の起りを知らざる人の病を治せば弥よ病は倍増すべし(種種御振舞御書)

もしも、本当に大聖人仏法の信仰をしたいと思うならば
創価の活動家に意見を求めてはいけません。
ご自身で、学ぶことです。
因みに大御本尊に信を取らなければ、
創価のコピー本尊には何も力がありません。
もちろん、そのコピーに題目あげても無駄です。


にほんブログ村





嫌な思いをしてまで創価にいなくていいんじゃね?

このブログの読者で学会活動をしているの人の中には
創価の組織内で「嫌な思い」を過去にしたり
現在進行形で嫌な思いをしている人もいると思う。
創価の組織というところは閉鎖された狭~い世界。
その中では、嫉妬や怨嫉・イジメ・パワハラが横行している。
バリカツは麗しい世界というが、所詮凡夫の集まりである
世間と何も変わらないドロドロした世界だ。
無能な幹部が調子に乗って無責任な指導をしたり
好き嫌いであちこちに派閥らしきもができたりね。
そん中で信心を真っ当に語ったり
ダメ幹部を批判したりするともう大変。
あなたは組織中でイヤガラセを受けるわけだ。
それは、理不尽な人事だったり陰口だったり仲間はずれだったり
そんな学会員さんを何人も見聞きしているし
俺自身も組織から追放された挙句に、
いつの間にか誰かが俺の退会届を提出して退会扱いとなった。
まぁ、別にだからといってどうこうもない。
そんなくっだらない世界にとどまっていようとも思わない。
世間も同じようなことはあるが、創価のような狭い世界と違い
世間では「自分の嫌いな」ヤツと付き合う必要もないから
少なくても創価の世界よりは自由で公平だ。

なのにそんな風に「嫌な思い」をしながら創価に居続けるのはなぜ?
多くの場合「嫌な思い」をしている会員さんってのは
真面目に信心をしている人が多いし、世間的にも「いい人」が多い。
そんな善人がくっだらない創価の組織で
「嫌な思い」をしながら活動を続けている理由だが
俺が話を聞いた人達によると

「組織中で嫌な思いをするのは自分の宿業だ」という人。
そうですか。ならば創価をやめれば宿業が一つ減るじゃないですか。
「創価をやめられない事」が宿業の場合もあるかとは思うが
自分自身の努力なくして宿業は切れないよね。
少しづつ創価からフェードアウトするよう努力しないと。
創価で活動すればするほど宿業が増えていくのだから。

「組織中で嫌な思いをするのも仏道修行だ」という人。
だれからそんな与太話を吹き込まれました?
大作センセですかね。
それともあなたが信用している幹部かな?
俺の知る限りでは大聖人様はそのような仏道修行をお示しになったことはありません。
一体、どの御書にそんな事が書いてあるのでしょう。
仏道修行とは大御本尊を信じて題目をあげることです。
そして正しい教学を学ぶことです。
大御本尊をすて、邪見を振りまく創価で
嫌な思いをするのは仏道修行じゃないでしょう。
もしも、それを仏道修行にしたいのならば
貴方にいやな思いさせている謗法幹部・邪見会員を破折するべきでしょ。
謗法者に嫌な思いをさせられて耐えているのは信心ではないよ。
そんなの忍辱でもなんでもない。
さぁ、明日から謗法幹部をどんどん破折してください。
それでこそ「創価の組織中での仏道修行」ですよ。
俺も協力するから勇気を出して謗法退治しましょうよ。

「池田先生はわかってくれている」という人。
そう思いたい気持ちはよ~く分かります。
俺たちが組織を追放され時に、そのように言ったヤツもいた。
でも、残念なことにそれは単なる願望でしかない。
大作センセは、あなたが「嫌な思い」をしていることを
これっぽっちもわかっていませんよ。
もしも分かっているのならば、理不尽な幹部などいないはずです。
でもそういう患部はいなくなるどころか増殖してるでしょ?
そう何も大作センセには届いていないのです。
なぜだかわかる?
それはね、大作センセは大御本尊を捨ててしまったから。
大御本尊を捨てて創価コピー本尊に祈ってもご本仏には何も届かない。
つまり、大作センセとあなたは何のつながりもないわけです。
だから、大作センセはアナタのことなど「わかってくれる」道理はないわけです。
アナタのことを「わかってくれて」
護り・導き・救ってくれるのは、ご本仏日連大聖人。
つまり戒壇大御本尊以外にいないのですよ。
それに今の大作センセには創価を指導する力はない。
一日も早く大御本尊への信を取り戻してくださいね。

そんなわけで、いま創価の組織で「嫌な思い」をしたり悶々としている会員さん。
可能ならば今すぐ創価をやめましょう。
無理に我慢することはありません。
創価をやめても百利あっても一害もありません。
自分からヤメれらないなら、どんどん謗法幹部を破折してください。
そうすれば自然と除名されますから。
嫌な思いまでして創価にいる必要ないですよ。
所詮、今の創価は「公明同好会」という
選挙サークルですから(笑)


にほんブログ村

負けを認められないお子ちゃま達。

2017年衆院選挙。
先日も書いたが公明党は改選前議席から5議席減り
しかも負けるはずない小選挙区でも神奈川で敗北。
さらに、「広宣流布のバロメーター」などと言っていた
比例区の得票は700万票に満たない数字。
ここ数年の国政選挙・・・いや全ての選挙で
これほどの敗北は見たことのないような惨敗で終わった。
与党にいるから辛うじて「勝った」ように錯覚するが
公明党・・・いや創価学会としては「惨敗」といっていいだろう。

ところがだ。リアカツ(リアル活動家)もネカツ(ネット活動家)も
誰も公明・創価が負けたことを認識していない。
「定数が10減ったのだから5議席減るのは想定内」だとか
(公明に定数減なんて関係ね~だろ)
「比例が700万を切ったけどそれほど減ったとは思えない」だとか
(確実に減ってるだろうが。有権者が増えてんのに)
相も変わらず減らず口を叩いている始末である。
まぁ、これ位ならば負け惜しみとして微笑ましくも思えなくもないが
「自分自身がこの選挙で成長できれば勝利」
「おおくの友と仏縁(友情)を結ぶことが大切」
なんて、完全に脳内お花畑満開のカツドウカの多い事、多い事。
先日も書いたが、選挙は「法戦」なんでしょ?「信心」なんでしょ?
だったら選挙結果が負けならば、それは「敗北」ということ。
自分自身を成長させたり、仏縁を結ぶのが目的ならば選挙じゃなくていいわけだ
宗教法人の構成員らしく、普通に弘教やればいい話。
そっちのほうが、自分が成長できるだろうし世間様にも迷惑がかからない。
これだけの敗北を喫していて「勝利」はないだろう。

まぁ、ここだよね。創価活動家が成長ないところは。
「負けを負けと認められない」
「悪いと思ってもゴメンナサイと謝れない」
普通は大人になると、負けを認めたり謝罪をしたりできるようになる。
「負けを認めずに駄々をこねて謝らない」ってのはお子ちゃまのすることだ。
このブログにも大勢そういうネカツがコメントしてきたよね。
ラン、のんかつ、白ユリ(NANA)などなど
威勢よくいきがってコメントしてきたくせに
俺の質問には何も答えられないで書き逃げしていく。
誰一人「ゴメンナサイ」どころか「ワカリマセン」とすら言えない。
そのくせ、いまのまだ性懲りもなく自分のサイトで
低レベルの与太話を書いて、一会員さんや世間を欺いている。
これが、創価クオリティーだ。

負けを認めることも、間違いを訂正することも何も恥ずかしい事ではない。
「勝ちっぱなし」や「間違いを犯さない」人間なんて一人もいない。
人としての価値というのは、負けた時や間違いを犯したときに試される。
その時にどのような言動をとるのか?
そういうものを世間は見ているし、それが評価と呼ばれるものになる。
「負けてもそれを認めず勝った勝った」と吹聴して回る
キミが負けた事を知らない人ならば騙せるだろうが
世間様というのは、意外と賢くてそんな輩のウソはすぐバレる。
そもそも、そのような人間では成長しない。
成長しないから同じ失敗を繰りかえす。
まぁ、まさに今のソウカツ(創価活動家)がその典型だ。
こういう連中が「活動」しているのだから創価は広まらないし
世間様はソウカツを相手にするのが面倒で迷惑だと思うわけだ。

ソウカのお子ちゃま達よ。
早くオトナになりなさい。
素直に負けを認めて、ゴメンナサイが言えるようになりなさい。
そうすれば世間のオトナ達も少しはキミ達を対等に見てくれるから。


にほんブログ村

自公圧勝?いやいや公明党は「負け」でしょ。

衆院選も終わり全ての議席が決まりました。
戦前の予想どうり与党の圧勝の結果だったね。
まぁ野党が分裂しちゃったから自民に漁夫の利を与えることになり
この結果だと、安倍ちゃん降ろしもなくなりまたしばらく安倍ちゃん総理が続くんだね。
また、今回は立民が野党第一党に躍進。
社会党が壊滅以降、まともなリベラル政党がなかったが
立民の出現でリベラル勢力もようやく投票先ができてそれはそれでよかったのではないかな。
まぁ、立民にしても希望にしてもこれから育っていくといいのだけど。

さて、ニュースは「自公圧勝」と報道しているが
圧勝したのは自民党であって、公明党は完全に「負け戦」でしょ。
自民と組んで与党にいるから勝利してみえるけど
5議席減で30議席割れの29議席。
比例の得票も選挙をやるたびジリ貧状態。
しかも、今回は神奈川6区で小選挙区も落とすという失態を演じる始末。
「勝てるところにしか候補者を立てない」のが公明の選挙。
その「勝てるところ」で負けたのだから
ワタクシ笑いが止まりません。
特に神長県の活動家のみなさん素晴らしい負けっぷりです。
これでもう神奈川には候補者を立てないかもしれませんね。
俺の住む県でも十数年前の衆院選で負けて以来
今日に至るまで衆院の小選挙区では候補を立てなくなりました。
参院はいまだにいますが衆院だけでも候補者がいないと実に楽ですよ。
神奈川県の学会員のみなさん。よかったですね。おめでとう!

話は変わるけど昨日のmiuさんのコメントで
miuさんのお母さんが今回の選挙で投票に行かないとの理由で
地区婦人部長を解任されたそうです。
詳しくはmiuさんのコメントを読んでもらいたいが
選挙で役職解任。そんなのはデマだ!といきり立つカツドウカもいるでしょう。
でも、俺はmiuさんの話は本当の事だと確信している。
俺とその仲間も、参院選挙のときに折伏をしていた。と理由で
幹部の言うことを聞かないといわれ、
選挙後さんざん幹部に嫌がらせをされた上に
役職を解任され組織を追放された。
俺達が折伏をしていたのは1~3月のあいだだよ。
参院選は7月だろ。たった3ヶ月折伏メインで活動しただけでこの仕打ちだ。
てか「宗教団体」の信者が弘教をしていて何が悪い?
選挙をするために創価学会に入会したわけじゃね~んだよ。
そうだと思わないかい?
また、前記した我が県の衆院選の小選挙区で負けた時は
総県長が更迭された。
当時の総県長は同じ分県で顔見知りだったからよく覚えている。
当時は「なんであの人がやめちゃうのかなぁ」って思っていたが
後日プライベートであった時に選挙での敗北の責任をとった。と言っていた。
そしていまは「冷や飯食っている」とも言ってたなぁ
本部職員の副会長クラスでもこの扱いだ。
一介の地区婦人部長ごときを解任するなんて造作もない。

しかし、おかしいよなぁ。
公明党の役職ならば敗戦の責任をとって役職辞任するのは当然だと思うけど
総県長もmiuさんのお母さんも俺たちも
「宗教団体創価学会」の会員であり
創価学会の役職についてただけで
「宗教分離」ならば、公明党の勝ち負けなんてなんの関係もない。
そもそも会則には「会員は公明党に投票しなければないない」なんていう条項もない。
選挙なんて誰に投票しようと、投票に行かなからろうと会員の自由だろ。
それを、「選挙の戦いをしないから」
「投票に行かなかったから」
「公明党の候補を落選させたから」
創価学会の役職を解任する。ってんだから
やはり創価は政教一致であり政治団体以外の何もでもないだろ。
内閣法制局がどんな見解をしようと
事実としてやっていることが政教一致。
そうじゃないとしたら、創価の組織というのは
パワハラとモラハラの横行する非人道的・非人権団体だということだ。
どっちにしても神奈川の総県長も次の人事で更迭かな?
それとも上に取り入ってもうワンチャンもらうか。
さてどうなるかることやら。

まぁ、ともかく今回の公明は見事な敗戦でした。
普段から「実証。実証」とほざいている活動家諸君。
これが「実証」だよ。
君たちがどんな頑張ろうとも、公明党の支持者など増えないのだよ。
それはとりもなおさず君たちの信心が結果のでない信心である。
という実証でもあるのさ。
ダメダメ、「選挙と信心は違う」なんていう詭弁は。
「選挙は信心」「選挙は功徳がある」
そういって会員を騙して選挙やらせてるんだろ?
負けた時だけ「選挙と新人は別物」なんて通用しないよ。
「仏法は勝負」
そして君達は「勝負に負けた」
だから功徳なんて出ない。
もっとも、最初から選挙に功徳なんてないけどね。
まぁともにかくにも、無駄な活動ご苦労さま。
選挙ばかりやってないで教学やりなさい。
君たちの信心が足らないと、次の参院選でも負けちゃいますよ(笑)


にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>